6月30日 脱 自然の摂理

June 30 [Tue], 2009, 7:34
早いですね、もう6月が終わり、今年の折り返しとなります。
時代は急激な変化のように見えて、自然の摂理で動いているように感じます。
なるべくしてなっている、経済も政治も経営もそれまでの積み上げで今があるのでしょうね。

暑さと雨の行きかうのを目の当たりにすると地球温暖化まで気になりますね。
これも自然の摂理、なるべくしてなる、人間社会の欲求を地球が吸い込んでいるようです。
子どもたちの、孫たちの将来はどうなるのでしょう。
今を懸命に生きるしかない私にとっては何ともやるせないところです。

レトロ現象はその裏返し?なのか徐々にその姿を現していますね。
昭和レトロ居酒屋の台頭、40年代ファッション復活、三丁目の夕日を代表とする映像、駒遊びなどの遊び回帰グッズ・・・・果てや景気影響大ですが終身雇用の懇願に至ります。

そんな中、一番レトロ化が必要だと思うのは、地域のコミュニティでしょう。
向う三件両隣というほど近所付き合いは大切にされたものです。
いつ頃からか隣の家でさえ、顔も知らない、名前も知らないといった希薄関係が増え続けています。
最近では自治会や町会に入らない人も増えているようですね。
いわば個人主義。
すべてが個人主義ですめばよいのでしょうが、ご近所の力で解決できることですら、お役所頼りになりやすい姿なのです。
お役所も多様化しすぎた市民個人ニーズに対応しきれるはずがありませんね。

いざ、災害発生のときや皆が共有する下水道、ごみ収集など、地域の絆とご近所力が正に必要なわけです。いざというときの支えあい、助け合いを持たないことに不安を感じないのかもしれません。
今がそれだけ十分すぎるほど整備されているのでしょう。
今後、そうした整備もできなくなるときが必ずやってきます。

温暖化や800兆円を超える借金に加え、互助共助もままならないコミュニティを次世代に「自然の摂理」だからといって渡すことは現役世代の恥ともいえるでしょうね。
「1990年から2020年の世代が最大の汚点だった」と2030年ごろのTV報道特集で言われないようにしたいものですね。

6月29日 夫婦のかたち

June 29 [Mon], 2009, 0:55
「眠れない夜に」シリーズ(左欄のカテゴリーにありますが)は久しぶり?

夕刻に久しぶりに妻と言い争いとなり、眠れなくなりました・・・とほほほ。
残念ながら?喧嘩には至りません。
ただ、家の中の空気は淀み、しらけた空気となります。

この時間になってから、毎度のこと、私が謝らない限り道はないことに気づきます。
家中が寝静まり、静寂が私を温かく包み、耳元に「謝り得だよ!」と追い打ちしています?
「なんで?俺が悪いのか?」・・・「どちらが悪いんじゃない、お前が謝るんだよ。」
「いつも俺だろ?」・・・「いつもお前でいいんだよ、わかってるだろ。」

いつものパターンにハマりますね。

人間は妻のほうが数段できています。
幼稚園の先生だからなのか、女性だからなのか、感性、忍耐、情緒といった面や表面に出さない頑固さ?は私が見習うべきところでしょう。

いつものパターンを踏襲しながら?、いくつもの季節のページをめくってきました。
きっと、ページの最終章までこのパターンでしょうね。そう思い独り薄笑いです。

そういえば、先日東京出張の際、同行させていただいた方と夫婦の話になりました。
「結婚前後の愛の形は長年かけて、基は変わらなくとも形は変わるもの」
「それは補完にも近い形ですね、そこまでに至れば・・・」
ワインにはチーズ!?などと言いながら、思わずチーズをガブリでした。

ワインは主役だから妻だろうな?と思い起こしながら、眠れない夜へ。

6月26日 湯船

June 26 [Fri], 2009, 7:39
国が慌てふためいているのが、私にもよくわかるようになりました。
国政選挙前というのは、いつもこんなに混乱するものなのでしょうか?
きっと、今回は今までにない政局となるのでしょうね。
私も人生の半分以上は生きましたから、是非、国の方向性が見えるようになって人生終焉できるといいなと感じるようになりました。
それでも、現状のドタバタは醜く映るところです。

庭の名前不明の花だけはきれいに映るようになりましたが・・・?

久しぶりに中学生の息子と風呂に入りました。
ちょっと前まで2人で湯船につかっても余裕だったのがギュウギュウ詰め。
学校のことや友人のことを聞いたり、将来の夢を聞いたりしました。
それでも昔の笑顔量が大分少なくなったなと気付きました。
それをストレートに聞くとニヤッとして
「中学生になると親といるのが恥ずかしいものだよ、お父さんもそうじゃなかった?」

そういわれるて、ふと回顧しました。
親との小学生のときの写真と中学生のときの写真は明らかに違いがあります。
中学生時も友人との写真は笑顔満開。親とは無表情。
私も恥ずかしかったのかなと思いが流れました。

それでも久しぶりの風呂場は次から次へと話題が溢れ、湯船よりも癒されました。
子どもの話を真剣に聞くことが教育に欠かせないといいますが、きっと子どもだけでなく親自身の心の育成になっているのかもしれませんね。

その後、気分の良い私は湯船につかりすぎて、のぼせてノックダウンでしたが。

6月25日 景気低迷の教訓

June 25 [Thu], 2009, 7:31
最近の朝礼で耳にタコができるくらい繰り返しお伝えしていることがあります。
「忙しくなったときこそ、元に戻るな。」
これだけでは何のことか?と思うでしょう。

当社では建築内装工事が主力的存在です。
営業、見積、取り決め、実行予算、協力業者選定及び予算、原価交渉、実行内容細分化、進行管理、内部検査、決裁、請求、回収、フォローといった流れが決まっています。

直近まで景気低迷によるあおりを受けながら低空飛行でした。
流れの一つ一つに厳しい精査がなされ、コストダウンや原材料適正量などに着目度合いもよい方向になってきたと思います。
従来も、繁忙期と低調期は短期間の波があり、仕事の流れが繁忙期ほど粗くなる傾向が目に付きました。

今回は従来と違います。
それなりに繁忙状態になってきたとしても、その波は続くものと捉えることは大変危険ですね。
だからこそ、直近までの低迷で頂いた教訓を忘れることなく、一連の仕事の流れに厳しさをもって挑まねばなりません。

とかく私も含めて人間は隙あらば甘い水を飲みたくなります。
少しくらい繁忙期になったりすれば緩むことが予期されます。
それで、社員の皆さんに「忙しくなったときこそ、元に戻るな。」と自身への叱咤とともに厳しさを伝えているわけです。

気を抜くことも時に大事ですが、今を懸命に努力し続けることが近未来を拓くことに繋がると信じています。

・・・・・・・・・・・・繁忙期が来れば?の話ですが?

6月24日 老練委員の言葉

June 24 [Wed], 2009, 7:31
レタス好きの私には弁当内すべてレタスでも良いほどですが・・・。

バランスが一番ですよね。
ご飯の半分にふりかけしましたが、半分は白ご飯。
これは飽きないおまじない?
ふりかけが足りなかった?
正解:ふりかけが足りなかった。


月曜は恒例?の市補助金交付金検討委員会がありました。
県でも補助金大幅削減案が提示されているところです。
市でも今後を見据えて精査を開始しているわけです。

県では早くも公開されていますが、子ども関係補助金には異論が多いようです。
市においても子ども関係はできるだけ守る姿勢で進めています。
ただ、県、市共通するのは、補助総額には限界があることでしょうね。

市の会義席上、複数の委員から純然たる子ども補助を守る、あるいは増額するためには、我慢できる範囲で高齢者の方々にも協力していただこうという声が上がっています。
委員の中には高齢?範囲にある方もいらっしゃいますが、実はその方々からの声です。
市政が大変なときだからこそ、子どもを守ることを大人が率先垂範すべき、自らの子孫のために些少のことは我慢できる気質があるという考えです。

私は大変感銘すると同時に、子を持つ親として襟を正すところです。
子を持つ世代は、若いだけ収入が少ない中、懸命に子どもの費用を作ります。
その努力する姿が見えるからこそのご意見でしょう。
不真面目な、あるいはいい加減な子育てを見られれば、そんな意見は出るはずもありませんね。

今後、益々自治体財政は厳しさを増します。
補助に頼らない人の輪が必要になってくるでしょうね。
きっとその輪は、信頼という絆で結ばれるでしょう。
その信頼は、懸命に生きる姿によってしか成り立たないと思います。

老練委員の言葉に重みを感じた時間でした。

6月23日 日替わり弁当

June 23 [Tue], 2009, 7:23
庭に咲いた花がきれいなのですが、妻に聞いても名前を知らないそうでご紹介しようがありません。名もない花には名前をつけましょう・・・なんて歌がありますが、この花はきっと名前がありますよ。


昨日から、なんと!弁当持参です。もちろん、自分で作ってです。
胃の疲れもあり弁当のほうが良いだろうと?
家族で弁当は私だけなので面倒ですが極力残り物を入れることにしています。


日替わり弁当ですが、自分で作ると中身がわかるのがつまらないですね。

日替わり弁当といえば、最近の国会報道ですね。
昨日は西松建設、今日は郵政、明日は厚生労働省、・・・・・。
疑惑や騒動が頻発していて日替わり弁当状態。
弁当の中身がつまらない?
中身を国のかたちや年金制度、教育、防衛・・・・政策にしたほうが良いですね。
揚げ足取り合戦がないと選挙にならないのでしょうか?

そんな弁当を作らないように明日も中身重視で作ろう・・・弁当を。

6月22日 修学旅行の掟

June 22 [Mon], 2009, 10:08
とうとう、胃をやられたようです?
先週からの夜遅くに食事することが続いたことや疲れが重なり、金曜夜にはダウン状態。
金曜夜、土曜朝、昼と食べ物を抜いて、睡眠をよくとりました。
(だったら医者にいけばいいのに)
少しよくなったかなと思いますが、そろそろ年齢に見合う生活習慣が必要のようです。

食事のかわりにお吸い物
先日、小学生の子どもが修学旅行に行ってきました。
出発する前日、大雨の中、ドッチボールを友人たちと遊び、ずぶ濡れ帰宅したそうです。
その日の夜、子どもに
「そんなことをして、熱でも出して明日の修学旅行に行けなかったらどうする?」
と諭しました。

修学旅行から帰った子どもが、一番に報告したのは、
「○×さんが修学旅行に行けなかった」と寂しい言葉でした。
前日大雨ドッチボール仲間の1人だったようです。高熱を出したようです。
もちろん、修学旅行は楽しかったようですが、仲の良い友達が行けない状況になったことへの同罪?意識があるようです。

「行けなかった子にお土産買ってきたの?」と聞くと
「思い出させるようだから、皆で話してやめることにした」と子どもなりの気遣い。
本人も「もし修学旅行行けなかったら中学生にならない」と言うほど楽しみでした。
複雑な心境ですね。

新型インフルエンザで右往左往する修学旅行も大変ですが、こうした日頃の要因も気をつけないといけないなと感じました。
私のお腹も日頃から気をつけないと・・・。

6月20日 携帯販売店の教訓

June 20 [Sat], 2009, 6:38
先日、友人から北海道のおみやげをいただきました。
確か?六花亭?というところのバターサンド。
これがびっくりするほど美味しい!!自宅にもって帰って15分以内には家族で完食!


携帯電話は新機種花盛りのようですね。
特にタッチパネル式は時代進化をうかがわせます。・・・・・そんな話はこっちへ置いて。
会社で使う携帯電話の車載用充電器を買い求めに、某携帯メーカー店にいきました。
店内にはスタッフ3名、客4名。順番待ちの名前記載をして待つこと15分。
ようやく順番になり、充電器が欲しいことを伝えると、無表情な若い女性スタッフが固まります?少々の時間を経てパソコンに向かいます。

無言でパソコンを見つめること数分・・・・充電器があるかどうか?どうしたの?
女性スタッフの胸には「研修中」。なるほど、「がんばれ」と無言で応援となりました。
その女性スタッフ、無言でバックヤードに入ること数回、ようやく問いかけてきたのは
「機種は?」と問うので答えてから
「ところで在庫はあるんですか?」と聞くと
「今はないので取り寄せになります」と答えるまでに20分。
・・・・・・研修中ですからね・・・・・・

客処理の研修中ですから業務の運び方が難しいのはわかりますね。
ただ、その間の客対応姿勢に今一度再考したほうが良いかもと思いました。
男性女性関係なく、無言でパソコンに向かうのでなく、何を確認しますよと客サイドに伝えるとか、待たせていることへの言葉の配慮をするとか、業務以外の対応(接客作法や言葉使い)の研修を内部でしてから窓口研修しないと場合によっては信用をなくしたり、二度とその店に行かない決意を作るかも。

研修を指導する側の問題だなと、ロボット化した研修中女性スタッフを見ての感想でした。
きっとたくさんの場数を踏んで大きく成長していくことでしょうね。
よい指導者にめぐり合うことを祈念します。

結局、充電器のために1時間滞在して次の予定に遅れかけました。
余裕をもっていかないとという教訓でした?

6月18日 足利事件

June 18 [Thu], 2009, 6:48
6月はジュンブライドですね。
なんて他人事のように言っている場合ではありません。
6月上旬が結婚記念日の私はすっかり忘れて妻に叱られる始末。
ここ数年、記念日や誕生日は子どものみだったせいか?言い訳ですね。
「本当にすみませんでした」


足利事件は、私の住む佐野市の隣で起きたものです。
菅家さんに謝罪した栃木県警の石川本部長も当然我が県です。
大変な間違いを起こしたこともしっかりと受け止めなければいけませんが、私が昨日、大きく感動したのは県警本部長と菅家さんの面会でした。
本部長の謝罪はTVを通しても真の謝罪を感じました。
菅家さんはその謝罪から、「許したい気持になった」と正面から受け入れましたね。

本部長の真の謝罪する姿は、私たち会社を持つものにとっては注視したものです。
レベルは違いますが、事業をおこなっていれば間違い、クレームはつき物です。
お客様にいかに謝罪するかは、永遠の課題となります。
正直に、包み隠さず、正面で、と行動に移すわけですが、相手に気持が伝わるか?が最大の焦点です。
そんな場面を含みながら、本部長の姿勢や言葉をかみ締めて何度も見聞しました。

菅家さんは「気持が伝わった」とも言っておられました。
大切な人生の謳歌する時代を奪われた間違いは、私たちの比ではありません。
その菅家さんの心を解放すほどの本部長の謝罪姿勢と許す心の大切さを示した菅家さんに、同じ県という誇りを胸に大きく拍手を贈りたいです。

さっそく、妻に許してもらえる謝罪を実践してみたいと思いました。

6月17日 食育と地産地消

June 17 [Wed], 2009, 7:29
庭のブルーベリーに実がつき、食してみると大変美味しい!
自然の力に驚くばかりです。単に販売されているものを食べるよりも感動しますね。

昨年から食育・地産地消をPTAや各種関係団体で推進しています。
米飯給食割合を増やすことで子どもの心身健全育成につなげたり、朝食を摂ることを推進したり、地産のものをできるだけ食したりといった食を見つめなおすことが核となります。

@食を見つめなおす真義
 コンビニの便利さから食の乱れが生じて、多くの化学物質が体に吸収されやすい現況を発信。体に良い選択やバランスの取れた食生活を推進することで生活リズムを取り戻す思いがあります。

A給食改革
 本来、食は家庭から発信すべき問題ですが、家庭環境の変化(良いとも悪いとも言えませんが)が生じる中、家庭に子どもを通して発信することになっています。学校からの給食を通して、家庭で、今一度食の重要性を再考してもらう思いがあります。

B早寝早起き朝ごはん
 子どもの睡眠時間を大切にしなければ早起きはできません。早起きできなければ朝食は摂れません。このすべてを満たさないと子どもの脳活動が健全に働かず、キレやすくなったり、集中力欠如したりと育脳にもよろくない。また、朝食がとれる環境はリズムを取り戻すことになり、子どもだけでなく、その親自体に良い影響を与えるといわれます。

C地産地消
 地元で採れるものを積極的に食そうというのは、安全安心と地元愛が一番に出てきますね。もっといえば、環境改善運動も直結します。トラック他の運送で長い距離を運ばれ、ガソリンやCO2を撒き散らしているのと一緒です。近い距離での消費は環境にも良いというわけです。尚且つ、食糧自給率という大切なことがあります。地産地消により地元農家や食品生産者が育成され、率を皆で押し上げて安定した自給を確保することです。


子どもたちを通した食育は、私たち大人に今一度、食を考え直そうと呼びかけているのですね。
庭のブルーベリーが美味しかったのは味だけではないようですね!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中田 裕久
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-サスペンス物
    ・読書-竜馬がゆく   他は松本清張
    ・スポーツ-下手なゴルフ/スポーツジム
読者になる
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像kんjk
» テスト (2015年09月29日)
アイコン画像脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場
» 6月1日 骨太の方針 (2014年06月06日)
アイコン画像中田 裕久
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月19日)
アイコン画像金太負けるな
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月17日)
アイコン画像ジャッカル
» 8月15日 数学は文学 (2013年08月15日)
アイコン画像中田 裕久
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像可愛いですね!!
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像斎藤幸宏
» 1月21日 おかげさまで (2013年01月31日)
アイコン画像中田 裕久
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
アイコン画像とある市民
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
月別アーカイブ