一歩前へ

2011年12月26日(月) 18時30分
男子トイレに必ず貼ってある注意書き
「一歩前へ」
様々な表現方法はありますが、これは便器手前にこぼれる尿を防ぐために、もう一歩前へ進んで排尿しましょうという意味の注意書きです。


では何故便器内に全部排出せず、手前にこぼしてしまう人がいるのでしょうか。
理由はいくつか考えられます。

1、明らかにコントロールミス。入ると思っていたけれど完全なミスによる垂れ
  こぼし。
  まさにもう一歩前へ進んでいれば防げた初歩的なミスといえます。
2、真性包茎による尿コントロール不能状態の人。
  いくら手で向きを定めても、尿道口に覆いかぶさる皮が邪魔をして
  コントロール不能となります。
  垂れこぼしだけでなく、自身の足にも被害が及ぶ場合も考えられます。
  防止方法は包茎手術、または自身の手による一時的な仮性包茎状態に
  する事です。
3、ビキニやボクサーなどの締め付けの大きい下着による圧迫で尿道口の
  一時的な変形によるコントロールミス。
  出口が一時的に変形している事によるコントロール不能状態ですので、
  排尿の初期の段階のみ
  コントロールを失います。
  予防策として排尿前にマッサージするなどが考えられますが、あくまでも
  卓上論です。
4、老化によるキレの悪さから生じる垂れ流し。
  キレが悪くなると、排尿の終了時にこぼしてしまう事があります。
  これももう一歩前へ前進する事で防止できます。
5、上記1〜4の理由で、既に誰かがこぼしている為に、一歩前へ進めない
  状態での排尿。
  ほとんどの人はこの理由により、垂れこぼしの上書きを行っているはず
  です。
  これを防止するには、便器の手前、両足の部分をグレーチングにする
  などして、前の人のこぼした尿を
  踏まない(踏みにくい)ようにするしかありません。
  ただグレーチングにしても踏みつける部分を軽減する程度の予防策
  としかなりませんので、完璧を
  求めるのであれば、便器の水洗と同時に、足元にも水が流れるように
  するしかないと思います。

このように、5つの理由をあげましたが、基本的にもう一歩前へ進んでいれば防げるものばかりです。
最近は、便器内に的を設置し、男性の心理にうったえる予防策も多く見られます。


的に尿を当てると色が変化するなど、工夫が見られます。


古典的ですが、便器内に氷が配置されている場合もあります。
これは1回の排尿で、何個の氷を溶かす事ができるのかと、チャレンジ心を煽ります。
氷以外でも、ゴミや汚れが付着している場合、排尿によりその汚れを取りたいという心理が働きます。
そうすると必然的に一歩前へ進んでいますので、結果的に垂れこぼしの防止にもなっている事があります。

最近の男性は、自宅では洋式便器に座って排尿する人が増えています。
これは上記のような理由による垂れこぼし防止策といえるでしょう。
公衆トイレは自分の手を汚す事はありませんから、垂れこぼししても気にしませんが、自宅の場合ですと掃除するのは自分です。
それが嫌なので絶対に失敗のない座式排尿を行うのです。
  • URL:https://yaplog.jp/hooshinews/archive/737
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
そうなんです、どんなすましたイケメンでも、見えないしぶきがズボンの裾に大量に飛んでいるのです。
2011年12月28日(水) 15時31分
立っておしっこすると、めっちゃしぶきが飛ぶらしーですね。
掃除するほうも大変ですね
2011年12月28日(水) 13時15分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:not
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート
    ・グルメ
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる