ハイイロジネズミオポッサムのコロ助

September 09 [Sat], 2017, 17:44
蟹をさばくのは難しいものです。活蟹のさばき方を簡単にご説明します。甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。そしてまず、腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。
お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。その後、甲羅から足を取り外します。



腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。



ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。これで解体は終了です。



さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておく。以上が蟹の捌き方の基本になります。



タラバガニ、ズワイガニなど蟹にも色々ありますが、オススメの種類の一つに数えられるのが、北海道の名産、花咲蟹です。タラバガニの仲間に分類される花咲蟹は、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。

花咲蟹の肉は太いですが、意外なほどの柔らかさもあり、タラバガニほどではないですが大きく、身入りも上々です。花咲蟹が最も美味しい時期は、夏から秋にかけてといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。
かに通販のお店にも、訳ありの商品があるって知っていましたか。

いちいち説明がついているわけではないので、いったい如何なる理由でそうなっているのか、購入者にとっては大問題ですよね。訳ありは、損害になるか、客寄せになるか、読みきれないものなので、そのお店の考え方が表われます。

意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、味は十分美味しくてもちょっと小さいとそれだけではじかれるのです。

天然物なのだから大きさが揃わないのは当然なのに、バランスが取れないという理由ではじかれることもあったりします。甲羅の傷や脚の外れなどもありますが、味には変わりないですよね。
このように、食べる上で何の影響もないようなことで、訳あり品になるので、よほどうるさい人でなければ気にする方がおかしいくらいです。



友達にも教えてあげようと思います。



松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。



一般的な松葉ガニと比較してサイズが小さいと思われていますがこの時期にしかない卵がぎっしり入っていて味わいも豊かで、松葉ガニよりも、通好みでファンが後を絶ちません。

市場に出回るのは、ごく短い期間です。わずかに11月から1月の間と水揚げされないので、その意味でも非常に貴重なかにです。ゆでがには一番メジャーな調理法ですが、おいしく茹でるために、ゆで汁に塩を入れるのが第一のコツです。入れすぎると身が硬くなるので、塩気をつけています、とわかれば大丈夫です。

立派なかにで、もしも鍋より大きかったら、食べるときは別々だと割り切って、甲羅と脚に分けて鍋に全て収めてください。

食べるときに汚れが気にならないよう、茹でる前に洗っておくと食べるときに楽ですよ。

おいしいかにを通販で買えるのは便利ですが、注意点の一つとして、自宅で保管できない量を買ってしまうということです。リアル店舗で買えば、自分が持ちきれないほどの量を買おうとしたことに気づき、量を減らそうと思うのが当たり前です。

通販だと、量やかさ、箱の大きさを実感できないまま、店舗より安いこともあって大量購入してしまい、届いてから一週間は毎日かにを食べていたという話は通販の中でも、かにではありがちです。


せっかくのおいしいかにです。おいしく食べきれるよう考えましょう。ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。

何と、かの有名な上海ガニと同じ仲間なのです。

背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。



また、重さは170グラムから180グラムの個体が多いといわれています。それから、小さい個体は雄のことが多いです。日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用として広く知られています。蟹通販では実に様々な種類の蟹を買うことができます。中でも初めての方でも安心して注文できるのはどういう蟹かというと、水揚げ後まもない時の鮮度を閉じ込めた「冷凍の蟹」です。「えっ、活きた蟹のほうが新鮮で美味しいんじゃないの?」と思う方は多いでしょうが、活蟹は新鮮さでは右に出るものはありませんが、一方で身をさばくのに技術が要り、ご自宅で食すのは難しいです。茹で蟹はあれでいてなかなかコツが難しく、手を出すのは難しい部分もありますので、そういった下処理が終わっている状態の商品を買ったほうがいいと私は思います。

かにの食べ放題というと、味がどうかという点で色々な方が色々な意見をお持ちのようです。

かにの産地ならどこのお店でもおいしいのかもしれませんが、数は多くありませんが、専門店の食べ放題はおいしいかにを食べさせてくれるようです。

かに「も」食べ放題できるというお店では専門店より残念な味だというのが常識です。
専門店で食べ放題があるところは多くありませんが、本当においしいので、おいしいかにをたくさん食べたい方は一度行ってみてください。最近は蟹通販もメジャーになりましたが、それだけに、レビューや口コミというのはネット上にたくさんありますよね。ECサイト(楽天市場やアマゾンなど)のユーザーレビュー欄では簡単に多くの口コミが見られます。

また、それ以外にも、私の知る限りでも、蟹通販についてまとめたサイトは数十を下りません。
これら全てに目を通すことなど出来る筈ありませんね。
そんな中で、何を参考にすればいいのでしょう?購入者の心情が多分に入った口コミばかりを頼りにするのではなく、業者の実績によって選ぶほうが賢い選択といえます。

それなら信用できる業者から蟹を買うことができますね。
  • URL:https://yaplog.jp/idd7eehns76ein/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sora
読者になる
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる