前原誠司の政治資金を追う

May 11 [Mon], 2009, 21:24
小沢代表が辞任を表明しましたが…_| ̄|○

今頃祝杯でも挙げている奴がいるかと思うと、非常に腹立たしいので



コイツ↑の政治資金をチェック!

前原誠司の資金管理団体は「新緑会」
政党支部は「民主党京都府第2区総支部」
その他関連政治団体は
「まえはら誠司東京後援会」
「誠友会」
「まえはら誠司後援会青年部」
「まえはら誠司後援会婦人部」
「まえはら誠司後援会連合会」
「まえはら誠司左京後援会」
「まえはら誠司東山後援会」
「まえはら誠司山科後援会」
「前原誠司を囲む会」

「まえはら誠司東京後援会」は総務省のデータベースで確認できるが、それ以外はすべて京都府への届出。京都府に届け出ている政治団体の平成19年度分の収支報告書の要旨は京都府公報 号外第37号(平成20年9月30日)で確認できます。

京都府だけで政党支部を除いても「前原誠司」関連の政治団体は9団体、かなり異常な数なのは言うまでもありません。なんか臭いますw
では、とりあえず京都府の団体は置いといて…調べやすい総務省に届け出ている「まえはら誠司東京後援会」からチェック!

平成19年度分の「まえはら誠司東京後援会
」の収支報告書によると



所在地は、東京都江東区大島7-30-13-209
代表者は「高坂節三」
会計責任者は公設秘書の「福田智子」
電話番号は075−723-2751

市外局番075は京都市内とその近辺の地域、
住所と電話番号が別で



光熱費、事務所費は0円
人件費が138万、備品&消耗品が22万、かなり不思議な話です。
ちなみにこの住所「東京都江東区大島7-30-13-209」は
「グレイス大島」というマンションの一室
グレイス大島 詳細情報」で確認すると、主な間取りは3LDK。写真から見る限り事務所向きの物件ではありませんね。

さて次に、代表者の「高坂節三」でgoogleしますと

お粗末な財界トップ高坂節三氏

白鴎情報通信C
ディスカッション市民立憲フォーラムでの発言「私たちの考える憲法素案
等を発見!

上記ホームページによると
元伊藤忠商事常務、元栗田工業会長。
財界の改憲派スポークスマンで元経済同友会憲法調査会委員長。今は同会の「憲法問題懇談会委員長」、「財界の改憲派スポークスマン
との事、ナルホドです。

この後援会の収支報告書、色々おかしいところがありまして…

政治活動費の内訳「組織活動費」で
「渉外費 495460円」「会合費 1611561円」「旅行交通費 977166円」の支出がありながら詳細が全く記載されていない。基本的に5万円未満の支出に関しては記載しなくて良いのだが、それにしても300万円近くの支出がありながらすべて「その他の支出」で1件の記載も無いのはあまりにも不自然。
過去にさかのぼって平成18年度平成17年度を調べても同様。三年間で合計900万円近い金額の支出がありながら、その支出がすべて5万円未満の「その他の支出」そんな事、常識的にありえません。
しかも、
平成18年度の支出項目別金額の内訳



平成17年度の支出項目別金額の内訳



によると
人件費、光熱水費、事務所費とも0円
又、
これらの年度の「まえはら誠司東京後援会」の代表者は
「稲盛和夫」

稲盛氏といえば
稲盛和夫(Wiki)
京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者で財団法人松下政経塾の相談役。
民主党代表小沢一郎と旧知の仲であり、大企業の実業家ながらも熱心な民主党支持者として知られ、小沢一郎が2008年9月21日に民主党代表として再選された際には来賓として挨拶も行っている。
との事。
「松下政経塾」つながりで「まえはら誠司東京後援会」の代表に就任したと思われるが、平成19年度から代表が「高坂節三」氏に代わっているあたり、小沢氏との確執の影響かとも思われる。しかし平成19年度には人件費138万円を計上しているのに、18年度、17年度は0円というのが非常に不可思議??稲盛氏は無給で高坂氏には月10万程度の謝礼を払っていたと言う事なのか…。

何れにしても稲盛氏も高坂氏も財界の重鎮。「前原誠司」と財界の癒着の構図がアリアリ、
収支報告書から読み取れるのは「まえはら誠司東京後援会」は年に1回ホテルニューオータニで開かれる「政治資金パーティー」を主催して、東京で集めた金を京都の前原関連の政治団に寄付するために設立された政治団体。しかし、この政治団体、どう考えても実態及び支出について不可解な事が非常に多い事が判明、人の事をとやかく言う前に「前原誠司」は自分の政治団体について有権者に説明責任があるのは言うまでもありません。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:卵かけごはん
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE



PING送信プラス by SEO対策


Twitter Button from twitbuttons.com