ヒストリー・オブ・バイオレンス

April 30 [Sun], 2006, 16:04
ある事件をきっかけに夫の過去を巡る黒い疑惑が浮上、平穏だった一家が暴力と罪の渦に呑み込まれていく様を描いたDCコミックの同名作品を映画化したサスペンス・ドラマ。
主演は「悪魔のいけにえ3」「ロード・オブ・ザ・リング」のヴィゴ・モーテンセン。
共演に「ペイバック」「シークレットウインドウ」のマリア・ベロ、「アポロ13」「白いカラス」のエド・ハリス、「ヴィレッジ」「シリアナ」のウィリアム・ハートなど。
監督は「裸のランチ」「イグジステンス」のデヴィッド・クローネンバーグ。

デヴィッド・クローネンバーグと言えば「裸のランチ」。
あの強烈な世界観は軽くトラウマになるほどのインパクトがありました。
それもあって他の作品はそれほど見ていないのですが、前評判が良かったので観に行ってきました。

冒頭のワンシーン・ワンカットがとにかく秀逸。
これから始まる物語の不穏な空気を見事に演出し、否応なく引き込まれてしまいました。
その後も淡々とした展開ながら、心の内側を切れ味の鈍い刃物で少しずつ切り開かれていくかの人間の奥底に潜む暴力性が登場人物を侵蝕していく様は、ヴィゴ・モーテンセンやエド・ハリスをはじめとするキャストの素晴らしい演技によって見応え抜群。
決して派手にならず、抑え気味ながらもリアルな暴力描写も、逆に暴力の恐ろしさを突きつけられているようでした。

明日は久々に映画ハシゴします

April 30 [Sun], 2006, 13:25
昨日の夜NHKで放送していた聖飢魔IIのライヴ良かったなぁ。
多分6月発売の「恐怖の復活祭 FINAL 」からのダイジェストだと思うんですが、水前寺清子との"365歩のマーチ"もあったしかなり楽しめました。
録画してたのについつい最後まで見てしまったほど(笑)
あぁ、早く見たい。
と言うか、その前に「All Standing 処刑」を見ないとな(苦笑)

今日は月末、棚卸。
世間はゴールデン・ウィークという事で、昨日もかなり忙しかったらしいですが、今日も店は中々盛況です。
「折角こんなに良い天気なんだからピクニックにでも行けば良いのに」などと思いつつも、本当にみんながみんなピクニックに出掛けてしまうと商売上がったりなので笑顔で接客してます。
こういう連休になると普段来ないお客さんが来るので、問い合わせやトラブルも増加するのでなかなか疲れます…。
フリー・ペーパーも今日中に完成させないといけないし、発注もある程度終わらせておかないといけないしで、なかなかハードな一日になりそうです。

だいぶ伸びてきたのでそろそろ髪を切りに行こうと思ってます。
「伸ばしてた」というよりは「伸びてた」って感じ。
まぁ伸ばすにしても切らないとちょっとね…。
最近は毎朝落武者のようになってますから。
しかし、まだどういう髪型にするか迷い中。

分かりにくいので昨日の日記タイトル変更。

はじめちゃん受胎ツアー 淫 京都 at BBA

April 29 [Sat], 2006, 23:50
今日は北山BBAにて、「はじめちゃんナイト」に参加してきました。
メインに名古屋からはじめちゃん率いるTHE SONS OF EVEを迎え、その前座をはじめちゃんと縁のあるメンバーを中心としたプロジェクトがつとめるという趣向のセッション・ライヴです。

今回僕が叩いたのは以下の曲。
ちなみにプロジェクト名は適当です。

<へるすけ、きよたか&しんご>
1.Get The Funk Out(EXTREME)
2.Barbedwired Baby's Dream(DIZZY MIZZ LIZZY)
3.Glory(DIZZY MIZZ LIZZY)
4.67 Seas In Your Eyes(DIZZY MIZZ LIZZY)
5.Keep The Faith(BON JOVI) featuring ちらさん

<TOM、ろくまん&ぼじお>
1.Red Barchetta(RUSH)
2.YYZ(RUSH)
3.Limelight(RUSH)

ACID NOTE3/4の方はかなり楽しんで演奏出来たんですが、RUSHに比べると簡単なはずなのにかなりミスってしまいましたね…。
やっぱりしっかり体をほぐしてなかったからな。
それでもトリオならではのダイナミクスの幅や、リズムの揺らし方なんかそこそこ良かったんじゃないでしょうか。
多分お客さんでDIZZY MIZZ LIZZY知ってる人は殆どいなかったでしょうねぇ。
近々レビュー書くので是非聴きましょう。

問題のRUSHはこれが意外と落ち着いて叩けました。
当然ミスはありましたけど、それなりに良い感じに聴こえてたんじゃないでしょうか。
恐らく…。
とりあえず、突撃一番でやった時よりは上手く叩けました。
スタジオで個人練習しまくった甲斐がありましたね。
残念だったのは"YYZ"で「Rush In Rio」のような合唱がなかった事くらいか(笑)
TOMさんは弦が切れるというトラブルも何のその、相変わらずのテクニシャンぶりを見せ付けてくれましたし(照明にも拘るあたり流石!)、ろくまんさんも17年のブランクを感じさせない1人3役で、ほんと演奏していて楽しかったです。
必ずまたやります!

3×3

April 28 [Fri], 2006, 12:08
水野正敏のバンドではありません。

いよいよ明日ははじめちゃんナイト!
今気がついたんですが(遅)、DIZZY MIZZ LIZZYとEXTREMEをやるへるすけ&清貴とのトリオ、RUSHをやるTOMさん&ろくまんさんとのトリオと、今回はトリオ2つでの参加。
これは初めての事ですね。
トリオって遊べる空間がいっぱいあって楽しいんですよねぇ。
まぁその分合わせるべき所がシビアにはなりますけど。

そんなわけで、最後の悪足掻きをしに今日もワタナベで個人練習。
一昨日と同じく13時から16時までみっちり…と言いたい所ですが、今日は叩いてたのは半分くらいでした。
お店のスタッフさんと映画の話で盛り上がってしまって(笑)
いや、でも本番前にあまり練習し過ぎるのは経験上良くないですからね。
あとはただ叩くのみ。

あぁ、楽しみ!
その後は最近暇らしいKKくんとMOVIXで「ヒストリー・オブ・バイオレンス」鑑賞。
うーん、つまらなくはないけど後半失速って感じ。
スクリーンから目を離させないものはあったんだけどなぁ。
惜しい…。

帰宅後出勤。
いつもより1日早いCDの発注をしたり、棚卸に向けて売上や在庫データを入力したり。
5月はちょっとCDの予算に余裕がありそうだったので、ANEKDOTENとかSENTENCEDとかCAMELとか発注してみたんですが如何でしょう?

一通り仕事を終わらせてからフリー・ペーパーの原稿書き。
今まで書いてませんでしたけど、これ実は全部手書きでやってるんです。
修正が簡単に出来ないのでなかなか面倒。
でも、手書きには手書きの良さがありますからね。
何とか表2ページは完成しそうなので、残すは裏2ページです。
これは30日の棚卸後にやるしかないかな…。

明日は有休使いまーす。

エイリアンvsヴァネッサ・パラディ

April 27 [Thu], 2006, 22:40
フランスの田舎町を舞台に、凶暴なエイリアンの襲来でパニックが広がる中、美しき歌姫とさすらいのスタントマンの恋の行方がスリリングに描かれてゆく異色のSFコメディ。
出演は歌手でありジョニー・デップの交際相手でもある「白い婚礼」「橋の上の娘」のヴァネッサ・パラディ、「フロム・ヘル」「ロック・スター」のジェイソン・フレミング、「24時間4万回の奇跡」「ル・ブレ」のブノワ・ポールヴールド、「リリィ」「ダ・ヴィンチ・コード」のジャン=ピエール・マリエール、「マッドライダー」「人喰族」のヴェナンチーノ・ヴェナンチーニなど。
監督・脚本はディディエ・ポワローとティエリー・ポワロー。

気になってはいたけど、勇気が出なくて劇場へは足を運べなかったこの作品。
それで正解でした(苦笑)
久々に骨のあるB級映画(何だそりゃ)を見たなって感じです。
そのあまりの馬鹿馬鹿しさは結構楽しめましたけどね。
当然と言うか何と言うか思った通りこれは邦題で、原題は「ATOMIK CIRCUS - LE RETOUR DE JAMES BATAILLE/THE RETURN OF JAMES BATTLE」で、残念ながらエイリアンとヴァネッサ・パラディの直接対決はありません…。
ライヴ・シーンは結構たっぷりとありましたけど。
一体全国で何人の人が劇場で観たんでしょうね。
気になるところです。

リバティーン

April 27 [Thu], 2006, 19:03
17世紀に実在した英国の放蕩詩人ロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモットの半生を描いた歴史ドラマ。
主演は「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」のジョニー・デップ。
共演に「マイノリティ・リポート」「CODE46」のサマンサ・モートン、オリジナルの舞台でウィルモットを演じていた「マルコヴィッチの穴」「銀河ヒッチハイクガイド」のジョン・マルコヴィッチ、「DOOM ドゥーム」「プライドと偏見」のロザムンド・パイク、「ゴスフォード・パーク」「プライドと偏見」のトム・ホランダーなど。
監督は新人のローレンス・ダンモア。

「どうか私を好きにならないでくれ」

オープニングとエンディングのモノローグで幾度となく語られるこの言葉は、役の上でのウィルモットのみならず、ジョニー・デップ自身のステイトメントではないでしょうか。
アイドルとして見られる事を嫌い、敢えてアート系の作品に数多く出演してきたジョニー・デップ。
しかし、「パイレーツ・オブ・カリビアン」「チャーリーとチョコレート工場」の世界的大ヒットによって、再び大衆に愛される俳優になってしまいました(「チャーリー〜」は本作より後ですが)。

「反逆児でありたい」

現在の立場の居心地の悪さから持ち前の反骨精神に火がつき、自らと通じる部分を持つウィルモットを演じられるこの作品に出演したというのは考えすぎでしょうか。

思想まで弾圧する気か

April 27 [Thu], 2006, 15:30
今日は7時に起きてのんびり朝ごはん食べながらめざまし見てたんですが、共謀罪の成立を巡って審議が行われてるそうですね。
たいがいな国だとは思ってましたが、これが成立すれば救いようがないですね。
極端な話、こうして国家や政府に対して批判的な事を書くだけでも罰する事が出来るんですから。

在日米軍基地の移転費用にしても、北朝鮮の日本人拉致問題にしても、何考えてるんだか。
マスコミも結局国や政府に都合の悪い事は報道しようとしないし。

あぁ、朝から気分悪…。
8時過ぎ出勤。
今日は「チキン・リトル」や「チェオクの剣」なんかがレンタル開始。
12時過ぎたら「春の雪」も出ます。

やっと発売!

April 26 [Wed], 2006, 23:36
R30 30TH アニヴァーサリー・ワールド・ツアー
RUSHの30周年記念ツアーの模様を収録した「R30 30th Anniversary World Tour」がようやく発売されました!
海外ではもうとっくに発売されてるのに、日本だけ幾度と無く延期を繰り返し、何度輸入盤を買おうと思ったことか。

正直、待たされ過ぎてすっかり忘れてました(苦笑)
今日たまたまCD屋に行って発見。
しかし、手持ちが無くてまだ買ってません…。

何しろ定価8400円ですからねぇ。
確かに内容が内容だけにそれくらいの価値はあると思うんですが、やはり出来るだけ安く買いたいところ。

そんなわけで、今回はAmazonで買います!
近所のCD屋のおじちゃんおばちゃんごめんなさい。
だって20%OFFで6720円ですよ。
2DVD、2CDでこの値段なら買いでしょう。

ちなみにもっと安い輸入盤はこちら

Anatomy of a Drum Solo (2pc) (Dig Slip)

これも欲しかったりするんですけどねぇ。

「びっくり館」買うの忘れてた

April 26 [Wed], 2006, 22:40
今日はまたもやお休み。
最近ちょっと休み過ぎかも知れません。
このままでは次回の給料がヤバい…。

12時に家を出て、京都シネマで「リバティーン」のチケットを買ってからワタナベへ。
えぇ、四条烏丸から二条河原町まで…。
たまには運動しないと、と思ったんですがやっぱりしんどかったです(苦笑)

そんなわけで個人練習する前から既に息も絶え絶えだったんですが、13時から16時までみっちり叩きまくりました。
基本練習は1時間くらいだけで、後はずっとRUSHばっかり叩いてましたね。
一体何発叩いたのやら…。
万歩計でも付けておけばよかったな。
とりあえず練習の甲斐あって29日に演奏する3曲はほぼ完コピ出来るようになりました。
Neil Peartのプレイってほんと癖があるんでコピーするの大変なんです。
割り切れないフィルも多いし。
まぁ早い話上手くないって事なんですけど(笑)
ただ、そのヘタウマ加減がカッコ良いんですよねぇ。
罪なドラマーだ。

個人練習終了後はレコーディング中のサイコキの様子を覗きにRAGへ。
今回は2曲録る予定だそうですが、前回よりもかなりこなれてる印象でした。
良い作品が出来るのを楽しみにしてます。

その後、再び京都シネマに戻って「リバティーン」鑑賞。
ジョニー・デップの反骨精神ここにあり!って感じでしたね。
ますます好きになりました。
チラシが置いてあった「Touch the Sound そこにある音」面白そう。
ずっと楽しみにしてた「ジャケット」ももうすぐ公開。

A Beautiful Lie/30 SECONDS TO MARS

April 26 [Wed], 2006, 4:27
A Beautiful Lieアレキサンダー」や「ロード・オブ・ウォー」などへの出演で知られる若手俳優Jared Leto(Vo、Gu、etc...)が弟Shannon(Dr)と共に結成した30 SECONDS TO MARSの2ndアルバム。

俳優が音楽にも手を出す事はよくある事ですが、これはそこら辺の「ちょっと音楽もやってみました」的なものとは全く次元が違います。
スタイル的にはHOOBASTANKなどに代表されるラウド/エモ系ながら、そこに絶妙なバランスで織り込まれた知性を感じさせるデジタル音やゴシック的な冷たさ、それに加え全ての楽曲を手掛けるJared Letoの確かなメロディ・センスと非凡な歌唱力が、この30 TO SECONDS TO MARSのサウンドをありがちなアメリカ的ラウド・サウンドとは一線を画すものにしています。
どちらかと言うとHIMに近いかも知れません。
一通りラウド/エモ系のバンドは聴いてきましたが、これほどの作品に出会ったのは初めて。
憂いを帯びたメロディが繰り返される内、否応無く胸が締め付けられていきます。
このJared Letoの胸を抉るかの怒涛の泣きのメロディ・センスと、アグレッシヴなシャウトからメロウで繊細な歌唱まで聴かせるややハスキーな歌声は必聴です。

P R
サイト内検索

WWW を検索 Imagination From The Otherside を検索
プロフィール
prophoto
sin
1980.4.1
ドラマーとして、FREEWILL、六合、SYMPHONIA、ALL IMAGES BLAZINGなど数々のバンド、プロジェクト、サポートなどで活動中。
ライヴ予定
2月23日(土) BTR (RUSH Tribute)
心斎橋 club ALIVE

3月9日(日) ALL IMAGES BLAZING
難波 ロケッツ

3月22日(土) BON VOJI (BON JOVI Tribute)
京都 都雅都雅

NP
https://yaplog.jp/imagination/index1_0.rdf
2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ク×ニマスター!!!!!
» 「幽遠」Amazonで販売開始! (2009年09月09日)
アイコン画像うさぎ足
» ウォーク・ザ・ライン (2009年02月02日)
アイコン画像つまらない映画…
» ポセイドン (2008年11月25日)
アイコン画像むっく
» ミーン・ガールズ (2008年06月17日)
アイコン画像sin
» ファイナル・デスティネーション (2008年05月18日)
アイコン画像ビョン姫
» ファイナル・デスティネーション (2008年05月16日)
アイコン画像sin
» ヴェロニカ・ゲリン (2008年05月09日)
アイコン画像fumi
» ヴェロニカ・ゲリン (2008年05月04日)
アイコン画像sin
» 個人サイト開設しました (2008年02月19日)
アイコン画像sin
» おかえり、インディ! (2008年02月19日)
BlogList