麻生を救え!

June 30 [Tue], 2009, 2:16


麻生が死んで「弔い合戦」になったとて、
この状況が一変するとは思えないが…

先週のエントリー
「麻生に脳梗塞の疑い」 を
捕捉する情報。「低気温のエクスタシーbyはなゆー」より

〔衆院選〕麻生首相が病死すれば「弔い合戦」で自民党圧勝

こちらの記事も興味深い

小渕元首相「暗殺説」の点と線  殺された代議士は何を知っていた------!?

アメリカで医師となった人物は語る。
「診療経過を見ると自然に発症したようには見えないのですよ。問題は脳梗塞から出血性梗塞になった。つまり溶けた血の塊が血管細胞から漏れ出して止まらない状態になり、容態が急激に悪化した。こういう状態を見るとどうも人工的な薬が予め使われたのではないかと疑いたくなるものです」
この医師によればCIAが暗殺に用いるF≠ニいう薬が存在するという。このF≠ヘ確実に脳梗塞を引き起こす薬で、それが使用された可能性は否定できないと語った。
(以上、一部抜粋)

「偏った食生活」と「喫煙者」で元々黄色信号な訳ですから、
それに「過労」と「ストレス」が加われば、限りなく赤信号。
専門家に言わせると、すでに「初期症状」が出ているとの事。
CIAの暗殺薬なんて使わなくたって、
最近の言動も含めて、時間の問題?って気がしないでもない。

麻生総理で自民党にはボロ負けしてもらわなければ困る。
地元じゃ病院もやっているんだから
麻生!脳の精密検査しなさい!

人気ブログランキングへ 「日本は三流マフィア国家!」と思ったら、クリックお願いします。

麻生に脳梗塞の疑い

June 24 [Wed], 2009, 4:54
脳梗塞・心筋梗塞は予知できる
真島 康雄
幻冬舎
売り上げランキング: 112509


笑っちゃうけど、笑い事じゃない話。
例の「必勝と言うべき所を…」の話なのだが…。
尊敬する「気弱な地上げ屋」さんのエントリー

故小渕元首相の症状と同じ 阿呆タロー
(ラ・ターシュに魅せられて)

その彼が言いました。
「小渕さんよりは軽いと思うけど、脳梗塞の前期症状にも見えるな」ですって。
常人より、脳の働きが悪いことは知られていますが、血管が詰まっているかも知れないそうです。
怖いですね。
小渕さんの時と同様、 「放置」 されているようです。

(一部転載)

「その彼」とは、「地上げ屋」さんの友人
故小渕総理の「脳梗塞」をテレビで予見した「脳外科医」との事。

確かに、漢字の読み間違いは、彼の資質だけど、
「惜敗を期して…」は、
なんか、洒落にならない。
例えは悪いが、
友人の結婚式で、新婦にむかって
「このメス豚が…」って言うのと同じ事。
言い間違いのレベルを逸脱しているのは確か、
「脳への血流が弱い&歩く舌禍」は誰しも承知ですけど、
「…脳梗塞の前記症状にも見えるな」
_(‥ )フーン、脳梗塞の兆候ですか…「合点です。」

小渕元総理の急死や梶山静六の交通事故…
田中派の流れを汲む議員は逮捕されたり早死にしたり…
「暗殺」なのか「自然死」なのか…
「陰謀」なのか「偶然」なのか…
「国策捜査」なのか「弔い合戦」なのか…
「清和会」なのか「アメリカの手先」なのか…
「゚(∀) ゚ エッ?!誰かがドアを…m(^^)トントン」

検索して初めて知ったけど。万一の際の「副総理」は「与謝野」なんですね。
最近、影が薄くなっている気が…もしや転●?
またまた、洒落にならない。

人気ブログランキングへ 「政治家「不審死」増加傾向」と思ったら、クリックお願いします。

日本の総理は「売国奴&死の商人」

May 30 [Sat], 2009, 11:36
最近になって再びキナ臭い、北朝鮮
核実験やら季節外れの花火大会やらで、お得意の「恫喝&タカリ外交」を繰り広げておりますが
日本の対応は国連と中国と兄貴のアメリカの出方次第。
そんな他人任せの日本の外交能力に問題があるのは否めませんが…
毎度お約束の右巻きの馬鹿どもが、
一つ覚えで「日本も核武装だー!」と、すでに埃まみれの冷戦時代の「核抑止論」をふれ回るかと思うとうんざり。
今回は「海上封鎖」なんて話もありますが、キューバや日本じゃあるまいし島国でもない北朝鮮にどれほど効き目があるのかそもそも微妙な話。第一、陸続きの韓国や中国は北朝鮮の崩壊なんてちっとも望んでいない訳ですから、適当に抜け穴見つけて助け舟を出すのは明白。普通に考えりゃ、そんな事して一番喜ぶのは法改正して益々「行け行けバンバンな美しい国、日本」になってガッポリ儲けられる日本の軍需産業と政官の取り巻き連中です。
ですから、
そんな事考える暇があるなら、影で誰が北朝鮮のミサイルや核開発を手助けしているのか突き止めた方が余程日本の安全を守るのに有益。そもそも危機なんて何時の時代も作り出されるもの、この危機で誰が得をするのか見極めるのが大事。「くさい臭いは元から断たなきゃダメ」同様、小手先の経済制裁なんかしたって、影でコソコソ支援して北朝鮮に取り入ろうなんていう奴がいたら「元の木阿弥」、意味ありませんからね。
と、いう事で
「影でコソコソしている奴の話」

元外交官でアジア大洋州局北東アジア課課長補佐(北朝鮮班長)を務めた。原田武夫氏のH.P.より

北朝鮮の「隠された鉱山資源」を狙う欧米


(抜粋)
北朝鮮を訪問していることが明らかになったフランスのラファージュ社は、フランスを代表する建材メーカーで、世界に拠点を持っている。他方のオラスコム社はエジプトのゼネコン大手である。これら2つの会社は、既に資本提携を行っている間柄だ。
それでは、これら2社が訪朝した目的は一体何であろうか。去る2008年2月、オラスコム社の子会社であるCHEOテクノロジーは、北朝鮮で第3世代携帯電話ネットワークを建設する許可を得ている。このことから、オラスコム社は通信分野を通じて以前から北朝鮮に接触していたものと容易に予測がつく。
では、ラファージュ社と北朝鮮の関係は何か。それを知るためには、同社の株主構成にも注意する必要がある。同社の株式のうち、その約20%をベルギーのグループ・ブリュッセル・ランベールが保有している。そして、注目すべきはこのグループ・ブリュッセル・ランベールの株式を25%保有しているのが、フランスの鉱物メーカーであるイメリス社である点だ。つまり、ラバージュ社の事業には鉱物関連セクターで幅を効かせるイメリス社が大きな影響力を持っているのだ。こう考えることで、バージュ社社長の北朝鮮訪問は最終的に資源の開拓であるというからくりが浮き出てくるのだ。
また、ラファージュ社が「フランス」の企業であることもキーポイントであろう。私はかねてより、ヨーロッパ諸国と北朝鮮の秘密裏の繋がりについて取り上げてきた。とりわけ、多くのヨーロッパ諸国が北朝鮮との外交を樹立している中、北朝鮮との国交を樹立していないフランスの動きがどうしても目につくのだ。
その例として、かつて北朝鮮が外国への借金を返済できなくなり、債務不履行となった負債の一部(約650億円分)を、フランスのBNPパリバ証券がアレンジして証券に転換し、市場に流通させたことが挙げられる。他の欧米諸国と並んで北朝鮮核問題を批判しているフランスは、過去において北朝鮮を危機から救い出していたのだ。そのフランスが北朝鮮における鉱山利権を獲得していないわけがないだろう。
(抜粋終了※赤字はオイラ)

ご存知の通り、フランスはアメリカ、ロシアに次ぐ世界第三位の武器輸出大国。そうは言ってもこの業界、1位と2位のほぼ独占市場ですから3位のフランスは売り方にも工夫が必要。アメリカ、ロシアは自陣営に売りつけるのが基本ですが、フランスは敵対している両方がお客様。要は金持ってりゃ誰でも売るって事。台湾に「ミラージュ」売っといて、、中国にライセンス込みで地対空ミサイル「クロタル」売りつける位は朝飯前、お国を挙げての「死の商人」ぶりは有る意味天晴れで清々しい程。
で、次はこの記事、
以前もエントリー「麻生と北朝鮮」で取り上げましたが、再度掲載

エジプト企業と合弁契約 祥原セメントが生産工程一新
(朝鮮新報)

(抜粋)
祥原セメント連合企業所(平壌市祥原郡)は現在、外国企業と協力し生産工程を一新している。エジプト企業のオラスコム・コンストラクション・インダストリーズ(OCI)は昨年、朝鮮のセメント分野への投資意向を示し朝鮮側と祥原セメントの現代化および運営のための協力関係樹立を目的とする合弁契約を締結した。
 最近、OCIは世界最大手のセメント製造企業であるフランスのラファージュに買収されその系列会社となった。すでに締結された契約に従って現地に祥原セメント合弁会社が設立され現在、2年後の2010年を完工目標に設備更新計画が進められている。
(抜粋終了)

「祥原セメント」は北朝鮮最大のセメント会社ですから、北朝鮮の原子力発電所建設で使われたコンクリートを製造している事はほぼ確実。もっとも、北朝鮮の会社は全て国営企業ですから「北朝鮮とフランスのラファージュがコンクリートの合弁会社を作った」で十分。そもそも、セメントは石油や鉄同様の「軍需物資」、おまけに高品質のセメントは核開発にとっては、無くてはならない物、原子炉格納容器はもちろん、核廃棄物の処理もセメントで固めるのが基本。しかも、ラファージュは核保有国で全電力の78%を原子力発電で賄い、原子力発電への依存率が世界で最も高いフランスのセメント会社。当然、北朝鮮が喉から手が出る程ほしい原子炉に関する、セメント関連の「KNOW-HOW」は十分すぎてお釣りがくるほど持っている。

そして話は核心「日本の首相の親族会社」
最近、リニューアルしたみたいな
麻生グループのホームページ」によりますと

130年の歴史を持つ麻生グループは、2005年4月1日より新たなグループ経営体制をスタートしました。麻生グループの中核であるセメント事業については、 2001年に世界最大手のセメント会社である仏ラファージュ社と合弁会社(麻生60:ラ社40)を設立し、厳しい事業環境の中、麻生・ラファージュ両社が持つ利点を最大限に活かし、グローバルな視点で大胆な選択と集中を進め、収益構造を致しました。

との事。
以前の麻生グループの中核会社「麻生セメント」は現在、ラファージュとの合弁会社
麻生ラファージュセメント株式会社

北朝鮮で原子力発電所作ったのが
「祥原・ラファージュセメント会社」で
日本の首相が元社長の親族会社が
「麻生ラファージュセメント株式会社」


フランスの国策も見え隠れしますが、
結論を言えば
麻生太郎は「売国奴&死の商人」って事。

こんなネットで調べりゃ5分で判る事実を無視して、無駄に危機ばかり煽る日本の政府&マスコミ。
毎度、馬鹿馬鹿しい話でございます。

人気ブログランキングへ 「麻生は売国奴!」と思ったら、クリックお願いします。

麻生とモーニング娘と生キャラメル

April 19 [Sun], 2009, 13:00


田中義剛の足し算経営革命-北海道発 大ヒットの法則! (ソニー・マガジンズ新書)

定期巡回ブログのネットゲリラさんが
モーニング娘。と麻生首相の1100万円スキャンダル
なんて、エントリーをUPしてまして、まだいたの「モーニング娘」と麻生の繋がりを指摘さてれいます。
そもそも、この話の元ネタは低気温のエクスタシーbyはなゆーさんの
麻生首相に献金した芸能事務所のタレントがNHKドラマで主演 」。

まとめ&おまけ付きで
ネットゲリラ「モー娘。と麻生首相の1100万円スキャンダル」
なんて、エントリーもありますので、この問題の詳細はそちらで確認して頂いて

オイラが注目したのは
麻生の資金管理団体「素淮会」へのアップフロントグループ役員からの献金リスト

荒敬一 150万
山崎由佳子 100万
山崎直彦 100万
寺本保治 150万
持田陽司 100万
堀内孝雄 150万
山崎直樹 150万
瀬戸由紀男 100万
佐藤尚 100万

で名前が出てくる荒敬一
他にもこんな人↓



の名前があったりして、いろいろ追っかけると面白そうですが…。

さて、この荒敬一氏、元々は

株式会社アップフロントグループ
代表者 荒 敬一(アラ ケイイチ) 住所 東京都国立市谷保
(帝国データバンク企業情報 調査時点 2002年11月)

でしたが、2006年に社内で大幅な人事異動がありまして

ヤングジャパン時代からアップフロントグループの主に経理・財務部門を管轄する最高幹部として、長く本社社長を務めていた荒敬一さんが今回の異動で本社社長を退任。
グループ内企業の一つでコンサートビジネスに深く関係するアップフロントプランニングの社長に就任しました。([アップフロント]UFA社長等が人事異動

との事、そして「荒敬一」で検索して発見したのか
北海道発 空スイーツ 花畑牧場“生キャラメル”大ヒット中!!

荒敬一氏、現在は、ボッタクリ生キャラメルで有名な「花畑牧場」の取締役にご就任されてる模様。
この記事で興味深いのが
「田中義剛が牧場長をつとめる「花畑牧場」(:ハナバタケボクジョウ 本社:北海道河西郡中札内 代表取締役 田中義剛) と生活提案企業「JALUX」(:ジャルックス 本社:東京都品川区 代表取締役社長 岡崎 俊城)のコラボレーションによる花畑牧場“生キャラメル”が今、北海道(札幌)の空港で大ヒット商品になっています。」

「JALUX」は日航の関連会社ですが、「花畑牧場の生キャラメル」だけではなく
アップルフロントグループと共同で「UJプランニング」なんて会社も立ち上げてる。こっちは五木ひろしを山車に使っているらしい…。要はアップルフロントグループとJALUXは非常に強い提携関係。

そして、「JALUX」社長の岡崎 俊城氏、麻生が1963年に学習院大学政経学部を卒業、岡崎氏が1965年学習院大政経学部卒業って事は、麻生の直の後輩。経団連の理事も務めている事を考えれば、麻生との何らかのパイプが有ると見て当然。('';)ウーン、麻生へのアップルフロント役員の個人献金を装った企業献金の指南役って事ですかね。

と言う事で、話は戻って「花畑牧場」。
連日の「花畑牧場&田中義剛」のテレビ出演はどー考えたって異常。
制作費が無いから、商品宣伝を兼ねたタイアップ番組だらけなのは分かりますが、それにしたって出すぎ。
そもそも「生キャラメル」なんて大騒ぎするような物じゃない

生キャラメルの作り方レシピの動画教室
で自宅で簡単に作れる代物

宣伝の仕方が上手かったと言えばそれまでだが、結局は裏で金をばら撒いた政治力。
要所要所での裏金の使い方が上手かったって事ですか。

「義剛」調子こいて本まで出したみたいですが
以前のエントリー「義剛、暴利に味しめ「二匹目のドジョウ」
でのオイラの杞憂が当らない事を祈ってます。


人気ブログランキングへ 「義剛は見飽きた!」と思ったら、クリックお願いします。

麻生太郎と北朝鮮

April 04 [Sat], 2009, 13:34
先日のエントリー「麻生太郎の資金管理団体を追う」で名前の出てきた

麻生ラファージュセメント株式会社

太郎の金ヅル大阪の政治団体「麻生太郎先生を囲む会」が、この「麻生ラファージュセメント株式会社」のダミー団体と言うのが確定した訳ですが、

麻生ラファージュセメント株式会社(Wiki) は、

福岡県福岡市に本社を置くセメント製造会社。株式会社麻生と、フランスのセメント大手であるラファージュ社との合弁会社。

# 2001年(平成13年)7月1日 - 麻生セメントが株式会社麻生に社名変更。
# 2001年(平成13年)8月1日 - 麻生のセメント部門が独立し、麻生セメント株式会社発足。
# 2001年(平成13年)9月27日 - ラファージュ社資本参加。
# 2004年(平成16年)4月1日 - 三井鉱山セメントの土地・鉱山を継承。
# 2004年(平成16年)11月1日 - 麻生ラファージュセメント株式会社に社名変更。

ラファージュ社(Wiki)は

フランスのセメント会社である。セメントメーカーとしては世界第2位(2007年度、出荷量規模)[2]。スイスのホルシム、メキシコのセメックスなどと並び、セメントメジャーの一角に数えられる。日本での事業は、麻生との合弁会社である麻生ラファージュセメントによって行われている。

石油メジャーはよく聞くけど「セメントメジャー」ね _(‥ )フーン

と言う事を踏まえて
麻生が外相に就任した時のちょっと古い記事ですが、
「麻生セメントの歴史」を知る上でも貴重な情報なので全文転載します。
ぜひご一読を、長いけどお許し下さい。m(__)m

麻生外相と韓国・朝鮮、被差別部落

昨日(10月31日)の内閣改造で、
麻生太郎氏(福岡8区)http://www.aso-taro.jp/index2.html
が、外務大臣に就任しました。ポスト小泉の一人として将来の首相候補になったとマスコミから大きく取り上げれられています。
 福岡県内からは、将来の首相候補として、そして冷え切った日韓・日中関係の改善に手腕を発揮すると期待の声が上がっています。 
 福岡県内のテレビニュースの街頭インタビューでは、麻生外相就任を祝う声が数多く聞かれました。もちろん、広田弘毅(1978年〜1948年)以来の福岡県出身の首相誕生を期待する声もです。 (広田弘毅は外交官として活躍し、外相も務めました。そしてA級戦犯として東京裁判にかけられ、処刑されました)
  福岡県民の一人として、私は外相就任おめでとうございますと言うべきでしょうが、そのかわり、次のことを言います。 
 麻生外相は、韓国・朝鮮人と被差別部落の人々の生き血をすすってのし上がった一族の出身です、と。 
 麻生外相は、政界に入る前は麻生セメント(現在は麻生ラファージュセメント)の社長でした。この会社の前身は、かつて福岡県・筑豊地方に数多くあった炭鉱を経営していた麻生鉱業です。この麻生鉱業(創立当初は麻生商店)は、福岡県のみならず日本有数の石炭産業会社として「日本の近代化・産業化に貢献した」と評されています。炭鉱経営で得た利益をもとに鉄道・電力・病院、そしてセメント会社を設立し、財閥を形成しました。麻生外相は、その麻生グループの3代目後継者です。麻生グループは今も福岡県有数の企業グループとして大きな力を持っています。
 
 麻生一族は炭鉱経営で得た富と影響力で政界にも進出しました。
 
 麻生外相の父、麻生多賀吉(1891年〜1980年)は吉田茂首相の3女・和子と結婚し、衆議院選挙に立候補し当選しました。自民党の実力者として活躍しました。麻生外相はその政治的地盤を引き継ぎました。 
 麻生外相は吉田茂の孫です。高祖父は「明治維新の三傑」大久保利通、曾祖父は昭和天皇の重臣だった牧野伸顕、義父は鈴木善幸首相です。妹・信子は三笠宮寛仁親王妃です。まさに華麗なる一族です。 
 さて、もともとは農村の豪農地主にすぎなかった麻生家が、日本有数の名家(今流行りの言葉で言えばセレブ)になったのは、炭鉱経営で得た富でした。その富は、韓国・朝鮮人労働者と、被差別部落の人々を搾取することで得たものでした。
  私の手元には、消滅した筑豊の炭鉱の全貌をモノクロ写真で記録した写真集
 『写真万葉録筑豊』(全10巻 上野英信・趙根在監修 葦書房 1986年
  http://www1.ocn.ne.jp/~ashi/)
  があります。経営する側ではなく、そこで働く労働者と地域の人々の視点で炭鉱を捉えた記念碑的写真集です。その写真集の第9巻「アリラン峠」は、韓国・朝鮮人炭鉱労働者とその家族の姿が納められています。
 この本の53,54ページにハングルで書かれたビラの写真があります。私はハングルが読めないので内容が分かりません。しかし、ガリ版刷りで印刷されたビラの文字から、ただならぬ緊張感が感じられます。「労働者諸君!」・「内地労働者」・「東京労働総同盟」・「世界労働者」と書かれた漢字から、労働争議に関する呼びかけであることが推測されます。「麻生」の文字もあります。
 ビラの最後には漢字で一回り大きく書いてあります。
 
 「打倒暴力搾取之巨魁麻生財閥 民族的差別待遇絶対反対」
 
 これは、1932年8月14日から9月3日の約1ヶ月間に渡って、韓国・朝鮮人労働者が戦った麻生炭鉱争議のビラです。日本人労働者よりも2割安い賃金(この時期は輸入石炭との価格競争を理由に3割値下げ)、首切り、長時間労働、リンチ、侮辱、厳しい監視に対しての怒りが爆発したものでした。 
 麻生鉱業は日韓併合以前から、いち早く韓国・朝鮮人労働者を雇用していました。その待遇は上記の通りでした。当時、日本の炭鉱の韓国・朝鮮人労働者に対する労働条件はどこも劣悪でしたけれども、麻生鉱業が経営する炭鉱は、ひときわ悪いものでした。「圧制ヤマ」としてその名をとどろかせていました。 
 立ち上がった韓国・朝鮮人労働者に対して、麻生鉱業は警察とヤクザを使って潰しにかかりました。多くの血が流されました。その韓国・朝鮮人労働者とともに立ち上がって戦ったのが、被差別部落出身の日本人労働者でした。
  豪農地主として、多くの被差別部落の小作人を支配下においていた麻生家は、被差別部落の人々を、経営する炭鉱に送り込みました。また、九州各地や中国・四国地方から生活の場を求めて流入してきた被差別部落出身の人々を、積極的に雇用しました。差別を恐れて声を上げないことにつけ込み、低賃金と劣悪な労働条件のもとで酷使したのです。人々は「ゲザイニン」と軽蔑され、職種・住居(炭住)・風呂に至るまで差別されました。しかし、米不足から起こった1918年の「米騒動」を機に、被差別部落の人々は立ち上がるようになり、1922年の全国水平社を結成しました。翌1923年に、九州水平社が結成され、差別撤廃闘争を展開しました。被差別部落の人々の多くが炭鉱労働者とその家族であった筑豊においては、差別撤廃闘争は労働運動を意味しました。そして、麻生争議では、同じように差別に苦しんでいた朝鮮人労働者と連帯して、戦いました。被差別部落の人々はカンパを集め、米を朝鮮人労働者に送りました。(『日本民衆の歴史 地域編9 赤いボタ山の火 筑豊三池の人びと』66ページ 新藤東洋男編 三省堂 1985年)。韓国・朝鮮人と日本人の民衆が連帯した数少ない例です。 
 この麻生鉱業争議は、スト参加者263人が解雇されたことで労働者側の敗北に終わりました。 
 その後、韓国・朝鮮人の労働運動は厳しい取り締まりで壊滅に追い込まれ、日本への絶対的服従を強制される協和会運動に飲み込まれました。
 
 水平社運動も、同じように軍国主義体制の強化で、沈黙と政府と政府への協力を余儀なくされました。 
 その後麻生鉱業は、賃金や労働条件の改善をあまりしないまま、韓国・朝鮮人と被差別部出身者を炭鉱に送り続けました。火災や落盤、出水、ガス爆発などの事故で、多くの人びとが犠牲になりました。それは日中戦争激化と太平洋戦争開始でさらにひどくなりました。物資不足と人員不足で安全対策がおろそかになったこと、安全を無視した採炭が原因でした。そして、いわば移住で渡ってきた人びととは別に、強制的に連れられてきた韓国・朝鮮人や中国人も、麻生が経営する炭鉱に送り込まれました。その人びとが、どのような運命をたどったのかは多くの書物に述べられています。また、本土へ疎開した沖縄県出身者も炭鉱に入りました。
  
 太平洋戦争敗北後、労働運動が自由になったことで、炭鉱労働者は激しい労働運動を行い、めざましい成果を上げました。韓国・朝鮮人労働者も祖国分断の苦難にあいながらも、活発な運動を展開しました。被差別部落解放運動も活発に行われました。
 
 しかし、1950年代半ばから始まった石炭から石油への「エネルギー革命」によって、石炭産業は崩壊しました。生活の基盤であった炭鉱は次々に閉山したました。廃墟が広がり、多くの人びとが筑豊から去りました。その多くが高度経済成長に沸く太平洋ベルト地帯に移りましたけれども、中には農業移民としてブラジルやアルゼンチンなどの南米に移住した人もいました。また、北朝鮮に「帰国」した韓国・朝鮮人労働者とその家族もかなりいました。
 筑豊に残った人びとは、その多くが失業に苦しみ、生活保護と失業対策事業、日雇いの仕事でかろうじて生活しました。
 
 一方、麻生家は2代目総帥麻生多賀吉が、吉田茂首相の娘婿になったことで政界に進出し、「華麗なる一族」への道を進みました。グループの主力事業を石炭からセメントに転換したことで、生き残ることができました。 
 麻生太郎氏外相就任おめでとう、次は首相か、という声があふれています。 
 しかし私は、政界で華麗な活躍をしている麻生氏の足下には、踏みつけにされた韓国・朝鮮人と被差別部落の人びとの屍があることを指摘します。そして彼は踏みつけにされた人びとの叫びが、全く聞こえていないことが、「創氏改名」や「一民族」発言で明らかです。
 
 ですから私は祝いません。

(転載終了)

「麻生財閥」と「麻生太郎」という人物を知る上で非常に参考となる文章ですが
話は「麻生ラファージュセメント株式会社」に戻りまして
今度は
North Korea Today
対北朝鮮政策転進の時 から抜粋

麻生セメントの社長は麻生太郎氏からその実弟の泰氏へ引き継がれている。その麻生セメントは2004年から社名を麻生ラファージュセメント鰍ノ変更した。ラファージュの資本傘下の結果である。その一方で、日本の開発した「フッ素樹脂処理による埃の立たないセメント」の製造販売権を、ラファージュセメント社がライセンス契約を締結している。そのラファージュセメント社は世界最大のセメント製造グループであるラファージュグループの中核企業である。

 そのラファージュは、エジプトのオラスコムを経由して北朝鮮を代表する祥原セメントを傘下に収めている。祥原セメントはその稼働すら疑われている「企業」である。それでも傘下に収めたのは、北朝鮮の石灰石と骨材資源に着目したからであろう。その結果、ラファージュは北朝鮮を経由して支那東北地方からロシア極東地方の建設事業への参画を期した、と見られている。

拉致問題の解決に、ラファージュに代表される国際資本が無関心でいるとは思われない。彼らは帝国の北進政策が富を生み出しだことを知っている。だが、欧米資本だけでは北進政策は実行できない、故に日本資本との提携を図っているのである
(抜粋終了)

「麻生ラファージュセメント」と「北朝鮮の祥原セメント」がラファージュという、世界第2位のセメント会社の同じ傘下。言いかえれば、「北朝鮮利権の獲得の為」麻生セメントとラファージュが手を組んだと言う事。

朝鮮新報の去年の記事から
エジプト企業と合弁契約 祥原セメントが生産工程一新[朝鮮新報 2008.4.17]

「OCIは世界最大手のセメント製造企業であるフランスのラファージュに買収されその系列会社となった。」


表向きは「制裁だ」「ミサイルが危ない」と言いながら
総理大臣の親族企業が裏で「北朝鮮利権」を貪っているって(知ってたけど Σ(゚Д゚;エーッ!)
そもそも
「西松建設問題」も北朝鮮のインフラ整備とかダム、原発利権が本筋だったはず
パチンコ送金もそうですが、裏の実態が明らかになると
「あのミサイルってもしかして日本製?」ヽ(^。^)ノアレアレー?
「マッチポンプ恐怖を煽って軍事費増強大作戦」もパー

これ以上無駄な税金使わせないように、裏の実態を広めなきゃいけませんね。


人気ブログランキングへ ←「マッチポンプ恐怖を煽って軍事費増強大作戦」なんかに騙されないと思ったら、クリックお願いします。

麻生太郎の資金管理団体を追うA

April 04 [Sat], 2009, 9:44
 読めそうで読めない間違いやすい漢字

麻生太郎の資金管理団体を追う@ では
麻生太郎の資金管理団体「素淮会」の平成19年分の収支報告書から
個人献金が(夫婦で?)300万円と頭抜けていた
「小澤和夫&勝子」さんに注目
   ↓
小澤和夫氏が大阪の政治団体「麻生太郎先生を囲む会」の代表
   ↓
「麻生太郎先生を囲む会」の電話番号が
麻生ラファージュセメント株式会社大阪支店の電話番号と同一
でも住所が「臨海の倉庫街」
   ↓
これって「ダミー??」

って感じで追ってきましたが、ここにきて追加情報!
ネットのゴミ 2ちゃんのキャッシュなんですけど…

【調査】 「民主・小沢氏、代表辞めるべき」7割弱。「説明、納得できぬ」8割。「首相に相応しい」は麻生首相が逆転勝ち…共同調べ★3

856 :名無しさん@九周年:2009/03/27(金) 15:49:46 ID:Qd9ZzCGeO
■一郎も太郎も同じ穴のムジナ■

小沢一郎の企業丸かがりの政治献金
麻生太郎も全く同じである。

麻生太郎は、彼が代表を努める政治資金団体「素淮(そわい)会」の他に
16個の麻生太郎関連政治団体があります。

例えば
「麻生太郎先生を囲む会」と言う政治団体は
その所在地は
大阪府
この連絡先は、麻生ラファージュセメント社。
会計責任者を務めるのは、同社の社員。
その代表者は、小澤和夫氏なる人物 
小澤和夫氏は、麻生株式会社の主要株主でもある。 
そして献金の集め方は、
麻生ラファージュセメント社と下請け会社の社員によるパーティー券購入

麻生太郎氏は、こんな政治団体を地方に16個持っており
麻生グループ企業内に政治団体の事務所を置き企業ぐるみでの資金集め!
そして16個の財布で複雑にお金をやり取り している

と言う事で 「株式会社 麻生」(Wiki)によると…

主要株主 学校法人麻生塾 15.22%
麻生泰 5.52%
麻生太郎 5.13%
三井住友銀行 4.32%
福岡銀行 4.32%
西日本シティ銀行 4.32%
日本トラスティ・サービス信託銀行 4.32%
株式会社小澤 3.49%
麻生興産株式会社 3.22%
日本生命保険相互会社 2.18%

ちなみに、
平成18年分の「麻生太郎先生を囲む会」の収支報告書
パーティー券を大量買いした、麻生の金蔓の内訳に



小澤和夫氏の奥さんと思われる 小澤勝子さん&株式会社小澤を発見!
株式会社小澤  26万 和歌山市宇須2−3−39 小澤勝子

これで、2ちゃんの噂ばなしの裏がとれたって事ですねw
やっぱり
「和歌山市宇須2−3−39」って住所が???ですが
株式会社小澤 そして(社長?)小澤和夫氏が株式会社麻生と
深〜い繋がりがあるのが決定です。

麻生財閥があの手この手で太郎に金を流している
1つの実態が
「麻生先生を囲む会」の収支報告書からでもハッキリ、
限りなく「ダミー団体」と「迂回献金」の疑いが濃いですね

低気温のエクスタシーbyはなゆーさんも

麻生首相秘書が小沢代表秘書と酷似した手法で資金集めか

麻生首相の資金管理団体にも火の手があがりだした気配
なんと麻生首相も企業献金を個人献金で処理している疑惑

別の角度から、麻生の金の流れの疑惑を指摘さてれます。

マクロな実態や「企業・団体献金の必要性」については
αブロガーのきっこさんが、企業献金にまみれた自民党議員たち
でズバッと切り込んでおられます。ぜひご一読を。


人気ブログランキングへ ←「企業団体献金なんて全面禁止」と思ったら、クリックお願いします。

麻生太郎の資金管理団体を追う@

April 03 [Fri], 2009, 20:50
総務省の
政治資金収支報告書のH.P.がPDF対応になってグーンと使いやすくなった、と言うので早速「麻生太郎」の資金管理団体「素淮会」の収支をチェック!

まずは最新の平成19年分 [PDF]

いろいろツコッミ所の多い収支報告書ですから
すでに、指摘されている方↓も居られる様、

麻生太郎議員の資金管理団体の支出問題と「週刊現代」でのコメント
(上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場)

まず目についたのが、会計責任者、麻生逸雄の文字
完全に酔っぱらってます。

それは兎も角、
「素淮会」は資金管理団体なので、個人献金と政治団体からの寄付しか受け付けられない訳ですが、
個人献金で目に付くのが



小澤和夫&勝子(夫妻?)の寄付300万円
この方たち、そろって会社の役員をなさっている様ですが、
この住所 和歌山市和歌山市宇須2−3−39から推測すると…



椛ラ和産業 の役員かしら?
と言う事で
「和歌山」「泰和産業」でググルと

政府管掌健康保険・厚生年金保険の全喪事業所一覧表(PDF)?がヒット



※全喪事業所とは、適用事業所が、解散、休業、合併、任意脱退認可及び一括適用等の事由に該当し、全喪届(適用事業所に該当しなくなったことの届書)を提出した事業所のことをいいます。

(~ヘ~;)ウーン、「椛ラ和産業」って大丈夫?

次に、政治団体から寄付をチェックすると
目に付くのが



「麻生太郎先生を囲む会」って資金集めのパーティーみたいな名前の政治団体からの寄付150万円
ん?代表 小澤和夫!? 住所 岸和田市地蔵浜町11 ???

「小澤和夫氏」ってさっきの個人献金の人?
「岸和田市地蔵浜町11」ってなんか住所短くねー?
なーんか胡散臭い…と言う事で

「麻生太郎先生を囲む会」の収支報告書平成19年分をチェック![PDF] 

ちなみにこの団体の住所「岸和田市地蔵浜町11」は



こんな所↑ 「人気の無い臨海の倉庫街」 
まさか「ダミー」じゃないでしょうね
一応、会計責任者「吉原 潤」の電話番号 06-6222-2211も検索

Σ(゚Д゚;エーッ! 



麻生ラファージュセメント株式会社大阪支店 
大阪府大阪市中央区淡路町3丁目5-13-303 / 業種:セメント
06-6222-2211

麻生の会社の大阪支店ですか
「麻生ラファージュセメント」と「北朝鮮利権」…なんか臭います

肝心の収支報告書の中身ですが、

収入はやっぱり政治資金パーティー



「麻生太郎先生を囲む会」で1970万円の収入

そして内訳は



株式会社麻生   150万円 
藤成商事株式会社 100万円
株式会社大石    64万円
田淵海運株式会社  40万円

セメント会社3社とセメント船を持っている海運会社です。
注目すべきはやっぱり 麻生の弟、麻生泰が社長の「株式会社 麻生」
何故注目なのかは「カナダde日本語」さんの

麻生泰の会社「麻生」が九州新幹線高架の欠陥材を放置

を参照して頂いて、ついでに「麻生太郎先生を囲む会」でググッてもらうとなお結構。

ここでちょっと
「麻生太郎」の金の流れについて全体把握

麻生氏 金集め企業・団体などから1年で3億円
(赤旗)



(゜O゜; 正直、関連団体がありすぎて、何が何だか分からないです。

何れにしても、収支報告書をちょっと調べただけで
「ダミー団体」「迂回献金」の臭いがプンプン
もうちょっと調べる必要がありますね
と言う事で、
この先は「麻生太郎の資金管理団体を追うA」に続きます。

人気ブログランキングへ ←「麻生を叩けば真っ黒け」と思ったら、クリックお願いします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:卵かけごはん
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE



PING送信プラス by SEO対策


Twitter Button from twitbuttons.com