「人間関係わずらわしく」刑務所のガラス割る 容疑の受刑者を書類送検(産経新聞)

March 27 [Sat], 2010, 19:06
 横浜刑務所は24日、器物損壊容疑で、40代の男性受刑者を書類送検した。

 同刑務所によると、受刑者は1月7日午後2時10分ごろ、刑務所の工場の入り口扉のガラス(約1万円相当)を手で殴り、割った疑いが持たれている。受刑者はこの日が初の作業だった。受刑者は「工場での人間関係がわずらわしく、工場から出たかった」と話しているという。

【関連記事】
刑務官殴り、脱走図った受刑者送検  静岡刑務所
容疑者つねり叩く、刑務官を懲戒処分 「元気づけようと思った」
受刑者2人が刑務官に暴行 傷害容疑で送検 栃木県の黒羽刑務所
受刑者から収賄の元刑務官に有罪判決 高知地裁
奈良少年刑務所の刑務官、人気アニメのフィギュアを万引

小沢幹事長の辞任望ましい、枝野刷新相が示唆(読売新聞)
「厳正に対処したい」=職員逮捕で警視庁(時事通信)
<温室ガス25%減>原発稼働率88%必要 国環研試算(毎日新聞)
【十字路】京都の“嵐電”100周年記念(産経新聞)
神崎・元公明代表、任期中に辞職へ(読売新聞)

准教授を停職6カ月=「性的暴行」女性が訴え−大阪大(時事通信)

March 27 [Sat], 2010, 6:52
 大阪大学は24日、研究室で性交渉を疑われる状況をつくったとして、言語文化研究科の50代の男性准教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。元大学院生の女性が「職権を乱用したレイプを受けた」と大学に申告、准教授は「覚えていない」と話しているという。
 阪大によると、准教授は2000年5月、学内で開かれた懇親会の後、当時院生だった女性を研究室に誘った。女性は08年11月、性的暴行を受けたと大学側に手紙で申告。学内調査では暴行の事実は確認されなかったが、阪大は「疑わしい状況をつくり出し、風紀を著しく害した」と判断した。 

【関連ニュース】
82例目の脳死移植へ=9カ月ぶり、20代女性が提供

「低燃費タイヤ」表示制度スタート 車体だけじゃなく、足回りもエコ(産経新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(服部良一議員)(産経新聞)
高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
伊能忠敬の測量器具、国宝に…文化審答申(読売新聞)
<もんじゅ>運転再開4月にずれ込む 5度目の延期(毎日新聞)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:i4i3w9oa
読者になる
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像税金バラマキ民主党に期待できない
» 菅首相誕生へ 小沢流決別「国を立て直す」(産経新聞) (2010年06月10日)
Yapme!一覧
読者になる