【 更新情報 】

スポンサード リンク

インフルエンザ注射・病院に行く前の注意点と料金

インフルエンザ注射を受ける前に注意したほうがいい点をまとめてみました。病院へ行く前に、インフルエンザの予防注射を受けられない条件に当てはまっていないか確認しましょう。予防注射を受けられないのは、
・熱のある人・・37.5度以上の人は受けられないところが多いようです。
・重い急性の病気にかかっている人
・これまでに、インフルエンザの予防注射を受けたあとでアレルギー反応やショック症状が出たことのある人、などです。今、何かの病気でお医者さんにかかっている人は、必ず先生に相談してからにしましょう。
インフルエンザの予防注射は、健康保険の適用外で病院が自由に料金を設定できるので、病院によって値段が違います。金額は2000円から5000円のところがほとんどです。家族割引や、2回目は料金が安くなるところもあります。65歳以上の人は自治体の補助で1000円程度で受けられるところが多いですね。費用は違っても、ワクチンは同じなので、できるなら価格が安いほうがいいですよね。Googleで「インフルエンザ 料金 ○○」(○○は住んでいる場所)と入れて検索すると医療機関や値段が出てくるので調べてみてください。

インフルエンザ予防注射後の注意点・腫れや発熱

インフルエンザの予防注射を受けたあとで注意したほうがいい点をまとめてみました。
一番気になるのが注射した部分が赤くなったり、周りが腫れて来てちょっと痛かったり、熱が出てしまうことですね。普通は2・3日で自然に治ってくるようですが、1週間以上たっても改善しないようならお医者さんに見てらったほうがいいようです。
一般に言われていることですが、注射をした日は、激しい運動をしたりお酒を飲みすぎないようにしましょう。これは個人差があることなので、自分の体力と相談しながらほどほどにしましょう。いつまでも若いつもりでいて、予防注射のあとでけっこうがんばって仕事しちゃったり、予防注射を受けたのを忘れて、ついついいつもの調子で飲んじゃって、体がだるくなってしまって困った、なんてこともあるようですから油断しないで気をつけましょう。お風呂に入るのはOKですが、あまり長い時間入ったり、注射したところを掻いたりしないようにしたほうがいいですね。
インフルエンザのワクチンは孵化した鶏卵を使って繁殖させたウィルスで作られるので、卵アレルギーの人がインフルエンザの予防注射を受けた場合は、腫れたり熱が出ることが普通の人より多くなるので注意が必要なようです。

インフルエンザ予防注射・回数と間隔の注意点は?

インフルエンザの予防注射を受ける回数は1回でいいのでしょうか、それとも2回受けたほうがいいのでしょうか。インフルエンザ予防注射を受ける回数はどっちがいいのかよく分からないという人も多いと思います。基本的には、65歳以上は1回、13歳から65歳は1回か2回、抗体のできていない13歳未満は2回、ということのようです。(6ヶ月未満の乳児は免疫が付きにくいのでインフルエンザ予防注射はしません。)65歳以上の人でも2回受けたほうがいいという意見もあります。インフルエンザの予防接種が1回でいいか、2回やるかは、それぞれの医師の考え方や方針の違いで変わってくるということのようです。1回よりも、2回予防接種をしたほうが、インフルエンザの抗体がその分多く作られるので、より免疫を強くすることができますが、1回でも十分な効果が得られるという意見もあるので、医師やお財布と相談して決めましょう。
インフルエンザの予防注射を2回受ける場合は、1回目の注射をしてから1〜4週間の間に2回目の注射をすることになりますが、4週間の間隔をあけるのが1番効果的だそうです。もし発熱などで4週間以内に2回目のインフルエンザ注射を受けることができなくても、8週間以内に2回目を受ければ、1回目からやり直さなくても大丈夫なようです。

インフルエンザ予防注射後の注意点・腫れや発熱

インフルエンザの予防注射を受けたあとで注意したほうがいい点をまとめてみました。
一番気になるのが注射した部分が赤くなったり、周りが腫れて来てちょっと痛かったり、熱が出てしまうことですね。普通は2・3日で自然に治ってくるようですが、1週間以上たっても改善しないようならお医者さんに見てらったほうがいいようです。
一般に言われていることですが、注射をした日は、激しい運動をしたりお酒を飲みすぎないようにしましょう。これは個人差があることなので、自分の体力と相談しながらほどほどにしましょう。いつまでも若いつもりでいて、予防注射のあとでけっこうがんばって仕事しちゃったり、予防注射を受けたのを忘れて、ついついいつもの調子で飲んじゃって、体がだるくなってしまって困った、なんてこともあるようですから油断しないで気をつけましょう。
お風呂に入るのはOKですが、あまり長い時間入ったり、注射したところを掻いたりしないようにしたほうがいいですね。インフルエンザのワクチンは孵化した鶏卵を使って繁殖させたウィルスで作られるので、卵アレギーの人がインフルエンザの予防注射を受けた場合は、腫れたり熱が出ることが普通の人より多くなるので注意が必要なようです。

インフルエンザの予防注射・乳幼児の注意点

インフルエンザの予防注射をしたあとの30分は、急なアレルギー反応(予防接種の場合、副反応というそうです)を起こすことがあります。もしアレルギー反応がおきてしまった場合にすぐに対応できるために、できれば注射を受けた後すぐに家に帰ってしまわずに、30分くらいはその場で様子を見たほうがいいようです。急ぎの用事などがあったり場所がないなどで、もしそれが難しければ、予防注射の後30分は特に気をつけて子供の様子を観察して、かかりつけの先生などとすぐに連絡がとれるようにしておきましょう。
小さな子供の場合はインフルエンザにかかってしまうと急性のインフルエンザ脳症を併発してしまうことがあるので気をつける必要があります。インフルエンザ脳症の発症率は、10万人に2.5人といわれています。もし、けいれんや突然熱が出たり、戻してしまったり意識がはっきりしないなどの症状があった時は、解熱剤などで何とかしようとしないで、すぐにかかりつけのお医者さんや医療機関に行きましょう。お子さんが小さいうちは、忘れずにインフルエンザの予防注射を受けたほうがいいですね。
P R
カテゴリアーカイブ