「丸儲け盗賊団」やっぱりね

February 11 [Wed], 2009, 12:01
疑惑の不動産7社グループ 各地の郵政跡地でトラブル
(2009/2/8 ゲンダイ)

(記事抜粋)

「かんぽの宿」などが破格の安値で叩き売られている郵政物件の売却問題で、跡地活用をめぐって落札業者らと近隣住民の間でトラブルが尽きないためだ。日本郵政から、鳥取や鹿児島の「かんぽの宿」を1万円で落札した「レッドスロープ」(東京)と同じグループを構成していた大手不動産会社「コスモスイニシア」(東京)もその一社だ。
 東京・豊島区巣鴨。戸建て住宅が並ぶ閑静な住宅街で約2年前、郵政官舎の跡地にマンション「巣鴨5丁目共同住宅(仮称)」建設の話が持ち上がった。計画の進め方に地元住民の怒りが爆発。区議会に建設反対の請願が提出される大騒動になった。地元の区議会議員はこう憤る。
「住民はそもそも、官舎の跡地が落札されたことさえ知らなかったのです。ある日、高さ18メートルの6階建てマンションが建つという看板が立ち、。慌てた住民がコスモス側に説明を求めたのですが、担当者は『分からない』の一点張り。それで1200人もの反対署名を区議会に出す事態になりました。」
 埼玉県ふじみ野市の郵政官舎跡地に計画された地上35メートルの11階建て高層マンションでは、近隣住民が「何の事前説明もない。居住環境が保たれない」として、市議会を巻き込む反対運動に発展。埼玉県春日部市の旧郵政省グラウンド(4万平方メートル)の跡地でも、コスモスの共同事業者「日本綜合地所」(東京)が地上37メートルの12階建て高層マンションを計画し、市議会に4000人を超える署名と計画見直しを求める陳情書が提出される事態になった。横浜市内の郵政官舎跡地の地上20メートルの7階建てマンション計画に対しても、住民の反対運動が起きている。
 なぜ郵政物件の跡地活用ではトラブルが絶えないのか。郵政問題に詳しいジャーナリストの中村知空氏はこう言うのだ。
「日本郵政とオリックスの取引を見ても分かるように、郵政物件の入札は経過が不透明な上、落札業者の実態もよく分からない。だから正規の段取りや事前の説明が不十分で、落札後のトラブルが絶えないのです。『郵政民営化はバラ色』と、小泉内閣が推し進めた政策は本当に良かったのか――を含め、入札についても、誰がどう関わったのかを精査するべきです」
 地方議会はおろか、近隣住民の知らぬ間に進められている日本郵政の物件売却。それでも西川善文社長は「やましいことはない」と胸を張れるのか。


5999万円イタダキマス (*^∇^)o<■~~のコイツラ

コスモスイニシア、東急リバブル、
長谷工コーポレーション、穴吹工務店、
穴吹不動産センター、リーテック、
有限会社レッドスロープのグループ

ですね。
一部の情報だけでもこの「盗賊団」

    (落札数/郵政公社競売物件数)
2005年   5/60
2006年  38/186
2007年  49/178  (リーテック発表)

あと

2007年 国家公務員共済組合連合会(KKR)プロジェクト
全国198物件中 当社51物件を取得 (リーテック発表)

と、国民の財産を不透明な「バルク」で掻っ攫っていましたが、、
「インチキ」な奴らは、結局、何をやっても「迷惑者」にしか成らないって事です。

「郵政民営化の闇」を暴かずして、「司法」の存在価値はありません。
このまま「三流マフィア国家」に成り下がるかどうかの瀬戸際ですね。

  • URL:https://yaplog.jp/ichijihinan/archive/66
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:卵かけごはん
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE



PING送信プラス by SEO対策


Twitter Button from twitbuttons.com