油!新潟の香り豊かな湯巡りだよ!C

December 09 [Sat], 2006, 21:33
お次は、雲母温泉街にある「雲母本館」へお湯を借りに参りましたよ。
ちなみに「きらもとかん」と読むのだそうです。
別にどこかに別館がある訳では無い様です。



こちらには、大きな混浴風呂1つと、男女別小浴場が2つあるそうです。
私らはこの小さな浴室のお湯に浸かる事にします。



一見無色透明ですが…
なんと!お湯からは共同浴場から感じる事のできなかった硫黄臭がするではありませんか!
そして、お湯を舐めると旨味がいたします。
雲母温泉にはこんなお湯もあったの!?
実に驚きですぞ。



さらに、湯口を改めてみてみますと、白っぽい湯の花が付着しております。
共同浴場では湯の花は見られなかったというのに…。(私が見逃していただけか?
お湯も入りやすい温度でスベスベしましたのでかなり気持ちよかったです。



ついでに、混浴の大浴場も見せてもらいましたぞ。
かなりでかいです。
しかも眺め良し!ときたもんだ。

そしてその中央部には…。



なんと、トンガリです!
とんがったものからお湯が出ているのです。
これはかなり面白い湯口ですね…!
ここは広いせいか、硫黄臭は小浴場に比べると控えめに思えます。
臭いを満喫するには小浴場がBEST!ということかな?

  • URL:https://yaplog.jp/ichipon/archive/492
こうこく
ブログ内検索
岡山市エリアガイド
温泉一覧カテゴリ