「幽遠」Amazonで販売開始!

May 09 [Fri], 2008, 13:47
六合の5曲入り1stミニ・アルバム「幽遠」が、この度Amazonで販売開始されました!

かなり今更感はありますが(苦笑)、まだお持ちでない方がおられましたら是非この機会にお買い求め下さい。
既に愛聴して下さっている方はレビューを投稿してもらえると嬉しいです。

幽遠

幽遠


 


さて、何故今頃になって?という疑問にお答えしましょう。
六合のようにレコード会社にもレーベルにも所属せず流通も自分たちで行っている完全自主制作CDをAmazonで販売する場合、Amazonが提供するe託販売サービスを利用するのですが、これにはバーコードが必須となります。
そして、このバーコードが以前はJANのみだったんです。
JANを取得する為にはJAN企業コード(JANメーカーコード)利用の手引きというものを買って、商工会議所に提出したり、結構面倒な手続きを踏まなければいけません。
それに加え、六合は海外での流通用にUPCを取得していたので、わざわざまたJANを取得するというのはあまりメリットがないと考えていたのです。

ところが、つい最近e託販売サービスの利用条件が変更になったらしく、UPCでも販売OKになった事を知り、新作の布石として申し込んだところアッサリ販売開始となったわけです。
当然もうじき発売になる新作もAmazonで販売しますし、iTunesストアでも販売します。
でも、直接買ってもらうのが当然ながらベストです(笑)

これは僕個人の考えですが、現状の音楽、特に製品としての音楽産業は破綻寸前です。
アーティストとユーザの間に入る人間が多過ぎて、本来多くを得るべきこの両者が最も損をしているという馬鹿げたシステムに、自分の表現したい事を犠牲にしてまで組み込まれたくはありません。
CDを100万枚も売る必要なんてどこにもないんです。
それに、きっと近い将来、音楽を"買う"という行為(感覚としての)そのものが淘汰されていくと思います。
ここらへんの話はまたその内。

神々に挑む戦い

February 03 [Sun], 2008, 10:59
あっと言う間に1月が終わり、今年もあと11ヶ月しかありません。
過去最高に充実した年にする為に、もっともっと攻めていこうと思います。


六合はまだまだレコーディングなので、今年最初のライヴは今月23日のBTR!
BTRは世界最高峰のロック・トライアングル、RUSHのコピバンなんですが、本家には遠く及ばないながらも、本人たちは非常に楽しくやっているという(笑)、そんなバンドです。
昨年12月に北山で行われたプログレ普及会第一回総決起集会でも演奏したのに、何でたった2ヶ月のスパンでまたライヴをするのかと言いますと、実はギターのTOMさんが春から転勤になる「かも」知れないんです。
ただ、正式に分かるのは3月半ばらしいので、このライヴの時点ではお別れライヴになるのか、お別れ未遂ライヴになるのか分かりません(笑)
ただ、本家RUSHは一向に来日する気配ないですし、なかなかRUSHのコピバンなんて見る機会もないでしょうし、大して練習時間もないというのに新しい曲に挑戦しているくらい気合いは入ってますので、是非観に来て下さい。
チケット取り置き絶賛受付中です!





2月23日(土) BTR (RUSH Tribute)

心斎橋 club ALIVE
OPEN 16:30 / START 17:00
前売 2,000円/当日 2,500円

出演バンド:
DAKKEN (DOKKEN)
BTR (RUSH)
GRAND FANQ (GFR)
THE SONS OF EVE (ELP)
STRANDED (WHITESNAKE)


DOKKENのコピバンはかなりレアな気がする…。

こんなにあったっけ?(汗)

January 22 [Tue], 2008, 0:05
ご存知の通り年明けからずっと六合のレコーディングをしています。
ずっと、とは言っても当然平日は仕事あるので、仕事の後や週末限定ですけどね。
ドラムはとっくに録り終わってるんですが、他のパートのディレクションやら何やらでまだまだ先は長そうです…。

そう、春頃まではこのレコーディング関連の作業で何だかんだ忙しいだろうからライヴのサポートやイベントなんか結構断ってきたつもりだったのに…

なのに、何故か5月のGWまでに最終確定してないものも含めると6本くらいライヴが決まってました(汗)
おかしいなぁ。



そんなわけでライヴ告知です。
一番早いのはもう1ヶ月後なんですね、実は。
とりあえず3月までのものを告知しておきます。



2月23日(土) BTR (RUSH Tribute)

心斎橋 club ALIVE
OPEN 16:30 / START 17:00
前売 2,000円/当日 2,500円

なんと!
先日、club PANGEAのOPを務めたサンイヴと共演です。
かなりQなお客さんが多そうな予感(笑)



3月9日(日) ALL IMAGES BLAZING

難波 ロケッツ
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 2,000円/当日 2,500円



AIB主催のイベント「MONSTERS OF ROCKETS」も早くも3回目!
今回も強力なバンドが集結してくれました。
AIBもかなり異色な新曲を初披露予定!



3月22日(土) BON VOJI (BON JOVI Tribute)

京都 都雅都雅
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 1,500円/当日 1,800円

この前の本家ライヴを観て、早くやりたくて堪りません。
今回は過去最強と言える布陣で臨みますので、お楽しみに〜。
でも、間違いなく出演者の方が楽しむと思います(笑)



どのライヴも見応えあると思うので、是非是非遊びに来て下さい!

BON JOVI Lost Highway Tour@大阪ドーム

January 16 [Wed], 2008, 23:59
行ってきました2年ぶりのBON JOVI!

95年の「Cross Road」のツアー以来、大阪でのライヴには欠かさず足を運んでますが、こんなに何度もライヴを観て、CDを聴いてるのに飽きないって本当に凄いことですよね。
今回のライヴでもその楽曲の層の厚さを感じました。
BON JOVIの魅力はやっぱり何と言ってもメロディの良さ。
正直歌だって演奏だって完璧じゃない(苦笑)けど、ずっと胸に残る楽曲を"バンド・サウンド"で2時間以上プレイ出来るバンドはそうはいないと思います(しかも、毎晩違うセットリストで!)
やっぱりBON JOVIはBEATLES以降の僕の原点だと再確認しました。

今回は普段なかなかやってくれない、尚且つ僕の思い入れの強い曲を沢山プレイしてくれて嬉しかったです。
「New Jeargy」からは何と4曲も!
"Livin' In Sin"なんて少なくとも僕はライヴで聴いた記憶がありませんし、"Blood On Blood"もかなり久々の登場。
テンション上がりまくりでした。
その後も全くダレない見事なセットリスト。

しかし、アンコールは全曲アコースティックな曲中心でまったりムード(笑)
本編であれだけ盛り上げておいてこれかよと、ちょっと肩透かしを食らった感が…。
まぁ、25曲トータル2時間半も楽しませてもらったんだから、これ以上求めるのは贅沢なのかも知れませんね。
JonもRichieもちょっと体調悪そうだったし。
今回のツアーの最後にもう一度日本に戻ってきてくれますように!


Jeff Buckleyの"Hallelujah"久々に聴こうかな。





1.Glad All Over (Dave Clark Five cover)
2.Lost Highway
3.Just Older
4.You Give Love A Bad Name
5.Wild In The Streets
6.Born To Be My Baby
7.Blood On Blood
8.Summertime
9.Livin' In Sin
10.Whole Lot Of Leavin'
11.In These Arms
12.We Got It Goin' On
13.It's My Life
14.Bad Medicine〜Shout
15.Stranger In This Town (Rishie Vocal)
16.Have A Nice Day
17.Keep The Faith
18.I'll Sleep When I'm Dead〜Jumpin' Jack Flash
19.Who Says You Can't Go Home
20.Livin' On A Prayer

-ENCORE-
21.The Last Night
22.Hallelujah (Leonard Cohen cover)
23.Wanted Dead Or Alive
24.I Love This Town
25.Captain Crash & The Beauty Queen From Mars

情熱のスパニッシュ・ギター

January 14 [Mon], 2008, 16:54
最近のお気に入り。


Rodrigo y Gabriela

Rodrigo y Gabriela


男女2人組のスパニッシュ・ギター・デュオ"Rodrigo y Gabriela(ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ)"の最新アルバム。
なんでも2人とも元々スラッシュ・メタルやってたらしく(笑)、やたらとメタリックなリフやらリズムやらが出てきてかなり良い感じ。
ギターのボディも叩きまくってて、とにかくエネルギッシュ!
でも、紡がれるメロディはどこか哀しげで、そのギャップにハマってます。
何か昔からスパニッシュ・ギターって好きなんですよね。
GYPSY KINGSのアルバムも未だに良く聴くし。

そうそう、このアルバム"Stairway To Heaven"と"Orion"のカヴァーも収録されていて、特に"Orion"は素晴らしい出来です。
「METALLICA大好き!」ってのがよく分かる(笑)

あと特典DVDに収録されているライヴ映像もまた凄くて…、もう最近毎日見てます。
2人の演奏もアルバム以上にテンション高くて凄まじいグルーヴ感なんですが、それを更に盛り上げていくお客さんのノリが凄すぎて笑えます。
ステージで演奏してるのは2人だけ、しかもアコースティックなのに、手拍子足拍子ヘドバン、何でもあり(笑)

3月に出る日本盤にもDVDはつくみたいなので是非チェックしてみて下さい。
輸入盤の方が断然安いですけどね。



Rodrigo y Gabriela - My Space
 ←試聴出来ます。


ドラム録り終了!

January 13 [Sun], 2008, 1:55
今日はドラム録り最終日でした。
割と時間に余裕があったので新しいセッティングや音作りなんかを色々試したりもしつつ、かなり良いテイクを録る事が出来ました。
実験的な曲はそれはもう凄いドラムが入ってます(笑)
名付けて"混沌という名の哀しみ"。
お楽しみに。





今日はフロントにチャイナ3枚並べてみました。
ちなみにセンターのチャイナは3枚重ね。




BUCK-TICK Tシャツがまぶしい!




パーカッションも録りました。




誰かさんはスナック菓子食べる音を録ってました。




ふぅ、やれやれだぜ…。


過酷なレコーディング風景

January 11 [Fri], 2008, 23:18


まだプレート入ってまんねん。





誰やこんな難しい曲書いたの。





はい、もういっかーい。





うぎゃ〜!



こんな感じで身を削りながらレコーディングは進行中です。
六合のレコーディングは身も心も灰になるとかならないとか…。


明日は最後のドラム録り。
1曲は相当叩き慣れてる曲なんできっと楽勝です(と自分にプレッシャーを与えておく)
もう1曲はかなり実験的な曲なので、どうなるかまだ分かりません。
その瞬間のインスピレーションに従って思い切って叩いてきます。

うーん、やっぱりレコーディング楽しいな。
毎年やりたい。

今度の閣下にも期待してます。

January 11 [Fri], 2008, 22:48
以前紹介したデーモン小暮閣下のカヴァー・アルバム第二弾がいよいよ今月魔II発売!!


GIRLS’ROCK√Hakurai(初回限定盤)(DVD付)

GIRLS’ROCK√Hakurai/デーモン小暮


今回は"往年の女性ヴォーカリストの楽曲をカヴァーする"という基本コンセプトは変わっていないものの、前回からやや捻りを加え、"欧米のヒット曲をカヴァーした女性ヴォーカリストの楽曲をさらにカヴァーする"という趣向。
個人的には元GRAND ILLUSION、現CODEのAnders Rydholmが今回も制作に関わっているのかが非常に気になるところです。


収録曲はこんな感じ(CDジャーナルより転載)

・愛が止まらない (Turn It Into Love)【WINK】
・雨音はショパンの調べ (I Like Chopin)【小林麻美】
・今夜はANGEL (Tonight Is What Means To Be Young)【椎名恵】
・SHOW ME【森川由加里】
・タフな気持ちで (Don't Cry)【渡辺美里】
・ダンシング・ヒーロー (Eat you up)【荻野目洋子】
・チェリー・ボンブ −悩殺爆弾− (Cherry Bomb)【ガールズ】
・NEVER【未唯】
・ヒーロー (Holding Out For A Hero)【麻倉未稀】
・Mr.サマータイム【サーカス】
・ランバダ (Lambada)【石井明美】


あと今月はやっぱりこれかな。

Scarcrow

The Scarcrow/TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA


ドラムがEric Singerだし、最近のEDGUYみたいに割とハード・ロック色が強そうな気はするけど、やっぱり未来のジャーマン界を背負って立つのはTobbyしかいないと思う。
あぁ、HELLOWEEN & GAMMA RAYのライヴは結局行けそうにない…。

六合レコーディング開始!

January 05 [Sat], 2008, 22:09
今更ですが明けましておめでとうございます。
年末年始ずっと家に籠って、Rec用のオケ作りや譜面準備、その他諸々をしてたらいつの間にかもう5日。
今年は過去最高に正月気分を味わってない気がする…。


そんなこんなで昨日から六合のレコーディング開始してます。
昨日は12時入りでいつものようにスタジオのドラム全部バラして、掃除→ヘッド交換→チューニング→セッティング→サウンド・チェックのフルコース。
これで約3時間。
そこから休憩挟みながら1時まで…。
そして、今日は筋肉痛に苦しみながらも10時半から18時過ぎまで8時間頑張ってきました。
昨日と今日で9曲録り終わって、あとは急遽追加になった1曲を残すのみ!
これで大分肩の荷が下りました。
まぁまだこれから他のパートやミックス、デザイン、プレス手配、流通手配などなど目一杯仕事は残ってるんですけどね(苦笑)


そう言えば、今日録り終えたドラム・テイクを聞いててふと思ったんですが、今回のアルバムは「幽遠」と比べると凄まじく音数&リズム・パターンが増えてます。
下のセッティング見ただけでもそれは分かるかと…。
まだ採用するか決めてないけど、BPM=210の16分ツーバスとか録りましたからね(過去最速)
「幽遠」の時は敢えてシンプルに叩いたんですが、今回はそういった制約は設けずに割と自由に叩いたつもりです。
さて、それが吉と出るのかどうか…。
個人的には、目標としている"ドラムだけ聴いてもどの曲か分かる"プレイは出来たと思います。
さぁ、ここから他のメンバーによってどう変わっていくのか、楽しみで仕方ありません。





今回のセッティング




ドラマー側から見るとこんな感じ




スネアは異常に重いdwとこの龍太郎を半々くらいで使用




しまった!
レコーディングに夢中で、このセットを叩いてる姿を撮ってもらうの忘れた…。



<追記>

以下、自分用にマイク、プリアンプ等。


App : Mic : HA

BD_On : audio-technica ATM-25 : Neve 31102
BD_Front : YAMAHA SKRM-100 : Neve 31102
SN_Top : SHURE Beta57 : TUBE-TECH MP1A
SN_Bottom : AUDIX i5 : TUBE-TECH MP1A
F_tom16 : audio-technica ATM-25 : YAMAHA 02R
L_tom13 : audio-technica ATM-25 : YAMAHA 02R
H_tom12 : audio-technica ATM-25 : YAMAHA 02R
T_tom10 : SENNHEISER MD-421II : YAMAHA 02R
HH : SHURE SM81 : YAMAHA 02R
Ride : AKG C451B : YAMAHA 02R
Top_L : AKG C451B : YAMAHA 02R
Top_C : AKG C414BULS : YAMAHA 02R
Top_R : AKG C451B : YAMAHA 02R
ambience : AKG C414BULS : YAMAHA 02R

PORCUPINE TREE グラミー・ノミネート!

December 13 [Thu], 2007, 0:07
Fear of a Blank Planet

Fear of a Blank Planet


今更ですがヘヴィ・ローテーション中です。
Gavin Harrisonのドラムが気持ち良過ぎ。
この人いまいち日本では知名度低い気がしますけど、相当上手いです。
テクニックも相当なものですけど、手足のバランスや奇数拍子の組み立て方、金物の使い方なんか、かなりのセンスを感じますね。
何よりまず音が良いし。
確かに最近のデス/ブラックに代表されるエクストリーム系ドラマーのプレイは凄まじいものがありますけど、あれって割と技術至上的なとこがあるように感じるんですよねぇ。
それと比べると、破壊力は無いかも知れませんが、Gavin Harrisonのプレイは非常に音楽的だと思います。
それにしても、今度KING CRIMSONで叩くって本当?


PORCUPINE TREE情報としては、「Fear of a Blank Planet」がグラミー賞のベスト・サラウンド・サウンド・アルバム部門にノミネートされたり、以下の旧譜10タイトルが来年の1月に発売されたり。
早くまた来日してくれないかな。


●『On the Sunday of Life』 (91年)
●『Up The Downstair』 (93年)
●『The Sky Moves Sideways』 (95年)
●『Signify』 (96年)
●『Coma Divine』 (97年)
●『Metanoia』 (98年)
●『Stupid Dream』 (99年)
●『Voyage 34: The Complete Trip』 (00年)
●『Lightbulb Sun』 (00年)
●『Stars Die: The Delerium Years 1991-1997』 (02年)


紙ジャケってのはいただけないけど(Steven Wilsonの希望らしい…)、入手困難になってた作品もあるので持ってないのはまとめ買いしようと思います。

P R
サイト内検索

WWW を検索 Imagination From The Otherside を検索
プロフィール
prophoto
sin
1980.4.1
ドラマーとして、FREEWILL、六合、SYMPHONIA、ALL IMAGES BLAZINGなど数々のバンド、プロジェクト、サポートなどで活動中。
ライヴ予定
2月23日(土) BTR (RUSH Tribute)
心斎橋 club ALIVE

3月9日(日) ALL IMAGES BLAZING
難波 ロケッツ

3月22日(土) BON VOJI (BON JOVI Tribute)
京都 都雅都雅

NP
https://yaplog.jp/imagination/index1_0.rdf
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ク×ニマスター!!!!!
» 「幽遠」Amazonで販売開始! (2009年09月09日)
アイコン画像うさぎ足
» ウォーク・ザ・ライン (2009年02月02日)
アイコン画像つまらない映画…
» ポセイドン (2008年11月25日)
アイコン画像むっく
» ミーン・ガールズ (2008年06月17日)
アイコン画像sin
» ファイナル・デスティネーション (2008年05月18日)
アイコン画像ビョン姫
» ファイナル・デスティネーション (2008年05月16日)
アイコン画像sin
» ヴェロニカ・ゲリン (2008年05月09日)
アイコン画像fumi
» ヴェロニカ・ゲリン (2008年05月04日)
アイコン画像sin
» 個人サイト開設しました (2008年02月19日)
アイコン画像sin
» おかえり、インディ! (2008年02月19日)
BlogList