牡蠣のあんかけ焼きそば

December 04 [Tue], 2012, 14:30

先日の「おさかな食育クッキング」で作ったレシピ第1弾。
(レシピ考案:東北女子大学

ぷりぷりの牡蠣と野菜をアツアツの中華あんで味わいましょう。
ご飯やラーメンにかけてもおいしく食べられます。

≪牡蠣を調理する際は食中毒に気をつけよう≫
・十分加熱をしましょう
・できれば生で食べないようにしましょう
・食品を取り扱うときは十分手を洗いましょう
牡蠣のあんかけ焼きそば
[ジャンル]
中華
[難易度]
★★★☆☆
[カロリー]
494kcal
[[ 材料と分量 ]]・・・4人分
  • 牡蠣
  • 16粒
  • a酒
  • 大さじ1
  • a塩
  • 小さじ1/4
  • 片栗粉
  • 大さじ1
  • 焼きそば麺
  • 4袋
  • ごま油
  • 大さじ2
  • 白菜
  • 3枚(300g)
  • にんじん
  • 1/2本(100g)
  • ピーマン
  • 2個(50g)
  • 干しいたけ
  • 4個
  • たけのこ
  • 80g
  • しょうが
  • 10g
  • サラダ油
  • 大さじ1
  • 【中華あん調味料】
  • 中華スープの素(ウェイパー)
  • 大さじ2/3(15g)
  • しいたけのもどし汁+水
  • 400ml
  • しょうゆ
  • 大さじ2
  • 砂糖
  • 小さじ2
  • 片栗粉
  • 大さじ2
  • 大さじ4(60ml)
[[ 手順 ]]

下準備

作り方

1 ) 牡蠣は流水で洗ってザルにとり水分をきる。余計な水分をキッチンペーパーで拭き取り、aの調味料で下味をつけておく。

2 ) 白菜の芯は削ぎ切り、葉はザク切り、にんじん・筍は3cmの短冊切り、ピーマン、しいたけは1cm幅の細切りにする。しょうがは摩り下ろす。

3 ) 麺は袋に入ったままほぐし、袋の上部にハサミで1cmほどの切れ目を入れてレンジで2分ほど加熱する。

4 ) フライパンに油をひいて熱し、しょうがを炒める。香りが出たら白菜の芯、にんじんを加え炒める。少し火が通ったら残りの野菜を炒める。

5 ) 野菜に火が通ったら一方に寄せ、空いたところで片栗粉をまぶした牡蠣をサッと炒める。牡蠣に火が通りかけたら野菜と合わせる。

6 ) 中華鍋にごま油を熱してBの麺をほぐして入れ、お玉で押し付けるようにして焼き付ける。うら返して裏側も同様に焼く。

7 ) Dに水溶き片栗粉でとろみをつける。

8 ) 麺を皿に盛りつけて、その上から中華あんをかけて完成。

※好みで酢や練からしを添えてもよい


  • URL:https://yaplog.jp/hmaruuo/archive/262
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:じゃんクン
  • アイコン画像 現住所:青森県
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
魚介の豊富な青森県から、毎日美味しい食べ方を発信!
魚や貝を使った美味しいレシピを紹介していきます!

みんなもっとお魚食べてね〜♪
■青森県の美味しい魚介類!■
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像チャイティ
» ツナと大根のカレー風味サラダ (2016年11月18日)
アイコン画像白木知恵子
» もうかサメの甘酢あんかけソース (2013年05月31日)
アイコン画像冷やしうどん
» カツオのゴマあえ 冷やしうどん (2013年05月30日)
アイコン画像native ネイティブ 靴
» 第18回「弘前市場まつり」開催します (2012年11月25日)
アイコン画像じゃんクン
» 弘果 弘前中央青果梶@現場試食会レポート (2012年08月27日)
アイコン画像じゃんクン
» 生鮭の味噌ソース (2012年06月26日)
アイコン画像じゃんクン
» 小エビと春キャベツのスープ (2012年06月26日)
アイコン画像ガンガンガン速
» 生鮭の味噌ソース (2012年06月23日)
アイコン画像ガンガンガン速
» 小エビと春キャベツのスープ (2012年06月15日)
https://yaplog.jp/hmaruuo/index1_0.rdf