シェイプアップマニュアル極減 ver2の新事実と【自作教材】とらねこくんのカレー

March 04 [Mon], 2013, 2:25


おはようございます。


現在シェイプアップマニュアル極減 ver2レビュー特集中です(^^)
シェイプアップマニュアル極減 ver2は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓

シェイプアップマニュアル極減 ver2体験評価はこちら


メインサイトでは、井伊 聖二さん作の情報教材シェイプアップマニュアル極減 ver2を体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前はまだ不透明ですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

シェイプアップマニュアル極減 ver2体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


けさのブレックファーストは美味しいおコメと、目玉焼きとキャベツのお味噌汁

最高のメニューです。



ゆっくり15分掛けて食べて、9時ジャストに自宅を出発しました。



最近出来たデイリーストアに、冷たいコーヒーを購入しました^^



これで今日もイケるぜ^^。



お店に着いたら、今日もいつもと同様PCでヤフーニュースをみると

今朝のニュースは・・・

↓↓

 【ロンドン坂井隆之】欧州連合(EU)が温室効果ガス削減の切り札として05年に導入した排出量取引制度(ETS)が、「存続の危機」(欧米メディア)を迎えている。域内企業に排出量の上限を課し、余った分を市場で売買する仕組みだが、想定よりも多くの排出量が市場に売り出され、価格が暴落しているためだ。ETSの低迷は、市場創設を08年から検討している日本での論議にも影響を与えそうだ。

 欧州市場の排出量の取引価格は、08年夏の1トンあたり約30ユーロ(約3700円)から、2月末は4ユーロ台と約7分の1に落ち込んだ。08年9月のリーマン・ショック後、企業の生産活動が停滞した結果、各企業の排出枠が大幅に余ったためだ。商社や金融機関が、需要増加を見越して開発途上国から排出量を取得するプロジェクトを多く手がけたことも、市場に出回る排出量の拡大に拍車をかけた。

 制度の狙いは、排出量に「金銭的価値」を持たせることで、削減すればもうかり、できなければコスト増となる仕組みを構築、企業の省エネ努力を促すことにある。だが、排出量の価格が下がり過ぎると、設備投資にお金をかけて二酸化炭素(CO2)などを減らすよりも、市場から排出枠を買ってきた方が安くついてしまう。企業の省エネ努力を市場が阻害することにもなりかねない。

 過去から積み上がった過剰な排出量は13年は22億トン分(CO2換算)に達し、ETS対象企業の年間の総排出量に相当。EUは企業に割り当てる排出量の上限を減らすなどの対策を検討しているが、企業負担が増えることを懸念するポーランドなど一部加盟国の反対で合意のめどは立っていない。

 専門家の試算では、企業の省エネ努力を促すには1トン=50〜100ユーロ程度の排出量価格が必要とされる。だが05年のETS発足以来、価格は最高でも30ユーロ程度だ。オランダのエネルギー関連調査会社ECNは、過剰供給が続けば「ETSを通じたCO2の削減量は少なくとも20年までゼロが続く」と予測。市場の存在意義が問われる状況だ。

 ◇日本の財界、市場創設慎重

 日本政府も排出量に上限を設定する市場取引を検討、08年には東京証券取引所が市場創設に向けた研究会を設置した。東京都など自治体レベルの取り組みも始まっている。しかし、負担増を警戒する産業界は自主的な削減が望ましいとしており、日本全体での市場創設の調整は難航している。

 国内での排出量取引は現在、大企業による省エネ技術の提供で中小企業が排出量を削減した分を、大企業の削減量に算入できる「国内クレジット」が主流。08年から始まったが、取引量は計約60万トンと、国内の年間総排出量(約12億トン)に比べごく低い水準にとどまる。

 途上国で再生可能エネルギーなどのプロジェクトを進め、国連の審査を受けた上で削減量を日本分として計算できる「クリーン開発メカニズム(CDM)」も実施されている。日本は11年度までに約9800万トン分の契約を途上国と結んだ。政府は今後、国連審査なしで排出枠をやりとりできる「2国間クレジット」を導入。モンゴルなどとの間で実施する。ただ、いずれも削減量は企業の自主的な目標。削減量を割り当て、未達成分を市場から買うEU型に産業界が反発しているためだ。ETSの不振が、日本の市場創設慎重論を一層強める可能性がある。【小倉祥徳】

 【ことば】欧州排出量取引制度

 欧州連合(EU)27カ国と周辺4カ国が参加する温室効果ガス削減のための制度。国別割り当て計画に基づき、域内の一定規模以上の発電所や工場に排出量の上限を割り当てる。排出実績は毎年計測され、達成できなかった企業には罰金が科せられるが、他社から余った枠(排出量)を購入して「自分で削減した分」とみなすことができる。排出量はロンドンなどの商品市場で売買されており、11年の取引総額は770億ユーロ(約9兆3700億円)、約60億トン分が取引された。欧州以外では、米国が州レベルで排出量取引制度を始めているが、排出量価格の低迷で、取りやめる州も出ている。
(この記事は毎日新聞から引用させて頂きました)



出た!

ホント、どーでもいいわ



では本題今日の予約状況。

段取り的にはサイトアフィリに18時間と、電脳せどりで仕入れに3時間。



慣れているので問題にはならないです。



今日も稼ぐぜ!



そうそう、動画でこんなの

↓↓





あらら(~_~;)ぜんぜん関係無い?

またやっちゃった?



さてさてディナーは何しよ?

焼肉か北京ダックが食べたいよ〜!(^^)!



これも良いか?

↓↓





おそらく次回の記事アップはどうしても明日になります^^;

お楽しみに!
  • URL:https://yaplog.jp/hizamu663381/archive/194
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hizamu663381
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる