面倒だから…変死です

November 08 [Sun], 2009, 15:02
検死ハンドブック 改訂2版
高津 光洋
南山堂
売り上げランキング: 359958


先日のエントリー「おいおい、自殺じゃないよそれ。」の続き、
「鳥取サギ女」の事件です。

鳥取不審死:県警説明は「外傷なし」 57歳男性遺族憤る
(毎日jp)

…兄は司法解剖後に遺体と対面。右目の周りが陥没していることなどから、「暴行を受けた」と思った。しかし県警の説明は「肺に水がたまったことによる窒息死。外傷はない」の一点張り。「外傷がある」と何度も訴えたが、「水につかっていたから、カニや魚が食べたのではないか」とも言われたという。

司法解剖してるのに、このザマですか
警察ぐるみで、殺人の隠ぺい工作に加担しているとしか思えません。
そもそも、この男性の発見された鳥取市覚寺の摩尼川は水深20cm
暴行を受けて右目が陥没しているのを
「…カニや魚が食べた」だと

先日は、ちょっとお茶を濁しておいたが

殺人と断定して犯人が捕まらないと検挙率が下がるから
「自殺か不審死で片付けちゃえ」という事です。


警察は兎も角、専門であるこの監察医も節穴
では、この監察医の実態は?というと

殺人天国日本

… 警察庁が発表している死因が不明ないわゆる変死体は2004年度 136,092人でその内、司法解剖された死体はわずか4,969体だった。 明らかに犯罪によると見られる死体は1,528体で、犯罪による死体ではないか、と疑われる死体の数は12,448体だった。
犯罪性が疑われた死体でも法医学者の目に触れることなく、適当な病名をつけられ火葬されてしまっている。 解剖されている変死体の外国との比較は国によって制度や考え方が多少は違うので、厳密な比較は出来ないものの、 1998年の病理解剖を含む統計は、変死体の解剖率、ハンガリー49%、スエーデン37%、フィンランド36%、イギリス24%、アメリカ12%、ドイツ8%、日本はわずか 4%。
日本では司法解剖の予算が決められており、2005年では 5,000体分、3億4千万円だった。 毎年これに合わせて解剖が行われている。 その上、警察は犯罪率を下げたい事と、捜査が面倒な殺人事件はなるべく減らしたい、と言う思惑で、毎年多くの殺人事件が闇に葬られている。
監察医制度のある都市での法医学の専門家は東京 50人 神奈川 3人 愛知 8人、大阪 33人、兵庫 11人で全国で150人いるそうだ。…
(中略)
…日本はまさに殺人天国、殺人犯が偶然自白したり、殺害を何度も繰り返すうちに発覚したりするが、多くの殺人事件の犯人である極悪人は警察の怠慢に感謝しつつ、のんびりと平穏な日々を送っている。
何とも恐ろしい事だが、警察が全く信用できなく、監察医が解剖率を上げる気が全くなく、執刀する医師も設備も予算も大幅に不足している国、こんな国はとても先進国とは言えない。
(一部抜粋)


本文では、
法医学の専門家がたった3人しかいない「神奈川県の驚くべき実態」も、明らかにさえているが、
それ以上に驚くのは
2008年度の変死体の数は、約16万1800体、2004年度が約13万1000体ですから、この4年間で
約31000体も増加している計算になると言う事。
たった4年の増加分だけで、発表される年間自殺者の数と同じ (゜ロ゜)ギョェ

日本の法医学の現状について、千葉大学法医学教授が実名で告発している記事もある。

「週刊文春」(文藝春秋) 2004年6月17日号
 取材・文/柳原三佳

千葉大学法医学教授が実名告発!
<殺人天国「変死体の96%が解剖されていない!」> (柳原三佳ジャーナル)


長いのでこのブログでは紹介できないが、
当時の状況よりも3万人も多くの変死体が報告されている日本の現状を踏まえて、ぜひリンク先の記事全文を読んで頂きたい。

日本の現状を憂い、実名告発された岩瀬教授も、指摘されているが

「…こうした問題は長年の国家レベルでの放置行政によって発生したものであり、お決まりの警察庁による各県警に対する問責や、警察官増員や教育強化などの付け焼刃な処置で済む問題では決してありません。死人に口無しで発覚してこなかっただけで、本質は、国家的放置行政に起因したハンセン病の問題となんら変わらない。このまま放置を続けると、国民が被害を受けることになりますし、実際に現在でも受けていると思います」(岩瀬教授)

日本が「殺人天国」となってしまった最大の要因は
「長年の国家レベルでの放置行政」これは間違いなく国家犯罪である。

一方、警視庁発表の

「平成21年上半期の犯罪情勢」(PDF)によると



殺人の検挙率は95%前後という、非常に高い検挙率で推移している事が分かる。
平成21年版の警察白書でも



「…他の重要犯罪の罪種に比べ高い水準を維持している」等と言っているが
現状を精査すれば、殺人の高い検挙率等、ただの神話と言う事である。


★参考リンク

身の回りの不審死(法医学者の悩み事)


人気ブログランキングへ 「政府は国家犯罪を放置するな!」と思ったら、クリックお願いします。
  • URL:https://yaplog.jp/ichijihinan/archive/545
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:卵かけごはん
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE



PING送信プラス by SEO対策


Twitter Button from twitbuttons.com