どう触れても黒石なのだ!

January 23 [Wed], 2013, 18:03
二週間前に友達より佐川急便で兵庫名産の大きな山の芋が着きました。
友達は数年前に可愛がっていたワンちゃんを病気で亡くしたので、命日にと淡いピンクの花束をお供えにと送りました。
中々会えない友達は命日を覚えていた事にとっても感動してくれ実家名産の山の芋を感謝の気持ちにと配送してくれました。
急いで箱を開けると「これは何?」其処に有るはずの山の芋が行方不明です!BOXいっぱいに細かいオガクズが詰まっていて其れを除去すると内側から山の芋が現れました。
「本当に食べ物?」って思えるほど硬い皮で覆われた山の芋。


短冊に切って食べる事しか頭に浮かばない私(汗)困り果てているとオガクズの中にキラリと光るOPP封筒が!!それを取り出してみると中に山の芋の説明書が入っていて美味しそうなお料理のレシピが載っておりニマニマしながら開封しました。
山の芋は、どんな調理法でも全てウマし!説明書の写真はどれもとっても美味しそ♪それが私の心の奥のヤル気に火をつけ山の芋料理にのめり込んだ切っ掛けとなりました。
ネットで調べたり知り合いの調理師さんに聞いたり山の芋料理の品目の多さにとても驚きました。
今の時期は自家製ホワイトソースにおろした山の芋をいっぱい混ぜて蒸し焼きにすると優しいお味で滅茶苦茶美味です!他には無難ですが、ぎんなんを入れた天ぷらも美味しいですよ。
色々なレパートリーが増え、其々をブログにアップする満足感を得ました。
結局シンプルな素材ほど色々と遊べて特徴が出せ面白いですね!で、最終的に分かった事は一番要望の多いのは簡単に焼くだけとか。


ガク!でも友達からのお届け物のお蔭で私の慰めが一つ増え幸せを感じています。
まだ何個か残っているので、今日のお昼ご飯は山の芋を何に変身させようかな♪
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/inumugi777/index1_0.rdf