6月30日 宝探し

June 30 [Thu], 2011, 8:40
一方通行といえば、指定道路では決められた方向にのみ車通行を許すというもの。
世の中では、キャッチボールにならない取り合いをいいますね。

弊社でも、担当同士でキャッチボールにならない情景をめにすることがあります。
よくよく注意指導しますが、かみ合いの悪い補正は難しいものですね。

最近の佐野市でも、市庁舎建設をめぐり、行政?の一方的案が一方通行のように市民に流されているようで、市民サイドもまた、一方通行の意見が交差している感があります。

議論や協議をする上で、一番大事なものは信頼関係でしょうね。
両者が何らかの部分に信頼があれば、どんな議論や協議も、ぶつけ合うことができます。
ところが、両者不信があると、同じ事を言っても違って聞こえてきます。

「夫婦喧嘩は犬も喰わない」という言葉は、その代表例ですね。
何らかの部分の信頼関係とは、「少しでも認めるところがあること」から始まります。
悪いと思っているところが99あっても、1 だけ認めるところがあることですね。
その 1 を良く見て取れば、その 1 は少しずつ多くなるやもしれません。

そんな 1 は、当事者間では見つけにくいもの。
さまざまな場面や機会、立場の中で、周囲を交え建設的議論をやってみることですかね。
もうひとつは、徹底的に意見をぶつかり合わせて腹をだすことでしょうね。
その 1 が、きっと見つかるはず。

もしかすると、その 1 は、宝探しなのかもしれませんね、自身にとって。

6月28日 デンキブラン

June 28 [Tue], 2011, 7:19
昨日、都内某大手建設会社との契約時にM部長から見積などの指導をいただきました。
見積の表現や内容の考え方など、適切なご指導を賜りました。
今後の弊社の糧として、さまざまな形に反映させていきたいと思いました。
長年事業運営しながらも、なかなか気づかないものが多いことにも驚愕でした。

同様に??長年生きていながら、また新しい体験をさせていただきました。

デンキブラン・・・お酒です。

名前は聞いていましたが、一杯飲んだら一気に火を噴くなどと聞いていました。
思い切って、飲んでみることにしました。


いやー美味しい!!
でも2杯飲んだら酔いすぎてしまうかも・・・と1杯でやめました。
味はきついですが、ほんのり甘さもあります。

周囲をみていると、ご高齢の男女もなんと!デンキブラン飲んでます!!

やはり体験は重要ですね。
見た目や噂に心眼を覆われ進歩が遅れることがありますね。

仕事にしても、プライベートにしても、まだまだ未体験ゾーンがありますね。
常に学びを大切にしたいものです。

6月27日 JIN 最終回

June 27 [Mon], 2011, 7:09
本日は、都内の取引先で正式な契約をするため出張します。
準備資料も昨夜作成しました。

そんな事情もあり、早朝に昨夜のJIN最終回を観ました。

いやー 感動!!

まだ、録画を観られていない方のために、どんな結末かは書きませんが・・・・。

JINの良いところは、人生の道標となるような言葉が溢れていることです。
輪廻や命、歴史や人の重みを再認識する言葉が多いですね。

そして最後のシーン、昔の写真を見せられた仁の胸中が自分ごとのように感じられました。
人は思うに任せないことが多いものですね。
でも、必ず生きてきた証が必ずあるはずです。
同様に、生きている価値が誰でもあるはずですね。

「出来ないことを悔やむよりも、出来ることをやって笑顔でいたい」
悪く取ると、逃げか?と思われがちですが、これは良いように取れば、自分に出来ることが必ずあり、それを懸命にやって自信を持って前へ進もうということですね。
特に現代は、自信を失いやすい時代です。
もっと前を向いて、上を向いて歩き出さねばと教えられたようでした。

ふと、先日の報道番組が脳裏によぎりました。
震災で息子を亡くされたお母さんが、「前を向いていかないと」 という言葉。

自分自身との戦いを超えていくことが人生の証なのかもしれませんね。

6月26日 刑事コロンボ

June 26 [Sun], 2011, 7:02
本日は朝から晩まで仕事となりました。
・・・・・・・・・・・・・

刑事コロンボ役のピーター・フォークさんが亡くなったそうです。


私にとって「刑事コロンボ」はとても大切なTVドラマで、実は今でも光TVで観ることがあります。
1967年(私が6歳)のとき、殺人処方箋で一気にドラマ化されたそうで、1971年(私が10歳)ごろに、日本のお茶の間に登場したようです。
この第一回から、TVに釘付けでした。

ドラマの組立が、冒頭から犯人の犯行が映し出され、コロンボ警部がどうやって犯罪を紐解いていくかという仕立てでした。
最初から犯人がわかるというのが、人によっては興味をそがれるかもしれませんね。
私は全く逆でした。
その展開に重要なのがコロンボ警部役のピーターさんだったのかもしれません。

オトボケ風で、冴えない警部のように見せて、実は洞察力、観察力が鋭い。
犯人を追い込んでいくのも、見逃せませんでした。

特に記憶にあるのは、「別れのワイン」。
ワイン工場の経営者が、工場売却をたくらむ義弟を殺そうと決めます。
空調を切った自分のワインセラーに義弟を閉じ込め、窒息死させ海に投げ込んで溺死を装わせる。
事故死に疑問を持ったコロンボ警部は、証拠がない中、徐々に経営者に迫ります。
最後は、ワインセラーの犯行だったので追い詰められるという、物悲しい余韻を残すものでした。

私にとっては、人生のパートナードラマです。
尚且つ、ピーター・フォークさんのファンでもあります。
亡くなられても、作品を観続けようと思います。

ピーター・フォークさんのご冥福を心よりお祈りさせていただきます。

6月25日 建築会社の選び方

June 25 [Sat], 2011, 6:52
弊社は、建設会社から内装工事全般を下請けすることが業務の半分ほどを占めます。
いろいろな会社からの仕事を受けますから、建設会社のさまざまな面を何十年と見てきました。
私の年齢で、そんな会社をやっていますから、時折、知り合いから
「家を建てたいが、どんなところが?」と聞かれることも多々ありますね。
そんなときは、当然私どものお客様をご紹介します。

その中でも、建てた後からも感謝される方々からの声を聞くと、いくつかのポイントが出てきます。
建てた後の感想から、簡単にまとめると、賢い建設会社の選び方が見出されます。
人によって異なりますが、参考にするのも一考ですね。

@打ち合わせを面倒がらない。
A納得のいくまで設計を直してくれる。
B常に金額を明示してくれる。
C提案をしてくれる。
D建築現場周辺への配慮がある。
E現場がきれい。
F職人さんが挨拶してくれる。
G細かなところを気にしてくれる。
H建築中でも注文を聞いてくれる。
I終了してからもフォローがある。

一時期言われた 「安かろう悪かろう」 は、現在あまり存在しませんね。
ただ、私の知る限り、建てた後のお客さんが金額のことをとやかく言うのは聞いたことがありません。
家に対する思いがそうさせているのかもしれませんね。
(よく見積や請求で ○×工事一式 ・・・・円 という記載がなくなりましたからね)

もうひとつ、ここ20年で大きく変わったのが建設会社自身です。
ハウスメーカーの影響が大きかったのでしょうが、取り組み方が変わりましたね。
変わったのが、

@大工まかせにしない。
A現場での飲食喫煙はしない。
B安全管理を徹底させている。
C事細かに検査する。
D養生(床や建具等、設備へのカバー)が徹底。
E工期が明確になっている。
Fお客本位。

今から思うと当たり前のようですが、当たり前でなかった時代が実際ありましたね。
以上のような観点から、選ぶときには、別の建築中現場を拝見させてもらうことも一考ですね。
金額だけで選定することが一番危険ですね。
長いお付き合いをする上で、信頼はお金では買えませんからね。

6月24日 中華園

June 24 [Fri], 2011, 16:08
宇都宮入りすると必ず一人で寄るところがあります。
宇都宮東武グランデの裏にある 「中華園」さん。
歴史のあるお店だそうですが、お店は綺麗。
そして必ず食べるのが 「あさりそば 辛口」。


お店の雰囲気もカウンターが長くて、ゆったり座れるのが良いですね。
もちろん、味は絶品です。
目の前でラーメンや餃子、中華料理などが料理されていくのが見えます。
なんとも良い光景なのです。
そこに落ち着きと心の癒し?を同時に味わうことのできる店かもしれません。

「ほ、」っと一息が出やすいラーメン店、一度立ち寄られるとわかりますよ。
・・・・本日はラーメン店の紹介でした。

6月23日 エアコンスイッチ

June 23 [Thu], 2011, 12:59
暑い時期の朝食はカレーですね。
何故か?毎日、カレーを食べています。


早朝から現場立会い。
ガラスフィルムの要望顧客様対応、改修現場打ち合わせと続き、宇都宮へ向います。

今日は、車に乗車中はエアコン、現場対応は熱風と大汗。
朝から何リットル飲料水を飲んだことでしょう。

この時期に、これだけの暑さですから、これからどうなるんだろう??と羨みます。
ましてや、節電対策という風が会社にも我が家にも吹き荒れています。
エアコンスイッチへの道は遠いようですね・・・・・。

それにしても、東北被災地の避難所では、今だ食事が2食となっている場所が少なくないことや、生活環境が改善されていないことを聞くたびに、やり場のない感情が胸を支配します。
エアコンスイッチに手を伸ばさない心は、東北とともに復興復旧を願う気持なのかもしれませんね。

国政よ、しっかりしろ!

ガラスフィルム速報

June 22 [Wed], 2011, 9:44
断熱用のガラスフィルムが国内で欠品状態が続いています。

透明断熱タイプ・・・・・各メーカーとも、次の出荷は7月下旬〜8月下旬
有色断熱タイプ・・・・・かなり色の濃いもの以外は、上記と同じ
ミラータイプ・・・・・・・・同上
韓国産タイプ・・・・・・・残りわずか

昨日までで、7月中旬出荷ものは終了。
上記の7月下旬出荷ものは、あと1日〜2日。

8月下旬では、遅いですよね。
暑い時期を見通して事前判断が重要なところですね。

速報でした。

6月22日 新市庁舎問題A

June 22 [Wed], 2011, 7:11
今週はスタートから、さまざまなことがありました。
そんなことで日曜から昨日までブログ時間がありませんでした。

以前、新市庁舎問題という題名でブログに書き込みしたことが現実となっています。
市当局は、市民の意見を幅広く聞こうと意見募集を打ち出しました。
これまでの下絵はすべて白紙という発表をして、意見集約を目指すようです。

聞いている範囲での課題は、

@新築か 既存施設改修か
A場所
B規模・機能

大きくはこの3点のようです。
@〜Bの検討順としては、Bが先行検討されるのでしょうが、意見集約はそう簡単ではないでしょうね。
短い時間での意見募集や市民視線のバラツキを考えると、真の集約には相当の時間が必要ですね。
急いでいる理由は特例債と耐震性を考慮した市役所機能の避難期間ですね。

ただ、少なくとも市民説明懇談会のようなものを開催していく必要はありますね。
結果を説明するというのではなく、
@〜Bについては、その目的から将来構想までを丁寧に説いて意見を受けることが大事です。

もうひとつ大事なことは、財政です。
特例債運用にも限界があるはずです。
佐野市は、みかもクリーンセンター関連(ゴミ焼却場)で数十億円を拠出していますね。
この償還と新市庁舎費用の時系列的負担など、今後の税収や経済と連動しながら、市財政全般を紐解いて丁寧な説明が必要となります。

私は時間的制約に、特例債期間や役所機能移転期間というものよりも心配なことがあります。

市長選挙です。
2年後に市長選挙があり、それまでには方向性を決定してほしいのです。
それは、政争の具になりやすいものだからです。
新市庁舎は、一時のことでは済まされませんね。
現在進行形の地方分権や教育、福祉、経済とさまざまな課題が軒を連ねています。

そんな状況の中、政争の具は国をみてもろくなことはありません。
元々、旧佐野市の市長選が物語っていますね。
佐野市の政治舞台に若年層が離れる元凶をつくることこそ地元の発展はないですから。

だからこそ、市当局は懸命な情報公開と説明責任を果たして欲しいと願っています。

6月18日 雇用事情

June 18 [Sat], 2011, 7:03
先日、先輩社長の会社を訪ねると何やら異様な空気。
先輩社長と話しをしていくと、びっくりした従業員の話題となりました。
この従業員は、仮採用中だそうですが数日前に正式雇用を断念する旨を伝えたそうです。

「いかに仕事をしているように見せるかが一番の仕事」
と同僚にポツリだそうです。
雇われている側に立てば、その言葉も 「自分は頑張ってますよ」とアプローチするのは当然かもしれませんね。
ですが、この従業員、そういうわけでもなさそうです。

基礎的な仕事でも、身が入らないことが多々見受けられ、先輩社員から注意を受けると、出来ない理由を述べながら、他の社員を引き合いにして 「私だけじゃない」と訴えるらしいのです。
この積み重ねの最終章が、「私は知らない」 の責任回避行動に導きます。

あるとき先輩社長が、従業員から出た仕事の内容を聞いたところ、
「私は、言われたkとをやっただけ、あとは私は知りません」
結局、社長が聞いたところは、その従業員のミスによるものでしたが、謝るどころか
「○×さんだって、出来ませんよ」
と言う始末。

温厚な先輩社長も、とうとう切れたようです。
雇用して進歩がないのは、雇用者側にも責任がありますが、基本的な仕事に対する姿勢はどの会社でも同じはずですね。要するに仕事ができるという意欲がなければ就職しなければよいわけです。

中小零細企業は、現状の難局に命をかけて乗り越えようとしていますね。
その船が荒波を超えようとするとき、船員が一致団結しなければ沈没すらしかねません。
どんな従業員であろうと、与えられた責務が必ずあります。
誰かが、その責務を放棄することがあれば船は危険にさらされますね。
でも、懸命に責務を果たそうと失敗し、本人にその自責があれば周囲がリカバリーしてくれます。

東北だけでなく、全国的に雇用情勢が最悪な中、本当に仕事への希望をもっている人がたくさんいます。
どんな仕事であったとしても、それに向き合うとき情熱と希望を持って欲しいなと思いました。

PS・・・・そんな偉そうなことを言いながらも
そんな従業員から社長たちは、元気の源をもらっているのかもしれませんね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中田 裕久
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-サスペンス物
    ・読書-竜馬がゆく   他は松本清張
    ・スポーツ-下手なゴルフ/スポーツジム
読者になる
2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像kんjk
» テスト (2015年09月29日)
アイコン画像脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場
» 6月1日 骨太の方針 (2014年06月06日)
アイコン画像中田 裕久
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月19日)
アイコン画像金太負けるな
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月17日)
アイコン画像ジャッカル
» 8月15日 数学は文学 (2013年08月15日)
アイコン画像中田 裕久
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像可愛いですね!!
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像斎藤幸宏
» 1月21日 おかげさまで (2013年01月31日)
アイコン画像中田 裕久
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
アイコン画像とある市民
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
月別アーカイブ