ミトンの手袋

November 12 [Wed], 2008, 12:55
「うん、とりあえず暖かい」
「謡汰、今からそんなんでどうするん?」

マフラーをして口元まで隠している謡汰を見て陸が苦笑する。

「だって寒いんやもん、11月ってこんな寒かったっけ」
「例年通りって言っとったで」
「ふうん」

2人で話しながら歩いていると、
そうだったとバッグから何かを取り出した。

「なんや?」
「じゃーん、手袋!」

自慢気に謡汰が手袋をこちらに向けてくる。

「えーと、煌汰くんの?」

そう言ったのには理由がある。
謡汰が取り出したのはミトンの手袋だったのだ。
親指と他の指が別になっているあれ。色は紺色だが…。

「違うよ、おれの」
「なんでミトン?」
「普通のより可愛いやん」

にっこりと笑っていう。どうせ、そんなことだろうと思った。

「ふうん、恥ずくない?」
「それ、恵武にも言われた」
「誰だって言うっちゅーの」

謡汰のすごいところは、こういうミトンだとか、
淡い色のマフラーだとかが似合ってしまうところだろうか。


予鈴がなったよー。
P R
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:千祈
  • アイコン画像 誕生日:4月14日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
その他。・。+

基本的にオフでは挙動不審。
どうかんがえても口下手。
そのため高校生活第一歩が
物凄く我ながら心配。
中3時の担任曰く書き下手では
ないらしい(だったら困るし)

今のところバッテリーにぞっこん。
そして捏造大好き。
自分で生み出したものの責任は
しっかりとるということで
自分が作った人物はこのうえなく
あいすことにきめました。

いちおうリンクにある
「if」の頼りない管理人です。
読みにくいと解っていても
小説の背景に写真を使いたい人


他は100の質問で。
これは長かった。


メールフォーム

TITLE


MESSAGE