謝ってやるから、家に来い!

October 05 [Mon], 2009, 15:49
訊問の罠  ――足利事件の真実 (角川oneテーマ21)
菅家 利和 佐藤 博史
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 5324


菅家さんに直接謝罪 足利事件 地検検事正『長年苦痛与えた』
(東京新聞)


宇都宮地検を訪れた菅家利和さん(左手前)を迎え入れる幕田英雄検事正(右)=5日、宇都宮地検(産経新聞:徐暎喜撮影)

当事者の菅谷さんが
 「ようやく許す気持ちになりました」。
と言われているが、
オイラは未だ納得ができません。

記事にある
「謝罪は地検側の意向で非公開で行われた。」
「検察側はテープの再生を含めた再審での証拠調べに反対している」

という点も引っ掛かりますが、
そもそも
謝罪する相手をなんで呼びつけるのか?
自分達が出向くのが「筋」でしょう。

今回、謝罪をした幕田英雄検事正
1989年のリクルート事件では、東京地検特捜部検事として活躍したそうですが
宇都宮地検に着任したのは

幕田新検事正が着任会見で抱負 宇都宮地検(下野新聞)

ほんの最近の7月17日。
あくまで、犬察の代表として「形式的に」謝った訳ですから、
いつ着任してようが問題ではありませんが、これでは
「謝罪要員」。
兎も角!
本来謝るべきは、彼では無い!

冤罪を作り出した

寺崎巡査部長(捜査令状無しで室内を調査、警察庁長官賞)
茂串清
手塚一郎警部補
福島康敏県警技官(血液鑑定)
警視庁科警研技官 向山明孝(DNA型鑑定人)
科警研技官 坂井活子(DNA型鑑定人)
橋本文夫警視(県警捜査第一課長強行班長)
吉村武夫警視(県警刑事調査管理課)
上山滋太郎(司法解剖担当)
福島章(精神鑑定人)
田中寛(足利署長)
川田正一(捜査1課長・瑞宝双光章を受章)
森下昭雄(刑事部長)
森川大司(宇都宮検事)
久保眞人裁判長(宇都宮地裁)
高木俊夫裁判長(東京高裁)
亀山継夫裁判長(最高裁)
池本寿美子裁判官(宇都宮地裁)


コイツら↑である。
ちゃんと出向いて謝罪しろ!

(引用&参考サイト)
直撃 足利事件 冤罪を作った「警察官・検事・裁判官」の実名
(魚の目) ※菅谷さん直筆の手紙の写真があります

足利事件に関った警察官、検察官、裁判官の名前を公表し、責任を追及すべきだ!
(板垣 英憲「マスコミに出ない政治経済の裏話」)

人気ブログランキングへ 「(犬&警)察 改革も緊急課題!」と思ったら、クリックお願いします。
  • URL:https://yaplog.jp/ichijihinan/archive/437
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:卵かけごはん
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE



PING送信プラス by SEO対策


Twitter Button from twitbuttons.com