W3C勧告HTML4.01 についての入門マニュアルです。 市販のHTML本では満足出来ないあなたに送る、HTML講座。CSSについても補足していきます。

<< 色見本 | Main | 属性説明 >>
META:http-equiv属性

●一般的なhttp-equiv属性:使用が推奨される物

"Content-Type" >> content="text/html; charset=Shift_JIS"

MIMEタイプは 'text/html' であり、文字コードが 'Shift_JIS' である事を示す。
MIMEタイプには'text/html','text/xhtml'などを指定する。
文字コードには'Shift_JIS','EUC-JP','ISO-2022-JP'などを指定する。
文字コードを指定する為に、最も良く利用される。


"Content-Script-Type" >> content="text/javascript"

デフォルトのスクリプト言語を示す。
スクリプト言語には'text/javascript','text/vbscript','text/tcl'などを指定する。
組込みイベントスクリプトを利用する場合、必ずデフォルトのスクリプト言語を指定する必要がある。


"Content-Style-Type" >> content="text/css"

デフォルトのスタイルシート言語を示す。
スタイルシート言語には'text/css'などを指定する。
style要素を利用する場合、必ずデフォルトのスタイルシート言語を指定する必要がある。

Posted at 2005年02月25日(金) 19:35 / META:http-equiv属性コメント(0)
META:http-equiv属性

●一般的なhttp-equiv属性:その他

"Expires" >> content="Tue, 20 Aug 1996 14:25:27 GMT" "Expires" >> content="-1"

ページキャッシュの有効期限を示す。
GMTとは世界標準時を示す。日本時間から9時間引いた物が、GMTとなる。ブラウザに依存する。
有効期限の設定は秒数でも良い


"Pragma" >> content="no-cache" "cache-control" >> content="no-cache"

いずれの例も、ページをキャッシュさせない。ブラウザに依存する。


"Refresh" >> content="60"

指定した秒数の後に、ページを再読み込みさせる事を示す。ブラウザに依存する。


"Refresh" >> content="10;URL=http://www.domain.co.jp/"

指定した秒数の後に、URLで指定したアドレスに移動させる事を示す。
ブラウザに依存する。このテクニックは使用しないよう推奨されている。
使用する場合、この機能が動作しなくともページを移動できるリンクを設置するべきである。


"Default-Style" >> content="name"

指定した名前を持つスタイルシートを、デフォルトとして扱う。
複数のスタイルシートをユーザーが選択できる様にする為に用いる。
スタイルシートへの名前付けは、LINK要素で行う。ブラウザに依存する。


"Page-Enter" >> content="blendTrans(Duration=2,Enabled=1)" "Page-Exit" >> content="blendTrans(Duration=2,Enabled=1)" "Site-Enter" >> content="blendTrans(Duration=2,Enabled=1)" "Site-Exit" >> content="blendTrans(Duration=2,Enabled=1)"

トランジョン効果:blendTransを得る。Durationで効果の秒数を、Enabled=1で有効を示す。
Page-Enterでページ表示時。Site-Exitでサイト表示終了時に効果を発生させる。
ブラウザIE以外は対応していない。


"imagetoolbar" >> content="no"

IE6.0で実装されたイメージツールバーを無効にする。
ブラウザIE6.0以降のみしか対応していない。

Posted at 2005年02月25日(金) 19:43 / META:http-equiv属性コメント(0)
META:name属性

●一般的なname属性:多く使われる物

"robots" >> content="index,follow"

検索ロボットに、巡回の規則を示す。
'index'でページを巡回させる。'noindex'で巡回させない。
'follow'でリンク先にも巡回させる。'nofollow'でリンクは無視する。
'index,follow'の代わりに'all'が、'noindex,nofollw'の代わりに'none'が利用出来る。
この指定は多くのロボットが採用している。


"Description" >> content="概要" lang="JA">

検索ロボットに、この文章の概要を示す。
このキーワードはロボット依存であり、対応しないロボットが少なく無い。
対応している場合、文章の一部をランダムに表示するのではなく、代わりにこの概要を検索の結果として表示してくれる。


"Generator" >> content="作成環境"

HTMLエディタのソフト名を記す。
HTML作成ソフトの一部が自動的に挿入するが、対応しているブラウザ・ロボット等の存在は不明。

Posted at 2005年02月25日(金) 19:56 / META:name属性コメント(0)
META:name属性

●一般的なname属性:殆ど意味をなさない物

"Keywords" >> content="HTML,W3C,CSS"

文章のキーワードを示す。
対応しないロボットが多い。
また、キーワードが多すぎると、ページを無視される事がある。


"revisit_after" >> content="7 days"

検索ロボットに、次回巡回すべき間隔を示す。
対応状況は不明。


"WWWC" >> content="1997/08/24 18:47"

自動巡回ソフトWWWCの独自プロパティ。
ページの最終更新時間を明示する方法。時間の代わりに更新場所を文章で記しても良い。
WWWCのみ対応。


"chieri-update" >> content="1997/08/24 18:47:00"

巡回ロボットちえりの独自プロパティ。
ページの最終更新時間を明示する。
TINAMI 登録サイトのみ対応。


"chieri-newitem" >> content="更新場所は〜〜"

巡回ロボットちえりの独自プロパティ。
ページの更新場所を文章で示す。
TINAMI 登録サイトのみ対応。


"Author" >> content="著者"

著者の名前を記す。
HTML作成ソフトの一部が自動的に挿入するが、対応状況は不明。


"Copyright" >> content="著作権"

著作権情報を記す。
HTML作成ソフトの一部が自動的に挿入するが、対応状況は不明。


"coverage" >> content="worldwide"

提供する対象範囲を記す。'Japan','ASIA'など
対応状況は不明。


"creation date" >> content="July 12, 2001"

ページの作成日を示す。
対応状況は不明。


"rating" >> content="safe for kids"

提供する対象年齢層を記す。'general','adalt'など
対応状況は不明。

Posted at 2005年02月25日(金) 20:35 / META:name属性コメント(0)

 
Global Media Online INC.