3月31日 森田健作知事 祝

March 31 [Tue], 2009, 7:50
森田健作さん、知事当選おめでとう!と言いたくなるような人ですね。
元気、明るい、夢や希望に満ち溢れている姿は、不景気時にもって来いの人物。
4年前の落選から400箇所以上のミニ懇談会や県政の勉強を積んだのも当選の大きな要因だと思いますね。

私も小中学生だった頃、「おれは男だ!」や「さらば涙と言おう」など真剣に拝見していたと記憶しています。とにかく前向きな元気が、周囲に嫌がられないほど透明なのも凄いです。
是非、千葉日本一を目指してがんばってほしいです。

先日また聞きですが、うつ病を治す有名な先生のところへ行った患者に、
先生が「○×山に登ってきたら診察しよう」と言ったそうです。
「何故ですか?」との問いに何も答えなかったそうです。

数日して○×山に登り終え、先生のところに行ったそうです。
山に登ってどうだったかと尋ねられ、「気持がよかった」と答えると、
先生が「うつ病を治すにしても、気持を少しでも前向きにする自身の努力が必要」。
山に登るという行動に出て行く、登ったあと疲れながらも気持に変化が表れる、やればできるという気持が治療していく上でとても大切だと理由を言ったそうです。

うつ病にしても不景気にしても、心から始まるのでしょう。
少しでも気持を前向きにしなければ、どんな挑戦もくじけるに違いないのです。

森田健作知事は、くじけそうになったとき、
「風呂でさらば涙といおうを歌うんです、いつもよりうまく聞こえるよ」だそうです。
私も負けないような心を養うためにも、風呂で歌ってみようかな?

3月30日 記者の目

March 30 [Mon], 2009, 7:03
先日、新聞社の支局の方が来社されました。
さまざまな話を繰り出しながら転勤されることを聞きました。
今までにたくさんの記者の方と会話をしていますが共通するのは思慮深さでしょう。


さまざまな情報や事実から、新聞記事にする精査に難しさを伝えていたようです。
ある程度の期間、特定地域の担当をすると愛着も涌くようです。
愛着があるからこそ、まちが良い方向に行って欲しいという願いが生まれます。
そのための苦言も、もどかしさとして表れるでしょう。

特に私のまちでは合併まちづくり4年経過の最初の選挙が待ち受けます。
記者の目は、まちの愛着を添えながら目先の選挙に捉われず将来を心配します。
政治未成熟のまちへの憂いは、今後の地方分権を受けた地域間競争不安を助長します。

国や県、市の政治家をテーブルに出しながら、
権威権力主義、お願い、聞き上手、貸し借り、誹謗中傷、顔見世巡業等々。
そろそろ、
まちのビジョン、柱となる政策、説明責任、権力打破、本当の主権在民等々。

となるよう、政治家を選ぶ私たち市民も変わらなくてはならないでしょう。
まさしく、そうした人物を地元で育成できる環境をつくるのは私たち大人の背中にかかります。

これから去る記者から、まちの本質を指摘され、ただ流される大人として緊張した時間となりました。
敬意と感謝です。

3月29日 花の声

March 29 [Sun], 2009, 8:34
日曜日ですが、リユース事業部の仕事で出勤となりました。

早朝、家を出るときに私が世話係の庭花に呼び止められ水を上げながら話をしてきました。
「たまには私たちを良く観て、話しかけてよ」と口々?花々?に言います。
「それは失礼しました」と言いながら新しい蕾や咲く役割を終えた花に手を添えます。

一つの命(鉢、根、幹)から、いくつもの微妙に違う性格の花が咲き誇るのは見ていて楽しいものです。
ふと、人間と同じだなと思います。
初めてこの世に生まれ(種から最初の芽出し)、小さく咲きながら、いくつもの経験、栄養、環境によって、知恵や知識(次から次へと蕾と花が出る)が生まれ、実社会で力を発揮しながら、良いところや悪いところ(枯れていく花)を知り学習しながら、強くやさしい人(満開)になっていく、という人の一生ですね。

今日、花に呼び止められたように、たまに外部から手を出され、気をかけられるとさらに力になっていくように、人も同じこと。
自身で気付かない悪いところ(部分的に虫喰い、枯れた花びら)を指摘され、直していくことが大事ですね。

人の延長で同じことが、会社、まち、政治、・・・・に併せ持ちます。
花たちに小さな声援を送られながら、少し背筋を伸ばしての出社となりました。

3月28日 リユース事業経過

March 28 [Sat], 2009, 17:13
事業開始から約1週間が過ぎようとしています。
新聞記事になり、追い風をいただきながらも事業開始に悪戦苦闘の毎日。
担当の社員だけでなく総動員?
ダイレクトメールも第一弾を1000件目標に発送しています。

受注もあり今週中盤から来週初旬に洗浄再生作業を実施しています。
当社HPにも施工実績を掲載してみました。

特に築後30年のお宅での出来は驚くほどの洗浄でした。

女性主任技術員の洗浄は細かなところに気を使うので男性顔負けですね。

この壁の洗浄による差は写真でもわかるくらいで、実物は大変な差です。
(右面が洗浄後、左面は現況)

お客様もびっくりでしたが、私もびっくりでした。

もちろん、壁に浸透性のある汚れは表面上希釈できますが完全には排除できません。
それ以外の汚れは完全に排除します。
この現場では天井材は30年経過したとは思えないほど新品か?と思わせるほどです。

本当にこの技術が良いということをいかに多くの人に知ってもらうかが鍵ですね。

3月27日 引き際

March 27 [Fri], 2009, 9:03
異動、転勤、退職、入社の時期になりましたね。
市内でも毎夜、その関係の方々が思い出話やこれからの決意を酒の肴に宴席を囲んでいるようです。ただ、公機関の方が圧倒的に多く、民間はリストラが後を絶たない環境もあり、少ない様相です。

今年は私にとっても各種団体や行政関係出向(?いわゆる審議会や委員会など)などの激しい動きとなる時期を迎えています。
おかげさま?でいくつかの団体から重責を委譲することができそうです。

「県商工会議所青年部」は内容もわからず周り番というだけで強制的に席につきました。それでも1年間大変勉強になったなと思い残すこともなく、優秀な会長に引き継ぐことができました。
「市PTA連合会」も子どものことだからと自分にできることを可能な限り努力して、有能な会長に引き継ぐことができました。
「市法人会青年部」は先輩からの命令に基づき、既にある事業にいそしみ、税務当局との協力体制維持に努めながら、強力な会長に引き継げそうです。

こうした団体は、自己修練の場になったり、仕事の広がりを見せたり、肩を重くしたり、心を痛めたりと善し悪しを経験させてくれます。
ただ、後任を見るほど「何で?私が中継ぎしたのかな?」と、私自身の至らなさを痛感します。
是非、私が歩を進めることができない分を挽回していただけたら幸いです。

行政関係はお誘いいただくことが時々ありますが、前記したとおり、人選を間違っているような気がしてなりません。もっと優秀で有能で強力な方がたくさんいることをお知らせしようと思っています。

こうして私のこの時期は流れていきます。
これまで、薄っぺらですが培ったなかで共通していることがあります。
団体にしても行政関係にしても、「引き際」です。
とても良いことを続けたとしても、常に事は流れが必要です。
流れがよどめば、濁り臭気さえ発します。
新しい流れを常に保つことが重要でしょうね。
だからこそ、良い「引き際」で新しい流れを作ることが必要なのかなと感じました。

自らの新しい発想や体験のためにも、一つによどむことなく歩を進めていきたいと自身に言い聞かせているところです。

3月23日 調和する日本語

March 23 [Mon], 2009, 8:26
最近、読んだ本に「チャイルド44 上下巻」、「天使と悪魔 上下巻」と両方とも外国物。
私は外国物が苦手なのです。
名前が頭に入ってこないのです。ロバートやデニスくらいなら良いのですが、チャイルド44などはスターリン時代のソビエト人の名前が踊ります。ワーシリーとかデミトフ・・・・?内容は設定といい進みといい、間違いなく今後映画化されるような内容ですが、どうも名前が・・・。

天使と悪魔は、もう5月に映画上映が決定されているダビンチコードの続編です。
お馴染みのラングドン教授と秘密結社の絡み合い。
ダビンチコードも本を読んでから映画を観ましたから、天使と悪魔は比較的名前への違和感は少なかったと思います。

この上下4冊を読んで感じたのは、翻訳される外国物に慣れ親しむのは難しいということです。原作そのままで読める日本小説では、あらすじも然ることながら表現の面白さに楽しみがあります。
日本語の素晴らしさは文化であり、人格形成にも繋がっているのかも?

数年前、日本人の曖昧さが「YES?Or NO?」のほかの表現(どちらでもないグレー?表現)があることで指摘された時代がありましたね。当時は私もジャッジする立場でいると気にしたものです。
YESでもなくNOでもない表現は、場合によっては無責任でしょうが、もしかすると調和の文化(とても良いように取ると)が見え隠れしているのかもしれませんね。

YESかNOでなく、少しでも調和しながら良い方向性を見出したり、YESかNOで騒動となることを調和の技量で調整し納めていく文化が根底にあるのかもしれません。

・・・とすると日本は世界各地の紛争調整には一番のチカラを発揮できる国なのかな?
そうだとしたら、日本のチカラは凄いなと・・・この4冊を読んで勝手に解釈していました!?

そろそろ、日本の小説に戻る予定です。

3月22日 なか卯の親子丼

March 22 [Sun], 2009, 11:45
先日、会合があり真岡にお邪魔しました。
帰りに「なか卯」という24時間のお店に初めて寄り食事をしました。

写真がおいしそうだったので親子丼を頼むと、これが絶品!
卵のまぶし方がとろみ方が抜群で感動しました。
こうしたドライブスルー的なお店でも、安いだけでなく味の追求はハイクラス。
安くてよいものを送り出す努力に勉強でした。


その真岡でお会いした方々と佐野市・岩舟町の合併協議会中止の話題が出ました。
ちょうど真岡市と二宮町の合併が成立真近とのこと。
どこに行っても誰と会っても、聞いてくる話題となっていますね。
話題に事欠かないのは、ありがたいことですが話せば話すほど情けない話題として幕を引きます。
「お前のところは情けないな」と。

地元ケーブルテレビでも繰り返し、中止となった協議会のニュース。
佐野市民や岩舟町民の怒りが画面を通して爆発しています。
これからどんなアクションがあるにせよ、どんよりとした暗雲を感じる様相ですね。

なか卯の親子丼のように知恵と工夫で新しい味をかもし出す合併を期待します。

3月20日 選ぶ責任

March 20 [Fri], 2009, 10:03
先日も「乱心 岩舟町長」と題して書きましたが今朝の新聞は怒ってますね。
え?新聞に怒ってるのではなくて、新聞が怒ってるんです。

3月20日 下野新聞
記事によると、町長の独断で合併協議会を中止断行となったようです。
「町長は辞職しなさい!」とか「「民意を裏切る行為」とか「民主主義の危機」・・・。
昨日開かれた合併協議会での話だそうです。
口一文字にして考え直そうとしない町長に怒り爆発だったことは記事でもわかります。

それでは何故?
住民投票も佐野市との合併、議会も佐野市との合併という結果がある中?
町長の理由は「町民の利益を損なう」「対等合併がいい」という点。
その基本的なところを理解して住民投票と議会が合併推進となっています。
他に理由があるとしか思えませんね。
極めて政治的背景が見え隠れします。

市町村合併には市町村議員も議席を減らす決意があるでしょうが、県議や国会議員は自らの票田の割り振りをも左右します。
選挙区割はそうした議員には死活問題ともなるでしょう。
そんな影響があるんでしょうかね・・・・・・?

もし、そんなことがあるとしたら町民は悲惨ですね。
政治的配慮を住民自治に強いるのは新聞が言うように「民主主義の危機」です。
市町村合併の基本的考え方に戻って欲しいものです。

町長はリコールされるようです。
先日、岩舟町民の方とお話したとき寂しそうに言いました。
「私たちが選んだ町長、私たちの責任です。私たちで降ろします。」
政治家を選ぶ私たちに、今後大きな教訓としなければならないと感じました。

3月16日 音楽発表会

March 16 [Mon], 2009, 11:55
昨日エレクトーン・ピアノ発表会なるものが開催されました。

小学生たちが思い思いの曲を練習した成果が美しい音色となりました。
中でも体一杯に表現した曲をエレクトーンで演奏した女子には敬服しました。
やはり体を動かすほど感情を音に伝えると聴いているほうも抑揚を感じます。
何かを伝えるということのポイントを教えていただいたようです。

また、子どもたちにとっては日頃の練習成果を発揮するには最適な場所と緊張感のようです。人に聞かせるにしても自分で楽しむとしても、とてもよい経験なのかもしれませんね。

将来の音楽家が誕生することを期待する時間でした。

3月15日 リユース事業部始動

March 15 [Sun], 2009, 9:05
先週のブログでもご紹介した新規事業のリユース事業が内部始動の前に新聞紙上で始動されました。
新聞の威力は凄いですね。
早、問い合わせ、注文が舞い込んでいます。
景気低迷の中でいかにコストを下げつつ、良い環境を創り出すかと皆さん苦心していらっしゃるようです。
その点、この事業はとても有効なものとなるようです。

再度、簡単に事業内容をご紹介すると、

主たる内容は
1、クロス再生(壁紙を張り替えないで洗浄すること)
2、既存クロスコーティング(汚れをつきにくくする溶剤塗)
3、コーティングクロス施工販売

単純なようで実は大変画期的。
7割の既存壁紙が張替えなくとも良い状態に転換でき、コスト、環境対策につながるわけです。
壁紙張替えを主力事業の一つとする当社が言うのですから間違いなしです。

水曜日までには当社HP上で、広報印刷物が出回るのが来週中と後追いとなります。
担当者も忙しい形相となりつつ努力の実る日を待ち焦がれるところです。

張り替えなくともすませる「もったいない運動」にもつながり、CO2削減を目指そう!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中田 裕久
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-サスペンス物
    ・読書-竜馬がゆく   他は松本清張
    ・スポーツ-下手なゴルフ/スポーツジム
読者になる
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像kんjk
» テスト (2015年09月29日)
アイコン画像脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場
» 6月1日 骨太の方針 (2014年06月06日)
アイコン画像中田 裕久
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月19日)
アイコン画像金太負けるな
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月17日)
アイコン画像ジャッカル
» 8月15日 数学は文学 (2013年08月15日)
アイコン画像中田 裕久
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像可愛いですね!!
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像斎藤幸宏
» 1月21日 おかげさまで (2013年01月31日)
アイコン画像中田 裕久
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
アイコン画像とある市民
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
月別アーカイブ