リバティニュースクリップ 8/6。

August 12 [Fri], 2011, 22:32
リバティニュースクリップ転載教科書採択で沖縄県教委が介入左翼的な傾向の強い沖縄で、保守的な歴史教科書が選ばれる可能性が強まる中、沖縄県教育委員会が介入し、これまで通りの自虐史観の教科書を選ばせようとしていることを、5日付の地元紙八重山日報などが報じている。舞台となっているのは、尖閣諸島を抱える石垣市、竹富町、与那国町の3市町の、来春の中学校で使う教科書を選ぶ教科用図書八重山採択地区協議会。従来この地域では、事実上、教員が教科書を選ぶシステムになっていたが、昨年、同協議会の会長に就任した玉津博克石垣市教育長がこのシステムを廃止し、同協議会の委員8人の判断で選べるように改革した。この夏の採択で、保守系の教科書が選ばれる可能性が強まっていた。しかし、この動きを嫌う地元の大手マスコミや左翼陣営が、戦争賛美の教科書が採択されると騒ぎ、反対運動を展開。こうした流れを受けて、沖縄県教委は今月に入り、同協議会の委員に校長の代表と3の教育委員会の指導課長の4人を新たに追加するよう要請した。もし、要請通りに同協議会の規約が改正されれば、委員は人となり、そのうち4人が教員で占められ、教員の意見が反映されやすくなる。これは左翼的な教科書が選ばれる可能性が強くなることを意味する。こうした問題が持ち上がること自体、左翼思想の強い沖縄では大きな変化と言えるが、同協議会が教科書を選定するのは今月下旬の予定。どのような結果を迎えるか、現時点では読めない状況だ。この時期、全国でも教科書採択が行われ、横浜市や東京都大田区などで保守系の歴史教科書が採択される動きが広まってきている。石垣や与那国などの国境を守る島々を抱える八重山地区でも保守系の教科書が採択されれば、沖縄の歴史に大きな一歩が刻まれる。そしてそれは、日本全体を守ることにもながるはずだ。格ザリバティ有料購読にいてお勧めします。姿時空ヶ月購読円税込みカード払い自動継続年間購読円税込み銀行振込ヶ月分の料金で年間購読できます初月分無料
  • URL:https://yaplog.jp/i167royybi/archive/4
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:i167royybi
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/i167royybi/index1_0.rdf