【夕暮れのプラハ】

December 23 [Mon], 2019, 11:11
2009年7月のブログです。
当時に比べ今は、スマホやSNSの普及・発達で、格段に旅がしやすくなったと思います。
ホテルの予約はもちろん、翻訳もできるし、なによりグーグルアースのおかげで道に迷うことが少なくなりました。
15年ほど前、初めてパリに行った時、予約したホテルが全く見つからず、ぶちギレて道で「バカやろーーー!!」と叫んだ思い出があります。
これが『パリの中心で「バカやろー!」と叫ぶ』です(笑)

スマホ(タブレット)ありがたいですね。

2009年7月23日
【夕暮れのプラハ】

レデュータ劇場でブラックライトシアターを観て、そのままホテルに直帰しようと思ったが、火薬塔の向こうの夕暮れの街を見ていたら、遠回りして旧市街まで歩こうという気になった。

歩きながら、帰国してからのことを考えていると、急にこの街の風景が遠いもののような気がしてきた。
今ここにいる場所なのに、現実でないように感じる。

旅をしている間、ずっと『日常』と『非日常』について考えていた。

この街で流れている時間、バーから聞こえる笑い声、美しい街並みはこの街の住人には『日常』だ。
しかし、僕にとっては『非日常』。

もちろん逆だってそうだ。
僕にとっては『日常』の山の手線の異常な混雑、脳がオーバーヒートしてしまいそうな都内の喧噪、秋葉原のメイドなどは、海外から来た人にとっては『非日常』。

大道芸は『日常』と『非日常』その間に張られた綱の上を、行ったり来たりするのが魅力じゃないのかと。

僕は大道芸で露骨に『日常』を感じさせてしまうのは好みではないし、かと言って、完全な『非日常空間』を作りたいと思っても、大型テーマパークにはかなわないだろう。

日常と非日常が混ざりあった不思議な空間。
そんな空間をこれからも作っていきたいと思った。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:Hiyro(ひぃろ)
  • 性別:男性
  • 職業:
  • 趣味:
    ・旅
    ・写真
読者になる
ハットジャグリングやアクロバットを、独特の世界観と、笑いたっぷりでお届けします!/ 大人から子供まで楽しめるショーです!/全国のイベントやフェスティバル、大道芸、海外のフェスティバルで活躍中!/    
出演のご依頼はこちら→ホームページ https://acrohathiyro.com