ちっちゃい

May 22 [Sat], 2010, 12:26

こんなにちっちゃくて細い身体だったんだね。
軽くて壊れそうで、抱っこするのもこわいくらいだったよ。2506gという小さい身体で生まれてきたけど、一生懸命おっぱいに吸い付いてる姿に、命の重さを感じて胸がいっぱいになってたのを思い出しました。
笑った、寝返りした、ハイハイした、立っちで歩いた…とこの一年、嬉しくて新しいことが目白押しでした。
入院したりと、大変なこともあったけど、家族が増えた生活はやっぱりとても楽しい

兄弟仲良くて、兄は妹に優しくてメロメロで…おまけにすごく心配性です(笑)母はそんな兄がとてもかわいい

成長。

April 26 [Tue], 2005, 18:06


 3240g、生後15日で610g増加!
 順調です。 


新生児用オムツがこんなに大きい

かわいい。

April 15 [Fri], 2005, 15:10
   

  まわりは女の子ばかり。
  2630gで少し小さく生まれたから、女の子に挟まれてちっちゃく見える。
  


 
                      うでの中で壊れそうなくらい小さく感じる。
                      守ってやらねば。
  
  


光線。

April 14 [Thu], 2005, 15:20
  
   
4日目にして黄疸の数値が上がったため、24時間光線治療を受ける。
保育器?に目隠しで入れられてるわが子を見て胸が痛む。

偏平足。

April 12 [Tue], 2005, 17:03


こ〜んなにちっちゃい。
この足でママのお腹を蹴ってたのね・・・
ちゃんと地に足をつけて歩いていくんだよ

いっくん。

April 10 [Sun], 2005, 14:24

桜満開の4月9日、出産予定日の早朝、破水から出産がはじまりました。
落ち着いたことに、papaの起きるのを待って報告。
そして、診察の始まる9時頃病院へTEL。
土曜日でpapaが休みのため、入院用意をして一緒に病院へ。
すぐ診察、処置、モニター。
そして入院。
でも、病室に空きがないため、昼までモニター室で待機。
今の時点で陣痛はまったくない。
モニター室にて昼ごはん(入院食)をもりもり食べる。 ・・・私って元気。
昼になり、やっと病室へ。

夕方になっても陣痛は始まらない。
点滴をしながら様子を見る。
夕食も普通に食べる。
夜になり、だんだん陣痛がついてきた。
・・・(この間にpapaにコンビニ行ってもらい、夜食まで食べた。)
そして大量の破水、陣痛間隔2〜3分。
朝方、LDRへ移る。
・・・・・・苦しい苦しい時間が流れ・・・・・・午後1時45分、いっくんは誕生した。
papa立ち会いで、本当によかったと思う。


2005年4月10日
mamaのもとへ降りてきたいっくん。
不思議な感覚が抜けず、ぼ〜っとしてたな。
寄り添い、生まれてはじめて一緒に寝たね

これから始まる新しい生活、家族三人で楽しく過ごそうね。