いんくじぇっとぷりんたー、比較、口コミ、激安、ブラザー、エプソン、キャノン、寿命、価格、廃棄、コスト、A3、処分、HP

«2015 インクジェットプリンター おすすめ | Main | 2017 インクジェットプリンター おすすめ»
TS5030@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月21日(水)
TS5030はキャノンの2016年新製品です
今年のキャノンPIXUSシリーズのシンプルモデル

価格優先のA4複合機です

 


TS5030の特徴

液晶パネル:3.0型
5色インク
解析度4800×1200dpi
無線LAN
NFC:なし
大きさ:収納時約372×315×126(mm) 重さ:約5.5kg
A3:なし
前面給紙カセット:なし 背面:あり
ADF:なし


※NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで
選んだ写真が面倒な設定なしで印刷


自動電源ON/OFF:あり
自動両面プリント:なし
レーベルプリント:否


キャノンいわく

スピード:L版写真約33秒
コストはL版写真(インクと用紙):増量のとき約15.1円、標準は約20.0円


ちなみに消耗品
TS5030インク >>> BCI−371+370 5MP
TS5030は5色ハイブリッドインク使用


TS5030は選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです

インクジェットプリンターは歴史がありますので
大きな変化はないかもしれません

毎年、小さな積み重ね
コンパクトにするとか画像を少しでもよくするとか

TS5030はデザインを思い切ってキャノンは変えてきました
好き嫌いはあると思いますが。。。


ただしTS5030ひとつ気になるのが
インクですね
デザインは変えてきましたが、インクは去年のタイプです


だからどうだ!ってあるかもしれませんが
今年のキャノンはインクの変化は見送った
エプソンは今年、新しいインクを投入しました



 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか


























 
Posted at 09:52 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL
TS6030@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月20日(火)
TS6030はキャノンの2016年新製品です
今年のキャノンPIXUSシリーズのスタンダードモデル

価格と使用機能のバランスのいい1台といいましょうか


 


TS6030の特徴

液晶パネル:3.0型(タッチパネル)
5色インク
解析度4800×1200dpi
無線LAN
NFC:なし
大きさ:収納時約372×315×139(mm) 重さ:約6.2kg
A3:なし
前面給紙カセット:あり 背面:あり
ADF:なし


※NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで
選んだ写真が面倒な設定なしで印刷


自動電源ON/OFF:あり
自動両面プリント:OK(はがき非対応)
レーベルプリント:否


キャノンいわく

スピード:L版写真約33秒
コストはL版写真(インクと用紙):増量のとき約15.1円、標準は約20.0円


ちなみに消耗品
TS6030インク >>> BCI−371+370 5MP
TS6030は5色ハイブリッドインク使用


TS6030は選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです

インクジェットプリンターは歴史がありますので
大きな変化はないかもしれません

毎年、小さな積み重ね
コンパクトにするとか画像を少しでもよくするとか

TS6030はデザインを思い切ってキャノンは変えてきました
好き嫌いはあると思いますが、コンパクトになりました


ただしTS6030ひとつ気になるのが
インクですね
デザインは変えてきましたが、インクは去年のタイプです


だからどうだ!ってあるかもしれませんが
今年のキャノンはインクの変化は見送った
エプソンは今年、新しいインクを投入しました



 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか






















 
Posted at 18:55 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL
TS8030@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月19日(月)
TS8030はキャノンの2016年新製品です
今年のキャノンPIXUSシリーズの売れ筋モデルですね

TS8030は去年のPIXUSモデルから一気にデザインを変えてきましたね
配色もブラック・ホワイト・レッド・ブラウンと4色です

 

 




TS8030の特徴

液晶パネル:4.3型(タッチパネル)
6色インク
解析度9600×2400dpi
無線LAN
NFC:あり
大きさ:収納時約372×324×139(mm) 重さ:約6.5kg
A3:なし
前面給紙カセット:あり 背面:あり
ADF:なし


※NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで
選んだ写真が面倒な設定なしで印刷


自動電源ON/OFF:あり
自動両面プリント:OK
レーベルプリント:可


キャノンいわく

スピード:L版写真約18秒
コストはL版写真(インクと用紙):増量のとき約15.9円、標準は約23.1円


ちなみに消耗品
TS8030インク >>> BCI−371+370 6MP
TS8030は6色ハイブリッドインク使用


TS8030は選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです

このTS8030はキャノンの
インクジェットプリンター売れ筋なのでほとんど機能は揃ってますね

インクジェットプリンターは歴史がありますので
大きな変化はないかもしれません

毎年、小さな積み重ね
コンパクトにするとか画像を少しでもよくするとか

TS8030はデザインを思い切ってキャノンは変えてきました
好き嫌いはあると思いますが、コンパクトになりました


ただしTS8030ひとつ気になるのが
インクですね
デザインは変えてきましたが、インクは去年のタイプです


だからどうだ!ってあるかもしれませんが
今年のキャノンはインクの変化は見送った
エプソンは今年、新しいインクを投入しました



 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか



















 
Posted at 19:55 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL
TS9030@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月19日(月)
TS9030はキャノンの2016年新製品です
今年のキャノンインクジェットプリンタープレミアムモデルです

TS9030は去年のPIXUSモデルから一気にデザインを変えてきましたね

 


TS9030の特徴

液晶パネル:5.0型(タッチパネル)
6色インク
解析度9600×2400dpi
無線LAN&有線LAN
NFC:あり
大きさ:収納時約372×324×140(mm) 重さ:約6.7kg
A3:なし
前面給紙カセット:あり 背面:あり
ADF:なし


※NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで
選んだ写真が面倒な設定なしで印刷


自動電源ON/OFF:あり
自動両面プリント:OK
レーベルプリント:可


キャノンいわく

スピード:L版写真約18秒
コストはL版写真(インクと用紙):増量のとき約15.9円、標準は約23.1円


ちなみに消耗品
TS9030インク >>> BCI−371+370 6MP
TS9030は6色ハイブリッドインク使用


TS9030は選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです

このTS9030はキャノンの
インクジェットプリンター最高峰モデルなのでさすがの機能が揃っています

インクジェットプリンターは歴史がありますので
大きな変化はないかもしれません

毎年、小さな積み重ね
コンパクトにするとか画像を少しでもよくするとか

TS9030はデザインを思い切ってキャノンは変えてきました
好き嫌いはあると思いますが、コンパクトになりました

そして液晶モニター5インチは業界随一の大きさ

今までのモデルの型


ただしTS9030ひとつ気になるのが
インクですね
デザインは変えてきましたが、インクは去年のタイプです


だからどうだ!ってあるかもしれませんが
今年のキャノンはインクの変化は見送った
エプソンは今年、新しいインクを投入しました



 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか
















 
Posted at 15:47 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL
MB2130@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月14日(水)
MB2130はキャノンの2016年新製品です
MB2130はオフィス向け複合機です

消耗品はインクを採用で
MAXIFYというシリーズ化




MB2130の特徴

液晶パネル:2.5型TFT
4色インク

無線LAN
スマホタブレットプリント:OK(MAXIFYクラウドリンク)

大きさ:収納時約463×389×260(mm) 重さ:約10.6kg
A3:なし
前面給紙カセット:1段
ADF:OK(片面)


A4複合機(コピー・スキャナ・ファックス対応)


キャノンいわく

スピード:A4普通紙でファーストプリント約6秒〜7秒
コストはA4普通紙(インクと用紙):大容量インクのときモノクロ約3.1円、カラー約8.9円
標準インクのときモノクロ約4.2円、カラー約12.1円


ちなみに消耗品 >>> MB2130インク



MB2130は選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです

その複合機なので安定感があるといえるでしょう
インクジェットなのでコスト的にも有利といえそうですね

MB2130はシリーズで一番安いのですが
どこがカットされているかというと

給紙が1段であったり
カラー液晶モニターが小さかったりタッチパネルではない
有線LANがなしというあたりです





 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか



























 
Posted at 18:10 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL
MB2730@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月14日(水)
MB2730はキャノンの2016年新製品です
MB2730はオフィス向け複合機です

消耗品はインクを採用で
MAXIFYというシリーズ化




MB2730の特徴

液晶パネル:3.0型TFT(タッチパネル)
4色インク

無線LAN&有線LAN
スマホタブレットプリント:OK(MAXIFYクラウドリンク)

大きさ:収納時約463×389×320(mm) 重さ:約12.1kg
A3:なし
前面給紙カセット:2段
ADF:OK(片面)


A4複合機(コピー・スキャナ・ファックス対応)


キャノンいわく

スピード:A4普通紙でファーストプリント約6秒〜7秒
コストはA4普通紙(インクと用紙):大容量インクのときモノクロ約3.1円、カラー約8.9円
標準インクのときモノクロ約4.2円、カラー約12.1円


ちなみに消耗品 >>> MB2730インク



MB2730は選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです

その複合機なので安定感があるといえるでしょう
インクジェットなのでコスト的にも有利といえそうですね





 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか



























 
Posted at 10:21 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL
MB5130@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月13日(火)
MB5130はキャノンの2016年新製品です
MB5130はオフィス向け複合機です

消耗品はインクを採用で
MAXIFYというシリーズ化




MB5130の特徴

液晶パネル:3.5型TFT(タッチパネル)
4色インク

無線LAN&有線LAN
スマホタブレットプリント:OK(MAXIFYクラウドリンク)

大きさ:収納時約463×394×291(mm) 重さ:約11.4kg
A3:なし
前面給紙カセット:1段
ADF:OK(両面)


A4複合機(コピー・スキャナ・ファックス対応)


キャノンいわく

スピード:A4普通紙でファーストプリント約6秒〜7秒
コストはA4普通紙(インクと用紙):大容量インクのときモノクロ約1.8円、カラー約6.1円
標準インクのときモノクロ約2.2円、カラー約7.6円


ちなみに消耗品 >>> MB5130インク



MB5130は選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです

その複合機なので安定感があるといえるでしょう
インクジェットなのでコスト的にも有利といえそうですね





 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか



























 
Posted at 10:31 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL
MB5430@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月12日(月)
MB5430はキャノンの2016年新製品です
MB5430はオフィス向け複合機です

消耗品はインクを採用で
MAXIFYというシリーズ化





MB5430の特徴

液晶パネル:3.5型TFT(タッチパネル)
4色インク

無線LAN&有線LAN
スマホタブレットプリント:OK(MAXIFYクラウドリンク)

大きさ:収納時約463×394×351(mm) 重さ:約12.9kg
A3:なし
前面給紙カセット:2段
ADF:OK(両面)


A4複合機(コピー・スキャナ・ファックス対応)


キャノンいわく

スピード:A4普通紙でファーストプリント約6秒〜7秒
コストはA4普通紙(インクと用紙):大容量インクのときモノクロ約1.8円、カラー約6.1円
標準インクのときモノクロ約2.2円、カラー約7.6円


ちなみに消耗品 >>> MB5430インク



MB5430は選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです

その複合機なので安定があります
インクジェットなのでコスト的にも有利といえそうですね





 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか



























 
Posted at 21:09 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL
EP−M570T@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月11日(日)
EP−M570Tはエプソンの2016年新製品です
EP−M570Tは最近エプソンが推進のたっぷりプリントタイプです

通常のインクジェットプリンターに比べて
ぐーっと印刷コストが安くなります




EP−M570Tの特徴

液晶パネル:1.44型
4色インク
解析度5760×1440dpi
無線LANのみ
NFC:なし
大きさ:収納時約445×304×169(mm) 重さ:約5.0kg
A3:なし
前面給紙カセット:なし
ADF:なし


※NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで
選んだ写真が面倒な設定なしで印刷

スマホで
EPSONIPrintで無料アプリをダウンロードはEP−M570Tはできる



エプソンいわく

スピード:L版約74秒
コストはL版写真(インクと用紙):5.6円


ちなみに消耗品
>>> EP−M570TインクはHSMシリーズ



EP−M570Tは選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです


このエコタンク搭載プリンターは希少なもので

他のメーカーでは今は見当たりません
なんといっても印刷コストが約5.6円ということで

今までのインクジェットプリンターの1/5ほどです
大量プリントのユーザーさんは選択肢のひとつになりそうです

ただし小回りがきかないというか
スピードが74秒は通常のエプソンのインクジェットプリンターに
比べると6倍ほどかかりそうです要注意!





 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか





















 
Posted at 10:49 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL
PX049A@価格|インク|評価|口コミ|評判 / 2016年09月10日(土)
PX049Aはエプソンの2016年新製品です
PX049Aはベーシックなモデルです

不要な機能はなくてもいい




PX049Aの特徴

液晶パネル:なし
4色インク
解析度5760×1440dpi
無線LANのみ
NFC:なし
大きさ:収納時約390×300×145(mm) 重さ:約3.9kg
A3:なし
前面給紙カセット:なし
ADF:なし


※NFCとは
スマホをプリンターにかざすだけで
選んだ写真が面倒な設定なしで印刷

スマホで
EPSONIPrintで無料アプリをダウンロードはPX049Aはできる


エプソンいわく

スピード:L版約74秒
コストはL版写真(インクと用紙):約27.5円


ちなみに消耗品 >>> PX049AインクはRDHシリーズ



PX049Aは選ぶべきか?

インクジェットプリンターは、キャノンとエプソンが
国内のシェアをほとんど独占しています

ほとんど半々で分け合っています
ずばり選ぶべきメーカーです

PX049Aは自動両面プリントもありません
メモリーカードダイレクトプリントもありません
手書合成もありません

その代わりに価格が安いプリンターとしてシンプルモデルです
印刷スピードが遅いのが気になります


 インクジェットプリンターとインクの正しい選び方
プリンターの基礎知識や人気おすすめと純正〜詰め替えインクまで解説

<<日本一>>激安トナー
激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のぷろも絶賛

 プリンターマニュアル
どうしてプリンターはOEM品が多いのですか
























 
Posted at 21:29 / 2016 インクジェットプリンター おすすめ / この記事のURL

| 前へ
 
Powered by yaplog!