メキシコで新たな大油田

2004年08月31日(火) 15時15分
メキシコで新たな大油田 埋蔵量でイラクに迫る

 【メキシコ市30日共同】30日付のメキシコ紙ウニベルサルは、国有メキシコ石油公社(ペメックス)がメキシコ湾での3年におよぶ探査の結果、
 約540億バレルを埋蔵する新たな大油田を発見したと報じた。この結果、同国の推定原油埋蔵量は約1020億バレルとなり、イラクの確認埋蔵量に次ぐ規模になるという。
 石油輸出国機構(OPEC)によると、2003年の確認原油埋蔵量の世界1位はサウジアラビア(約2627億バレル)、
 次いでイラン(約1332億バレル)、イラク(約1150億バレル)が続く。メキシコの新油田の規模は確認されていないため単純比較はできないが、
 確認されればメキシコの原油埋蔵量は世界上位に浮上しそうだ。
 ペメックス側は「さらに技術的な分析が必要だ。近く正式に発表されるだろう」と話している。

  • URL:https://yaplog.jp/ikura/archive/802