ポセイドン

June 15 [Thu], 2006, 19:48
72年に製作されたパニック映画の金字塔「ポセイドン・アドベンチャー」を最新の映像技術を駆使してリメイクしたパニック超大作。
出演は「バックドラフト」「スカイ・ハイ」のカート・ラッセル、「ウォルター少年と、夏の休日」「ステルス」のジョシュ・ルーカス、「炎のメモリアル」「ブリジット・ジョーンズの日記/きれそうなわたしの12か月」のジャシンダ・バレット、「ジョーズ」「陽のあたる教室」のリチャード・ドレイファス、「ホステージ」「ファイヤーウォール」のジミー・ベネット、「オペラ座の怪人」「デイ・アフター・トゥモロー」のエミー・ロッサムなど。
監督は、「ネバーエンディング・ストーリー」「トロイ」のウォルフガング・ペーターゼン。

オリジナルの「ポセイドン・アドベンチャー」を超える事なんかそうそう出来る事じゃないのでそんなに期待してませんでしたけど、映像的にはそこそこ楽しめる出来でした。
映像技術の進歩のお陰でポセイドン号が大津波に襲われるシーンや、船内のパニック・シーンは迫力満点で文句なし。
「Uボート」「パーフェクトストーム」といった海洋作品を撮ってきたウォルフガング・ペーターゼンだけに、無慈悲なまでに水が徐々に迫ってくる恐怖感、緊迫感の描写はオリジナル版以上でしたね。

トランスポーター2

June 15 [Thu], 2006, 16:20
どんな依頼品でも正確に目的地へと送り届けるプロの運び屋を描く「トランスポーター」の続編。
主演は「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「セルラー」のジェイソン・ステイサム。
共演に「ゴールデン・ボールズ」「クルセイダーズ」のアレッサンドロ・ガスマン、「ホワット・ライズ・ビニーズ」「最後の恋のはじめ方」のアンバー・ヴァレッタ、「エニイ・ギブン・サンデー」「ル・ディヴォース/パリに恋して」のマシュー・モディーン、「ロック・スター」「エイリアンvsヴァネッサ・パラディ」のジェイソン・フレミング など。
前作に引き続き、製作・脚本はリュック・ベッソン。
監督は「トランスポーター」「ダニー・ザ・ドッグ」のルイ・レテリエ。

前作ほどではなかったですけどなかなか面白かったですね。
アクション面はより派手に、よりツッコミどころ満載になってました。
車に仕掛けられた爆弾を外す所なんて、その予想も出来ない外し方に笑ってしまいましたよ。
まぁそういうツッコミどころは置いておくとして、アクション面は関して言えば近年のアクション映画の中でも屈指の出来と言えるのではないでしょうか。
アウディを疵一つつけず縦横無尽に走らせる凄まじいカー・アクションもさることながら、銃や斧を持った相手に無謀にも素手で挑むジェイソン・ステイサムの強さは最早セガール・クラス。
無表情ぶりも同じだし(笑)
ほんとハマり役ですね。

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR 

June 15 [Thu], 2006, 16:05
セルゲイ・ルキヤネンコのベストセラー小説を映画化し、ロシア国内で歴代興行記録を塗り替える大ヒットとなった、話題の全3部からなるダーク・ファンタジー大作の第1部。
出演はコンスタンチン・ハベンスキー、ウラジーミル・メニショフ、マリア・ポロシナ、ガリーナ・チューニナ、ヴィクトル・ヴェルズビツキー、マリア・ミロノーワなど。
監督・脚本は「ザ・グラディエーターII ローマ帝国への逆襲」「エスケープ・フロム・アフガン」のティムール・ベクマンベトフ。

この作品、本国ロシアでは「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」「スパイダーマン2」を超える興収No.1を記録したらしいんですけど、だいぶ見るのしんどかったです…。
「マトリックス」と「ブレイド」と「ロード・オブ・ザ・リング」を足して5で割ったような感じで、かなり中途半端。
とにかくストーリーの分かりにくさと、ダラダラした展開、主人公の魅力のなさが致命的でした。
何となくやろうとしてる事は分かるんですが、とてもじゃないですがそれが観客に伝わるほど整理出来ていません。
そもそも、物語の基本となる光の軍勢と闇の軍勢の違いが分からないし…。
まぁ第2部以降で明らかになっていくのかも知れませんが、最初がこれじゃあ続き観る人は少ないと思います。

ただ、一番心配していたヴィジュアル面の安っぽさは皆無。
と言うかむしろ、ハリウッドの大作と比べても全く遜色の無いクオリティだったのには驚きました。
アイデアと脚本、経験次第で、今後ハリウッド以上の作品を作る事は十分に可能だと思うので、ロシア映画界の皆さんには是非とも頑張ってもらいたいものです。

久々の大雨

June 15 [Thu], 2006, 11:33
今日は1日雨みたいですね。
小雨だった8時過ぎから出勤してます。

昨日の夜はデニス・クエイド&レネ・ルッソ主演の「ヘレンとフランクと18人のこどもたち」見てました。
勿論サンプル。
タイトルからも分かるように大家族のファミリー・コメディです。
8人の子持ちであるシングル・ファーザーと10人の子持ちであるシングル・マザーが再婚してさぁ大変!という極めてベタなストーリーなんですが、これがそこそこ面白かったです。
意外性は皆無ですが、とにかくそつない作りで、「血よりも濃い絆の大切さ」を温かく描いていました。
デニス・クエイドのコメディ演技も案外ハマってたし。
レネ・ルッソの老け具合はちょっとショック…。
「スクール・オブ・ロック」の委員長役の女の子も出てましたね(多分…)

今日のメインは「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」のコーナー作り。
久々に1人で作ったので若干時間かかりましたが、ジョニー・デップ、キーラ・ナイトレイ、オーランド・ブルームの関連作もアリで良い感じに仕上げました。
ついでにオフィシャルからカウントダウンのバナー引っ張ってきてこのブログに貼り付け。
飽きたら「サイレントヒル」に変えるかも。

休憩時間を利用してさくさく映画の感想アップしつつも、今日は結局14時間労働。
明日は朝からチーフ会議、夕方からは「シン・シティ」コーナー作りなので、またそんな感じかな…。
P R
サイト内検索

WWW を検索 Imagination From The Otherside を検索
プロフィール
prophoto
sin
1980.4.1
ドラマーとして、FREEWILL、六合、SYMPHONIA、ALL IMAGES BLAZINGなど数々のバンド、プロジェクト、サポートなどで活動中。
ライヴ予定
2月23日(土) BTR (RUSH Tribute)
心斎橋 club ALIVE

3月9日(日) ALL IMAGES BLAZING
難波 ロケッツ

3月22日(土) BON VOJI (BON JOVI Tribute)
京都 都雅都雅

NP
https://yaplog.jp/imagination/index1_0.rdf
2006年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ク×ニマスター!!!!!
» 「幽遠」Amazonで販売開始! (2009年09月09日)
アイコン画像うさぎ足
» ウォーク・ザ・ライン (2009年02月02日)
アイコン画像つまらない映画…
» ポセイドン (2008年11月25日)
アイコン画像むっく
» ミーン・ガールズ (2008年06月17日)
アイコン画像sin
» ファイナル・デスティネーション (2008年05月18日)
アイコン画像ビョン姫
» ファイナル・デスティネーション (2008年05月16日)
アイコン画像sin
» ヴェロニカ・ゲリン (2008年05月09日)
アイコン画像fumi
» ヴェロニカ・ゲリン (2008年05月04日)
アイコン画像sin
» 個人サイト開設しました (2008年02月19日)
アイコン画像sin
» おかえり、インディ! (2008年02月19日)
BlogList