3月31日 福島県白河

March 31 [Thu], 2011, 6:43
いやー、随分とブログがご無沙汰になってしまいました。
仕事に嫌というほど絡むことが多くなった?といいますか・・・?
早朝6時から日常業務をこなし、現場を廻り、社員さんの動向を見守り指導しと、会社の・・ではなくて、自分の大改革を始めています。
ここにきて、統一地方選が重なるのが心重きところです。
仕事の合間をみつけて応援活動する中途半端?と自らに情けなさを感じますが、現実をしっかり見つめて行動することが、今の私にできることなのかもしれません。

さて、先日、福島県白河に地震被害の建物復旧調査に行きました。
東北道を下ると、数十台にのぼる緊急車両が東京方面に移動中でした。
途中、那須高原PAでトイレによると、これまた緊急車両の大群が福島方面に向かう途中の休憩中。


服装から警察官であることはわかりました。バス移動もありましたから、100名以上ですね。

福島白河ICを降りると、何故か寂しい感じがしました。
車の通行量、店舗の混み具合、コンビニの食料品量、どれをとっても足りないかな?
「パンは、お一人様、1個まで」との書き記した看板には驚きました。

目指す、現場に到着。
外部は、少々の基礎モルタル剥がれですんでいます。
内部が凄い!写真ではわからないかもしれませんが、下の物入れドアは、地震で吹っ飛んだそうです。
もちろん、内部のドア類も同じ。
おそらく、建物全体に縦横圧力が加わったと推察されます。



その証拠に、壁のボードが縦割れし放題。
床のベニヤも途中から割れて盛り上がりを見せています。



白河の方から、お話をお伺いしたところ、
「地震のときは、この世と思えないほど、景色が揺れた」そうです。
それでも、
「震源に近いところに比べれば・・・」と自分たちのほうがまだ良いほうだと思い、復旧に向けて動いているそうです。

帰路中、できるだけ早い見積と復旧工事をしなければと誓いました。

3月25日 ベクレル登場

March 25 [Fri], 2011, 6:56
我が栃木県でも、放射線濃度が基準値を超える野菜や水が騒がれています。

mSV(ミリシーベルト)が連日騒がれていましたが、急にBq(ベクレル)が出てきましたね。
Bqは、単位時間あたりに放出する原子核の数だったと記憶しています。
放射能に関する表現として報道に出すには、きちっとした説明が必要でしょうね。
単位時間当たりですから、どの程度の時間であるのか?
よく理解できません。

ましてや、日本の基準値は世界各国に比較しても、30倍以上の安全率をもっています。
どうして、その基準値を設けているかという点を明快にして、人体影響に関して、他の場合を比較にしながら、情報を正確に伝達しないと大騒ぎになりますね。
難しい表現かもしれませんが、ここは、頭脳大国日本の力を駆使してほしいと願うところです。

生意気を言わせていただければ、・・・
少なくとも、放射能を表現したいなら、SV(シーベルト)で統一してもらいたいものです。
経口か?空気か?でも相当違いがありますから、統一が望ましいはずなのですが・・・?

3月24日 日常スケジュール

March 24 [Thu], 2011, 14:11
06時30分 出勤
07時20分 担当者打ち合わせ
08時05分 某ゴルフ場喫煙ルーム工事開始指示
09時25分 県議会選挙打ち合わせ 県議とパン朝食
10時20分 社内物件協議
11時25分 某金融機関 打ち合わせ
12時15分 A物件見積作成
13時05分 リユース事業部 工程・決裁協議
14時20分 ブログ書き込み

ここからは、予定。
14時45分 B物件見積作成
15時30分 選挙事務所 女性部長と協議
16時00分 同上 広報部長と選挙公報案打ち合わせ
17時00分 社内C工事内容協議
18時00分 D物件見積作成
18時30分 緊急物件施工計画
・・・・・
最近の毎日は、だいたいこんな雰囲気ですね。
現場に率先垂範して出て行くので、社員に嫌がられるところもあるようです。
選挙は余計ですね、その分仕事ができないのが苦渋の選択のようです。
それでも、何事も気合からですね。

・・・・・そういえば、朝パンを食しただけでした。

3月23日 東電ガンバレ!

March 23 [Wed], 2011, 7:06
昨日、早朝から社用車両のガソリン手配をしながら現場を指示して、金融機関との協議。
突然、東電業務をおこなう某電気会社から緊急の連絡。
県内の某変電所で天井が落下しそうとのこと。
急ぎ、職方の現場状況を確認するも、すべて現場入りしており遠方でした。

そこで、ようやく私の出番?と張り切ってというか、うれしくて?県内数箇所の変電所に向いました。


厳重なセキュリティ下にある変電所に入りました。
この県内某変電所は、東京方面に電気を送っているそうです。
原発問題に挑んでいる東京電力とは思えない、静かな強さを感じる光景でした。

緊急対応の室内に入ると、計器類の上から天井が落下、ちょうど照明の配線で吊り下げられている状態。
この計器で都内への送電が止まる?!


この天井を落下しないように納めながら、どう天井補強すべきを検討、提案することになりました。

他の変電所でも壁の脱落など多くの被害が出ています。
できる限り早い対応をしていこうと、小さい力ですが、東電がんばれ!の応援としたいと思います。

3月21日 うさぎのピョン太君

March 21 [Mon], 2011, 7:07
雨ですね、本日も仕事です。
早朝から水戸に行く社員を送り出しました。
ガソリン情報を会社に伝えてくれるよう頼みました。

昔々、子どもが寝付けないときに枕元でお話を聞かせたことがあります。
さまざまな、お話があったと思いますが、ひとつご紹介しましょう。
もちろん、自作ですが。


うさぎのピョン太君

うさぎのピョン太君は学校の人気者。
ピョン太君の跳ねる大きさや走りは注目の的でした。
勉強も頑張ってみんなが羨ましがるほどです。
そんなピョン太君は、大人になり、村で食べ物の仕分け係になりました。

食べ物を集めて、仕分けして村の皆に平等に分けます。
そこでも、大活躍でみんなの注目の的となりました。
その後、ピョン太君はピン子ちゃんと結婚します。
ピン子ちゃんは、昔から、とってもピョン太君を好きでした。
ピョン太君は一目ぼれだったようです。

それからまもなく、ピン子ちゃんにうさぎの赤ちゃんができました。
一生懸命、働くピョン太君にも嬉しさ一杯となりました。

ある日、ピョン太君の友達が、となり村に遊びに行こうと誘われました。
となり村は、とても面白い遊び場が多く、ピョン太君はちょくちょく遊びにいきました。
ピョン太君は、いつもとなり村のことばかり考えるようになり、仕事が手につきません。
そして事件がおきました。

ピョン太君が仕分けした食べ物でお腹をこわすうさぎが出たのです。
ピョン太君は、他のうさぎのせいにしてしまい、村長さんから叱られ、落ち込んでしまいます。

そんなとき、ピン子ちゃんはやさしくピョン太君に聞きました。
「あなたの一番大切なものは何?、夢は何?生きがいは何?」
「村の食べ物をしっかりと守ることだよ」と小声ですが自信を持っていいました。
「そうね、でも、それはあなたじゃなくてもできるよね。代わりのうさぎを育てればいいでしょ」
ピン子ちゃんは笑顔でやさしく続けます。
「あなたの代わりができないのは、一つだけ。わかる?」
「・・・・・」
「家族よ、私たち家族は、あなたはあなた、私は私、赤ちゃんは赤ちゃんだけよ。」

ピョン太君は、ピン子ちゃんの言葉でふと気づきました。
すべての始まりは、家族なんだ、自分のことしか考えていなかったと思いました。

次の日から、ピョン太君は自分の生きがいを見出したように生まれ変わりましたとさ。
(終)

だいたい、終わるまでに、私か、子どもが寝てしまいます。
小さいお子さんがいらっしゃる方には、是非、自作で物語を創ってみてはいかがですか。
特に、ポイントは主人公は動物、想像しやすいようですね。
そして、ハッピーエンド。
プラスできれば、家族の大切さがあるといいですよ。

3月20日 支援の壁

March 20 [Sun], 2011, 7:19
本日もフル稼働の仕事です。
実は明日も仕事です。
リユース事業部は、ガソリンと現場量にと、日夜必死の戦いが続いています。

今朝の読売新聞を読んで涙が止まりませんでした。
声を出してしまいそうなくらいでした。

気仙沼市の夫婦と幼子2人のことです。
夫は、遺体安置所に、妻と幼子2人は避難所。
津波の中、決死の脱出、夫との別れ、指輪の発見、幼子2人との決意が胸を突きました。
詳しくは、本日の読売新聞朝刊を読んでください。

本日の読売新聞朝刊記事

昨日、お客様から、宮城、福島の避難される方々を受け入れる空室アパートの復旧工事を要請されました。
弊社もここぞ、宮城福島の皆さんのために・・・・・
100戸以上が対象となっているのですが、ところが問題はガソリン。
近所であれば自転車でも・・・ところが遠い・・・・

今朝の記事を読んで、どうにか工事ができないものか・・・・もう一度思案しているところです。



3月19日 ガソリン

March 19 [Sat], 2011, 14:34
ガソリン不足というよりも、供給運送の低迷でガソリンが思うように補給できない状態が続いています。
世の、中小企業にとっては、工事車両が動かない、あるいは社員や業者が動けないという状態に陥り、休業せざるえないところまできています。

本日は世の中では土曜ということもあり、また3連休という方々もいらっしゃるようで、市内各地のガソリンスタンドに早朝から車列が何キロにも渡って続いています。

待ちくたびれる車列

弊社でも、何人かの社員を並ばせながら、少量の給油で繋いできていますが、業務に大打撃となっています。
弊社のような弱小企業にとっては、休業は死活問題にもなりかねません。
被災地では、半端でない状態なのだから、私たちも辛抱に辛抱を重ねねばと思いつつ車両配分にギリギリの采配を練るところです。

ちょっと心配なのは、このガソリンをめぐって言い争いや事件がおきていると聞きます。
玉突き事故も近所で発生しました。
みんな、気持の中が動揺しながら、はやる気持を抑えきれないようです。
きっと、外国だったら暴動になっているのかも?と思うとやりきれませんね。

3月18日 放射能

March 18 [Fri], 2011, 8:21
30年近く前、母校分析化学の芦沢教授に、原爆と原子力の講義を受けた記憶があります。
何故、記憶にあるかといえば、とても衝撃的だったからです。
その日、教授は突然、黒板に、スラスラと化学式を書き始めました。
書き終わると、
「これが原爆の作り方だ」
と述べると、すぐに消し始めました。

あれ!試験に出るのかな?と急いで書き写しましたが消すのが早いのに決まってますね。
その後、線量等量や放射線単位の換算などを教えられました。
数日間の講義でしたが、最後に放射能に関することを人体影響とともに教べんされました。
その話が、恐かったことと、何故最初に原爆の作り方を黒板に書いたか繋がりました。
当時、医者でレントゲンをとることさえ、心の中で戸惑ったことが蘇りました。

詳しいことは覚えているはずがありませんが、現状の福島原発事故で飛び交う数字や単位で聞き覚えのあることかなと記憶をたどることが多くなりました。
だからこそ、こんなときは正確な情報が必要でしょうね。

今日も実施されるでしょうが、放水や電源確保に大きな期待を寄せるところです。

ちなみに、簡単な単位の復習ですが、

1SV(シーベルト)の1000分1がmSV(ミリシーベルト)
1SV(シーベルト)の100万分1がμSV(マイクロシーベルト)

ここからは、ネットで調べたものですが、
CTスキャンが 6.9mSV/回  X線が、0.05mSV
1回の緊急作業での許容は、100mSVまで
250mSVでは、白血球減少

よくよく、報道での発表される数値を単位とともによく聞いたほうが良いですね。

3月17日 被災地を思う

March 17 [Thu], 2011, 8:22
現在、弊社の早朝は戦争状態の様相です。
交通状態やガソリン量を鑑みて、車両選別やガソリン取得などで社員がごった返しています。
私も、現場状況を打ち合わせしながら仕事がしやすいようにするための方策を前提に指示を出しています。
この災害で全社員一致団結して事に当ることの大切さを感じます。

自分がやるべきこと、やれることを判断しながら精一杯に努力を積み上げることしかありませんね。

それでも、現在も被災にあわれている方々を見れば、楽なほうです。
物資やガソリン供給が追いつかなくて凍える毎日を過ごし、放射能に怯えながら余震を危惧している生活は、すべての不安を担ってしまっているようです。

TV報道を見る限り、1995年の阪神淡路大震災同様、いえ、それ以上の状態かもしれません。
当時、現地に支援物資を運んだ情景が思い浮かびます。
それに津波をプラスした様相は想像を超えるものです。
被災地への思いを忘れずに日々の仕事に励むところです。

馬鹿げたことかもしれませんが、今週月曜から早朝寒くとも、一日中、私の仕事場は暖房なしとしています。
節電・・・という意識よりも、自分に こう激を飛ばしています。
「大変だ、なんて被災地の人達を考えろ!お前はまだ楽なほうだ」と。

3月16日 大震災の影響

March 16 [Wed], 2011, 7:06
昨日の真岡市(県内)に現地調査依頼があり行きました。
多くの家屋の屋根が損壊しているようでブルーシート対処がされていました。
道路沿いの店舗のショーウィンドガラスが、ほとんどといってよいほど割れています。
少しの余震でもまだガラスが落下する恐れがあります。

調査対象の店舗 正面ガラスがほとんど損壊

内部天井からダクト関係が脱落、天井も損壊

店舗内は震度の大きさを示す荒れ状態
これで怪我人が出なかったというのが不思議ですよね。

この状態の店舗があちこちに点在しています。
栃木県内でも復興が必要だなと強く感じました。

弊社だけではないでしょうが、業務にも大震災の影響が本格化してきました。

1、生産工場からの影響

弊社で取り扱う材料・資材メーカー各社が、震災や停電、断水、交通といった面から、思うような出荷ができなくなっているようです。
そうなれば、弊社の工事ができませんから、おのずと工期遅れとなったり、震災被害にあわれている方々への対応が遅れたりと影響は日ましにあからさまになってきました。

2、ガソリン

昨日も問題として上げましたが、ガソリンを入れるために、2時間待ちは当たり前です。
タンクローリーが何処へか消えたのかなと思わせるほどです。
弊社の仕事は遠方が多いので困りますね。

3、計画停電

毎朝、現場付近の計画停電を調べています。
電気を使わないと実行できない仕事も多いので、停電時間を予期しながら作業内容を変更します。
これが不効率極まりないところです。

耐えうる底力を振り絞るところです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中田 裕久
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-サスペンス物
    ・読書-竜馬がゆく   他は松本清張
    ・スポーツ-下手なゴルフ/スポーツジム
読者になる
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kんjk
» テスト (2015年09月29日)
アイコン画像脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場
» 6月1日 骨太の方針 (2014年06月06日)
アイコン画像中田 裕久
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月19日)
アイコン画像金太負けるな
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月17日)
アイコン画像ジャッカル
» 8月15日 数学は文学 (2013年08月15日)
アイコン画像中田 裕久
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像可愛いですね!!
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像斎藤幸宏
» 1月21日 おかげさまで (2013年01月31日)
アイコン画像中田 裕久
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
アイコン画像とある市民
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
月別アーカイブ