「血槍富士(1955年)」

2006年07月31日(月) 14時15分
内田吐夢監督、片岡千恵蔵主演の「血槍富士」を見ました。内容についてはこちらが詳しいです。

おどろおどろしいタイトルに似つかわしくなく、物語は軽快な音楽で始まります。やや神経質だけれど家来思いの小十郎、槍持ちの権八(片岡千恵蔵)、下郎の源太の主従は、江戸に上る道中、武士にあこがれる孤児や借金のため身売りを迫られている娘とその親、巡礼、街道筋を荒らしまわる泥棒などさまざまな人たちとめぐり合います。

片岡千恵蔵さんが演じる権八がとにかくいい。達磨さんみたいな顔やずんぐりとした体型(失礼)で、外見はまったく颯爽としていません。しかし物語が進むにつれて、権八という男が大好きになってきます。小十郎に対する忠節。女子供に対する思いやり。いざという時は身を捨てて仲間を守る。こんな人が傍にいたら、どんな時でも心強いだろうと思わせる侠気(おとこぎ)に溢れたキャラクターです。

いつもは小十郎のために事を荒立てぬよう尽くしてきた権八ですが、無法な若侍たちに小十郎と源太が斬り殺されたことを知った際の怒りは凄まじい。下郎の身でありながら、長槍を振り回し、死に物狂いで仇をとる。時代劇史上名高い、酒と泥まみれの死闘の壮絶さには息を呑みました。

アクションというと、動きのキレやかっこよさに着目しがちですが、「血槍富士」の殺陣を見ていると斬り合いとはそんなものではなく凄絶な命のやりとりだったんだと思わされました。時代劇や歴史物が好きになると、つい「江戸」を美化しがちですが、武士が支配する社会は「面目」が人の命より重く、生まれついた身分によってどうしようもない枷が嵌められる仕組みの社会でもありました。そのことを、説教臭く「封建主義いくない!」と描くのではなく、物語として面白いエンターテイメントの中で伝えている素晴らしい作品でした。

内田吐夢監督や片岡千恵蔵の作品をもっと観たくなっちゃったよ!キリがない!

ピンチ!

2006年07月30日(日) 10時36分
内職が全然終わらない…午後にはクーラー清掃業者さんが来るからクーラー周りの家具をどけなければいけないのに…ひ〜パニック

していたら、原稿を二重にカウントしていました(印刷用に送ってもらったpdfとエクセルを両方印刷して綴じていた)。

生き物として弱っている…。

いや、しかし、逆でなくてよかった…。

神様、天道さま、どうか工事終了後にAVの配線をもとに出来ますように(神頼みかよっ)

責任者不在

2006年07月29日(土) 17時41分
たとえば今日、レンタルビデオ屋で「怖い顔」をたまたま手にとって観た人がいたとします。主演の男優、松田賢二が気になってインターネットで検索してみるとまずたどり着くのが公式ページ。つまり、公式ページは俳優・松田賢二の世界に面した玄関です。

今日その玄関を訪れる人は何を眼にするでしょうか。どういう印象を持つでしょうか。

アガサ・クリスティ著の「ヘラクレスの冒険」に「レルネーのヒドラ」という短編があります。噂とは9つの首をもつレルネーのヒドラのように厄介なもの。妻殺しの噂をたてられた男の依頼をうけた名探偵エルキュール・ポワロが真相究明に挑む、というものです。

いまネットを騒がせている噂の真相を究明してくれる名探偵はいません。また、(究明が可能かどうかはさておき)それを行ったとしても松田賢二さんのイメージについた疵はなくなりません。

今朝の時点まで、ワタシは松田賢二さんと管理人さんの連名で、公式縮小についての説明とファンに対する何らかの意思表示(「心配しないでリニューアルを待ってほしい」とか)があればいいなと願っていました。事務所の関係で難しいかもしれないですし、そうすることに反対の意見もあると思います。

公式管理人さん個人のページで今回のことに関して昨夜来やりとりがあり、今後公式の管理は行わないという意図表明をされたようです。(2ちゃん情報のため、伝聞になってしまって申し訳ありません。)となると、松田賢二さんの公式ページは今後どうなるのでしょう?

突然の縮小で最もショックを受けたのは日頃2ちゃん等を巡回しない、ある意味最も「純粋な」ファンの人たちです。いずれリニューアルされることを楽しみにしていただろうその人たちはどうなるのでしょうか?

公式ページを「管理」していたのは管理人さんとはいえ、そこが「公式」である以上、松田賢二さんにも責任があるのではないでしょうか。新しい管理者を見つけてリニューアルする、あるいは、閉めてしまうという方法もあります。いずれにせよ、責任者不在のまま半端なHPが存在するのはイメージ上好ましくないと思います。一ファンとしては、松田さんの何らかの決断を望むところです。

Red Letters関係者試写

2006年07月28日(金) 17時42分
…が7月28日(金)に行われたとのことです。ソースはこちら

ワタシは所用により初日は行けないのですが、ファンがすっきりした気持ちでその日を迎えられるように松田さんおよび関係当事者の方はきちんと対応して頂ければと思います。


一般に、不祥事が起きた場合に「なかったこと」にしたり、きちんと対応しないとかえって事態を悪化させると言われています。そこらへんを企業の広報担当者にアンケートした調査がこちら

役者さんにとって「イメージ」は「演技力」と同じくらい(場合によってはもっと?)大切な「商品」です。響鬼出演ではずみのついたキャリアを、短絡的な対応で傷つけられませんことを。

売れてる〜

2006年07月26日(水) 13時52分
2006年7月26日付楽天ブックス邦画ランキングに「IKUSA第弐戦〜二本松の虎〜」が10位でランクイン!ちなみに9位は「有頂天ホテル」→詳細はこちら

すごく、すごく嬉しいです。

人を楽しませるために作られた映画が、客に支持される。

当然だけれど、当たり前じゃない。

この映画が平日の昼、4日間しか劇場公開されなかったのは今もって残念です。ぜひ第参戦は華々しくお願いしたい

本田隆一全国制覇まであと…日?

マイティ・マウスならぬマイティ・ラット

2006年07月26日(水) 11時11分
暑くなり勤労意欲が更に低下の管理人
バイト先のPCから2Chがブロックされてしまい、これからどうヒマを潰したらよいのか…
(待機中は「周りに迷惑かけなきゃ好きなことしていいよ」と言われております、はい)

そんなワタシに喝を入れるようなこちらの。地雷除去犬ならぬ地雷除去。週末と祝日以外は休まず勤務の働き者。機械より低コスト、犬よりも病気知らず(そしてパートナーが代わっても働きが変わらない)。なんて偉いんだ!(国連平和鼠イニシアチブというのは架空ですが、実際にベルギー政府もこのプロジェクトに援助しています。)

ベルギーのNPO、APOPO(注1)が育成しているこの地雷除去鼠、ガンビアン・ジャイアント・パウチ・ラット(ガンビア原産、頬袋があるのでこの名称)は小型犬くらいの大きさに成長し、地雷の臭いを嗅ぎつけパートナー(人間)に知らせるよう訓練されています。仕事の報酬はピーナッツ。明らかに管理人よりも世のため人のためになっている…

対人地雷は1個100円くらいですが、除去するための費用は甚大です。このため、世界の各地で地雷のために死傷する事故が絶えません。地雷は戦闘員・非戦闘員の区別をしません。だから、紛争が終わっても地雷の問題がなくならない限り平和は訪れない、とも言えます。

今日も平和のために働く鼠はまさにヒーロー。その名も「HeroRat Campaign」にもっと興味をもたれた方はこちらのページへどうぞ(英語ですが、ビデオもあります)。5ユーロ/月で養子ならぬ「養鼠」縁組も出来るそうですよ(注2)〜

注1:管理人はAPOPOの組織とは一切関係ありません。
注2:養鼠縁組をすると鼠からEメールがきたり、写真を送ってもらえるらしい。赤ん坊、見習、バリキャリ、2匹まとめてお得なパック(名前が「PoshとBeck」なのが最高w)と各種取り揃えてあるのが楽しい。サイトの作りといい、なんかいいなぁ。

成長…?

2006年07月24日(月) 21時35分
ラブサイコの舞台挨拶は所用により観にいけなかったのですが、想像を上回るぐだぐだっぷりだったそうですねそれを温かく見守る会場…まるで「顕彦さんと70人の茜奥様」のような…

性格が栄子さまに似ている(爆)ワタシはその場に居合わせたらだったかもしれません…くわばらくわばら…

VDの会員の方は速報レポで画像も観られます。こちらも某さま宅のはむちゅを思わせるご成長ぶり…母さん、あのほっそりした顕彦さんはどうしたでせうね 
もう「ねじれよじれ」なくてもよくなったからリ○ウ○ドしちゃったんでしょうか…
それとも「モテるオヤジはちょいムチ」を実践しておられるのでしょうか…
嗚呼ザンキは遠くなりにけり

週末いろいろ

2006年07月23日(日) 18時09分
週末に見たもの食べたものetc...(吾ながら芸のないタイトル)

<カブト> 久々にリアルタイムで観ました。OPは見逃したのですが、東京タワーの映像を見ただけで伝わってくる「長石テイスト」。好きだなぁ。そして懐かしの警視庁!夏の制服(いまどきは警視総監もアレなんですね)!そしてイヤミ階段!ああ〜後ろでハラハラする氷川くんとか天道をライバル視する北条さんとか観たい〜 本田博太郎さまは最早後光が指していますね。吾輩かなまはげがゲスト出演してくれたら神!なのに警察幹部に笑いかける天道を見て「ある種の異相だ」と思いました。トンボライダーくんが古典的な端正な顔立ちだから余計そう感じたのかな。クセのあるチーズみたいに、嵌ると堪えられないかもしれませんね。でも髪の毛はそろそろ切ってくれ。加賀美も。頼む。

<眠狂四郎 殺法帖(1963年)>
市川雷蔵の眠狂四郎シリーズ第1弾。いまいち評判はよくないらしいのですが、充分面白かった大映(京都撮影所)の作品は背景や衣装を見ているだけでもゴージャスで楽しい雷蔵の眠狂四郎があまりのモテキャラなのに爆笑。敵役の城健三郎(若山富三郎)さんが謎の少林寺拳法使いで動きが素晴らしい。そして何よりも中村玉緒ちゃん!(と呼びたい)本当にお姫様だよ〜今はあまり見かけなくなりつつあるクラシックな日本猫みたいな妖しい美しさにもうメロメロ 特典映像はなんとも貴重な「市川雷蔵ファンの集い」映像。オールバックに分厚い眼鏡、謹厳実直なサラリーマンみたいなこの人が雷蔵!? ホテルで開催されたファンの集いは藤村志保さんの花束贈呈あり、本郷功次郎さんの歌あり(生バンドでエレキだよ〜)、余興は「ファンによる着付け競争」と「椅子とりゲーム」。いや〜のどかでいいですな〜。

楽しい!

2006年07月22日(土) 19時23分
殺陣を始めてから(といってもまだ二回目)、時代劇や刀剣を観るのが楽しくてたまらない。

日本美術、なかでも工芸品は昔から大好きなのだが、刀剣類はあまり興味なかった。いいものなんだろうなぁと思っても、どう受け止めてよいかの「ものさし」が自分の中になかった。若冲展の後、東京国立博物館本館をふらふらしていて刀剣の部屋に入ったら、今度は違った!

振り回したい〜←違

改めて見ると、大刀は凄い迫力だ。石田三成愛用の「名物 切込正宗」のキズの生々しいこと…。かつてこれらは「人の命をとる」ための道具であったことが胸に迫りました。そういうものでさえ、やがては美術品にしてしまうのが日本人の性ではありますが。

思わず、居合道も一度習ってみたくなったり…(殺陣を習っているカルチャーセンターに無外流の講座もあるのだ!って、まずは殺陣の先生にご迷惑をかけないようにしましょう)日本刀についてはこちらのページが大変面白いです。

時代劇の方は、斬られ役の動きに注目するようになりました。実際、受ける方をやってみると、木刀とはいえ怖いんですよ!あたふたして尻餅つくのがナチュラルな反応w 型が決まっているのに、いざやってみると手と足がばらばらで、全然様にならない〜 それでも「え〜いっ(打ち込む時の気合)」とか「ぐぐっ(斬られた後の呻き)」とかやってると、なんか血が騒ぎますw つい「父の仇!」とか言ってみたく…

それにしても、基本中の基本の型でこれだけ大変なんだから、何十手にも及ぶ立ち回りなんて想像に絶する世界です。東映の「ちゃんばらグラフィティ 斬る!」をレンタルしたのですが、その凄いこと!時代劇は日本の誇る文化だ!と鼻息荒くなってしまいますw



ゲルマニウムの午後

2006年07月20日(木) 19時24分
東京国立博物館の前に「ゲルマニウムの夜」の看板が出ていたので、初めて「ゲルマニウム温浴」試してみました。平日の昼に、汗だらだら流してシャワーを浴びる不思議…

じゃなくて。今日のメインイベントは「若冲と江戸絵画展」。前から楽しみにしていたけれど、予想以上によかった〜

映画でも展覧会でもどこか一つ「心にしみる」ものがあれば大成功だと思うのですが、今回は円山応挙の「赤壁図」がそういう作品がそれ。今まで応挙は写生派の祖と知っていても心が動かされることはなかった。でも「赤壁図」の実物を見て、崖や水面の、まるで音楽が聴こえてくるように繊細な筆使いに感動しました。いつも展覧会を観る時は図々しくも「一つもらえるとしたら何がいいだろう?」と品定め?しながら回るのですが、今回はこれ!次点が若冲の鳥獣花木図屏風(墨絵を貼った6曲1双の屏風。ものすごいモダンでかっこいい!)。

ちなみに、東京国立博物館では「親と子のギャラリー」という企画をやっているので夏休みにぴったりです。また、伊藤若冲の畢生の大作「動植綵絵」は現在、皇居三之丸尚蔵館で展示中なのでこちらも是非。
2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像管理人a
» ブログ、再開します (2010年09月08日)
アイコン画像まいきー
» ブログ、再開します (2010年08月21日)
アイコン画像tama-cho
» ブログ、再開します (2010年08月15日)
アイコン画像かれん
» 「あたしんちの男子」脱落 (2009年04月30日)
アイコン画像管理人a
» 春節 (2009年04月11日)
アイコン画像ねこげぼく(面倒くさがりなので短縮形)
» 春節 (2009年01月31日)
アイコン画像管理人a
» 大晦日 (2009年01月27日)
アイコン画像たいら
» 大晦日 (2009年01月26日)
アイコン画像茶トラのマイキー
» 凄いものを見た (2008年12月20日)
アイコン画像お嬢&坊主
» 一『連』托生 (2008年12月06日)
■プロフィール■
管理人:a
ネタへの愛は溢れているが
生まれつき口が悪いので暴走しがち
連絡先:arikui55@yahoo.co.jp
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hylajaponica
読者になる
Yapme!一覧
読者になる