ゆっくり見澄ましても黒い奇石に見えます!

January 23 [Wed], 2013, 18:58
先々週友達より佐川急便で兵庫名産の山の芋が配達されました。
友達は大好きだった愛犬を亡くしたので、その子の命日にと白いバラの花を私の気持ちとして送りました。
昔からの友達は愛犬の命日を覚えていた事に凄く感激してくれ地元名産の山の芋を心を込めて配送してくれました。
急いで箱を開けると「ん?んん??」其処に有るはずの山の芋が行方不明です!箱いっぱいに粗いオガクズが入れてあり其れを掘ると内側から野郎?が出て来ました。
「ん?岩石?」って思えるほど土まみれの山の芋。


生で食べる事しか思い浮かばない私(涙)思案しているとオガクズの奥の方にOPP封筒を見っけ!!それを取り上げてみると中に案内の冊子が入っていて調理例がいく通りも書いてあり思わず食付いて(笑)しまいました。
山の芋は、揚げ物・煮物・焼き物、全て良し!冊子の中のどの写真もウマそうなんです♪それが私の料理魂に大きな火をつけ山の芋料理に惚れた原因となりました。
ネットで調べたり知り合いの調理師さんに聞いたり山の芋料理のジャンルの多さに改めてビックリでした!寒い時期は手作りのホワイトソースに摩り下ろした山の芋を混ぜて蒸し焼きにすると優しいお味で滅茶苦茶美味です!他には珍しく無いですが、天ぷらもイケますよ。
たくさんのレパートリーが増え、其れを友達に自慢する楽しさを知りました。
素材はシンプルなほど色々とトライ出来てオリジナリティーが出せ刺激的ですね!で、最後に分かった事は一番お願いされるメニューはシンプルに揚げるだけとか。


ガク!でも友からのプレゼントのお蔭で私の慰めが一つ増え幸せです。
まだ何個か残っているので、今日の夕飯の献立は一番人気の陶板焼きに決定!
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/inekomochinade/index1_0.rdf