片手で持ち見定めても奇怪な石よね?!

January 23 [Wed], 2013, 15:48
一週間前に友達よりペリカン便で兵庫名産の大きな山の芋が届きました。
友達は一年前に可愛がっていたワンちゃんを突然に亡くしたので、その子の命日にと大輪の百合の花を心を込めて送りました。
幼馴染の友達は愛おしかったワンちゃんの命日を覚えていた事に凄く感激してくれ郷土名産の山の芋を感謝の形として送ってくれました。
箱を開けると「これは何?」在るはずの山の芋が見えません!箱いっぱいにオガクズが入れてあり其れをかき分けると奥の方から野郎?が出て来ました。
「ん?岩?」って思えるほど真っ黒な皮で覆われた山の芋。


短冊に切って食べる事しか思い付かない私(汗)思い巡らしているとオガクズの奥の方にキラリと光るOPP封筒が!!それを掘り出してみると中に山の芋の説明書が入っていて色々なお料理が紹介してあり思わず食付いて(笑)しまいました。
山の芋は、揚げ物・煮物・焼き物、全て良し!小冊子のどの写真もとっても美味しそ♪其れが私のヤル気に引火し山の芋料理に惚れた始まりとなりました。
料理関係のHPを検索したり知り合いの調理師さんに聞いたり山の芋料理のジャンルの多さにびっくりでした!寒いシーズンはベシャメルソースに摩り下ろした山の芋を混ぜて蒸し焼きにするとまろやかでデ〜リシャス!後平凡ですが、蓮根を刻んで入れ天ぷらにしてもイケますよ。
マイレシピの数が20を超え、其れを友達に自慢する喜びを知りました。
素材は素朴なほど色々とトライ出来てオリジナリティーが出せとても興味深いですね!で、最終的に気が付いたの事は一番お願いされるメニューは簡単に焼くだけとか。


カナシイ!でもこの山の芋のお蔭で私の楽しみが一つ増え感謝の限りです。
後二個ほどあるので、今日の夕飯のメニューはやっぱり天ぷらかな?
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/inegarashi/index1_0.rdf