先行って選考された気分になる

2006年07月01日(土) 1時33分
無事、8月31日に行われるGRAPEVINE×GOING UNDER GROUNDのチケを手に入れました!
はじめかからなくてかからなくてで遠い目になってしまいました。やきもきしていました。あーもーってなっていました。20分ぐらい経ってつながったときは歓喜に打ち震えました。いえーい。
(さっきかけたら普通につながってた。わはは)
HP特別先行では絶対抽選に漏れる自信がありました。今まで抽選で当たったチケットはフジと音速だけですよ。それ以外の抽選は悉く外れていたので今回も抽選は避けたかった。

なにはともあれ安心です!バインさんはもちろんのこと、ゴーイングも大好きなので楽しみです。すんごい豪華な対バン。意気揚々と名古屋にお出掛けします。来週も名古屋行くんですけどね。懇親会なるもののために。

友人が一緒に行ってくれるらしいので今回はnotロンリー。バインさんのライブには一人参加が常でしたのでうれしいです。ゴーイングの力が効いたかな?

JAPAN CIRCUIT -vol.33- WEST

2006年04月24日(月) 9時16分
NICO Touches the Walls
メンバー全員が年下でした。若い…若さに一番驚いた…。山崎洋一郎編集長の紹介コメントに会場がどよめきました。比喩とかそんなんじゃなくて、本当に会場がどよめきました!もうそういう時代なんですよね…。ちなみにハタチだそうです。今年成人式に行ったのか。グハッ。でもとてもハタチには見えませんでした。
演奏はデビューしたての若手バンドとは思えない老成(この場合いい意味のほうです)ぶり。驚きました。せつない感じからハードな曲まであり、幅の広いバンドだと思いました。ロッキンさんが今一押ししていることが頷けるバンドさんです。
一曲目を聴いているときは「エレカシみたい」と感じたのですが、2曲目辺りから椿屋四重奏っぽいと思いました。友人も椿屋さんっぽいと言ってた。歌詞の雰囲気も和の味があるように聴こえました。近いものがあるのかもしれません。
演奏中のボーカルさんの暴れっぷりや言葉の発信がすごかったです。「踊るぜ」みたいなことを言われた時には「えっ…何言ってんの!?」と正直ひきました。でも一瞬。
「俺たちに期待はするな」という言葉は、スネオさんの心をも掴んだようです。スネオさんがあとでMCのときに「さっきのNICO Touches the Wallsが言ってた言葉いいなーと思ってて、言おうと思ってたんだよ」と言っていました。全く違ったのを言ってたけどね!「おれたちを見くびるなよ」と。
バイン田中さんが「楽屋にNICOが挨拶にきたときに一緒に麻雀をしました。大人気なくボロ勝ちしてやろうと思いましたが、ボロ負けしたようです!」と報告を。このとき西川さん笑ってたな…。相当ボロ負けしたんですね!

音速ライン
セットリストは「our song」「街風」「ナツメ」「みずいろの町」「逢瀬川」「逢いたい」。「ナツメ」と「逢瀬川」の順番がこれでいいか覚えていない…。
菅原さんが脱退されてからはじめての音速ライブ鑑賞でした。違和感なくていい感じ!
相変わらずゆる〜いいトークで会場を失笑(藤井さん談)の渦に巻き込みました。

COUNT DOWN JAPAN 05/06

2006年04月11日(火) 1時25分
のビデオ録画を友人にお願いしていました。今日もらった。
バインさんとフジさんをお願いしていたんですが、どっちもよかった!

フジさんのライブは何度か中途半端に観た事があります。しかし、『TAIFU』や『ダンス2000』などは今日ビデオではじめてみました。
メンバー全員がジミヘンのようでした!すっごくアグレッシブ!さすがに歯でギターを弾く、ギターをステージで燃やすなんてことはしませんでした。でも、観てて驚きました。
金澤さんの鍵盤を足で弾く姿が新しかったです。
足立さんのドラムさばき。決して手を抜いていなかったところに悲しさを感じました。フジの公式HPプロフィールも4人のものになりました。足立さんが抜けたことを実感。

バインさんのライブはやっぱりすごい!
M-ONさん、なぜ日付別編と特別編どっちも同じ選曲にしたのですか?そこがわからん!「豚の皿」と「KINGDOM COME」のほかにもいっぱいやったじゃないっすか。「少年」は特別編でやってくれたけどさ。夏のフェスのほうで放送したからかな。「VIRUS」はやってないのに。時間の問題もあるのでしょうが、ちょっと残念。どうせならいっぱいみたいっての。
ADABANAのときとは一味違ったアレンジにニヤニヤ。より役割がハッキリした感があります。
田中さんを除いた4人が「やがてキングダムカム」と唄うところが好き。亀井さんのところにはそのためだけにマイクがある。すばらしい!私はKINGDOM COMEさんたちの曲を知らんので、どこがどう面白いのかわかりません(ツェッペリンさんたちもよくは知らない)。でも、純粋にかっこいい曲だと思います。「KINGDOM COME」。

12月30日の事がすでに懐かしくなっております。まだ3ヶ月半くらいしか経っていないのに。年を取るとね…。

SWEET HOME ADABANA 2005

2006年04月06日(木) 2時30分
GRAPEVINEのライブアルバムを買いましたみました!
やっぱ好きだわ…バインさんのライブ&音。ZEPP TOKYO公演は観にいけなかったので、DVDででも観れてよかったです。最終日ですし。
ちょっと感想でも。

全体的に映像(アングル)が単調で、海賊版のようなつくりとなっていました。ファンの熱い要望によって叶えられたDVD化だし、ZEPPだったからしょうがないのかなと思いました。クレーンカメラ入れるにはZEPPは厳しいような気もしますし…。慣れたらそれはそれでいい味出していました。
1.13/0.9
 田中さん声めっちゃ出てる…。亀井さんがやっぱり痩せてる…。会報でもいっていたように、田中さんの襟首は固そうでした。高野さん確かにしょなっぱから肌蹴てる!亀井さん以外みんなシャツだ…。椿屋四重奏もこんなかんじだな。
2.Reverb
 攻撃的なサウンドアレンジが好きです。ライブで聴いたとき痺れました。
3.シスター
 ノリノリだ…。ノリノリだ!
4.いけすかない
 西川さんもこの日は絶好調だったらしく、ギターを気持ちよくかきならし。OTODAMAの時とは違った面白い西川さん。
5.少年
 西川さんのハモリがすごく好きです。田中さんの泣きそうな表情が印象的。

レポかこれは?

2005年11月04日(金) 10時06分
バインさんは福岡でもかなりご機嫌でした。本人たちもそれは認めていて、「今はかなりいいときなんじゃないかと思います。君達はいいときにきた!」と言っていた。メンバー全員福岡が好きで、でも特にあるメンバー一人がかなり好きで朝から口数が多かったとも。亀井さんだよね、絶対!前にラジオで「博多は綺麗な女の人が多いから好き」と激白していたし。
選曲は宮崎と大きな違いはなく、「きみが嫌い」が「Good bye my world」、アンコールの「光りについて」が「エブリマンエブリウェア」にかわったくらいかな。「アンチハレルヤ」で「憧れていた福岡」に歌詞をかえていた!「スカイライン」は宮崎と同じく歌詞を地名に変換。「語呂悪いな〜」と唄いながら首傾げる田中さんがおもしろかった。
いいライヴでした。

GRAPEVINEライヴツアー

2005年11月02日(水) 6時06分
「キングダムカム」は圧巻でした!田中さんの敬礼が見れるというのもあるけど、それ以上に演奏が凄すぎて!音の洪水!フェスでは絶対に見れないアレンジでした。
「13/0.9」が一曲目だったから、アルバムに沿った曲順かな?と思ったけど早々に違うとわかった。「GRAVEYARD」と「スカイライン」はどこの会場でも同じ位置にあるみたい。「スカイライン」で終わるとへ〜んに清々しくなっておもしろい。めちゃくちゃ汗を書いた後にひとっ風呂浴びたようなかんじ。それと同時に「ホントに終りなんだ…」という気分にも。

そういえば田中さんが「気合い入れたらなんでもできる」か「楽しめる」かなんか言ってたな…「金戸さんがよく言うんだけど」と言って。はっきり思い出せないのが歯痒い!

もうすぐ博多
2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ysh
» 瞳を閉じると寝てしまいそう (2006年05月23日)
アイコン画像ysh
» 移動時間が増えると (2006年04月09日)
アイコン画像ysh
» 朝起きたら全身すっげー浮腫んでた (2006年04月02日)
アイコン画像ysh
» 三人の日と書いて“春” (2006年03月17日)
アイコン画像ysh
» ピンチ… (2006年03月15日)
アイコン画像ysh
» いつ何をするか決めて行動しないと (2006年02月27日)
アイコン画像ysh
» 拾ってあげる! (2006年02月22日)
アイコン画像ysh
» パトラッシュ、僕疲れたよ。 (2006年02月16日)
アイコン画像ysh
» パトラッシュ、僕疲れたよ。 (2006年02月16日)
Yapme!一覧
読者になる