12月31日 ありがとうございました。

December 31 [Sat], 2011, 15:56
本年もつたないブログを読んでいただいてありがとうございました。
感謝します。

本日も今年を象徴するように出勤、財務等の書類を作成、昨日の大掃除残を独り実施です。
この後、夜から地元厄除け大師の協力会で明日朝までお手伝いとなります。
寝正月となる予定。

来年に向け、胸に秘めた決意をより強いものにして立ち向かう所存です。
どうぞ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

また、大変な会社にもかかわらず、歯を食いしばりがんばってくれている弊社の社員に感謝いたします。
本当にありがとうございます。

被災をされた方々、また私どもを支えてくれている関係各位の皆々様にとって、良い年になることをご祈念いたします。

感謝

12月30日 四川料理と消費税

December 30 [Fri], 2011, 7:02
市内の中華料理店で四川温麺をいただきました。
辛い!辛い!美味しい。
辛さの刺激とともに濃くのある味が口の中に広がります。

満足のいく一品ですね。納得。

辛さだけでは誰も食べないでしょうが、その味に気を使う四川料理に世情が映ります。
消費税増税は避けて通れない辛さの痛みですね。
ところが、景気影響を考えれば国民への説明責任は重要なものとなります。
10%以上の消費税を入れる国々では、消費税に対する味付けをしっかりしていますね。

例えば、一律10%としない。
生活に必要な衣食住などには負荷しないことや、贅沢税的捉え方を各々の分野で区分けるといったきめ細かな措置が考案実施されています。
国民生活に直接影響のあるものなど、いわば国民目線を大事にするわけです。
おそらく日本もそんなことくらい考えているのでしょうが、少し事情があるのではないかと疑います。
例えば、消費税を多く付加する分野の業界団体からの圧力懸念が考えられますね。
しかも、贅沢税的捉え方をする分野ほど日本の雇用や経済発展に寄与していることでしょう。
また、一律にしないと税収の見極めが難しいのかもしれません。
さまざまなお家事情が、単純な一律付加に誘導していきます。

国民目線的増税をするのであれば、既得権域との協議や税収の細かな試算努力が求められます。
税を求める国民に対するやさしくて細やかな心情を垣間見ることの出来る増税が必要ですね。

もちろん、国会議員や公務員削減などの身を切る施策と同時に進めることが大前提です。
辛さばかりが前面に出るような今のやり方には到底納得いくものではありません。
四川料理を見習って欲しいものですね。

12月29日 アメ横丁

December 29 [Thu], 2011, 11:42
仕事納めの会社を横目に弊社では例年通り30日の大掃除仕事納めとなります。
昨日は、本年から新規に取引をいただける事になったお客様にお打合せを含めてお会いしました。
佐野-都内-千葉−都内と運送会社のような動きに車の便利さを感じます。

お打合せの最後が都内の上野でした。
アメ横丁を横目に寒さの中、人ごみを掻き分けました。
やはり都内は活気があるなーと思いながら、お客様とお会いしてそんな感想を述べると、
「いやー、例年の半分くらいの人出だよ」と通りに目を向けました。

これで半分!?と田舎者丸出しのように目が丸くなりました。
都内でも昨夜は仕事納めのピーク日。
例年はこの日、アメ横は人が歩けないほどになるそうです。

それでもアメ横の商店は元気一杯、掛け声がつきません。
「1000円だぞ!1000円!どうする??」とお客に問いかけていました。
続けて
「ほら、お客さん、野田が消費税上げたら買えないよ!」
社会風刺掛け声には通りすがる人々からの苦笑い。

人の多い少ないに関係なく、みんなが心配していることは一緒のようですね。

12月27日 夫婦の秘訣3

December 27 [Tue], 2011, 7:09
秘訣3は、
夫婦にもそれぞれプライベートを尊重すべしということです。

ただ、単にプライベートに踏み入らないということではいけません。
何でも好き勝手になりますね。
特に時代背景から携帯電話が大きなポイントになりました。

携帯電話を見ない そのかわりに パスワードをかけない

だいたい、携帯などというものが夫婦喧嘩の元となっているケースが多数どころか大半。
我が家では一切相手のものを見ませんから原因にはなりませんが。
私の知人では、これが原因で携帯を壊されたり、携帯所持禁止があったり、別居原因になったり、もっと奥深いわだかまりとなったり、数を上げると大変。

喧嘩原因の例を挙げると

例1:夫の携帯が夜中に鳴ったこと
例2:妻の携帯にパスワードがかけられていた
例3:携帯の履歴やメールをいつも見ていた(夫婦共通)
例4:携帯を肌身離さない(夫婦共通)
例5:携帯の請求額が多くなった(夫婦共通)

・・・・・
挙げればきりがありません。
ここで、お気づきかもしれませんが、夫婦で空気のような存在?異性を感じない?などという夫婦でさえも、こうしたことが多々ありますね。
すなわち、口ではそう言っていても実は気にかけているのが実際なのです。

そこで携帯対策は、

1、携帯は帰宅後机上の上にさらしておく
2、パスワードをかけない
3、夫や妻が見せ合ってもかまわない

パスワードをかけると何かありそうと見たい欲望を駆り立てますね。
家庭ではすぐ見られる場所に置いておけるのがごく自然です。
変なメールがきたときは率先して相手に見せればよいのです。

ただ、究極の方法は、相手の携帯にはかまわないことでしょうね。
そして両者とも夜8時以降は電源を切るとかして使わないことです。
そんなの当たり前と思っている方には良いかもしれませんが、今このときも携帯の件で大変悩んでいる夫婦が多いはずです。
そんなときは悩まず、はっきりと悩みを夫婦で話すことですね。

12月26日 日本の明日

December 26 [Mon], 2011, 12:02
夫婦の秘訣3は明日以降になります。
・・・・・・・たて続けると妻からの視線が強くなってきそうなので?


さて、本年も残り6日となりましたね。
本年は、震災に始まり、震災に終わるといった年でした。
弊社でも年賀状を出しますが、祝めいた賀状にはしていません。
「 絆 」という文字を全面に御礼を込めたものにしました。

先日、久しぶりにTVを拝見すると日本の野田内閣が危機のようです。
参議院での2人の大臣が問責決議・・・1人は私も住む栃木選出のようです、とほほほ。
この大臣のままで来年早々の国会に挑む?決意を総理がしたそうですね。
・・・・無理でしょう。

今年中に、消費税を含めた社会保障一体改革をまとめるそうです。
国会議員削減や公務員削減、独立行政法人半減は、棚上げにも近い状態。
増税だけはスキームが提示され、その他の改革は思っているだけ?
・・・・これも無理でしょうね。

脱ダム宣言、コンクリートから人への掛け声がいつの間にか消えたようです。
脱原発宣言めいたものもあるようですが、どこまでが本当なのか?
消費税増税を決めたら解散すると息巻く内閣。
・・・・無理を承知の上の身投げかな。

それでは、自民党復活か!と思いきや本日の世論調査では支持率低迷。
果てや、首相公選支持が高まっているようですね。
一般市民の声が届かないという残念無念はありますが、それにもまして、政治が民に政(まつりごと)をしっかり説明していき、方向性を皆が描ける日が来ないことは虚しささえ感じます。


歴史を紐解くと徳川時代のある将軍時代に同じようなことがありましたね。
そのときにも民が苦しむことになったわけです。

日本の明日を憂いざるえない年となりました。
国も、県も、そして市町村政治にも・・・・。
絆を今一度見つめなおして欲しいと願うところです。

12月25日 夫婦の秘訣2

December 25 [Sun], 2011, 7:24
昨日は、「尊敬しあえる」「良いところを見る」でしたね。
これもなかなか難しいものです。
そこで言葉による呪い?ではなく、精神的誘導?でもなく、夫婦両者の心を開いていく言葉をご紹介しましょう。

一般的にいわれるのが、
「ありがとう」や「ご苦労様」など相手をねぎらう言葉が重要といわれますね。
もちろん、それも大事でしょうが、やはり直接的なものが必要です。
ですが、・・・愛してるよ・・・好きだ・・・という言葉は年齢や人種によって難しいものです。

私の妻は、私にその言葉を求めない代わりに、
「あなたには、私しか合わないよ」と状態的能動言葉を笑顔で発します。
最初は、まったく何と図々しいと感じたものですが、何度も聞かされるうちに・・・
「やっぱり、おれにはアイツが一番かな?」と自分で納得し始めました。

この言葉は、呪文のように少しずつ、相手の心を解きほぐすようです。
すなわち、私のように「愛してる」とか「好きだよ」などと、絶対口にしない夫にとっては、妻からの強制的誘導のほうが本当の心を開かせるものかもしれません。
それは、夫が妻に対しても同様のこと。
妻がツンツンしてしまうときは、同じような言葉を夫が掛けつづけると・・・。

夫婦の間では、年を経ることに当人同士の感情が小さくなると思いがちですね。
それはそう思ってしまおうと自身に暗示をかけているだけです。
年をとるからこそ、真の関係は大切なのでしょうね。

あなたの家の呪文もあるかもしれませんよ。


★次回は、夫婦の秘訣3 「・・・・」〜ちょっと言えません?

12月24日 夫婦の秘訣1

December 24 [Sat], 2011, 6:33
クリスマスイブですね。
妻と出会ってから33年!結婚して27年が経ちます。
何回まともにクリスマスを過ごしたことか・・・。

どこの夫婦でも同じように仲が良かったり悪かったり、喧嘩したり泣いたりと右往左往する道を歩んできます。
ふと気づくと切っても切れない仲になるものですね。

よくTVなどでは夫婦は長年一緒にいるので・・・空気のような存在?・・・好き嫌いを超える?・・・男女関係ではない?なんて言われますね。
本当にそうなのでしょうか??

日本人の対面上の癖で、家庭を卑下する表現が日常化されているのかもしれません。
「あそこの家もそうなのか」と自身の夫婦関係がぎくしゃくすると落ち着きを求めるのかな?
良い風潮とは言えませんね。

我が家の夫婦は長年、山あり谷ありでしたが、年を重ねるたびに私は妻を尊敬するようになりました。
私から文句を言われながらも自らの仕事に精一杯打ち込む姿は、男女問わず尊敬するところですね。
もちろん、反面があります。
家の中の床がよく見えない??とか、食事は口に入ればいい??とか、衣服の捜索隊が日夜出動するとか??
それを卑下するのでなく、楽しむことで良いところが大きくなります。
いわば、相手の良いところを見よというところかな。

私自身も人のことを言えません。
夜は遅いし、家では機嫌が悪いし、稼ぎも悪いし、・・・・。
自分ではどこにも良いところが見つかりません。
それでも妻だけは?きっと何か良いところを見てくれているのでしょう。

長年一緒にいて思う夫婦の秘訣のひとつは、「尊敬しあえる」「良いところを見る」かな。

次回は、夫婦の秘訣2 「呪文が秘訣」 

12月23日 天皇誕生日

December 23 [Fri], 2011, 6:29
天皇誕生日の祝日ですので?仕事をより頑張ろうと出勤です。

陛下のお姿を報道で観るたびに感銘を受けます。
やさしい表情の中に強い信念を感じます。
先月お体をこわされ入院し、ようやく退院となったところ、安静期間にもかかわらず、消防隊員の慰霊事に陛下自ら出席を強く希望されたそうです。
そのときはまだ、退院直後。
しかし、その表情はやさしさと大きな抱擁を感じるものでした。
そのときも、一人ひとりにお声がけされるお姿、尚且つ皇后陛下のことを気になされるお姿には、私自身の日頃の姿勢を反省するところにもなりました。
そして陛下の強い信念を垣間見たような気がしました。

特に、震災に際しての被災地を巡られ、そのほかの公務にも出られるところは、日本人の信条そのもの。
ただ、あまりの激務というのが私にもわかるほど動きが多くなりすぎているのも事実。
激務となっている公務を減らす方向を皇室では願っています。
おそらく陛下ご本人は、悠然とされているのでしょうが、私も国民のひとりとしてお体を心配するところです。

日本人の心のよりどころといわれる天皇陛下。
単にその位置だからということではなく、陛下ご本人から発する行動そのものが、それを立証しています。
だからこそ、お体をご自愛され末永く、よりどころになっていただきたいと願うところです。

お誕生日おめでとうございます。

12月22日 朝食の秘訣

December 22 [Thu], 2011, 7:10
今までに朝食を数多く紹介してきました。
50年も朝食を食べ続けるとつまらないことに?気づきます。


朝食はたべることを重視しますから献立は何でも良いのですね。
脳に栄養や刺激を与え、体を活性化に向けるということが目的。
子どもたちのように脳が成長している年代は、その糧。
できれば、ごはんが良いという検証も多くありますね。

つまらないことを50年目に気づいたのは、食べる準備のこと。
朝、いきなりご飯をぱっくりとすると(年齢によりますが)食堂から胃がびっくりしますね。
喉に詰まるということもあるでしょう。
よく、野菜ジュースや水、お茶などを喉に通してから食べる準備を体に与えます。


お味噌汁もよいのでしょうが、その前に脳を起こすという意味で日本の食卓は考えられたものがありますね。
それは、納豆や卵です。

納豆は、食べる前によく練るという作業をしますね。
生卵なら、醤油をかけてかき混ぜる作業をします。
実は、この食前の作業が重要なのです。
その作業によって脳が目覚め、食堂や胃が動き出します。
比較的スムーズに朝食を受け入れる体勢になるわけです。
年をとるほどに、重要なのかもしれません。

ササット食べられるから、という意味だけでなく深いものがあります。
やはり納豆や卵は日本の産んだ食文化ですね。

食事だけでなく、すべての物事に事前準備や段取りがあるようなものですね。
ちょっとお試しいただくと辛い朝が少し楽になるかもしれませんよ。

12月21日 家政婦のミタ

December 21 [Wed], 2011, 6:41
昨日も夜半まで忙しかったなと早朝振り返りました。
この年齢になると、いささか厳しさも感じるところです。
身震いしながら勢いよく朝風呂、体の芯から強制的に暖をいただきます。
もう少し年齢を重ねたら心臓によくなさそう。
ただ、寝ても疲れが取れないときは最高の特効薬となりますよ。(年齢制限ありですが)
朝風呂力に背中をおされて、自宅を後にしました。
今日も心身ともに忙しい日となりそうです。

今日は家政婦のミタが最終回だそうですね。
私は拝見したことはほぼないのですが、子どもたちがたまに見ているのを横目にしたことがあります。
あの女優がイメージを変えたということが驚きとされていたようですね。

それよりも、ミタは大変悲しい辛いことがあり笑うのを封印、家政婦先の家庭やその周辺の苦しさや悲しみを自らの体験から諭していくというストーリーのようです。

自らが体験していることでないと人には言えないエリアがあると思います。
とてつもない出来事で家族や親友を失う悲しさ、辛さはそのエリアかもしれませんね。
阪神淡路大震災、東北大震災での悲しみ、辛さはそれを物語ります。

家政婦のミタは、その説得力ある姿を見せ付けているように思えますね。
体験、体感するということよりも言葉だけが先走りがちな社会に、人の心のあり様を考えさせられるところです。
それは、死ということのみならず、すべてに通じることなのかもしれませんね。

今日の最終回は観てみましょうかね??
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中田 裕久
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-サスペンス物
    ・読書-竜馬がゆく   他は松本清張
    ・スポーツ-下手なゴルフ/スポーツジム
読者になる
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kんjk
» テスト (2015年09月29日)
アイコン画像脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場
» 6月1日 骨太の方針 (2014年06月06日)
アイコン画像中田 裕久
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月19日)
アイコン画像金太負けるな
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月17日)
アイコン画像ジャッカル
» 8月15日 数学は文学 (2013年08月15日)
アイコン画像中田 裕久
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像可愛いですね!!
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像斎藤幸宏
» 1月21日 おかげさまで (2013年01月31日)
アイコン画像中田 裕久
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
アイコン画像とある市民
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
月別アーカイブ