マンション住み替えのコツについて、見学者は売主の態度も見ている

December 06 [Tue], 2011, 23:57

管理会社の信用度がわかる意外な方法。
物件の紹介の際に、不動産業者が「このマンションは管理会社がしっかりしていまずから安心ですよ」とセールスする場合がある。

やはりそのような言葉は信用せずに、しっかりと自分の目で確かめたい。チェックポイントとしては、購入予定のマンションに入るときのエントランス付近の壁にある「マンション名のプレート」。更に、エレベータのドアレールや廊下などに置かれている消化器もチェックするとよい。このような部分は、普段清掃しにくいところ、このようなところまでしっかりと清掃されているなら、その管理会社はなかなかの実力と言える。

マンション不動産の購入

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


住み替えのコツについて、見学者は売主の態度も見ている。
物件の売却を開始すると、オープンハウスには、様々な購入見学者が訪問にやってくる。

あらかじめ物件の間取りをみて検討する人がほとんどであるために、見学の際にチェックするポイントは、別の部分にあると思った方がよい。具体的にいうと、売主の態度、というのもそのチェック項目の一つであると認識しておいた方がよい。売主の人柄が、その物件の品質(大切に扱われていたのか)という判断基準になる、ということである。

売主の人柄とは、見学の際の、話し方や立ち振る舞い等の点である。例えば、部屋をどたばたと歩く人の場合、当然家を大切にはしていないのではと想像されてしまう。あちこちに物をぶつけているのでは?築年数以上に痛んでいるのでは、と想像されてもおかしくない。見学者を迎えるにあたって、事前に掃除をしておくということ以上に見学時の態度についても、しなやかにしておくのが賢い物件プロモーションと言えるのである。

一戸建ての購入:
http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/buy/uh/all/area/38
この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

  • URL:https://yaplog.jp/house2house/archive/5