11月11日(月)夜間教室 ○累君

2019年11月11日(月) 21時57分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯右腕の使い方が良くなって来ました。
結果、課題だったリリースとフォローのスタイルがほぼ理想的に成りました。
今後もこの形が続くならば、ゲームでのピッチングが楽しみになりますね。

@

A
トップスタイルです。
★この様に、下半身の壁がしっかり出来る投手は希少価値のタイプと思います。

B
リリーススタイルです。
★右肘が横に出てのリリース(◇印の写真と共通)に変わって来たので、右肩が逃げず(引けと開きの事)前に出てボールが離れています。
ボールが前で離せる事は理想的なフォームなのです。


ダルビッシュ有投手のリリーススタイルです。
★顔の向きがしっかりして、左肘が横に出て、前足の膝と爪先が内側に閉まってのリリースは最高級のスタイルです。

C
フォローです。
★右足の腿の上に、上体が乗って投げきれる様になって理想的です。

☆D~Hの写真は、バッティングフォームです。

◯真後ろからのスタイルでフォームを分析して見ます。
開きとヘッドの動きを見てバット軌道も確認しながら、両腕の動きも確認します。

D
トップスタイルです。
★バットが立っている良いトップスタイルです。

E
スイングの始まり時点です。
★ヘッドが捕手寄りに出て来ているのは、余分な(寝て遠回りの事)動きが無いし、軸足のかかとも良い位置になっています。
理想的と言っても良いでしょう。

F
インパクトスタイルです。
★この時点で両手がハッキリ見えています。
開かないで、両腕の動かし方が理想的になっている事を意味します。
少しバットの先に当たっているので、立つ位置をベース寄りにすれば良いでしょう。
アウトコースギリギリのボールへのスタイルと考えれば、上手く打てている事になります。
軸足のかかとの位置は理想的ですが、前足の爪先が開き気味です。
閉じれている形でミートが出来れば、バットの芯で捉えられる様に変わってるかも?です。
爪先が閉じれている形になった時が、完璧なフォームとなるでしょう。

G
インパクト後です。
★左腕が右腕の上になっている感じです。
これはヘッドが走ったスタイルなので、バットが見えなくなっています。
両腕の動きが理想的になっていると言う事です。

H
フォローです。
★バットがここ迄で終わっていますが、左肩が右肩よりも高くなっています。
この様になって終わるフォームが理想的なのです。
両腕が理想的に動けば左腕が右腕の上になる様に動くので、必然的に左肩が上がるからです。

11月11日(月)夜間教室 な○君

2019年11月11日(月) 21時55分

☆@~Cの写真は、ピッチングフォームです。

◯リリーススタイルを見ると、左肘が横に出てのリリースになっています。
これは星野理論では最高級スタイルです。
前足の膝が閉まって、爪先が内側になっているのも最高級のスタイルです。
軸足の膝頭が身体の内側に入っているのが唯一のマイナスポイントなので、今後は外側になっている形に出来ると完璧なフォームとなります。

@

A
トップスタイルです。
★軸足のかかとを見ると、浮いて回り出しています。
膝頭が内側に入入ろうとしているからです。
かかとを地面に着いている様に出来れば、リリースでの軸足のスタイルが理想的に変わる筈です。

B
リリーススタイルです。
★軸足のスタイル以外は完璧なスタイルとなっています。
軸足の理想的なスタイルは、◇印の写真が見本です。


田中投手のリリーススタイルです。
★膝頭が外側になってリリースです。
左肘が横に出ている事も確認出来ますね。
唯一マイナス点とするならば、顔が横向き加減の所でしょう。
しかし目線はバッターの方に行っているので、カバーしています。

C
フォローです。
★申し分ないスタイルです。

☆D~Hの写真は、バッティングフォームです。

◯真後ろからのスタイルを見て、改善ポイントを探って行きます。
右腕の使い方に問題がありました。
但し右腕だけでなく、左腕にも問題はあるのです。
どちらの腕も理想的に動いてくれないと、良く打てるスイングにはならないと言う事です。
★写真は改善方法を伝えて、その方法のイメージで打っているフォームです。
結果両腕だけでなく、腰のスタイルに大きな問題が判明しました。
両腕の動かし方が良くなっても、腰のスタイル迄は変えられないと言う事です。

D
トップスタイルです。
★ヘッドの位置が良い理想的なバットスタイルです。
このスタイルは、下半身の備えも良いので理想的なトップスタイルとなります。
問題はここからなのです。
両腕の動かし方と腰のスタイルです。

E
スイングの始まり時点です。
★軸足のかかとの位置は理想的です。
膝頭が出来るだけ移動しないと、腰のスタイルは良い形となります。
写真は膝頭の事をかなり指導した後なので、腰スタイルも良い感じです。
両腕で言えば、右肘が入らない事がポイントです。
写真は微妙な位置です。

G
インパクトスタイルです。
★両手の姿が見えているので、両腕の動きは良くなっている事になります。
インサイドアウト軌道にバットが振れている事になり、その様なスイングが理想的なのです。
良くないスタイルは、両手がお腹に隠れて見えなくなっている形です。
左肩が開いて右肩が前に出て、アウトサイドインのバット軌道になっているフォームだと両手がインパクトで隠れます。

H
フォローです。
★理想的に両腕が動いていると、この時点での両肩は左肩が下がって右肩が上がったスタイルになります。
写真は平行です。
それは腰のスタイルに原因があるのです。
◎腰も左側が下がって、右側の方が高くなっているのが腰の理想スタイルなのです。

次回には、腰のスタイルも良くなっている様にしましょう。
2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:星野 秀孝
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1949年11月26日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
元中日ドラゴンズ
現在、マスターズリーグで活躍中

応援サイト:星秀横丁.com