11月28日(木)夜間教室 ○口君

2019年11月28日(木) 21時50分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯少しだけ開きが残っていますが、ポイントは良く出来て良いフォームになっています。

@

A
トップスタイルです。
★理想的なスタイルです。 

B
リリーススタイルです。
★唯一左肩の引けがマイナスです。
これを直すには、左腕と右腕で胸を閉じる動きを入れる事必要と思えます。
次回に試して見ましょう。

C
フォローです。
★良いスタイルです。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯軸足の膝頭と左腕の使い方を意識させたフォームですが、
インパクトスタイルを見ると、左肘が浮きすぎて想定外となっています。
下半身は良くなっていますね。
次回、もう一度左腕の使い方を試して見ようと思います。

D

E

F
インパクトスタイルです。
★左肘が想定よりも上がっています。
何がそうさせるのか?をもう一度考えて、次回に試して見ようと思います。

G
インパクト後です。
★両腕は入れ換わって良い感じです。

11月28日(木)夜間教室 ○子君

2019年11月28日(木) 21時49分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯久々に見るので楽しみにしていましたが、ポイントにして来た所がまだまだのスタイルですとしか言えません。
ある程度はやれるフォームですが、かなりの投手になるにはポイントを理想的にさせないと難しいでしょう。
気持ちをしっかり持って取り組まないと、完成は出来ませんよ。

@

A

B
リリーススタイルです。
★右腕のスタイルが、前のフォームに戻っている感じです。
脇を開けて右肘が横に出て来る様にを求めていな筈です。
前足の膝も割れて(開き)います。
閉める様に指導をして来たと思いますよ。

C
フォローです。
★前足の膝は閉まってのフォローが理想的です。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯今後はヘッドの位置がポイントになって行きます。
★両腕の動かし方を変えて行けば、ヘッドの位置も変わると思っていましたが想定外でした。
直接的に、理想的なヘッドの位置にして行く様にしないと変わらないでしょう。

D
バッティングのスタートです。
★一本足になったこの時点のヘッドの位置が基準になりますのでこの位置を覚えていて下さい。
頭よりも少し投手寄りに入った位置です。
◎この位置よりも投手寄りに入る事と、背中側に寝る移動はマイナスで良くない事(打てないタイプのスイング)になります。

E
トップスタイルです。
★ヘッドがこんなに動いてマイナス移動のスタイルです。
とにかくこの移動は無くす事です。
◇印の写真が、理想的なヘッド移動のスタイルです。

◇1

◇2
山田選手のヘッドスタイルです。
★1~2にかけてのヘッドは、入っている位置から少し捕手寄りに移動して捕手寄りの位置になって振りだして来ます。
これがプラスの移動なので「とても良く打てるタイプ」の打者なのです。

F
インパクトスタイルです。
★ヘッドが入ってもボールは止まっているので、遠回りのヘッドを待っていてくれるので当たるのです。
両腕の形は良いです。

G
フォローです。

11月28日(木)夜間教室 宮○君

2019年11月28日(木) 21時47分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯良い結果が多くなって来ている様です。
フォームを見ると、その事に頷けますね。
前足の膝の閉まりが良くなっているからです。
軸足のスタイルも良いので、下半身が理想的であれば乱れは少ないでしょう。
左腕の使い方が良ければ、絶対的なフォームとなって行くでしょう。

@

A
トップスタイルです。
★下半身の形が良いので、安定する理想的なスタイルです。

B
リリーススタイルです。
★軸足の膝頭の位置が良く、前足の膝の閉まりが良いので完璧な下半身スタイルです。
左肘がもっと横に出て来たら完璧なフォームになるでしょう。


ロジャークレメンス投手のリリーススタイルです。
★左肘が横に出て、膝頭も外側になってリリースしている投手です。
メジャーで、300勝以上勝っている投手のスタイルです。

C
フォローです。
★良いスタイルです。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯バッティングも結果が出だした様です。
フォームが変わって来たからと思います。
まだ微調整は必要ですが、意識をしながらスイングをして行けばどんどん良い結果が出ると思います。

D
トップスタイルです。
★下半身のスタイルを頑張っているので、良い形になっています。
ヘッドは入り過ぎなので(理想的な位置と比べて)、頭よりも捕手寄りの位置になる様に変えて行きましょう。
この下半身の形で両手首を工夫してヘッドの位置を変える事です。

E
スイングの始まり時点です。
★軸足の膝頭の移動が少なくなって来ています。
頭の位置が、もう少しだけ軸足寄りになっている形が理想的です。
両腕は、◇印の写真の様な五角形型になって来ると良いですね。


山田選手のスイングの始まり時点です。
★軸足の膝頭が良い位置なので、かかとが移動せずの位置になっています。
突っ込まず開かずの下半身で、両腕が五角形型は最高級のスタイルです。
打てる事が決まってしまうスタイルなのです。

F
インパクトスタイルです。
★良いスタイルになっています。

G
インパクト後です。
★両腕が上手く動く様になって来ていると思うスタイルになっています。

11月28日(木)夜間教室 ○累君

2019年11月28日(木) 21時46分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯トップ迄の軸足のスタイルを課題にしています。
膝頭の移動が早いので、踏み出した前足が着く前に伸びてしまうスタイルでした。
下半身のパワーが無くなってしまって投げる感じなので、改善をする事にしました。
★写真は軸足が伸び切らない様に、右足を踏み出しても膝頭を残して(移動させない事)置く様にして(タメが出来た形の事)のフォームです。

@

A
トップスタイルです。
★軸足の膝頭が残っているので、軸足は伸び切らないスタイルになっています。

B
リリーススタイルです。
★右肘が前に出ると右肩が前に出て来て、開きが無くなります。
胸を閉じる様になる事なので、強い腕の振りに変わるでしょう。

◎よって、胸を閉じる様にして投げる事を加えましょう。

C
フォローです。
★良いでしょう。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯バッティングフォームも、軸足の膝をポイントにします。
膝頭が移動するので、流れる(突っ込み)を改革して行く事です。

D
トップスタイルです。
★少し膝頭が移動です。
もう少し捕手寄りに置いておく形が良いでしょう。
ヘッドも少し捕手寄りになっていると理想的なトップスタイルです。

E
スイングの始まり時点です。
★頭がもう少し軸足寄りで、右肘が前に出ていると完璧なスタイルです。

F
インパクトスタイルです。
★良いスタイルです。

G
フォローの手前のスタイルです。
★両腕の入れ換わりが理想的に出来た両腕です。
両肩の位置関係も理想的なスタイルです。


大谷選手のフォローの手前のスタイルです。
★両腕の入れ換わり具合が理想的になっているスタイルです。

11月28日(木)夜間教室 柴○君

2019年11月28日(木) 21時45分

◎今日、初参加の中学生です。

私の理論の、ピッチングフォームとバッティングフォームを体験して頂きます。
先ずはフォームを拝見してからです。

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。
内野手をしているとの事ですが、ピッチングは全ての送球の基になるので、そのフォームを見て改善をして行くべき所を指導したいと思います。
@~Cの写真は、何時も通り投げているフォームです。
◇印の写真は、改善指導をしてのスタイルです。

@

A
トップスタイルです。
★前足の爪先が開き加減になっています。
内側に閉じる向きで投げれる方が良いと考えていますので、改善ポイントとなります。

B
リリーススタイルです。
★前足の爪先が開き、膝も割れて(開きの事)います。
パワーが逃げてしまう形なので、良くない(星野理論では)スタイルです。
◇印の写真は指導後のスタイルですが、前足だけでなく左肘とグラブの位置が変わる方法に取り組んだ結果です。


指導後のリリーススタイルです。
★開きが無くなって、良いスタイルになっていると思います。
今後は、指導された事を意識して投げて行けばスローイングスタイルも変わると思います。

C
フォローです。
★身体が開いて投げたので、全体が横に回っています。
体重移動と言う、大事な事が出来てないフォームです。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯現在迄のフォームの分解写真です。
ヘッド(バットの先端)の動きを見ますと、遠回り軌道をしているのが解ると思います。
★ボールはスピード良く走って来るので、遠回り軌道はマイナス(確率良く打てない)となるので改革ポイントになります。

D
トップスタイルです。
★タイミングの分野です。
左足が踏み込まれた時点ですが、ヘッドは頭よりも捕手寄りの位置になっているのが最も良いスタイルです。
写真は少し入り過ぎ(ボール迄に時間が掛かるので)となります。

E
スイングが始まる所ですが、ヘッドが下がって背中側に移動しています。
遠回りの原因となる動きです。
この動きは最も良くない(的確に向かうのから外れる軌道)としているので、しっかり改革して行きましょう。

F
スイングの始まり時点です。
★Eのスタイルを省いてこの形ならば、遠回り軌道ではなくなります。
ただ、下半身の形で前足の爪先が開いていますので開きがある事になります。

G
インパクトスタイルです。
★両手が前に(投手の方にの事)なるミートポイントです。
もう少し身体寄りでミート出来るのが理想的です。


丸選手のインパクトスタイルです。
★ミートポイントが身体に近い所になっている打者です。

◎スイングにおける両腕の動かし方を伝えました。
スイングの中身の違いです。
ただ振るのではなく、両腕はこの様に動かしてバットを振る事。それが打てる軌道のスイングとなる中身の違いです。
覚えて見て下さい。
2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:星野 秀孝
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1949年11月26日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
元中日ドラゴンズ
現在、マスターズリーグで活躍中

応援サイト:星秀横丁.com