手に取って目しても奇怪な石に見えます! 

January 23 [Wed], 2013, 20:42
先々週友達よりペリカン便で丹波名産の山の芋が配達されました。
友達は少し前に溺愛していた愛犬を突然に亡くしたので、とても愛されていた犬の命日にと百合の花束をお慰めに送りました。
幼馴染の友達は大好きだった愛犬の命日を覚えていた事に凄く感激してくれ故郷名産の山の芋を心を込めて届けてくれました。
届いた箱を開けると「これは何?」山の芋が行方知れずです!箱ギューギューに細かいオガクズが詰まっていてそれをほじくると底の方からブツ?が現れて来ました。
「何じゃこりゃ?」って思えるほど真っ黒な皮で覆われた山の芋。


短冊に切って食べる事しか考えられない私(汗)途方に暮れているとオガクズの下から透明のOPP封筒が!!それをピックアップすると中に山の芋の小冊子が入っていて様々なジャンルのお料理が載っており速攻、開封しましたよ!山の芋は、揚げ物にしてヨシ!煮物にしてヨシ!焼き物にしててヨシ!どの写真を見てもとっても美味しそ♪それが私の料理魂に火をつけ山の芋料理にのめり込んだ切っ掛けとなりました。
ネットで調べたり知り合いの調理師さんに聞いたり山の芋料理のバリエーションの多さに改めてビックリでした!冬の時期はホワイトソースに摩り下ろした山の芋を混ぜて蒸し焼きにするとマイルドで滅茶苦茶美味です!後平凡ですが、海苔に付けて揚げてもイケますよ。
20種以上のレパートリーが増え、其れを友達に教えてあげると言う喜びが増えました。
素材はシンプルなほどいっぱいアレンジ出来てオリジナリティーが出せやり甲斐がありますね!で、最終的に分かった事は一番要望の多いのは素朴な煮物料理とか。


トホホ(泣)でも友達からのお届け物のお蔭で私の暇つぶしが一つ増え幸せを感じています。
まだ3個残っているので、今日の夕飯のメニューは山の芋を何に変身させようかな♪