風林火山雑感

2007年07月29日(日) 22時49分
猫の看病とか新入りの受け入れとかで感想書いていませんでしたが、相変わらず現在のドラマbPは「風林火山」です。

特にここ1ヶ月ほどの晴信の変貌→甘利、板垣の身命を賭した闘い→晴信、真の「主君」の道を歩み始める…のドラマはものすごく見ごたえがありました。

見ている間はいろんな人物に感情移入して泣いたりしましたが、ふと我に返って見ると、自分(および多くの日本人)がこのドラマの何にそんなに感動しているのか?が非常に気になります。

真田さまや甘利殿が代表しているのは鎌倉時代から武士階級に存在した「一所懸命」の価値観(すごく大雑把にまとめると、所領が何よりも大事で、それを守り継いでいくために「家」制度があり、人はその「家」を次代に受け継ぐためのVehicleである、というような)というのは、実はアフガニスタンやクルドの部族の人たちの価値観と非常に似ています。そういう地域で人質をとったり、名誉を汚した相手と一族で闘ったり、和平のための婚儀や養子縁組の話を聞くと「う〜ん」と複雑な気持ちになるのに、同じような話が大河ドラマだと「感動」になるのは何故なんでしょう?

「いまは2007年で、戦国時代じゃないからそういうことをやってはいけない」という議論は一見もっともたけれど、たとえばニューギニア高地やアマゾンではいまだに新石器時代と同じような生活スタイルの人がいるように、いま現在戦国時代を経験している地域があっても全然おかしくはない。「戦国時代」として閉じた宇宙ならば感動的な物語になる行動が、CNNやBBCを通じて違う時間を生きる世界に伝えられると「蛮行」になってしまう矛盾。甘利さまの行動はラジブ・ガンディを暗殺した自爆テロ犯と同じ論理だし、村上義清が唱えた「父祖伝来の土地を守る我らにこそ義はある!」は決まり文句(といったら失礼だけど)だもんなー。

自分も含め、戦後の日本は太平洋戦争を引き起こしたとされる(←伝聞・推定です)「封建的制度」を解体するために新憲法を作り、民法を変え、民主主義社会になった…はず。その結果が高度成長であり、バブルであり、超高齢化(それ自体はめでたい)。晴信の「人は石垣…」は企業経営者が大好き(らしい)言葉だけれど、カンスケや板垣の考えていた「理想的な人間関係」というのは濃厚すぎて現代ではありえないでしょう。(無いとはいわないが、それはレアケースであって、それを規範として学校や会社の人間関係のあり方を論じてはあかん、というような)

…と色々考えていくと自分が「風林火山」のどこを面白いと思っているのかがますます判らなくなってきました(爆)

スシ王子…びみょう…

2007年07月28日(土) 7時24分
あ、熱烈な光ちゃんFANの方、怒らないでね

「スシ王子」第1回を見た。堤演出、光一主演、時効警察の後枠ということで期待と不安でいっぱいだったんですが…

びみょう

お金かかっている割に、ギャグがちりばめられている割に「ハジケ」感がいまひとつ…

加藤夏希ちゃんはかわいいなーとか宮古島の人にとってヤギは食料なんじゃないのか?とか中丸は適役だなぁとかプチ感想はいろいろあるんですが、どうしてもこれだけはいいたい。

魚をふむな。

神様から頂いた分だけ獲る、とか、スシ職人は客が必要とする分だけ握る、というならば大事な材料であるはずのタイ(だよね?)を足蹴にしちゃいかんよ。昔のPTAじゃないけれど、食べ物を粗末にする描写はなんか後味わるいにゃー。

誰か教えてください

2007年07月27日(金) 22時24分
ふざくんな」の正しいイントネーション(爆)

本当に熊本(火の国って熊本だよね?)の人は「ふざんな」ではなく「ふざんな」というのか。

いや、そんなことは最早ささいなこと。

「女帝」は今期最高のネタドラマだ!OPのファイヤー!から燃えっぱなし。無駄に男性ゲストがゴージャス(今日なんか古谷「DRAGON ASHの父」一行まで出ていたよ!)

本当ならかなり悲惨だったり考えさせたれたりする話なのが加藤ローサの棒読みですごいことに。しかも、ふつう棒読みはテンション下がるのに、なぜか「キターっ」とエキサイティングな棒読み。こうなったらなんとも棒読み王RIKIYA先生をゲストに読んで宿命の棒対決をしてほしい。

でも今回のMVPはやはり小沢真珠さまでしょう。昼ドラ女優の魂を見せてもらったばい。あの瞬間移動能力といい顔芸といい、このまま前人未到の道を堂々と歩んでほしいものです。来週登場の「女子大生ナンバー1ホステス」の旬子もがんばれ。

近況報告

2007年07月22日(日) 10時25分
うわっ…時間があいてしまいました。すみません。実生活がドタバタしていたので…

地震や台風の被害にあわれた皆様とくらべようもないのですが、我が家もそれなりに嵐が吹き荒れておりましたです。

えっとどこから説明するべか。
期待の新人・第3の猫くん到着。(というか台風の中東京を東西横断して迎えに行ったよ!)今まで見たことないようなべた甘にゃんこに人間は癒されましたが、ギャル(仮称)はぶんむくれ。ギャルというより「極道の妻たち」みたいなぶっとい声で「あたしの縄張りで何してんのゴルァ」と威嚇。しかし天真爛漫な新人君は「ごあいさつに参りました〜」と近づこうとし、姐さんのを買う…老猫の旅立ち以来なんとなくどよんとしていたギャル(仮称)の眼に「野生の光」が蘇ってきた…のはいいことなのか。多分そうだ。

…と事態は収束するかと思ったら、新人君が足をひきずっているのに気づく。1日たってもよくならないので獣医さんに連れていって「ま、若いし元気だし捻ったんでしょう。念のためにレントゲンだけとっておきましょうか〜膝の関節がゆるい子だし」とにこやかだった先生が20分後に青い顔で「ぽっきり折れています。いったい何をしたんですか?」えぇぇぇぇぇ。完全室内飼い、じゅうたん敷きのマンションでどうやって猫が骨折する!?飛び箱で手ついたら骨折、みたいなもの?というわけで即入院。術後一週間は様子見で入院。その後も毎週検査…ああ、また獣医さん通いの日々が。

そして管理人は夏風邪。7月末なのに梅雨寒みたいなこの天気はなに〜?だけど今日は根性で近畿紺@ドームに行ってきます。近畿はMCがやたら長いので着席時間長いし(をい)でもウチワ風が寒いからストールは必須ですね。

ほんじゃまた(をい)

ネコの贈り物

2007年07月11日(水) 22時36分
老猫が体調を崩した5月下旬以来、ワタシにとって「明日」は待ち遠しいものではなくなった。毎朝起きるたび、「少しはよくなっているだろうか?」「今日の顔色は?」「夜の間に息が止まっていたらどうしよう」−未来は心配の源となった。

あの頃、老猫を失っても自分が息をしたり、ご飯をおいしく食べたり、笑ったりするなど考えられなかった。いや、正確にはそうなるだろう自分を予期し、ものすごく嫌だった。

そしてそれは現実になり、ワタシは朝起きて労働し、ご飯を食べ、テレビを見たりメールしたりした。ただ夜になるとどうしてもやりきれなくなって毎晩眠剤を使った。(医師に処方されたもので、ちゃんと規定量は守っています。)眠剤を使った人にはわかるだろうが、人工的にもたらされた眠りは「ホンモノ」の眠りと違う。PCのスリープみたいなものだ。

月曜日に、ネコとお見合いに行った。名目は「残されたネコのため」だが、正直ワタシ自身のためだ。ギャル(仮称)だけと向き合う生活に耐えられなかったから。そのお宅に入った瞬間、胸につかえていた塊がやわらかく解されるような感じがした。部屋のいたる所ーキャットツリーの頂上から、カーテンの隙間から、テーブルの上下、ソファの下からーアーモンド型の眼がワタシを見ていた。フワフワの毛の塊がわらわら寄ってきては気まぐれに離れていった。肩にのったり、バッグに潜りこもうとしたり、何をしようかと忘れてウトウトしたり…ネコまみれ、ネコ天国。

お見合いした子を迎える約束をして、家へと帰る電車の中、恐ろしいほどの眠気に襲われた。なんとか家に帰り着き、シャワーを浴びて最低限の家事をして、夜8時には泥のような眠りにひきこまれていた。そして翌朝日の出(東京では4時半ごろw)にスッキリ目覚めた。まさに「シャキーン!」という感じで。

それはネコからの贈り物なのだと感じた。贈与というのは贈り手の一方的な意思をもって成立する。ヒトはネコに命令は出来ない。せいぜいお願いすることが出来るだけだ。だからネコの行為はすべて贈与なのだろう。亡くなった老猫からも、その前に知り合った多くの猫からも、数多くの見えない贈り物を貰ってきた。ワタシがしてきた贈り物はネコにとってはどうだったろうか?

ネコと一緒に暮らすことは、躊躇いと葛藤の連続だw 新しいネコとの日々は新たな格闘w をもたらすだろう。でもそれはなんて楽しみなことだろう!その子のためのカリを探したり、トイレ掃除をしたり、グルーミングしながら、いままでのネコの話をしてあげよう。ああそうだ、英語を教えなきゃ。

ワタシは今、明日が楽しみだ。その子がやって来る日が近づくから。

武者震いするのぅ!

2007年07月08日(日) 20時59分
「風林火山」はコメントする必要を感じないくらい視聴者として楽しませてもらっているのだが、今週のベテラン役者陣の熱演ぶりには武者震いするのぅ

三爺の気迫に目頭が熱くなったのはわしだけではあるまい。

それを受けてたつ亀治郎の晴信もあっぱれ。なんか悪いものがとりついたような顔が凄いよ。

それにしても、「風林火山」を見るたび思うんだけれど、台詞が聞き取れる・取れないは「声の低さ」の問題じゃないよな。腹の底から絞りだすような呻きとかささやき声でもちゃんと聞き取れるもの。つーか、それは役者の「基礎体力」の領域ですね。

ネコ時間

2007年07月05日(木) 11時56分
ギャル(仮称)は謎に満ちている。

今日で老猫が虹の橋を渡ってから一週間。5月の最終週ごろから病院通いになたのだが、帰宅するたびにギャル(仮称)は激しくシャーシャー威嚇して近寄ろうとしなくなった。動物の本能としてしょうがないのだろうが、あんなに仲良くしていたのに、と寂しかった。老猫が亡くなった日もキャットタワーに入りっぱなしでお別れを言いに来なかった。

獣医の先生からはギャル(仮称)の食欲や生活パターンに気を配ってくださいと注意されていたが、食欲は相変わらず、行動も日中はどこかに隠れ夜になると遊んでとせがむいつものパターン。

だが、今朝になって急になにか違うと気が付いた。あちこち嗅ぎまわって、いつもと違う声で鳴いている。いままで入院していたとでも思っていたのだろうか?一応「お兄ちゃんは天国に行ったの、心配しなくてもいいから」と説明してはみたが判ってくれるだろうか。

日中ひまを持て余しているギャル(仮称)のためにもう一匹仲間を迎えようと問い合わせをはじめたけれど、老猫そっくりの黒猫がいいんだろうか?それとも全然違う猫がいいんだろうか?ワタシは比べてしまうとかわいそうなのでもう黒猫はやめようと思っていたのだけれど、やっぱり里親募集掲示板を見ると黒猫にひかれてしまうニャー

試合開始30分…タオル投入

2007年07月03日(火) 22時10分
「花ざかりの君たちへ」、ギブアップ宣言

いくらイケメンwを大量投入していても、内臓がこそばゆくなるような酷い出来っぷりに耐えられません。

「エリートヤンキー三郎」のセンスの爪の垢でも飲ませたい。
2007年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像管理人a
» ブログ、再開します (2010年09月08日)
アイコン画像まいきー
» ブログ、再開します (2010年08月21日)
アイコン画像tama-cho
» ブログ、再開します (2010年08月15日)
アイコン画像かれん
» 「あたしんちの男子」脱落 (2009年04月30日)
アイコン画像管理人a
» 春節 (2009年04月11日)
アイコン画像ねこげぼく(面倒くさがりなので短縮形)
» 春節 (2009年01月31日)
アイコン画像管理人a
» 大晦日 (2009年01月27日)
アイコン画像たいら
» 大晦日 (2009年01月26日)
アイコン画像茶トラのマイキー
» 凄いものを見た (2008年12月20日)
アイコン画像お嬢&坊主
» 一『連』托生 (2008年12月06日)
■プロフィール■
管理人:a
ネタへの愛は溢れているが
生まれつき口が悪いので暴走しがち
連絡先:arikui55@yahoo.co.jp
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hylajaponica
読者になる
Yapme!一覧
読者になる