11月27日(水)夜間教室 成○君

2019年11月27日(水) 21時44分

☆@~Eの写真は、バッティングフォームです。

◯良いフォームになっています。
インパクト後の右腕の動きに課題があるので、動かせる様にの指導です。
★写真は、上手く出来たフォームですがヘッドの位置を見ると(Aの写真)がマイナスになっていますので注意です。

@

A
トップスタイルです。
★右足が踏み込まれた時点ですが、軸足に体重が残ってる形なので下半身は理想的です。
ヘッドがマイナスの移動になっていますので、@の時点と変わらない様にして行きましょう。
このままでは理想的ではないので注意です。

B
スイングの始まり時点です。
★両腕が「五角形型」を現していますので理想的です。

C
インパクトスタイルです。
★「両腕の五角形型」が保たれてのミートは理想的です。

D
インパクト後です。
★この時点からの右腕の動きに課題があります。
写真は上手く出来たスタイル(両腕が入れ換わって伸びている形)になっています。

E
フォローです。
★左肩が右肩よりも高くなって、両肘が近寄るスタイルのフォローなので最高級です。


柳田選手のフォロースタイルです。
★左肩が右肩よりも高くなって、両肘が近寄るスタイルは最高級です。

11月27日(水)夜間教室 ○泰君

2019年11月27日(水) 21時43分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯顔の向きは良くなって来つつある感じがします。
下半身の筋力がまだまだ発展途上なのか、膝の状態に課題が出ています。
前足の膝は閉めて、軸足の膝頭は外側になって欲しい所です。

@

A

B
リリーススタイルです。
★前足の膝頭が内側になる様に閉まって欲しいのと、軸足の膝頭は外側の状態でリリースが出来る様になると理想的です。
右肘がもう少し横に出てくれたら良いですね。

C
フォローです。
★右腕が使われて理想的です。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯バッティングフォームに関しては、このまま進んでくれれば良いと思います。

D

E
スイングの始まり時点です。
★下半身の形、両腕の形も良いので理想的です。

F
インパクトスタイルです。
★両腕が五角形状態でのミートは理想的です。

G
インパクト後です。
★両腕が伸びるて入れ換わっているスタイルは最高級です。

11月27日(水)夜間教室 佐○君

2019年11月27日(水) 21時41分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯良いフォームです。
気をつけて行くポイントは解っていると思いますので、意識しながら進んで下さい。

@

A

B
リリーススタイルです。
★前足の膝の閉まりは良い感じです。
左腕の使い方も良い感じのスタイルです。

C
フォローです。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯右腕の動かし方が少し良くないのかな?
スイングの始まり時点で肘が前に出ていないので、固く感じるスタイルです。
動かし方(捻る動き)が良いと肘が前に出て来る筈だからです。

D
トップスタイルです。
★ヘッドの位置が微妙です。
理想は頭よりも捕手寄りがベストです。

E
スイングの始まり時点です。
★悪い形ではありませんが、左腕が少し曲がって肘が前に出ていると理想的になります。

F
インパクトスタイルです。
★ここでは右腕が少し曲がってのミートになっていますので、良いスタイルです。
下半身も良いスタイルです。

G
フォローです。
★左肩が右肩よりも高くなって終わっていますので、両腕の動かし方が良い事になります。

11月27日(水)夜間教室 ○内君

2019年11月27日(水) 21時40分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯回転で投げるタイプなので、左腕の動かし方と前足の膝の締めが重要になります。
この二つの事を、しっかり意識をして投げて行く事ですね。

@

A
トップスタイルです。
★上体の回りがありすぎるので、打者にボールが丸見えのスタイルです。
打者からボールが見えないスタイルが理想的なので、上体の回転は改善して行くべきですよ。

B
リリーススタイルです。
★左腕と前足の膝の閉めで良いスタイルになっています。

C
フォローです。
★良いスタイルです。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯軸足の膝頭の位置と、両腕の動かし方が理想的となるスイングがポイントです。
打てるタイプになって行く為に、この二つの事を身に付けましょう。

D
トップスタイルです。
★軸足の膝頭の位置が良くなっていますので、下半身スタイルは理想的です。
ただ、ヘッドは入り過ぎ(ボール迄に時間が掛かる位置)です。
頭よりも捕手寄りになっている様にして行きましょう。

E
スイングの始まり時点です。
★膝頭は移動し過ぎかな?
もっと最小限の移動にしましょう。

F
インパクトスタイルです。
★左手の甲の向きが理想的ではないので、動かし方が良くない事になります。
動かし方の訓練をもっと頑張りましょう。

G
フォローです。
★両腕の動かし方が理想的となってると、右肩の方が左肩よりも上がって終わるフォローになります。
写真は左肩の方が高い感じですよ。

11月27日(水)夜間教室 牧○君

2019年11月27日(水) 21時39分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯リリーススタイルで、左肘が横に出て前足の膝が閉められていたら理想的なフォームとなります。
写真を見ると、膝は良いのですが左肘が横に出ていませんのでとても惜しいフォームです。

@

A
トップスタイルです。
★突っ込まず、開かずのスタイルで理想的です。

B
リリーススタイルです。
★もう少し左肘が横に出て来たら最高級のスタイルです。
前足の膝の閉まりは良いですね。

C
フォローです。
★リリースで左肘が横に出ていなかったので、ちょっと横向きの上体になっていますので、体重移動が完璧ではないスタイルになっています。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯理想的なフォームにして行く為に、軸足のスタイルと両腕の動かし方の指導です。
身体が流れる癖があるので、軸足の膝頭を意識させてのスイングが改善方法と考えます。
後は両腕の動かし方次第で、理想的なフォームとなるでしょう。

D
トップスタイルです。
★軸足の膝の上に体重が残る様に踏み込ませています。
突っ込み(身体の流れ)の無い良いトップスタイルです。

E
スイングの始まり時点です。
★膝頭を移動させない様にしているので、開かない事で「両腕が五角形型」を現しています。
今迄出来なかった両腕のスタイルが出来ています。

F
インパクトスタイルです。
★両腕の五角形型を保ってミートしています。
理想的な事です。
ただ、左肘が浮いていますので、曲がっただけで捻る動き(左腕の理想的な動き)は出来ていない感じです。
それはインパクト後のスタイルで解ります。

G
インパクト後です。
★左肘が逃げて背中側に行って曲がったままです。
捻る動きが出来ていれば、両腕は入れ換わって伸びるスタイルになっている筈だからです。


大谷選手のインパクト後です。
★右腕の動かし方が理想的なので、両腕は入れ換わって伸びるスタイルになっています。

課題が左腕の動かし方にある事が理解出来たのでは?と思います。
しっかり訓練をして出来る様にして下さい。

11月27日(水)夜間教室 小○君

2019年11月27日(水) 21時37分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯理想的なフォームにして行く為に、軸足の膝頭やかかと、腕の動かし方(使い方)等を意識させています。
腰の事にも今日は加えて、方法を伝えています。
これ等を身に付けもらえば、必ず理想的なフォームとなると考えています。

@

A

B
リリーススタイルです。
★腰が低くなって左肘が横に出て来たら理想的となります。


ダルビッシュ有投手のリリーススタイルです。
★左肘が横に出てリリースしているタイプの投手です。
凄い投手への条件の一つの形と思う所です。

C
フォローです。
★ここで左腕が動いているので、リリースが理想的となるにはもっと早く使う事ですね。

☆D~Hの写真は、バッティングフォームです。

◯軸足の動きが、バッティングをマイナスにしている一つの要因と考えています。
軸足の膝頭の位置を意識させるスイングを改善策としました。
★写真が、その方法に取り組んだフォームです。

D
トップスタイルです。
★軸足の膝頭の位置が良くなって、下半身がしっかりして来ています。
このスタイルから、膝頭を出来るだけ移動させないでスイング(打つ)をして行く事で、理想的なフォーム(両腕の動かし方が良い事が含まれて)になると考えます。

E
スイングの始まり時点です。
★膝頭の移動が最小限になっているので、理想的と言える下半身スタイルです。
★後は両腕の動かし次第です。
左肘が前に出ていると、左腕の動かし方が理想的なので五角形型の両腕のスタイルになります。
写真の左腕は、肘が出ていないので五角形型にはなっていないので惜しいスタイルです。

F
インパクトスタイルです。
★下半身のスタイルは理想的です。
両腕と両手の形も良いスタイルです。

G
インパクト後です。
★両腕は入れ換わっているスタイルですが、腕とバットが一直線になる両手首になっていたら最高級です。
写真は一直線には後一歩なので惜しいスタイルです。

H
フォローです。
★右肩が左肩よりも上がって終わるフォローになっている感じです。
理想的ですよ。

11月27日(水)夜間教室 鈴○君

2019年11月27日(水) 21時36分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯腕の振り方が良くなって来ています。
惜しいのは、まだ左肩が少し引けている所ですね。
それは、腰の捻りが強いからと考えます。
腰を使うのは大事(肝心)ですが、大事なだけに使い方を間違えるとマイナス(バランスを乱す)となってしまいます。
腰を使うのは、単に回す事では無いと言う事を知って下さい。
動かさずにどっしりさせて置く事(他の所を活かす為に)も、使っている事になるからです。

@

A

B
リリーススタイルです。
★腕を振る感じが良くなっています。
左肩が見えていないので、開きのリリースとなるので惜しいスタイルです。
理想的なフォーム迄、後僅かと近付いているのは確かですね。

C
フォローです。
★良いスタイルです。

☆D~Gの写真は、バッティングフォームです。

◯軸足のスタイルを理想的にして行く為の方法の指導です。
軸足の膝頭が微妙に早く移動する(開きや、バットがボールの下に入り込む事になって打ち損じとなる)ので、その事の改善の為です。

D
トップスタイルです。
★左足を踏み込んでも、軸足はこの様になって軸足に体重が残っている様にさせています。
身体の流れ(突っ込みの事)を無くす為です。
ヘッドは、理想的とする位置からすると入り過ぎです。
頭よりも捕手寄りがベストなので、理想的なトップには改善が必要です。

E
スイングの始まり時点です。
★軸足が頑張っているスタイルで良いでしょう。
左肘が手より前に出ている感じになると、両腕が五角形型となるので理想的となります。
左腕の使い方(捻られる動き)が上手くなれば、変わります。

F
インパクトスタイルです。
★軸足が頑張っています。
この辺りでは移動していて良いのですが、写真の様にしている事で実戦でバランスが良くなるとの考えた指導方法です。理想的な下半身スタイルになる為に、敢えて行わさせている事です。

G
インパクト後です。
★軸足の膝が良く頑張っています。

◎軸足の膝頭を移動させない様にしてスイングをさせて、微妙に早い膝頭の移動の改革をしています。

11月27日(水)野球教室 久○君

2019年11月27日(水) 17時28分

☆@~Eの写真は、バッティングフォームです。

◯肩を痛めて休んでいたので、久しぶりのバッティングです。
フォームとしてはやや開くタイプなので、その改善が今後のポイントになって行くと思います。
★写真は、前足の膝頭を内側に移動(締める)させる様にして打って開くフォームの改善方法に取り組んだスタイルです。
左足の爪先は開いていますが、膝は閉まってフォームは開きが少なくなっています。
爪先が閉じてかかとが投手寄りに変化すると、全く開きの無い下半身となるので完璧なスタイルですけどね。

@

A
トップスタイルです。
★左肩が入ってグリップ(両手)の位置が理想的となっているスタイルです。
左足の爪先が閉じていたら完璧です。

B
スイングの始まり時点です。
★軸足のかかとの位置が良く、前足の膝が絞られている下半身は理想的です。
左肘が前に出る様に左腕が動いて(捻れているとなる形)いたら、両腕は「五角形型」になって最高級のスタイルとなるけどね。


山田選手のスイングの始まり時点です。
★この時点で、両腕が「五角形型」になるタイプの打者です。

C
インパクトスタイルです。
★両手が前に出てのミートです。
左腕を捻る様に出て来てないからと考えます。
左肘が手より前に出ている形(五角形型)で(◇印の写真が見本)ミートとなると理想的です。


秋山選手のインパクトスタイルです。
★両腕が「五角形型」になってミートするタイプの打者です。

D
インパクト後です。

E
フォローです。
★右肩が左肩よりも上がってのフォローは理想的です。

11月27日(水)野球教室 富○(弟)君

2019年11月27日(水) 17時26分

☆@~Eの写真は、バッティングフォームです。

◯スイングが下からになり過ぎ(右肩が下がり過ぎるから)ていたのでその改善です。
前回も同じ様になっていたので、改善指導をしましたが変わって来ていませんでした。
癖になっている可能性があるので、このまま進むと危険なので注意ですね。
★軸足の膝頭を出来るだけ移動させないでスイングをする事。
★右腕が左腕を追い越す(両腕の入れ換え)動かし方を早める事。
この二つの事を組み合わせれると、下からなり過ぎるスイングの改善は出来ます。
写真は両腕の動かし方を頑張っていますが、軸足の膝頭の移動が大きくなっているので両腕の効果が最大限とはなっていません。

@

A
トップスタイルです。
★軸足の膝頭が移動を始めています。
移動せず、@の位置と変わらない事が大事です。

B
スイングの始まり時点です。
★軸足の移動が大きくなっているので、かかとが大きく浮いています。
突っ込みのスタイルです。

C
インパクトスタイルです。
★両腕の動かし方を意識しているので、両手の形は良い感じになっています。
膝頭が後ろ寄りにあって、かかとの浮きが少ない形になっていたら理想的なスタイルと思いませんか?

D
インパクト後です。
★左腕を追い越す様に頑張っていますが、入れ換えれずでヘッドがここ迄上がって来ています。

E
フォローです。
★両腕の動かし方は後一歩でしたが、両肩がこの様になって終われれば理想的なフォローです。
2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:星野 秀孝
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1949年11月26日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
元中日ドラゴンズ
現在、マスターズリーグで活躍中

応援サイト:星秀横丁.com