どうも、投稿ができないようなのでhpにブログを書こうかと思います。 

June 11 [Mon], 2018, 23:40
このヤプログでの投稿が1万を数えました。その結果、「これ以上記事は作成できません」と表示されてしまいます。


l

この投稿も過去の投稿を消して書いています。


14周年の投稿も、その後の投稿もされず仕舞いです。




運営に問い合わせをしていますが、恐らく有料になっての継続を勧められる展開でしょうか。


hp上の「ニュース」としてブログをしようかなと思います。

http://www.ilpiatto.net/category/news/ilpiatto/

投稿しやすさは低下しますが、きちんとここから残して行ける事は良いことかなと思います。




これからもよろしくお願いします。

生ハムスライサー! 

June 07 [Thu], 2018, 15:52



生ハムスライサーが届きました。


始め、プラグを刺しても動かなくてメーカーにお問い合わせしました。


刃は動こうとするのだけど動かない旨を伝えたら、


「あのですね、危険なんですが、手袋かタオルなどで刃を少し回転方向に押し動かしてみてください。」


という。


電源オフの状態でそれをしたら刃は固定されてるので動かない。


「いや、電源を入れた状態でしていただくのですが、危険なんですが、どうでしょう。」


危険だな、それは。



マジか。


そんなことあるのか。


恐る恐る刃を回転方向に向けて押してみる。



おや。



動くのか?


こいつ、動くのか?



おお!


回った!!!


動いた!!


もう一度、電源を入れ直してみる。


やはり動かない。


手で送る。


おお!

動く。


しかし危ないな。

これは。



担当者に尋ねると、なじむまで時間がかかる場合が稀にあるとのこと。


すごいな。



とは言え、周年の今日に間に合ってくれてよかった。





多様性の重要さ。 

June 07 [Thu], 2018, 9:18
今朝も私の家では嫁さんがかの子に「早く着替えて!」「時計見て!」などと注意して支度を促していました。私は嫁さんの注意の仕方では「言われないとできない様になってしまう」と指摘してきました。私にすれば朝早くから繰り広げられる二人のやりとりは、朝から重たい気分になるものです。それはきっと、二人も同じ気持ちです。言う方も言われる方も、嫌な気分です。どうしたら朝がスムーズになるのか。




かの子を送り出した後、今日は嫁さんとその事について話しました。仕事に行かねばならない嫁さんの焦り、学校に遅刻させてはならない責任感、不備のない様に整えなくてはならない準備。私の目からはどれも頑張り過ぎている様に映ります。どれも譲れない。完璧に仕上げようと頑張る。見ていると、かの子は「できない」のでは無いのです。自分のペースでしているだけなのです。嫁さんはそのペースが自分の想定とずれるからか、思わず言葉がきつくなってしまう。この関係を改善するにはどうしたものか。頑張り過ぎてしまう嫁さんを楽にしつつ、かの子も自分のペースで展開できるようにしたい。私はそう思います。



私は嫁さんに「失敗から学ぶ」ということも話してきました。ですが、やはりその失敗が怖い。そうさせることが(そうさせてしまうことが)、彼女はきっと許せない。気持ちはよくわかります。「失敗から学ぶべきだ」と言葉で簡単に言われてもそんな気持ちにはなりきれないでしょう。それがどれ程の覚悟を伴うのか。私は言いました。「君の気持ちの話をしているのではない。それはまた別の話なんだ。かの子が気持ちよく学校へ登校するための話をしているのだ。」失敗を恐れる気持ち(嫁の気持ち)と、失敗から学ばせる(教育方針)ということは現象が同じなので一緒くたにしがちですが、違うことです。



朝の支度は重要です。ですが、嫁さんの指示通りにできたからと言って気持ちよく登校しているとは限らない。支度はかの子のペースで間に合うようバックアップすることが私たちの課題です。かの子は自分のペースが「間に合わない」と眼差しを向けられるほど、頭ごなしに言われている気分になるでしょう。前提が「間に合わない」のですから、叱られていような気持ちになるかもしれません。毎朝のように注意されることで「言われない事はやらない」という待ちの姿勢が染み付いてしまうかもしれない。自分で考えて自主自立しなくてはなりません。かの子のペースを保障しつつ間に合うようにしたい。



嫁さんの抱える(自分も)失敗できないという気持ち。その環境下で自分のペースを実現できないかの子。嫁さんが持つ気持ちが改善されれば済むことのように思われがちですが、事はそんなに単純では無いのです。嫁さんの思いは純粋で「きちんとこなす」という倫理観に基づいています。その倫理観はかの子の情操教育に素晴らしい効果をもたらしています。言い換えれば紙一重なのです。「きちんとする事」と「失敗する事」が裏表になった倫理観には優先すべきことが自明なのです。



嫁さんには言いましたが「かの子は君の気持ちを落ち着かせる為に努力をするのじゃなく、かの子は自身の快適さを手に入れる為に努力をしなくてはならない」と私は考えます。今は嫁さんに言われることが嫌だから「準備させられている」ような場面が多いです。そしてそれは、怒らせないようにするための回避行動であって主体的な支度にはならないことが多い。誰のための朝の支度なのか。嫁さんの気持ちを損ねない様にするための支度ではありません。嫁さんはかの子の為にしている事なのに、いつからか自分の気持ちを穏やかにさせる為の要求になってしまうかも知れません。



この事は、朝の二人に限った話ではありません。



これが進み深刻になると、依存関係になります。働きかけは相手の為であるという正義に基づき、働きかけられた側は相手の正義を実践する為に行為する。幸い、かの子は負けん気が強く堂々と反論をしています。「先、先、言わんといて!!」「時計、時計って言わんといて!」「今きちんとできてるんだから言わんといて!!」私は二人のやりとりが毎朝すぎて出しゃばったまでです。初めは微笑ましかったものの、いつか嫁さんは自身の威厳を保つ為により強く働きかけることになるだろうと思うのです。ある立場とは権力構造にも似ていて、手にすると行使したくなるものです。



私はこの関係を潤滑に問題なく進める事を、深刻には考えていません。もう立ち向かう方法はあるのです。私たちは個々が異なる文化を持つ「異文化人同士」と認めるべきです。親子とはいえ、支度するペースは違うのです。そしてそれは見ている世界と経験が違うことを意味しています。つまり、文化が違うと言えるでしょう。以前はこれを習慣が違う程度に捉えていました。しかしこれだけ多様性が求められる世界なのですから、習慣ではなく文化という方がしっくりきます。一番身近な存在を異文化人として理解することは自然かなと思います。



嫁さんと、かの子と、私は、まさに異文化です。



この事が広く理解されて共存でき、互いに認め合う事が出来れば目黒の様な悲惨は起きにくい様に思うのです。問題は単純ではなく他にも多くの原因があるでしょうが、同じ存在だと強く思う気持ちは許せない気持ちも育ててしまうと思うのです。異なる文化を持つ他者とどう付き合うか。親子の間にもそういう意識があれば、互いの敬意に変わるのではないかと期待をしています。単に認める必要はなく、ぶつかりながら互いの文化を理解してゆく。どうやって争いを避けながら自分の気持ちを実現させるのか。多様性の重要さは、朝の支度にも表象されているように思いました。

ジェッソ塗り立て。 

June 06 [Wed], 2018, 17:19
ジェッソ塗り立て。






触ると白くなってしまいます。





帰りまでに乾いたならお尻もジェッソで仕上げて、いよいよ明日からは仕上げ塗装が始まります。


仕上げ塗装はマスキングしながら丁寧に仕上げていきます。


ワクワクです。

尾場瀬先生へ。 

June 06 [Wed], 2018, 10:24
久しぶりに我ながらいい文章なので、ブログにも投稿させてください。


尾場瀬先生

こんにちは。お元気ですか。



6月のメニューがやっと完成しました。メニュー考案をしながら、先生から頂いた言葉や思いを繰り返し巡らせていました。



5月メニューでは「カタカナ表記が多すぎる」と多くのお客様に言われました。どういう内容かは手元のメニューに書くのですが、皆さんは読まれません。難しいところですが、イタリア語の韻や音感も大切に感じるこの頃なので、表記には苦慮しています。6月メニューはなるべくカタカナを遠ざけて、ご質問を受けた際に背景などの説明を加えようと思います。お客さまが何を食べたいと思うかを読み取りながらイタリア料理の説明を加え、イタリア料理への関心を高められたらと思います。



料理の学習は続いています。先にも書きましたが、イタリア語の韻や音感を大切だと思うのは、同じ料理でも地方によって呼び名が変わる点です。そこに込めた地域文化やアイデンティティが表記されているのです。物語があると言えばいいでしょうか。学習を深めるとその物語にも関心を持ちます。すると、イタリア語を学ぶ必要にも迫られます。




先生はグラムシの研究を通して(またそれ以外も含めて)原本の大切さを言われていました。元々の言語でどの様に書かれているのかを自分で解釈する大切さを言われていました。それは料理表記にも同じことが言えるのだと思います。元々が何であったのかを込めてメニューを考える様になり勉強量は圧倒的に増えました。ですが、やはり充実も得られています。




先生がご紹介くださった池田さんの著書は非常に奥が深くて面白いです。単なるガイドブックに留まらず、非常に心強い参考書になっています。ただそれも、他の著書の書籍と照らし合わせながら言葉の意味を追っています。ひとつの書籍に頼りすぎると偏った知識になってしまう事を大学で学びました。こんな所でも、大学での学習は活きています。





メニュー表記も、人に理解してもらうことも、恐らく根本は「何を伝えたいのか」というシンプルな(「カタマリ」というか、自分がきちんと理解できていることというか)明確さが大切なのだと思う日々です。目の前にある現象にとらわれ過ぎて求めていたはずの少し先の未来が変わってしまう残念さや、求める未来に強い固執がある為に今に厳しくなってしまう事は、どちらも悲しく映ります。



私はなるべく静かに学習し、時に気分を晴らすために映画を観たりし、くだらないと思われるようなお酒の飲み方をし、気の置けない友人たちとの時間を通して充足感を得たりし、「元彼女と会う」様な背徳感を覚える深夜の将陽・チャーシュー麺を食べたりし、そして今日も相変わらず働こうと思います。私は相変わらず元気です。



いよいよ梅雨に入った京都は同じ顔をしています。


尾場瀬先生も体調などに気をつけてお過ごしください。先生からの学びが私を支えています。



ミズタニヨシオ

やっと昼ごはん。 

June 05 [Tue], 2018, 16:14
16:10。


やっと座れた。


この10分だけ。





結局、昨夜は全然眠れなかった。



嫁さんのメモにイライラしてか、気が立ってしまったのだ。


目を閉じて休んだだけの時間。


空はもう明るかった。



ほどなくして、嫁さんもかの子も起きた。


私もトイレに行った。



それからまた布団に戻った。



寝れない。



かの子に「行ってらっしゃい」と言ってから寝ようとしたがダメだった。


朝からずっと動いてる。



結局、睡眠を取れずに休憩もなく夜の部へ入る。



それでも。


ワシならできると思う。

ぞくぞくと届く。 

June 05 [Tue], 2018, 10:16
新しい展開に向けて商品購入したものが続々と届きます。




真空パック器。


そして。




シーリングファン。

円町みたいに天井に付きます。


エアコン効率を上げるために。

無理だろ。 

June 05 [Tue], 2018, 3:25
明日の朝、かの子に7:50には登校するように言ってくださいと。


嫁は見守りがあるからと。






いやいや。


いま3:20だぜ?



これからメールチェックして業者発注して一息つくんだぜ?



無理だわ。



申し訳ないが、かの子には休んでもらうくらいの勢いだ。


ワシは8:00過ぎにしか起きない。




暮らしの健全さより学校の仕組みを優先する必要はない。


ワシの睡眠の方が大切だ。



やっとメニュー替えが終わって帰ってきてこれはキツい。



もうかの子には休んでもらいたい。



もう何だかハイだ。 

June 05 [Tue], 2018, 2:59


業者へのfaxが無かったら上で泊まるのに。

やれやれ。



なぜだろう。


ハイだ。



ビールが苦い。


しかし美味しい。



BGMはハンサムケンヤの「これくらいで歌う」。

やっと完成。 

June 05 [Tue], 2018, 2:36
結局、こんな時間か。


6月メニューです。








生ハムスライサー登場。

2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像かwakAみぃ
» 自家製リコッタ。 (2018年04月30日)
アイコン画像ミズタニ・ヨシオ
» デリカシーとユーモアについて。 (2018年04月20日)
アイコン画像ハリネズミ
» デリカシーとユーモアについて。 (2018年04月20日)
アイコン画像みゆき
» 何回も、何回も。 (2018年04月13日)
アイコン画像ハリネズミ
» かの子とデート。 (2018年03月27日)
アイコン画像栗こん
» 月曜日に母が来ました。 (2018年03月22日)
アイコン画像ハリネズミ
» ここから。 (2018年03月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミズタニ・ヨシオ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1974年2月19日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:京都府
  • アイコン画像 趣味:
    ・ラジオを聴くこと。-ラジオはいいですよー。
読者になる
好き勝手なことばかり書いていて、
すみません。

ご意見などはページ上部の
アドレスまでお寄せください。

2012年6月から食画(株)
を始めました。