九州太平洋側6日目(南大隅町→鹿児島空港84km)

May 04 [Fri], 2018, 14:01
今日は最終日、まずは桜口まで頑張ろう

その後、時間あったら鹿児島空港まで頑張ろう

北上の中、今日は強風、ペダル漕ぐのが辛いときもあり

錦江湾の景色に見とれ、桜島が近づき、開聞岳が遠のいていく

なかなか桜島までが遠かったが次第に火山灰がかかる距離までに

気がつくとシャツ、ジャージはうっすら白く、息が苦しい、桜口で九州一周達成

そんな余韻にしたるより早めに火山灰から逃れたい、写真を取り終えると

すぐに出発、道の駅、垂水でゆっくりした

まだ時間はありそう、空港まで行ける、空港まで40km、結構高地にあるために

登り坂に苦労するが、最後のひと踏ん張り、おかげで空港到着した時は

一段と満足な気分であった













九州太平洋側5日目(志布志市→南大隅町87km)

May 03 [Thu], 2018, 14:00
今日は鹿児島最南端へ、山越えの一日、どんな山道があるのだろうか

おばちゃんの朝食を頂いて、早めに宿を出発

昨日までの雨で少し、ひんやり自転車こぐには丁度良い

しばらく走ると、目の前に内の浦ロケット発射基地の看板が見えた

ちょっとウキウキ、山に入る前のコンビニで食料を買って、もしも途中に

お店がないときはこれが昼食、予想は当たり、これが昼食になりました

ロケット発射基地までの上り坂、惑星の名前が橋の名前になっていておしゃれ

マース、ジュピターなど楽しませてくれる。コンビニ店員さんが言ってたが

軽自動車じゃ登れないくらいキツイ坂と言ってましたが、以外にも楽しかった

頂上付近にロケット基地が受付すると自転車で入ってくださいと

更に上り坂は続き、一番奥までいって発射台を見ることできました

やっぱり、夢あるなあ、こんなチャレンジな人生凄いなあ、人って凄い

ロケット発射台からは長い下り、長い上りが続き、ここ先の坂もきつい

少しずつでも前に前に進め、この時を楽しめ、こんな贅沢な時間はないよって

自分に言い聞かせて、身体はキツイが、幸せな時間を過した

ほどなくして錦江町に到着、宿を探す、周りには見当たらない

止まっていた駐車場に車が入ってきて、ご夫婦が見えて奥さんに宿を尋ねると

親切に3件の宿を紹介してくれた。その中の一軒だけは空き室あって予約できた

助かった。その夜、ご夫婦の居酒屋さんに行ったら私を見て覚えてくれていた

「宿取れたか?」「一軒だけ空いていて泊まれました」「良かったなあ」

居酒屋では美味しいお刺身、ビール、地元焼酎魔王を頂いた

魔王は近くに蒸留所があってここで作っているよと教えてくれた

魔王はいい香りのお酒でさっぱりしていて少し飲み過ぎてしまった

帰りは外まで見送りしてくれて、ほんと御馳走様でした

大隅半島の佐多岬までは行けなかったが、南大隅町までが限界でした













九州太平洋側4日目(日南市→鹿児島県志布志市58km)

May 02 [Wed], 2018, 13:59
ホテルの朝食会場から外を眺め、今日は雨、これからどうしようと迷う

今日のホテルは未定、ここに泊まることもできる

とはいえ、ここに居ても仕方ない。雨がやむ予報もないのでまずは出発しよう

遅めのチェックアウトを済ませ、いざ出発。なんと前輪パンク。

昨日は楽しい事多かったが、今日は反面アンラッキーな日か

ともかく事故だけはしないように慎重に行こうと心にきめて出発しました

国道448号線、沿岸沿いにこだわる旅でしたが、なんと大雨で通行止めに

ここは断念、これも何かの知らせかもしれない。来た道を戻り国道220号線に

お世話になる事になりました。

宮崎ー鹿児島県境、ここでも大雨が祝ってくれた。もうプール状態

もう開き直りの気分でした

志布志市に入り、民宿に到着、ここが大当たりの宿で、ベランダあって濡れた衣類の

まま部屋に入れる、洗濯も宿のご夫婦が厚意ですぐに使わせてくれた

ハンガー、物干しざお、かごと準備してくれた。風呂も一番風呂、ただしシャワーだけでしたが

夕食はどれがいいかと定食を聞かれ、生姜焼き定食と頼んだら、なんと出前でした

これもまた今風かとも思い、美味しく頂きました

BSテレビも写り、途中で画像が止まることもありましたが、小雨になったら写りが

多少良くなって、希望のサッカー試合を見ることできました。

大雨には降られましたが、満足な一日でした













九州太平洋側3日目(日向市→日南市116km)

May 01 [Tue], 2018, 13:57
今日はいろいろ楽しい事がありました

まずは早めの朝食できてラッキー、大したことないですが

鵜戸神社では売店おばちゃんから日向夏ミカンをサービス

いいオバちゃん、楽しい話し有難う。

日南市はカープキャンプ地で街中はカープ色、駅まで真っ赤

宿はスポーツバー兼用、ドミトリーって何かしらず、予約したら8人相部屋でした

無理無理とキャンセルさせてもらい、もちらんキャンセル費は快く払って

第一ホテルさんに停めてもらいました。カープ色に染まった駅を見に行った時に

カップルに出会い、世界幸せ探検隊と称し旅している。なんと私が泊まろうとしていた

ホテルに友人が居てタダで泊めてもらう代わりに、ホテルで飼っている猫の

ケガの手術費15000円を募金して集めていました。私もわずかですが協力しましたが

その行動力に関心、夜にその2人と会いたくなってスポーツバーに飲みにでかけて

再開、周りには今日泊まる人が数人いて初めてあったのですが楽しく飲みました

募金もなんと集まったとか、1人多額の募金してくれた人が居たみたいで、

またまた頭が下がります。気持ちって通じるのですね。ご苦労さまでした。

こんな人達だったら相部屋でいつもと違う体験でよいのかもしれません

疲れてはいたが、気持ちのよい一日でした。それと宿は気弱な自分もいて少し反省です。

今回、野宿ばかりしている人もいるくらいだから何とかなるのでしょうね。
















九州太平洋側2日目(佐伯市→宮崎県日向市110km)

April 30 [Mon], 2018, 13:56
7時過ぎにホテル出発、朝食満腹

昨日出会った自転車旅行のおじちゃんに今日もまた会った

昨日と同じで背中に大きな荷物背負って、ほんと大変そう。

その先に、また自転車おじさんとすれ違い。日本一周と看板掲げている。

休憩されていたので声かけれなかったが、その後の坂道で追い付かれて

しばらく一緒に走りました。年金生活していて、野宿でずっときて

九州一周すると日本一周だそうです。2年かかりの輪行。こちらも凄い。

2人とも私よりはきっと年上の方、私も負けづに頑張らなければ!

延岡市の先の日向市まで足を伸ばして、夜まで願いが叶う岬、馬が背、

大御神社(日本ラグビーチームがWカップ前に参拝、見事南アに勝利)など

ぶーらぶら。宮崎は神社も多く信仰深い土地柄かな。










九州太平洋側1日目(大分県佐賀関→佐伯市52km)

April 29 [Sun], 2018, 13:53
朝一の大分行飛行機に乗って、機内ではお母さんの上に幼い男の子が元気よく

これは騒がしくなる予感したのが、飛行機が飛び立ってしばらくすると

男の子は熟睡して、私もつられて寝てしまい、あっという間に大分空港に

つきました。着陸では男の子を私の膝の上に立たせて楽しそうに外を眺めてくれました

人見しりしないかわいいお子さんでした。

空港からバスを大分駅へ、大分駅から佐賀関へは路線バスで

自転車載せていいよとバス運転手が言ってもらえたので助かった

なんと、佐田岬からのフェリー乗り場の前のバス停で降ろしてくれた。ラッキー

自転車を準備して、すぐに昼食を、佐賀関名物の魚を頂く事にしましたが

お客さんが沢山、美味しかったですが出発は遅れてしまいました。

旅がスタート、初日はともかく疲れる、何か身体だるいし、眠気とれないし

走る距離はそうないのでなかなか着かない

ようやくルートインに到着、食欲あまりなかったですが

カレーうどん美味しかったです。アリガトー







伊豆半島、南関東5日目(横浜市→東京駅→新横浜駅60km)

January 02 [Tue], 2018, 22:26
1月2日はなんと言っても箱根駅伝の日

今日は一度は現場で見てみたかった箱根駅伝に会える

そんな思いで、8時に選手がスタートしたのをテレビで応援してから横浜市のホテルを

出発した。

東京へ向かう道はお正月なのか駅伝だからか車は少ない。

その中を、快調に自転車は進む。

そろそろ、駅伝ランナーが来る頃と神奈川県鶴見中継所付近にて自転車停めて

ランナーをまった。観客に駅伝の事を教えてくれるオジサンがいてくれて

話ができて楽しかった。先頭ランナーが目の前を通り、そのあとに

多くのランナーが通過、あっという間に目の前から通り過ぎ、走っている姿を

みると頑張れる気がしてくる。不思議だ。苦しいけれど、楽しい、苦しいことを

楽しめればいい、そんなことを思っていた

駅伝ランナーが走ってきた道をそのまま北上し東京駅まで向かう

品川、銀座と大都会の中を自転車で突き進む、自分の中と外の風景に

違いがあるが、それもまた自然と都会のギャップ、文明社会の中で

原始的な自転車でかける。これもまた自転車の醍醐味ではなかろうか

やってて楽しい、そう思いながら東京駅に到着した

(道に迷い行きすぎましたが・・・)

今回の旅は東京駅で終わりと計画してましたが、新横浜駅まそのまま自転車で

行くことに

無事に到着し、自転車は駅に御世話してもらいそのまま親戚のお家に向かい

旅は終わりました。今回もこんなに自由な時間を与えてくれてみんなに感謝です

ありがとうございました












伊豆半島、南関東4日目(鎌倉市→横浜市70km)

January 01 [Mon], 2018, 22:25
新年は、鎌倉市のゲストハウスから始まった

普通のお家の一部屋、民泊?ってこんな感じかと思いまた新しい経験であった

年越しは寝ていた、というよりテレビもなく紅白見れずに寝るしかなかったかな

ぐっすり熟睡できた

ゲストハウスを出掛けると、宿泊していた若い人達は初詣、初日の出と出掛けて

帰ってくる人とすれ違い、そうなんだお正月何だ、近くの由比が浜には日の出を見に

大勢の人がいた。またマラソン大会?砂浜を大勢に人が走っていて、いつもと違う

空気である。凧揚げもやっている。

私も日の出を拝んで出発した。

天皇の御用邸がある葉山、ここからも富士山の眺めを見惚れてしまった。

ここに御用邸、判る気がする

葉山のコンビニで朝食をするとスーパーカブに乗って日の出見学を終えた

男性5人と少し会話、三浦半島の南端、城ヶ島で海から昇る日の出を見てきたそうです

いざ、私も城ヶ島に行こうと足を延ばしてみました

なんか、南国?伊豆半島、房総半島、自転車で走った場所がここからはよく

見えて、穏やかな海を火山によて形成されたであろう半島、なかなかの眺めであった

そしてそれから北上、横浜市のスタジアム前のホテルに到着した

そして今日は横浜中華街、今日も美味しいお酒がまた飲める










伊豆半島、南関東3日目(伊東温泉→鎌倉市80km)

December 31 [Sun], 2017, 22:24
伊東の旅館で熟睡し早朝出発、今日も気持ちいい。

気持ちいいまま、自転車漕いで、少しすると熱海温泉に到着

海沿いから熱海駅まで山道を登り、駅に到着、近くのコンビニで朝食を

今回、コンビニはいいとこ当たり、イートインがあり暖かい中で食事がとれる

有難い

今日もアップダウンは続く、右手に太平洋、豊かな自然、体は軽快

6月から始めたジム通いの効果?かなと思いながら有難い気持ち。

会社のことも気になるが、しだいに頭からは離れてくるが

今日は大みそか、この一年ほんとうに周りの人に御世話になった。

明日からは新しい年を迎える。何が起こるかわからないが一瞬一瞬その時を大切にしていきたい

今日の夜は鎌倉であるが、鶴岡八幡宮にお参りさせて頂いて一年を締めくくることができた










伊豆半島、南関東2日目(土肥→伊東温泉110km)

December 30 [Sat], 2017, 22:24
朝日が昇る前に、ペンションを出発

朝は寒くてつらいが自転車漕いでると体があったかくなってきて

すがすがしい気持ちになってきて、いい気分になってきます

冬の朝の静けさ、澄んだ空気、田舎の風景、おじいちゃんやおばあちゃんの

働く姿、どれも新鮮で幸せな気持ちになれます

今日は、今回の旅の中で一番距離が長い日、頑張っていきましょう

伊豆半島南の堂ヶ島海岸からも富士山が見えます。

昼には下田に到着、昼食にはちょっと早いが早速、キンメダイの煮付けをゲット。

アップダウンが多く、体にはこたえる道中ではあったが、この美味しさは

体を癒してくれる

下田より北上開始、今日も風がすくなく、最高の一日

今日は伊東温泉のちょっと古めの旅館にお世話になり、夜も居酒屋でキンメダイの煮付けをゲットし

こちらも美味でした











P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/hirozonoheya/index1_0.rdf