西澤が達夫

May 27 [Sun], 2018, 7:51
昔の話ですが、かつての看護師といったらほとんどが女性の職業でした。
ですが、近年は看護師という名前も定着して、男性が働くことも珍しくありません。



実際に看護師に必要な適性を考慮しても、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。

母性的な優しさだけでなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力もこれからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。


このまま高齢者の増加が進み、福祉の世界で看護師のニーズはおおくなってきているのです。そしてしっかりとした会社になるとなんと医務室に看護師さんをおいていて、様々な角度から健康、ストレスなどのサポートをやっています。
そんな場合は、その会社の社員になるということもあると言えるでしょう。看護師という仕事に就いている方の中では、勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして厳しい労働環境であることなどが影響して他の仕事に移る人も結構いるということですが、実をいうと、看護師の資格を持っているとそれ以外の職場にとっても有利な方向に働くことが多いでしょう。考えられるのは病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、雇用する側との面接になるでしょう。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、実務的なことの他に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も見られています。

人間的な良さをみてもらうことができれば、上出来です。もし、看護師として勤務しながら経済的な余裕を望むなら、アルバイトがあります。
休みの日を利用してアルバイトなどを行う看護師は毎年増えてきています。
サイドビジネスのメリットは、何もすることがない時間を有意義に使うことが出来て、全く関係のない仕事をすることで気晴らしにもなることです。退職金に関心を持っている看護師もたくさんいる可能性もあります。


看護婦の退職金というのは、国立や県立の病院の場合、多額でしょう。国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。


小さいクリニックでは、多くありません。


どうしても、夜に仕事をする機会が多いため、多くの人に仕事がしやすい場所とは限らないものの、全体としてみれば、規模が大きい病院の方が待遇が良好でしょう。どうがんばっても、準看護師は手術室に入ることが不可能ですから、さらに専門的な部署に配置転換を希望する際は不利でしょう。
こういった感じで、準看護師と正看護師が異なる点は、勉強に費やす時間、試験の難しさなども違うでしょうけど、この先、看護師を目指すつもりであれば、正看護師になろうと思うのが、一般的になっているみたいです。知人の看護師が仕事をやめようか続けようかで迷っていると相談を持ちかけてきました。
最近、結婚したのですが休日出勤があって、土日休みの夫と休日が合わず、顔を合わせる機会が少ない生活が多いそうです。子供も欲しいし、とは言うものの、今の仕事は続けたいと悩んでいました。

将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も存在します。
能力を磨いておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分がぴったりだと感じるところを探すのは大事なことです。内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特養が適している人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。


看護師が実力を磨いたり、ステップアップするにはそれ相応のノウハウがあります。これまでの就業場所から異なる病院や医療施設などへの転職も一つの選択です。また、最新の技術や広範な知識を自分のものにするためになにかしらの看護に関わりのある資格を取るというのも1つのスキルアップの方法といえます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼
読者になる
2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる