11月29日 インフルエンザ

November 29 [Sun], 2009, 6:49
一番下の子どもが先週末から新型インフルエンザでした。
喘息もちなので命にかかわらないか心配でしたが、すんなり回復しました。
熱は39度以上まで上がりましたね。咳はほとんど出ません。
医者でタミフルを渡されるのではと心配?でしたが、リレンザという吸引用の薬で子どもでも少々安心できるもののようです。

医学の進歩は凄いな。

家族にうつる事が心配でしたが、誰一人感染者はありませんでした。
妻はずっと看病していましたが、ピンピンしています。
私はほとんどいない?ので感染しようがありません?

というか、家族内での感染はあまりないことに周囲を見ても感じます。

インフルエンザ感染が1000万を超えたニュースがありましたね。
ここまで広がると、神経質になり過ぎないほうがと油断しそうです。
でも死者が出ていることは事実ですから予断は許さないところだと思います。

何故か、予防接種が遅いのが気になるところですね。

11月28日 記憶写真

November 28 [Sat], 2009, 6:55
もちろん、仕事です。
昨夜は23時ごろまでお客様と一緒でした。
ちょっと内蔵が疲れ気味のようです。


ところで・・・・・
何故?わたしの携帯の中にこの写真があるんだろう?
少々の時間をかけて記憶を紐解きしました。


明らかにかき揚げ丼とかけそばですね。
地元では、こんなセットがある店はありません・・・・・?
先日の東京出張でホテルに戻る際に食したのがおぼろげながらに紐解かれました。

美味しかったのか?と聞かれるのは大変困ります。
そこまで記憶を紐解くには数日かけて、この写真のお店を探し、もう一度食してこないと紐解けません。

冗談はともかく、酔って大喰いに走るのはよくないことです。
わかっていながら、脳が麻痺して結果を創出してしまいますね。
内臓が疲れ気味は、きっとこの現象のせいかも。


時折、携帯の中に記憶のない写真が入っていないか確認したほうが良いですね。
知らぬ間に放り込まれた写真から思わぬ運、不運が出てくるかも。

11月27日 経済技術と科学技術

November 27 [Fri], 2009, 6:58
先日、都内出張のとき、思わずうれしくなるものを見つけました。
くつみがき機械。

よくゴルフ場に置いてあるものと同じですね。
靴磨きの方がいたところに代わって置いてありました。
・・・・・?靴磨きの仕事の方はどこへ・・・・?


「じっくり計画された研究から、偶然生まれたものです。」

ウィリアム・ショックレーというアメリカ物理学者の言葉。
トランジスタを生んだことを聞かれたときの言葉だそうです。
ノーベル物理学賞を受賞、1910年から1989年の生涯でした。

偶然に見つかることは、かなりの努力をしているからだと言っていますね。
さまざまな課題を解決していくには、偶然はありえません。
それに向かう努力と気力、周到な計画があってこそでしょう。

知恵と知識を最大限に発揮しなければ生き残れない時代だからこそ、シックレーの言葉には重みさえ感じます。言葉だけでない行動を示せということですね。


日本に限らず世界の科学技術は、災難や病気など、さまざまな危機的状態に接すると進歩を遂げているかのようにうつりますが、実は日頃からの周到な準備と研究があるからですね。
急速に悪化する経済の中、デフレやインフレなどは研究者は多いものの、評論家ばかりが多くないでしょうか?科学技術研究者のように課題解決を目標とする研究成果が出ないのが寂しいですね。

デフレ、円高、雇用、中小企業、金融とどれをとっても発明に乏しいものです。
科学技術とは違うと反論されるでしょうが、試しに経済研究所に科学技術者や物理学者を入れてみたらどうかなと感じました。

何故って?こうした技術者は結果論から事象を検証するのは誰でも出来ると知っていますからね。

靴磨きの方は、どうするんだろう?

11月26日 キャンパスを守れ

November 26 [Thu], 2009, 6:40
昨日から都内に出張でした。

電線と雲が直線と曲線の交じり合いを感じさせます。
人工と自然は調和しにくいものですね。
それでも周囲にあふれる清涼たる風が不調和を軽く流してくれます。

どんなことが起きる場所でも、この景観は変わらないのでしょうね。

先日昼ごろのNHKで高校生の悲哀が報道されていました。
景気悪化に伴う授業料未納の問題でした。
親の収入が激減したり、失業に追い込まれ子どもの授業料未納が激増しています。
子どもたちも家計を助けようと週5日ほどのアルバイトを始めている姿が映し出されました。
学ぶ機会の平等が損なわれていることに違いはないでしょう。

以前にもブログに載せましたが、高齢者と子どもを社会民主主義的(甲乙つけることなく社会全体で支える)発想としくみが必要となっているような気がします。
高校サイドの苦渋も先生方の表情に表れていました。

優秀な生徒でも、授業料免除をしたところで生活費のため学ぶ時間を削ります。
その場面を見ていた初老の男性が独り言のように(昼のラーメン店でしたので)
「暗い話ばかりだな、子どもに責任があるわけじゃないのにな」
独り言を聞いた周囲もうなづきました。

社会のしくみを変えるのは痛みが蔓延しないとできないのが現状なのでしょうか。
将来、未来を背負う子どもを育もうという言葉が空虚を感じます。
時間との戦いといえる現状を誰かがやってくれると待ち姿勢でいる自らに怒りさえ感じます。

空に浮かぶ雲のようにさまざまに形を変える自由なキャンパスに、電線で線を引かれるのが調和するか、不調和になるか、風の動きによるところかな?

11月25日 政治塾

November 25 [Wed], 2009, 7:09
地元新聞に各政党県連で「政治塾」を立ち上げる報道がありました。
人材発掘や勝てる地方議員候補の育成を念頭にしているようです。

こうした動きは政党を超えた「松下政経塾」が元祖かもしれませんね。
ただ、政党色が強くなる分、自在性に難があると困りますね。
近未来に向けて、より良い政治家を生んで欲しいものです。

こうした政治塾は講師や創設理念によって随分変わるかもしれませんね。
ただでさえ、政治=ドブ板、ネゴロ、カネ、不正、偏りといわれます。
現在の政治家が講師では、先行きは思いやられるかもしれませんね。

目的意識をもつことや、課題解決の創造力育成や、説明責任能力、政策立案能力、全般にわたる理解力、壁を破る力強い人間力、社会的弱者の真を包む包容力・・・・等々、多くの顕在的、潜在的両面のものが必要でしょう。もちろん、完全はありえませんが、少なくともすべてに公たるスタンスを持ち合わせていなければ税金で特別報酬をいただく立場にはいてほしくありませんね。

地方から国を変える時代だからこそ、地方議員の質向上に努めて欲しいですね。
とすれば、政党色ばかりを強める必要があるのかと疑問もあります。

県単位以下は、政党政策を横において地域力向上にさまざまな提案や課題解決に終始してよいのでは?と考えてしまいます。
すなわち、政策・議案優先型です。
政策や議案によっては、個々の考えに大小違いがあります。
政党で縛られる賛否姿勢は地域の得とはいえませんし、政治家を没落させる要因かも。
得でないことを積み上げると、利権や偏重に繋がり不信を招きますね。

市民に近ければ近いほど、実生活に密着した思考が必要なところでしょう。
自民だ、民主だと争っているような場合ではないのでは?と思った次第です。
おっと、言い過ぎました!
またまた、睨まれてしまうかも。

11月24日 デフレ宣言

November 24 [Tue], 2009, 6:25
羨ましいの一言ですね。
「官房機密費」・・・褒賞費ともいうようです。
使途は未公表、領収書なし、年間14億円!!
以前の官房長官経験者が使途の一部を「野党幹部の背広の仕立て代とか・・・」と放ったことを聞いてびっくりを超えてあきれた記憶があります。

私の家庭機密費?
それでも羨ましいですね。
国家レベルの機密情報収集のため英国のMI6や米国のCIAもどきのものに使われているのかと思っていましたが、そんな話が出てこないのは残念至極です。

そんな中、「デフレ宣言」はびっくりしました。
この景況感の中、確かにデフレ現象は起きていますが・・・昨年中頃にもスタグフレーション現象だったときでも宣言しなかったのに・・・・このタイミングで宣言するのは驚きです。

世界マーケットで日本不安を招く??お金がよりまわらなくならないかな?
経営環境がより身を固くする??雇用や原価を今以上に抑え利益確保に動く?
消費者の意識を消極的にする??より安いものに執着し、流通を抑える?

年末には失業者対策、中小企業対策と言いつつ、中期的戦略がない中、宣言してしまうのは、何か、よっぽどの秘策があってのこと?と受け止めるしかありませんね。
きっと、凄い経済政策が出てくることを期待したい?と思います。

少ない額ですが、官房機密費をデフレ解消に使ってもらいたいですね!?
なんなら、私の家庭機密費を使っても・・・・もっとデフレになっていまいますね。

11月23日 居酒屋火災

November 23 [Mon], 2009, 5:58
冬は何を連想するでしょう?
スキー、雪、氷、正月、鍋 ・・・・・・・
やはり透き通った空ですかね。

私は・・・・朝の暗さです?!
下の写真は今日の朝出勤時(AM5時30分)のものです。

夜明けが遅くなりましたね。
寒さが身にしみます。冬を感じるのは夜が長いことですね。

さて
今日は勤労感謝の日ですが、勤労することができるありがたさを感じて働かせていただきます?

昨夜、居酒屋で火災があり多くの犠牲者が出たと報道がありました。
韓国の銃試射店もそうですが、近年ネット喫茶や風俗店でも同様なものがありました。
建築内装をたずさわるものとしては、その責務を感じるところです。

特に店舗などでは防火・耐火壁、資材を厳しい規格の中施工します。
よく施工後の店舗にいくと防火施工されても店のオリジナル装飾が独自におこなわれているのを目にします。実はこれには防火性能がないことが多いですね。
特に飲食店ではオリジナリティを追求して、店全体をショー的発想で火を扱うところも多いようです。

施工だけでは防火・耐火は完全ではありませんね。
しかし、こうした火災が起きるたびに消防規制が厳しくなるのは事実です。
二度と犠牲者を出さないためにも施工と店営業の両輪改革が重要でしょう。
どうしてもオリジナルを命とするならば、万が一の万全体制が敷かれていることが望まれます。

耐火壁は延焼を防ぐものですが、逆を言えば室内は密閉状態となります。
強固なスプリンクラー対策を並行しないといけないでしょう。

冬はどこでも密閉状態と暖をとる炎が存在します。
冬の火災は大きくなりやすいことも要注意するところですね。
冬の連想は時と場合によるものですね。

11月21日 事業仕分け

November 21 [Sat], 2009, 7:01
我らが佐野市の補助金交付金検討委員会が来月上旬に答申後終了となります。
20億円超のいわば事業仕分けですね。
昨年7月から基準を設け、本年1月から300近い事業ヒヤリング質疑を重ねてきました。
国の事業仕分けと同じようですが、二つ違う点があります。

一つは時間ですね。
行政担当者からの説明や事前質疑、本番議論となり、広範囲なやり取りの上で精査します。
ですから300事業のどれをとっても何故削減か、廃止か、終期設定か、継続か、整理統合かを説明できるものとなっています。
特に事業の成果、効果や現状変化、今後の有益性も考慮されています。
基本的な考え方に矛盾を生む偏重したことも許さない整然としたものでした。

二つは自立支援です。
対象事業が必要であるとしても補助である限りは自立を促進する方法が必要となります。
民間関係者や団体にどのような手段が考えられるかという道筋が配慮されています。


民間委員だからできる?というとそうでもありません。
少しでも偏重することが伺えれば、補助交付民間団体から反発されるでしょうし、委員によっては個人攻撃される的にもなりえますね。
行政サイドからすれば、民間委員からの答申ですから他から圧力があっても、あくまで民間委員の委員会答申と胸を張っていることもできるでしょう。

12月上旬にはプレス発表もあるそうなので、具体的数字にはふれませんが、私の中ではかなり厳しいものになるのかなと思います。
ですから、より実現性が不安ですね。

それでも社会全体と今後の流れをにらみ、やるべきことをしっかりやることでしょうね。
・・・ただ、こうした作業こそ自治体全体の自主自立を市民とともにという基本を忘れないで欲しいなと国の作業を観ながら感じました。

11月20日 禁煙環境

November 20 [Fri], 2009, 6:47
またしても人間ドックを延期しました。
総延期回数は10回!(1年10ヶ月間)M病院にはひたすらお詫びです。
仕事での隙ができないというのは能力がないのと同じことですね。
もし病気だったら間違いなく手遅れですね。

昨日は極端にタバコの本数が減っていました。
なんと!15本。
ちなみに通常、35本前後ですからびっくりです。

禁煙する人が日増しに増える中、時代遅れと言われつつ、タバコに火をつけることが自分でもうっとうしいと感じることが多くなりました。
常にタバコの残りを気にして、ライターはあるかを確認、ポケットが膨らみ、鞄の何処に入れるか等々が気をもませます。

気分をまぎらわせるために、100害ではなく1万害を受けることも承知。
ニコチンでなく、癖になっている自分に言い訳している自分がいるようです。

「なら、いっその事やめれば・・・・?」  と背中を押され
「1箱いくらになったらやめますか?」  と立て続けの問いを受け
「税金と命を引き換えてご苦労様です」 と冷ややかな賛美を受け
「子どもを大事に思わない親だよ」    と挙句の果てにさげすまされ

「結果が恐いから人間ドックを延期するの?」と勘違いされている今日この頃です。
そろそろ潮時かと思いきやタバコを吸う胸が最近痛むのは危険!
毎日が不健康な仕事と生活は、自分でまいた種と受け入れざる得ませんね。

もしかするとやめるかも・・・・・・・・!?

11月19日 メンチカツ

November 19 [Thu], 2009, 6:50
大好きな食べ物のなかにメンチカツがあります。
とあるお店で特製メンチカツを出してくれました。

なんと、マグロのメンチだそうです。
ところが味はいつものメンチカツと一緒でした。

食べ物屋さんの技術には驚かされますね。

メンチカツには思い出がたくさんあります。
亡くなった母が私の大好物である脂肉(豚肉でも脂身だけが売っていた)とメンチカツをご褒美の日だけ買ってきてくれます。・・・中学生時代ですが。
とにかく、メンチカツ1枚で大盛ご飯を3杯食べたこともあるくらいです。

脂肉は今でこそ食しませんが、当時は美味しいと思えば体に良いとか悪いとか関係なく食べたものです。食卓に出されたものは何でも食べろ状態でしたから。

たかがメンチカツ、されどメンチカツ。
皆さんにも思いで深い食べ物があるのでは?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中田 裕久
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-サスペンス物
    ・読書-竜馬がゆく   他は松本清張
    ・スポーツ-下手なゴルフ/スポーツジム
読者になる
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像kんjk
» テスト (2015年09月29日)
アイコン画像脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場
» 6月1日 骨太の方針 (2014年06月06日)
アイコン画像中田 裕久
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月19日)
アイコン画像金太負けるな
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月17日)
アイコン画像ジャッカル
» 8月15日 数学は文学 (2013年08月15日)
アイコン画像中田 裕久
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像可愛いですね!!
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像斎藤幸宏
» 1月21日 おかげさまで (2013年01月31日)
アイコン画像中田 裕久
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
アイコン画像とある市民
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
月別アーカイブ