官僚主義的な民間会社とサービス万全の役所と…

2007年11月15日(木) 22時43分
管理人aはまいにち ねこのために はしりまわっている げぼく です。

今回の引越しで何が大変といって動物検疫制度が変わったこと。2004年9月に帰国するまでは犬以外はサルだろうがスカンクだろうが猫だろうがフリーパスだったのが狂犬病予防法改正により所定の手続基準を満たしていない猫は6ヶ月の係留に!制度をまたがって海外に住んでいた人は本当に大変だったと思います。今後、海外に猫を連れて住む方のために説明しておくと(ニーズあるのか?)最低でも

1.マイクロチップ埋め込み&申請(届出受理まで約1週間)
2.狂犬病ワクチン接種(間に1ヶ月以上おく)約3千円×2
3.狂犬病抗体検査(結果が出るまで最短で1週間)約2万円
4.獣医師による健康証明書ー約5千円
5.農林水産省動物検疫所への申請(出国の7営業日以前)ーFAX可
6.出国前に空港検疫所支所で上記書類を提出の上獣医師の検査をうける

をしないと最短の係留(12時間)にならなくなる可能性は大きいです。このほか混合ワクチンなどの証明書もあることが望ましい(出国に必須というわけではないですが)。猫の下僕として定期健診や予防接種を含む健康管理はしてきましたが、ワクチンのタイミングと渡航のタイミングが合うとも限らないので、くれぐれも渡航が決まったら早めの準備をお勧めします。なお、成田空港検疫支所はお役所とは思えないほど(失礼か)連絡はきちんと、ルールの枠内で可能な限り便宜を図ってくれました。そのことには感謝しています。つーか、ちょっと驚いた(爆)

それに比べて…

おいら、生まれて初めてクレーマーしました。クレームをしたのは金融庁の金融サービス利用者相談室です。

何故そういうことにしたか?管理人aは現在の自宅の近くの東京三菱UFJ銀行支店で預金口座を開設し投資信託を購入しました。1年以上前のことです。購入の際に商品のリスクについての説明をうけましたし、こう言っては何ですが一応金融に関してはプロです。確かに頭ですが金融商品のリスクと金融商品取引法については理解しています。

しかし。

海外転居に伴い投資信託を売却し、預金口座を解約して東京三菱UFJ銀行の別支店の口座に送金したいので手続きを教えてほしいと依頼したところ

来店の上、説明した上でないと手続きは出来ません。説明には少なくとも2時間はかかります。

あのー?ラッ●ンの絵とか某英会話学校じゃないんですよ?管理人aのお金ですよ?なにが哀しくて銀行の窓がない暗い小部屋に押し込められて2時間以上も説明をうけないといけないんですか?

金融商品取引法が改正されたのでお客様にリスク説明をしなければなりません。

…らちが明かないので金融サービス利用者相談室に電話次第です。こちらも窓口の女性の対応は丁寧でした。金融商品取引法施行以後新規の取引がない場合にはリスク等を説明するように、というのが法の主旨だけれど、杓子定規にぜんぶ説明しろということではない、金融庁にそう聞いたと言ってもよい、とアドバイスをうけました。明日、チャレンジします。でも断言する。2度とあの銀行で投資信託は買わない。っていうかマジでおいらは閉所恐怖症で暗くて狭いところは苦手なんだ。

<注>念のために、管理人aの投資金額なんて説明する行員の冬のボーナス金額にも満たない額です。銀行のおぢさん本人は好きでやっているんじゃないけれど、あほらしくないですか?こんなコスト構造と超非効率なサービスでなにが金融立国だ、ちゃんちゃらおかしい。

映画「観察」賛

2007年11月15日(木) 16時18分
確か山口瞳のエッセイに

「映画館の暗闇で弁当をつかったことのある男しか自分信用できない」

という言葉があったような気がする。

かつて映画館の闇は過密な都市の生活者のコクーンだった。

メディアミックスの時代になり、DVDが普及し、映画と人間の関係は変わった。今日、映像作品が「映画」であるか「テレビ」であるかの違いは「最初にどのメディアで公開されたか」の違いでしかないともいえる。

でも。

映画には映画にしかないよさがあると思いたい。

「観察」はとても静かな映画だ。静かだからこそ、登場人物の息遣いや背後の物音や気配が伝わってくる。この映画の味わいは映画館の闇と静けさがあってこそ引き立つ。

レイトショーなので、ぜひ仕事帰りの男性・女性にも観てほしい。

でも、欲を言うならば…どこか田舎のひなびた映画館で見てみたい。もちろん看板は職人さんが描いたやつで(妙に頬紅が濃いアレですよアレ)昼間、時間つぶしにふらっと立ち寄った映画館でたまたま見て、「なかなかいいじゃないか」とつぶやきながら日常生活に戻っていきたい。ほっほっほ〜と鼻歌を歌いながら。

こういう映画が観たかった

2007年11月15日(木) 1時16分
「観察」を渋谷シネマQ-AXにて観てきました。
わたくし的には大・大・大満足。
最近の映画はやたら尺が長くて2時間を超えるとつい非常口の表示を見てしまうことが多いのですが(老化というやつ)この映画に関しては苦痛ではなかった!というか、先が気になって、息をひそめるように凝視してしまった。

とても繊細でよく練られた脚本なので公開終了まで筋については触れませんが、あえていうなら
「恋」と「変」とは紙一重

誰に感情移入するかでまったく違った心象風景が見えてくるような、奥の深い作品でした。ぜひまた観たい。

忘れる前に

2007年11月12日(月) 15時38分
「仮面ライダーNEXT」もう一回観ようかどうか迷い中。大画面であのアクションをもう一度見てみたい。

バイクに乗った本郷をショッカーのバイク軍団が襲うシーンがすごく印象的だった。こういうものを「好き」といってしまうのはヤバい気もするけれど、ゾクゾクした。そしてこれと同じ空気をどこかで感じたことがあるような気がした。

家に帰り、スカスカの頭で考えた結果、北朝鮮の閲兵式の行進と第1次湾岸戦争で初めてピンポイント爆撃を見た時のことを思い出した。

殺戮のために鍛え上げられた集団。
確実に相手を殲滅せんとする意思。

「迫る〜ショッカー! 地獄の軍団〜♪」という、あのあまりにも有名な歌はこういうことなのだ。

個は集団には勝てない。それでも立ち向かわなければならない。誰に理解されなくても。

「KY」というなんともイヤな言葉が流行する2007年の日本で観る仮面ライダーの闘いは、切ない。


「サクゴエ」

2007年11月12日(月) 15時20分
ちはやぶる〜っ…ええ、「ちりとてちん」はまっています。
先週の土曜日の草原兄さんの「逢はむとぞ思う」には泣かされました。涙腺ゆるいおばちゃんですから。

前から友達の間で「周辺の法則」というのを唱えていて、「逢はむとぞ思う」みたいな大本命には会えないけれど、同じGのメンバーとか共演した役者さんとかは意外と出くわす気がしませんか?

昨日のワタシがまさにそれ。たまたま時間が空いたのでのぞいてみたアップリンクに着いたのが13:00ちょっと前。観ようと思っていた映画ではあったのですが、時間やイベントのことなどは全然知らずに行ったら弓削さん・萩野さんのトークショーとNAOさんのライブという豪華特典つき。どうもありがとうございました

弓削さんは本当に好青年で、弓削さんの情熱にひっぱられて出来た熱い作品という感じでした。本田監督の最近の作品とはちょっと雰囲気が違うのですが、考えてみれば初期の作品は唖然とするほど人が死んでたからな〜(爆)個人的には、カメオ出演の小沢和義さんに和さんは何やっても巧いなぁ〜

トークショーはやはり萩野さんの挙動不審ぶりがすごかったです。司会に名前を呼ばれる前に登壇するわ、汗だくで「遅れそうになったから、激込みの電車をかきわけて原宿でおりちゃった。案外時間かかるね〜」…最寄り駅はどう考えても渋谷です。ほかにもNAOさんが演奏する曲を「この曲はすばらしい!本番前に車の中で弓削くんに聞かされて泣いちゃいました!」と熱く推薦した後に弓削さんに「それ別の曲だから」と指摘されたり、ここまで変わらない人も凄い。それにしても、酒・タバコ・夜更かしとお肌に悪い生活三昧なのになぜあんなにツルツル・艶々なんでしょう?毛穴一つないよ!タクシー運転手さんじゃないけど世の中不公平だ!

なお、アップリンクでは上映中毎日イベントを企画しているそうです。サントラのCDも買えます。とても綺麗な曲で萩野さんのお母様も気に入って購入されたそうです。萩野ファンならぜひ。あ、もちろん弓削さんファンも。

「ジャッジ〜島の裁判官〜」

2007年11月10日(土) 22時47分
今日が最終回。今日も泣けた〜。
戸田菜穂が演じるところの主人公の妻が、以前別居していた頃の自分の心境を「あの頃は不満ばかりだったけれど、その半分くらいは自分への苛立ちだったと思う」という台詞がぐさっときた。最近空回りばっかりだからな〜

ま、てげてげで行きましょう。

仮面ライダーNEXT

2007年11月09日(金) 16時50分
ようやく観てきました。

いやーよかった。ワタシにとってヒーローは悲劇性と切っても切れないものなので「異形の哀しみ」が全面に出たこの作品はストライクゾーンど真ん中って感じ。

もうアクションがね、観ていて痛いアバラや椎間板にもろに来る感じです。

そして、いろんな方がすでに書いていますが、もっちー頑張ったなー。男の友情だけじゃなく女の友情もきちんと描くところが田崎監督カラーなんでしょうねー。

「蜘蛛女のキス」

2007年11月07日(水) 23時55分
史上最低のくじ運を持つ女である管理人は見事チケ獲りに惨敗しましたが某カルメン系マダムのお蔭で観られました!ラブラブムーチョ

一応、原作を読んだことも映画を観たこともあるんですが、この話いまいちわかりません(爆)ぶっちゃけ「演じる側が楽しい」作品なんじゃないかと…

ええもう、石井さん(モリーナ役)ノリノリでした。蜘蛛女の方は往年の山口小夜子のように美しく、とってもよかった〜。それにしても浦井くんは観るたびに成長しているのがすごい。本当にいい声になったなぁ〜。

今期のドラマ

2007年11月03日(土) 23時04分
ってもう11月だし(爆)

<必ず観るもの>
「ジャッジ」…今日も泣かされた。NHKでしかありえない、きちんとしたドラマ。
「ちりとてちん」…なんかNHKの思うツボにはまっている自分がくやしい〜A子兄も落語家目指してほしい。
「風林火山」…あまりオリジナルストーリーに走らないでほしいw

<萌えのために録画しているもの>
「キューティハニー」…まだ自分の中で好きか嫌いか判断がつかない。
「仮面ライダー電王」…とりあえず毎回観ていて楽しい。世界観とか気にせず楽しんでます。
「美容少年★セレブリティ」…小谷くんのため

<ちょっと困っているもの>
「風の果て」…原作もキャストも好きだけど脚本と演出がなんとも。
「死化粧師」…原作が好きすぎてドラマを見るのがつらい。

電王をのぞくとNHKとテレ東しかないw

とりあえず

2007年11月02日(金) 18時56分
船積みは終わりましたヤマトさんありがとう。
大物家具は残っていて、人間はそれなりに生活しているけれど、キャットタワーを撤去された猫は激怒。すまんのう。しかし、君等にはこれから更なる試練が待ちうけているのぢゃ。

ここで何故か、このブログの読者さまには殆どお役に立たないであろう?駐在妻荷造りの心得。

一、喪服はかならず持参すべし
  (残念なことだけど、数年間いると必ず使う機会があるからさー)
一、フォーマルは現地で調達すべし
  (パーティの頻度やドレスコードはかなり国・地域で違うからさー)
一、アクセサリーやブランドバッグよりパーティバッグに投資すべし
  (特に昭和に作られた着物用ビーズバッグはおすすめ)
一、土産は多めに持参すべし
  (今の季節ならお勧めは和風カレンダー)

引越しをすると「やろうと思って出来なかったこと」や「怠惰なあまり犯した不義理」があまりに多くて必ず欝になります・・・あと二山?三山?がむばろう

2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像管理人a
» ブログ、再開します (2010年09月08日)
アイコン画像まいきー
» ブログ、再開します (2010年08月21日)
アイコン画像tama-cho
» ブログ、再開します (2010年08月15日)
アイコン画像かれん
» 「あたしんちの男子」脱落 (2009年04月30日)
アイコン画像管理人a
» 春節 (2009年04月11日)
アイコン画像ねこげぼく(面倒くさがりなので短縮形)
» 春節 (2009年01月31日)
アイコン画像管理人a
» 大晦日 (2009年01月27日)
アイコン画像たいら
» 大晦日 (2009年01月26日)
アイコン画像茶トラのマイキー
» 凄いものを見た (2008年12月20日)
アイコン画像お嬢&坊主
» 一『連』托生 (2008年12月06日)
■プロフィール■
管理人:a
ネタへの愛は溢れているが
生まれつき口が悪いので暴走しがち
連絡先:arikui55@yahoo.co.jp
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hylajaponica
読者になる
Yapme!一覧
読者になる