地底で僕と握手!

2008年09月28日(日) 22時31分
今日のSHTで「埋蔵金」が出てきた途端
道 悦 が 蘇 る !
とwktkしてしまいました…いや、いまの榎木さんならゲスト出演してくれるに違いない。
ブルーの冷静なコメント、<人生に疲れてる人って埋蔵金とかロマンを追い求めるんすよね〜>を大岡さまとか土井さまに聞かせてあげたかった(涙)

えー、「おりんSP 烈火の巻」をご覧になっていない方にはまったく訳わからまいエントリですが、それでよいのだ!道悦さまは不滅じゃ!…すみません、勢いにのっています。
「紅蓮の巻」もいい加減面白かったのですが、「烈火の巻」はすげーよ。うっかり初めて観ちゃった時代劇好きのお年寄りとか大丈夫だっただろうか?

揚げ足取りとか突っ込みを恐れて小さくまとまりがちなTVドラマの世界にあって、これだけやりたい放題やってる「おりん」制作陣をリスペクトですよ。

たとえば大岡さま役のあおい輝彦さんの場合。収録はどう考えても
その1:由井正雪にだまされる
その2:風魔を呼んで指令とばす
その3:道悦とかおりんとか思い出してイライラ
その4:やっぱり道悦にだまされて「夢じゃ夢じゃ」
すべて同じ座敷(+縁側)で演じるだけですよ!なんで由井正雪?とか風魔との関係は?とか道悦とのかかわりとか一切説明抜き。演技力一本勝負。ちょっと手抜いたら悲惨な出来ですよ。でも、あおいさん、明らかにノリノリ。「敦盛」まで謡っちゃうもんね〜。外人相手に失敗したら、このテクですな!「夢じゃ夢じゃ…人生五十年…」でフラフラと去っていけば「Oh! Zen!」ですべえOK

エンケンさんの風魔もか〜な〜り〜難易度高かった。だっていきなり「風魔、風!」とか「風魔、水!」ですよ!?ようじょの前でおりんをいたぶったり、木乃伊見てびっくりしたり、大岡の指示に従うそぶりして実は幕府転覆ねらっていたり(小田原城の北条様っていつの話YO)…よく統一感ある人物に演じきったよ。さすがジュニア。

でもやっぱり美味しいところを持っていくのは道悦さま。もはや車田正美マンガの敵キャラみたいになってきたよ〜「道悦、生きていたのか!」「道悦、今度こそ死んでくれ!」ですべて説明がつくスーパー悪役。今度復活する時はゴールド道悦とかメカ道悦きぼんぬ。部下に赤・青・黄のレオタード美女(ちょい安め)もつけてほしい。対するおりんもパワーアップするためにどっかの山奥にいって手鎖をうちなおしてもらうべき。鍛冶役はサニー千葉希望…ああ、ここまで妄想が止まらない番組はいまどきないよ。

どう考えてもテレビ東京とサミーはやる気まんまんなので、次のSPが楽しみだ〜

マンマミーア

2008年09月23日(火) 23時41分
友達(アメリカ人)に誘われて、映画「マンマミーア」を観てきた。
英語圏ではないのだけれど、なぜか映画公開はほぼアメリカと同時期なのである。ちなみに日本公開は2009年1月らしい。

メリル・ストリープ主演、ABBAのヒット曲を使ったミュージカルの映画化、というくらいの予備知識で観にいったんだけど、これがまぁ

サタディ・ナイト・フィーバー以来の衝撃

Discovery Channelで「ニューギニア高地民族の求婚儀式」ドキュメンタリーを観ているのと同じくらい、ついていけない世界(爆)

友達のお母さん(アリゾナ在住)は6回観にいったそうで、アメリカ人の心の琴線に触れるものがある…のかもしれない…

が、骨太のメリル・ストリープがラメのジャンプスーツを着てABBAを歌い踊ったり、母の元恋人3人を内緒で結婚式に呼んで「自分探し」をしようとする娘や、ギリシャの小島で歌い踊るアメリカ人エキストラ(政治的に正しくアジア人やアフリカ系もまじっています)とか、もう目くるめく世界でしたよ。

外人に光一の「SHOCK」をいきなり見せたらこんな感じなのかなぁ(笑)

ピアース・ブロズナンのファンの方はエンドロールまでしっかりご覧になることをお勧めします。いやーすげーわ。

万吉…千吉…そして百吉

2008年09月20日(土) 10時15分
ひゃっほぅ。

ついにこの日が来た!「逃亡者おりんSP」紅蓮の巻。
期待を裏切らぬ出来だったのですが、個人的にもっともツボったのが炊くマシーンこと弥十郎の秘密兵器「百吉(ももきち)」。
万吉が夜叉が峰で逆さ吊りの最期をとげ、幕府に送った使者・千吉が脇坂淡路守と紅蓮に成敗されて炊くマシーン絶対絶命!?と思ったら突然「百吉」登場!しかもテロップで名前紹介つき!ゲームのような親切さ。さすがゆとり時代劇斬新な演出で知られるファンタジー特撮時代劇おりんですよ。

次点はお咲ちゃんと般若の面が一緒の画面におさまるショット。お咲ちゃん役って「ヤスコとケンジ」のヤスコ幼少時役ですよね?もう、いつ般若顔のケンジ(TOKIO松岡)が「ぐぉら〜」と乱入してくるかと…しかしお咲ちゃんはうまい。この番組で一番の演技派かも。

道悦さまは言うことありません。ターミネーターというかジェイソンというか、なんどでも蘇ってください。もちろんメカ道悦も生き別れの双子も可。あと、記憶を失って善人になっていた道悦が悪に戻るのもいいなぁ〜。

ところで、夜叉が峰で元気そうだったおりんが次のシーンから包帯ぐるぐるだったのはなぜでしょう。そして夜叉が峰から内藤新宿まであの格好で走り、もとい、ヨロヨロしていったんでしょうか?いや、そんなくだらない突っ込みは不粋というもの。いつもの崖、いつもの雑木林、いつもの江戸城を堪能した2時間でした。ああ、来週が待ち遠しい!

逃亡者おりんSP番宣

2008年09月14日(日) 20時16分
下のおりん記事のコメントで教えて頂いたのですが
9月16日(火)12時30分から逃亡者おりんSPの情報番組があります!
おりんファンも道悦ファンも佐吉(犬)ファンも録画おぬかりなく!

この番組を探していたらこんなページに「TV東京放送番組審議会(2006年)http://www.tv-tokyo.co.jp/main/yoriyoi/shingikai2006.html」

第313回(2006年11月13日 テレビ東京役員会議室)

局側から編成・営業などの業務報告。この中で、『逃亡者おりん』が10月20日に2時間のスペシャルでスタートし、視聴率が10.3%だったことなどを報告した。
審議の主な内容
『逃亡者おりん』 合評

【委員】新しいスタイルの時代劇で、展開にリズムがあり面白い。若い人にも受け入れられるのではないか。

【委員】回数を重ねるのには難しい設定なのではないか。物語が単調にならないか心配だ。

【局】設定が難しいのは承知している。一話完結で毎回ゲストが出演するという形を守りながら、人生ドラマをきちんと描くということを基本に工夫していきたい。

【委員】ロケをしている場所の風景がすばらしく、日本の美しさを再認識した。


うぉぉ。すごい。役員会議室でおりんを巡る熱い(?)議論!「人生ドラマをきちんと描くということを基本に工夫していきたい」との決意表明ーそうだったんですか!今知る衝撃の事実。そして

「ロケをしている場所の風景画すばらしく、日本の美しさを再認識した」
いつもガケとか、いつもの雑木林とか、いつもの廃屋?とかのことですよね。うんうん判ります(^^;)

福田首相辞任の際にはテレビ東京まで特番になったと聞いて心配していたのですが、やはりテレビ東京は独自路線をつらぬいてほしいものです。

だってテレビ東京がなかったら牙狼も、ホーリーランドも、ライオン丸Gも、よろづや平四郎も、キューティハニーも、エリートヤンキー三郎もなかったんですから!!!!

つーゆー♪つーゆー♪
つーゆー♪つーゆー♪

闇の鎖、また一つ切りました・・・

2008年09月13日(土) 9時30分
超・超・楽しみにして、なんとライブで見てしまった「魔王」最終回(回線速度の問題でときどき止まるからwいつもは録画をDL)がアレレだったので打ちひしがれていた管理人。

まー1時間で決着つけるためには巻きでいかなきゃいけないのは判るけど、あまりにハイスピードで人が死んでくのが…主役二人とサイコちゃんの演技は流石だったけれど、ラストのへんな蝶CGで萎え〜ですよ。

しかし、天はまだ俺を見捨てていなかった!←大げさ

「逃亡者おりんSP」キターーーーーー

9月19日 夜8時〜 紅蓮の巻
9月26日 夜7時〜 烈火の巻←放送時間の違いにお気をつけ下さい

もうあらすじ読んだだけで訳ワカメで最高。
人物相関図がまた凄い。
「死の底から不死鳥のように蘇」った道悦
風魔一族の頭領のエンケンさん←ってことは風魔の小次郎のご先祖さまなんでしょうかpgr
ほかにも「洗脳された娘」や「財宝の鍵を握る童謡を知っている」ようじょ
そして
由比正雪の亡霊キターーーーーーー

もう、いつものガケとかいつもの竹林とか江戸城CGとか今から楽しみだ!
ああ、実況に参加したい…!!

戻ってきました

2008年09月07日(日) 15時47分
天使の都から大亀の街へ(涙)

とりあえずキバと魔王の録画を見た〜
「魔王」マジやば。誰もが完璧な悪人というわけではないのに、もがけばもがくほど糸に絡まっていくのが観ていてゾクゾクしました〜。とうまの演技はわりと苦手な方なんですが、兄ちゃんの写真を手にした瞬間、表情がすこーんと抜けるところとか、直人役はすごいはまってる。あとサイコちゃんは可愛すぎ。最近のドラマのヒロインは「ワタシを見て!ワタシを幸せにして!」と欲望満開な子が多いだけに、こういうピュアな役は新鮮です。ここ2回ほどをいていたら仮面ライダー剣の最終回が見たくなって、それも見直してしまいました。もちろんヒロインは始で(爆)

キバは…。う〜ん、特撮の王道である「父から息子への使命の継承(たとえば牙狼とか)」に対抗して「母から娘への使命の継承」のエピソードなんだけど、なんかもやもやが。
かならずしも母性神話を信じているわけではありませんが、母親が子供に「自分の代わりに死地へ赴いて闘え」というのはやっぱりよくわからないなー。その象徴となるのが「ニコニコと笑いかける」やさしいお母さんの笑顔、というのがどうも個人的にちょっと・・・。なんかそういう世界、こわくありませんか?これが」「自分と同じように母を失う苦しみをほかの子供にも味あわせたくない」「とか「誰かの手を汚させたくないから自分が責任をとる」
だったらまだ共感できるんだけど、キバはそもそもメインキャラと世間一般の接点がきちんと描かれていないからな〜

上にも書きましたが、久々に「剣」の最終回を見て、自分は「剣」の物語の斬新さを当時わかっていなかったんだなーと改めて思いました。敵を倒すために努力して、強くなって、勝利!というのがヒーローものの定番だとしたら、「剣」の結論は「戦いに勝たなければ次のステージにいけない」というゲームのルールをひっくりかえそうというある種「禁じ手」だったんだ、と。それをあのバカな剣崎が1人で一生懸命考えて、ボロボロになって、人知れず運命と戦いつづけるっていうのが切なすぎ。長石監督もすごくノッていたんでしょう、戦いの後の青空やいちょう並木の金(なんで金なのに銀杏なんだろw)が綺麗すぎ。うう、剣も最初から見直したくなってきたー。

天使の都

2008年09月05日(金) 11時53分
え〜新聞やニュースでは「非常事態宣言で大混乱」ということになっている天使の都におりますが、一部政府機関周辺をのぞいてはまったくいつもと変わりありません。
思えば去年来た時もクーデターを日本からの安否確認で知ったんだっけ(汗)

旅の前半は国王が避暑中のホアヒンで過ごしたので、平和そのもの。
リゾートとして人気が出てきたのでジェットスキーや浜辺の乗馬など海辺がいままでほど静かでなくなってのが残念ですが、早朝は相変わらず海とお坊さんとタイ犬と漁師さんくらいしかいません。温かい波に足をひたしながら壮麗な朝焼けを見つつ長い浜辺を散歩していると、人間という存在のちいささに改めて気付かされます。それにしてもここらの犬はしあわせそう。毎朝おかーさんと浜辺を散歩して、漁師さんに魚の余りをもらい、ガードマンに首をかいてもらい、仲間と追いかけっこ。猫でさえ紐でつながれる某国となんて違い…

今回のチバソムでは初めて「ランナーズ・ハイ」みたいな状態を体験しました。朝、散歩の後「少林寺拳法」のクラスをとったらえらいハードで、すべての力を使いきったのか?部屋にもどると体がふわ〜っと浮くみたいになりやたら多幸感がおしおせる。ああ、ドーパミン大量放出! 食事は美味しいし、スタッフは最高だし、わが人生に悔いなし、みたいな。

ああ、「天使の都」から帰りたくないよ〜車でひかれそうになったり、舌打ちされたり、しっしっと追い払われたりする日々まであと2日(爆)
2008年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像管理人a
» ブログ、再開します (2010年09月08日)
アイコン画像まいきー
» ブログ、再開します (2010年08月21日)
アイコン画像tama-cho
» ブログ、再開します (2010年08月15日)
アイコン画像かれん
» 「あたしんちの男子」脱落 (2009年04月30日)
アイコン画像管理人a
» 春節 (2009年04月11日)
アイコン画像ねこげぼく(面倒くさがりなので短縮形)
» 春節 (2009年01月31日)
アイコン画像管理人a
» 大晦日 (2009年01月27日)
アイコン画像たいら
» 大晦日 (2009年01月26日)
アイコン画像茶トラのマイキー
» 凄いものを見た (2008年12月20日)
アイコン画像お嬢&坊主
» 一『連』托生 (2008年12月06日)
■プロフィール■
管理人:a
ネタへの愛は溢れているが
生まれつき口が悪いので暴走しがち
連絡先:arikui55@yahoo.co.jp
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hylajaponica
読者になる
Yapme!一覧
読者になる