沖縄からもブーメランアタック炸裂 追撃編

March 21 [Sat], 2009, 22:41
沖縄の砂利利権をその一手に牛耳る輩
吉山盛安 

群馬が地元の「尾身幸次」の沖縄後援会「沖縄幸政会」の会長である。

※古い記事の為、記事全文を添付します。
沖縄砂利採取事業共同組合が国有地を不法に占拠
(1996年10月24日 琉球新報)

県認可の沖縄砂利採取事業共同組合(吉山盛安理事長、加入9社)が、宜野湾市内の国有財産(公有水面の仮埋め立て地)を、半年以上も不法占拠し、採取した砂利置き場に使用していたことが、23日開かれた県議会土木委員会(上原亀一郎委員長)で分かった。また「組合」幹部の経営する企業が「浦添市有地の道路を封鎖使用し、牧港川を不法占拠している」として河川法、国有財産法違反の事実も指摘された。管理責任者の県土木建築部も事実を認め、組合と業者の指導に乗り出すことになった。また事実上「組合の独占採取」を認めてきた海砂採取を、組合非加入業者にも認める方針を示した。「組合」による不法占拠が指摘されたのは、宜野湾市内にある仮設港内の浚せつ船機材等置き場約4万平方メートル。今年3月末で「国有財産(公有水面)」の使用期限が切れたが、採取した海砂置き場に継続使用していた。県議会で指摘され、土木委員会開会前日の22日までに組合側は砂を別の場所に移動した。県土木建築部河川課は「海砂採取の許可審査の段階で、使用許可の打ち切りを組合側にきちんと提示しなかった県の審査ミスも原因」と述べ、不法占拠の原因の一端が県の事務手続き上のミスと認めた。同問題を指摘したのは、新進党の上原吉二氏。同氏は県の埋め立て事業などに使用される海砂の採取で「県内の砂利採取登録業者は196社もあるが、県は9社で組織する砂利組合にのみ採取を許可し、年間100億円もの採取利益を事実上独占させている。行政の公平、公正の原則に反する」として、説明を求めた。県の江洲順吉土木建築部長は「海砂利の採取が計画的に行われ、海域管理の適正化と砂利採取業の健全な発展、骨材の安定供給のため、国の指導で県も組合化を支援し、原則として組合加入者に採取を認めてきた。今後は、審査基準を満たす非加入業者には採取を認めたい」と見直しを約束した。


砂利価格が高騰/価格競争の末、業界淘汰か
(2001年8月29日 琉球新報)

豊見城村与根地先で行われている埋め立て事業で、搬入砂利の六回の競争入札の落札価格が一時649円という最低価格から、その後二倍近くにまで高騰する事態となっていたことが29日までに分かった。今年3月の競争入札では、一立方メートル単価が1349円と最低価格から二倍近くに跳ね上がった。
与根地先の埋め立て事業は、県土地開発公社が県内複数の砂利採取組合に対し、直接発注し競争入札を行った。一回目の入札以来、低価格化に拍車がかかったものの、六回目に至り、最低価格から二倍近くの価格をつけた。ここ数年県内では、砂利採取組合が相次いで設立され、競争原理が導入されたとみられたが、逆戻りした格好だ。
同業者からは「無理な価格競争を行い、同業者淘汰(とうた)を進めた結果。競争にもならず、今では休眠状態の砂利組合もある」とされる。
県土地開発公社などによると、1999年3月の一回目の入札では、一立法メートル当たりの価格は1285円、その後徐々に価格を下げ、同年12月には、一立法メートル当たりの価格は677円、2000年3月には649円となった。しかし、その後の同年8月に823円、今年3月の入札では、1390円となった。
価格の高騰について、同公社では「当初の設定価格(各入札ごと1900円から1672円の設定)の範囲内に収まっており、問題はなく、入札については市場原理に任せている。砂も検査に合格したもので、工事への影響はない」と話している。
一方、六回の入札のうち五回を落札した沖縄砂利採取事業協同組合(吉山盛安理事長)は、砂利単価の変動について「同じ事業規模の発注がマリンタウンプロジェクトであったので、どちらかが取れればと経営上の観点から判断してこの価格で入札に応じたまで」と話している。
(添付終了)

お次は当然
普天間飛行場代替施設の工法を埋め立てに決定した輩
尾身幸次 

元沖縄担当大臣、
普天間飛行場代替施設に関する協議会の政府側のトップである。

第9回代替施設協議会
協議概要
配布資料:
代替施設基本計画主要事項に係る取扱い方針に基づく検討資料[PDF]
普天間飛行場代替施設の基本計画について(案)


普天間飛行場代替施設の基本計画について(上記H.P.より添付)
 「普天間飛行場の移設に係る政府方針」(平成11年12月28日閣議決定)に基づき、普天間飛行場代替施設の基本計画を次のとおり定める。

1 規模
 (1) 滑走路
ア 普天間飛行場代替施設(以下「代替施設」という。)の滑走路の数は、1本とする。
イ 滑走路の方向は、おおむね真方位N55°Eとする。
ウ 滑走路の長さは、2,000メートルとする。

 (2) 面積及び形状
ア 代替施設本体の面積は、最大約184ヘクタールとする。
イ 代替施設本体の形状は、おおむね長方形とする。長さ約2,500メートル、幅約730メートルとする。

2 工法
 代替施設の建設は、埋立工法で行うものとする。

3 具体的建設場所
 代替施設の具体的建設場所は、辺野古集落の中心(辺野古交番)から滑走路中心線までの最短距離が約2.2キロメートル、平島から代替施設本体までの最短距離が約0.6キロメートルの位置とする。(別図参照)
 なお、同位置については、海底地形調査に基づく設計上の考慮や環境影響評価等を踏まえ、最終的に確定する。

4 環境対策
 代替施設の建設に当たっては、環境影響評価を実施するとともに、その影響を最小限に止めるための適切な対策を講じる。
(添付終了)

東京地検特捜部!これが「便宜供与」だ!

■追加資料
普天間飛行場代替施設に関する協議会
※尾身幸次は政府側トップ沖縄及び北方対策担当大臣として、第7、第8、第9に参加)


人気ブログランキングへ ←面白かった、ちょっとタメになったと思ったら、クリックお願いします。
  • URL:https://yaplog.jp/ichijihinan/archive/188
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
シテイカンリ
沖縄県議会野党が、海砂採取総量規制検討
沖縄砂利採取事業共同組合(吉山理事長)の力を弱めるため賛成です
沖縄県の住宅、施設は鉄筋コンクリート造(RC)が多すぎる、木造や
鉄骨造でも対応できるはずです
死の商人が蔓延る現状を県民はどう考えていくのか?

沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-06-25-M_1-002-1_003.html
June 28 [Sun], 2009, 8:31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:卵かけごはん
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE



PING送信プラス by SEO対策


Twitter Button from twitbuttons.com