12月31日 寅年に向けて

December 31 [Thu], 2009, 7:03
本年はご愛読誠にありがとうございました。
波乱万丈の日々が続いた本年は、ブログ内容も自然に低トーンだったようです。
そのときの気持や感じたことを羅列するだけですが、どうしてもストレスが文字に入り混じります。仕方ないことですが、心だけは穏やかでいたいものです。

来年は寅年。

日光で作られている年酒の入れ物

大変な年になるような予感ですね。
それでも、
来年こそ、虎のように果敢に攻めることができますように。
そして、静かに穏やかな日を頂けますように。
皆様に良い年でありますように。

感謝

12月30日 夜明け

December 30 [Wed], 2009, 6:21
桜井幸子さんが引退との報道に愕然としてしまいました。
ファン?というか、「高校教師」ドラマでとても清楚な雰囲気をかもし出す姿にあこがれていました。
これからもがんばってほしいと節に願うところです。
だからこそ、綾瀬はるかさんには特にがんばってほしいですね???ん?


いよいよ仕事納めの日となりました。
桜井幸子さん引退を聞いて?夜明けを待てず早朝から出勤となりました。
夜明けというよりも深夜未明という感じかな?


光は電車です。
誰も乗っていないようでした。

夜があるから陽が昇るとは、よく言ったものですね。
少し吐く息が白さをにじませます。

リーマンブラザースやサブプライムローンとは何も関係ない私たちに降り注ぐ槍のような試練は、自らの人生さえ考え直す機会となりました。
追い討ちをかけるように金融収縮、デフレと中小零細企業は潰れてしまえみたいな雰囲気も感じ取れる状況だと感じます。

民主党に政権が変わり、中小企業支援策が???となっているのも影響あるかも?

私の周辺では、来年こそ・・・2番底を予想する方々が多いのも事実です。
経済や雇用がコストダウンの名の下に収縮していくのが予想できますね。

それでもきっと、夜があるから陽が昇るのです。
それを信じて、あきらめない気持で歩を進めなければいけませんね。
朝の光が眩しいくらい、日本は素敵なところです。
そして底力がありますね。
来年こそ良い年にしたいと夜が明けるのを楽しみに登社となりました。

夜があるから陽が昇る。

12月29日 エコ・地球

December 29 [Tue], 2009, 6:42
本日も暗いうちからの出勤となりました。というか寝れませんでした!?


先週末に都内ホテル泊で目に止まったのが、エコマーク。
室内いたるところに散りばめられています。

トイレペーパーホルダー
紙を無駄に使うのはいけませんね、と問いかけられていますね。

お風呂にお湯を入れようとするとお湯の適正量を示すラインが・・・・。

トイレ湯適正ライン
確かにお湯はボイラーや電気ですから、これも気をつけましょう。

日本のCO2削減技術は世界最高峰とも言われています。
ところが一人ひとりの精神は、どうなのでしょう?と問われているようでした。
技術が最高でも、それを使う人の意識が変わらなければ先は見えてしまいますね。

近未来の地球壊滅映画が懸命に警笛を鳴らしているのを娯楽映画だと楽しんでいる場合ではありませんね。明日は我が身としなくてはいけません。
海水に沈没?地面が裂ける?地球凍結?マグマ爆発?・・・・。

ウルトラマンや宇宙戦艦ヤマト、魔法使いサリーちゃん?ドラえもん?に期待するにはちょっとハズレかもしれませんね。
私からはじめましょう、エコ。

12月28日 日々改善改良

December 28 [Mon], 2009, 6:54
今週も多忙な日が続きます。
もしかすると31日まで・・・・!!!年末気分を味わうことなく新年か!?

昨日、都内から戻り外部関係の日程はほぼ終了しました。
残るは・・・・特定できないほど処理することがあります。
がんばるしかありませんね。

趣を変えて?仕事の話を少々。

当社のリユース事業部でアパートの退去復旧工事をしています。
その中でクロス洗浄や補修が数多く出てきます。
とくにやっかいなのは、床のクッションフロアですね。
家具などを置いた跡がくっきり残ってしまいます。


これが部屋全体なら張替も仕方ありませんが、部分的なものが大多数。
張替にはもったい、ということで部分張替となります。
ところが、
同じ色柄があれば良いのですが、数年たつと商品自体がなくなります。
そこで現在は、一番目立たないところを出来るだけ小さく切り取り、パッチワークという技法で修繕しています。それでも切り取ったところに同じような色柄を埋めるわけですから不完全ですね。

直接、凹みを修理できないものかと、いろいろな方法を考えて、下の写真くらいまで直せるようになってきました。(どのような方法かは秘密ですが)


**上の写真の凹みと下の写真は同じものです。(写真の取り方が下手なので)

それでも光の方向によっては目立つようで改良が必要のようです。
出来るだけ簡易にしたいという願いがまだ足りないかな?
小さいことですが、そんなところから技術巾をひろげていきたいと思います。

常に改良改善を、日々同じことにしない、と皆に言っていることを自らに戒めて。

12月26日 激動クリスマス週間

December 26 [Sat], 2009, 7:23
予想通りの激動1週間・・・いえ、まだ終わっていません、今日もです。
さすがに今週はブログアップに難がありました。
・・・いえ、来週も同じようです。

週前半の出張は都内、都内近郊を彷徨いました。
世はクリスマスだなと感じる風景が多々ありますね。
私はその気分ではありませんが。


公衆の中、ツリー下にあるプレゼントは誰がもらうのだろう?と考えるのは私ぐらい?
日本はキリスト教徒に変身したかのようですね。


この風景は「プレゼント忘れるな!」を叫ぶ塔のように見えてなりません。
仕事が頭の中一杯なのが少しやすらぎますね。

そして、とあるホテルではクリスマスソングを歌う少年少女合唱団が登場!



こんな風景で疲れた心身を癒すのは一時、すぐに仕事関係の電話で現実に戻されます。

安らげる日を待ちわびながら、街の光がやけに眩しい都内でした。

12月22日 JIN最終回

December 22 [Tue], 2009, 7:01
出張が多い週前半戦の報告は後日にします。

3Fから飛び降りるとタイムスリップするかな?とJINの影響ですね。

3Fからの江戸時代?

先日日曜に「JIN」が最終回でした。
午後9時に家族全員照準を合わせ食事、勉強、お風呂を済ませました。
見入る全員、言葉を発することも許されず、ひたすら事の成り行きを見守ります。

JINは現代にどうもどるのか?
包帯だらけだったのは誰なのか?
坂本竜馬はどうなるのか?
綾瀬はるかはどうするのか???

85分という最終回にふさわしい流れを期待しながら物語は進みます。
おや?っと思ったのは残り15分ごろ。
JIN所持の写真がなくなり???
現代にもどらない予感。
最後は手術室で看板をかけようと台の上から転倒!ここで現代へ!!?
行かない・・・・・。

最後だと思われるエンディングなのに、子どもたちは「いや、まだあるはず」
とTVを観続けます。
そのうち、コマーシャルが長すぎる!?と終わっていないと言い張ります。
次の番組に突入した瞬間!
「なんでー!!」 「この時間はなんだったの」と容赦ない嘆きの嵐。

きっと、こんな人達がテレビ局にクレームするんだろうなと横目に見ました。

前回までが完璧だっただけに、最終回と名のつく終わり方ではないなと、
「きっと、続編を用意することにしたんだよ」と慰めます。

不思議な疑問に引っ張られつつ引き込まれたJIN。
続編がないというなら、最終回を作り変えて欲しいと願うのは私だけではないようですね。

・・・でも綾瀬はるかが元気でよかった・・・・?

12月21日 吐露と猛省

December 21 [Mon], 2009, 6:58
今週は仕事関係に大混乱する週となりそうです。
時間の使い方が問われることになりそうな予感、年末!と仕方ないかとあきらめの境地。

先週末、佐野市で市民活動に関する講演を聞きに行きました。
NPOやボランティアなどの方々20人ほどが集まり、宇都宮市民活動センター事務局長が講演しました。宇都宮市民活動センターの役割や活動を示され、佐野市の現状を比較する良い機会となりました。

講演後、質疑の時間に市内NPO法人の方が、切々と「横のつながり」を欲する訴えをされていました。私はそれを聞きながら、自らに不甲斐無さ、恥ずかしさを感じました。

反省も含めて恥ずかしながら、自ら吐露いたします。

1995年の阪神淡路震災をボランティア支援で参加し、NPOの重要性を認識して、その後NPOが県内に必要と仲間とともに活動して早15年となります。
2000年には県に市民活動推進のための条例を策定を申し出て、活動拠点となるセンター設置にも参画しました。(2003年に条例制定、その後センター設置=ぽぽら)

その後、NPO・ボランティアの支援・連絡調整機関を民間でおこなおうと、県NPO協会を立ち上げました。
脆弱な基盤のNPOが、ヨチヨチ歩きから自主自立するためのサポートとして、企業や行政にも働きかけ、支援体制を徐々に築き上げるところになりました。

ところが、その支援体制に疑念が生まれました。
それは、外部というよりもNPO同士のパワーバランスが元凶でした。
NPOにも多様な専門分野がありますから、同分野では同業すなわち競争相手にも似たところがあり、牽制しあいます。その牽制がその分野だけのものに収まらず、NPO全体を引き込むパワーゲームを巻き起こしました。

そのとき感じたのはNPOは横の連携に難があるということです。
当時はNPOの成長期でしたから、我も我もと法人設立をしていました。
それが県内で、どこのNPOはどこ系烈?とまで言われる様相が嫌でも目に入りました。
この頃、NPOの活動環境整備に力を注いでいた私には、小さいながらも疑念が生じました。

市民活動の大きな担い手となるのはNPOだと考えていた私にはショックでした。
そこから、業界とは少々距離を置きながら、同じ価値観をもつ仲間とNPO法人を立ち上げ、やれるときにやれるだけのことをしていこうと思い、ゆっくりした活動を進めることにしました。

もちろん、パワーバランスやどこ系列?というものとは無縁としました。
同業分野があれば、率先して譲り静かな活動を地道に歩んできたわけです。

そこに、先日のNPO法人の発言「横のつながり」です。
地域で懸命に活動しているNPOにとっては重大なことですね。
自ら必要性を訴えて作ろうとして挫折したことに心の中で頭を下げました。
自分の目に写った一部NPOの動きだけで、さじを投げた不甲斐無さを感じます。

だからといって何が出来るかといっても私にそんな力はありません。
今できることは、私の中の誤解を取り去ることと、地道な活動を積み重ねることかなと思います。そして私のような誤解をされる人を二度と出さないようにすることかもしれませんね。

猛省。

12月19日 ピリカレー

December 19 [Sat], 2009, 7:03
ピリカレーというスナック菓子をお客様から頂きました。
京都で作られていて、売っているのも特定場所ということで足利の某有名ストアで買い求めたようです。そのお客様もはまっているそうで、頂いてすぐに食べると・・・はまりまくりでした。


ピリッと辛くカレー味、懐かしいような味が後を引きますね。
ご馳走様です。


私の年齢になると後輩からの相談が多くなりますね。

後輩の奥様が実家に帰ってしまったそうです!
浮気?喧嘩?価値観?
話を聞くと、どれも当っているような当っていないような??

先日書いたブログにそっくりですが、事の発端は携帯だったようです。
後輩の携帯に部下からのメール、どうもやりとりにが使われていたようです。
その中身を見てしまった奥様、徐々につのる怒りの思い。

後輩が仕事で遅くなれば疑いの眼。
会社の飲み会も疑い、同僚と出かけるのも疑い、・・・すべてが疑い。

疑われていると感じる日々に後輩も我慢切れ。
正面きって話すことになっても、つのる両者の思いはぶつかり合いのみ。
気持が切れ掛かる様相の中、奥様が両親に相談となり、親を含めての協議。
結局、奥様は実家へと冷却か?離婚か?となりました。

私が言えるのは、

奥様を今でも愛しているか?

この1点の答えによって、今言えることが違います。
結果はちょっと置いておいて・・・・・、

どうしてこんな状況になるまでと思われるでしょう。
二人が疑いを持つ前から牽制しあう局面があったようです。
本音でぶつかっているように見えて、実は表面に衣を着ていたのではと思います。
夫婦関係のすべては、その難しさを乗り越えられるかどうか、衣を捨てられるかにかかっているような気がしました。

どうか、元に戻りますようにと願うしかありませんが、現況を踏まえると難しいですね。
夫婦は、二人の味が後を引くような、じわじわと年をとるごとに良さがわかるピリカレーのようなものかな??

12月18日 冬支度

December 18 [Fri], 2009, 7:42
今週は仕事関係が雪崩の如くとなりブログに手が届かない日が続いています。


冬です。
会社の冷蔵庫には夏から入ったままのジュースが3本、何故か?ビール1本。
この寒さでは冷蔵庫は要りませんね。


代わりに戸棚にはカップめん、せんべい、お茶が溢れてます。



どんどん冬支度ですね。

国では所得制限という言葉が流行語になっているようです。
先日、来社されたお客様が不妊治療のことを嘆いておりました。
知人夫婦が子どもが欲しい、でもなかなかできないと病院へいきますね。
1回の相談や治療は高額、保険もきかないわけです。

少子化という背景で、こうした行動をとられている方々には敬意を感じますし、将来の国を支える大事な子ども誕生に尽力する姿に応援をするのが至極当然と感じます。

ところが、少子化対策を声高らかにする国の政策は言っていることとやっていることが真逆としか言えません。そこに、地方自治体は助成金を補助しようとするわけですが、ここに所得制限がかかるそうです。
不妊治療の高額費用や時間は、所得に応じる比ではないようです。
所得制限がどの程度で線を引くのかという問題以前で、目の前の課題にどのような理念をもつかということが必要となりますね。

子ども手当てにしろ、不妊治療でも、国の舵をどこへ向けるのかという姿を描き示すことが必要なのでしょうね。

冬支度は、冬になる前にその準備をすることです。
季節に合わせた人の知恵が積み重なり、上手に季節を乗り越えます。
それは春を向かえるための準備でもありますね。

春の息吹が感じられるからこその営みかもしれません。
国の春はどこにあるのでしょう。
政治家と思っている優秀な方々に未来を託せる時代になることを願います。

12月16日 遠方より友来る

December 16 [Wed], 2009, 16:19
珍しく、夕刻のアップとなりました。
朝から仕事に没頭して、ふと目を外に向けると日が沈む時となりました。


先ほど、15年来のお付き合いがある方が、3年ぶりに会社にみえました。
今は結婚されて横浜在住。
味噌作りのため、に久しく離れた佐野市にいらっしゃったそうです。
味噌作りの天才が佐野にはいるようです。

昔話から現在の佐野の様相を語りながら驚きと笑いに包まれました。
佐野市内の会社に長く勤められたことで、実家のある群馬より栃木佐野を忘れないでいてくれるのは市民としてうれしいかぎりですね。

こんな機会があると、昔の自分を振り返り、今の自分を受け止めることができます。
お帰りになるとき連絡先(今までも知らない)も聞かずにいるのも、ほど良い縁の賜物なのかなと思いました。

お土産にと、ご自分で作られたペン箱を頂きました。
趣味が多彩なのにはびっくりです。



遠方より友来る
そんな機会を頂いて感謝です。
(私は何が作れるのだろう?・・・今度お会いするときまでには・・・・?)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中田 裕久
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-サスペンス物
    ・読書-竜馬がゆく   他は松本清張
    ・スポーツ-下手なゴルフ/スポーツジム
読者になる
2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kんjk
» テスト (2015年09月29日)
アイコン画像脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場
» 6月1日 骨太の方針 (2014年06月06日)
アイコン画像中田 裕久
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月19日)
アイコン画像金太負けるな
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月17日)
アイコン画像ジャッカル
» 8月15日 数学は文学 (2013年08月15日)
アイコン画像中田 裕久
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像可愛いですね!!
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像斎藤幸宏
» 1月21日 おかげさまで (2013年01月31日)
アイコン画像中田 裕久
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
アイコン画像とある市民
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
月別アーカイブ