10月15日 悪夢?そして

October 15 [Tue], 2013, 6:45
また本日未明?より、眠れない夜を過ごすことになりました。
夢でうなされ起き上がってから眠れないまま朝を迎えました・・・・。

とてもうなされたのでよく憶えています。

弊社のお客様が我が家に大小数十匹の生きたカニを持参して、
「自分で焼くから・・・」
すると、火が大きくなったので火を止めないといけないと台所に行くと、なんとカニが台所を歩き回る始末!

そこで、私はタオルを振り回しカニを気絶させようと・・・・ところが多すぎてうまくいかない!!

手をバタバタさせて目を覚ましてしまったわけです。

起きてから、自分でも笑いが出るほどアホ?な夢。。。
なんでこんな夢みたかな??と心情を探っても見つからない。
そのお客様が誰かもはっきりしているのですが、ここではノーコメント。

眠れずに起き上がり、結局、封印していたゴルゴ13を取り出して見事3巻読破。。。見破??


おそらく、これからの季節、ゴルゴにお世話になることが多々起こりそうです。。。。

6月25日 眠れない夜 効果策なし

June 25 [Tue], 2013, 2:37
またしても、眠れない夜が続いております。
ここ1週間は、午前0時から4時がゴールデンタイム??
本日も現在(=25日午前2時30分)、ゴールデン中です。

ここ数年間、眠れない夜に眠れるよう、様々な手段を用いてきましたが、今回はすべて失敗。

手段1:ビールを飲んでしまう
手段2:面白くないTV映画に見入る
手段3:単行本を読む
手段4:パソコンに食い入る
手段5:最終兵器「ゴルゴ13」を読む・・ん?見る



最終兵器も効果なく、眠気が襲ってきません・・・泣

以前は、この状態が続くと昼間少しは眠くなるのですが、最近は緊張感が強いせいか?最後まで突っ走ってしまいます。
さてはて、またもこのまま、6時出社か!!!ガックリ・・・。

5月3日 夜霧のマンハッタン

May 03 [Thu], 2012, 14:58
今日の早朝?2時に起床??というか目が覚めてしまい、眠れない夜シリーズとなりました。
最近は、映画。録画しておいたもの数本の中から、気分によっての選定。
本日は、「夜霧のマンハッタン」 確か1986年もの。
ロバート・レッドフォード デボラ・ウィンガーのラブサスペンスもの。 



以前から好きな映画の一つになっています。
一番の理由は、デボラ・ウィンガーの魅力でしょうか。
この女性の知的さから奏でる美の魅力という表現がよいかもしれません。



内容は、コミカルさとサスペンスならではのドキドキ感が上手なコラボをしています。
レッドフォードとウィンガーの会話の面白さも素敵な見どころ。
なにせ、夜中に見るわけですから、少々安定した内容のものがいいですね。

世は連休中。私は連勤中?となれば、少しはこんな時間に楽しみくらい欲しいものですね。

この映画から26年経ったところですが、デボラ・ウィンカーは、オバマ大統領就任式などにも呼ばれていたそうで、そのときの映像もよい年齢のとり方を感じる女性でした。

お暇なとき、夜中に目が覚めてしまったときにどうぞ!!

3月13日 フェルメールとともに

March 13 [Tue], 2012, 3:28
やはり、眠れない夜を過ごすことになりました。
疲れた体は眠りを要求するのに、頭の中は仕事の真っ最中。
思考が凄まじい勢いで回ってはいるものの霧の中。
鮮明にしたいという欲求が疲れを排除していきます。

こうした夜には、昔懐かしいジェットストリームというラジオ番組が良いのかも。
人の心を静かに癒してくれるアナウンス声と音楽は最高だったなあと思い起こします。
無いものねだりをしても霧は深まるばかりなので、一冊の本を持ち出しました。


フェルメールの絵画は、見入りながら時代を越えられます。

「真珠の耳飾りの少女」 「牛乳を注ぐ女」 「手紙を書く女と召使」・・・・・
一枚一枚に、絵画は見るものを越えて読むものとさえ感じる表現に入り込みます。

ジェットストリームの音楽とアナウンスが耳に囁きはじめます。

♭♯♭♯〜 ・ ・ 「ジェットストリーム、今晩は、今日も貴方とともに旅立ちましょう」

7月11日 アンバランス

July 11 [Mon], 2011, 7:06
汗でびしょりのシャツを着ながら、エアコンの効いた室内あるいは車中にいるのは×ですね。
着替えがない場合は、エアコンに頼らないことや、シャツを脱いで乾かしましょう。

私は、それで右肩が上がらなくなりました!
その後、風呂に入りようやく痛みが少し取れました。

暑いからといって冷たいものを飲みすぎるのも×ですね。
体の中の体温調整に多くのエネルギーを使うようで、胃に負担がかかるそうです。
私は現在、胃痛を抑えるのに暖かいお茶を飲むよう心がけています。

これだけの猛暑には、体のバランスがとても大事ですね。
年齢かと思いましたが、子どもから青年からスポーツ選手まで同様のようです。
ここまでくると、単なる節電対策のエアコン抑制によるものではありませんね。
放射能とCO2という大敵を前に、地球と人を深く思慮することが大事になってきていますね。

先日、夜中(また眠れない)に原子力発電に関する討論番組を一部拝見しました。
リスクと人間の歴史を垣間見るところもあり、考えさせられました。
また、技術開発と人間社会のバランスも気になるところです。

ただ、もっと考え気になるところは、今だに東北の復旧がライフラインでさえ進んでいないことですね。
大きなアンバランスをそこに感じたのは私だけではないだろうなと眠りにつきました。

5月6日 壬生義士伝

May 06 [Fri], 2011, 13:06
人は感動しなければ、真の動きをしないと思います。
感動とは?
言葉や行動に必死さを見出したとき・・・
思いもつかない定義が出され、それが本当に良いことと感じたとき・・・・
それ以外でも、心に訴えられることで涙するほどの感覚を味わう場合は感動でしょうね。

それを根底からひっくり返すような感動を最近経験しました。

「壬生義士伝」

本を読んだことがなく、映画でしたが感動しまくりでした。
夜中に眠れずに思わず、光TV無料ビデオで観賞となりました。
パッとしない田舎侍の男気・・・??と思わせるような始まりの中、徳川時代末期の流れを感じます。
武士とは、家族とは、義とは と観ているものに投げかけていきます。

原作は浅田次郎さんだったと記憶しています。
今まで浅田次郎作品は読んでいなかったのですが、これを観て、読みたいと思いました。
おそらく映画上では表現できない微妙な心の動きが本によってうつし出せれているのかもと思うと嬉しくなります。

終わってから、少しの間、独り感慨深く思いにふけりましたが、涙を拭きながら、これも感動だなと納得してしまいました。
もしかすると、人にどう映っていようが、飾らず懸命に生きる姿こそ、感動の波を創りだすのかもしれませんね。

おかげで、朝まで眠れませんでした。

3月21日 うさぎのピョン太君

March 21 [Mon], 2011, 7:07
雨ですね、本日も仕事です。
早朝から水戸に行く社員を送り出しました。
ガソリン情報を会社に伝えてくれるよう頼みました。

昔々、子どもが寝付けないときに枕元でお話を聞かせたことがあります。
さまざまな、お話があったと思いますが、ひとつご紹介しましょう。
もちろん、自作ですが。


うさぎのピョン太君

うさぎのピョン太君は学校の人気者。
ピョン太君の跳ねる大きさや走りは注目の的でした。
勉強も頑張ってみんなが羨ましがるほどです。
そんなピョン太君は、大人になり、村で食べ物の仕分け係になりました。

食べ物を集めて、仕分けして村の皆に平等に分けます。
そこでも、大活躍でみんなの注目の的となりました。
その後、ピョン太君はピン子ちゃんと結婚します。
ピン子ちゃんは、昔から、とってもピョン太君を好きでした。
ピョン太君は一目ぼれだったようです。

それからまもなく、ピン子ちゃんにうさぎの赤ちゃんができました。
一生懸命、働くピョン太君にも嬉しさ一杯となりました。

ある日、ピョン太君の友達が、となり村に遊びに行こうと誘われました。
となり村は、とても面白い遊び場が多く、ピョン太君はちょくちょく遊びにいきました。
ピョン太君は、いつもとなり村のことばかり考えるようになり、仕事が手につきません。
そして事件がおきました。

ピョン太君が仕分けした食べ物でお腹をこわすうさぎが出たのです。
ピョン太君は、他のうさぎのせいにしてしまい、村長さんから叱られ、落ち込んでしまいます。

そんなとき、ピン子ちゃんはやさしくピョン太君に聞きました。
「あなたの一番大切なものは何?、夢は何?生きがいは何?」
「村の食べ物をしっかりと守ることだよ」と小声ですが自信を持っていいました。
「そうね、でも、それはあなたじゃなくてもできるよね。代わりのうさぎを育てればいいでしょ」
ピン子ちゃんは笑顔でやさしく続けます。
「あなたの代わりができないのは、一つだけ。わかる?」
「・・・・・」
「家族よ、私たち家族は、あなたはあなた、私は私、赤ちゃんは赤ちゃんだけよ。」

ピョン太君は、ピン子ちゃんの言葉でふと気づきました。
すべての始まりは、家族なんだ、自分のことしか考えていなかったと思いました。

次の日から、ピョン太君は自分の生きがいを見出したように生まれ変わりましたとさ。
(終)

だいたい、終わるまでに、私か、子どもが寝てしまいます。
小さいお子さんがいらっしゃる方には、是非、自作で物語を創ってみてはいかがですか。
特に、ポイントは主人公は動物、想像しやすいようですね。
そして、ハッピーエンド。
プラスできれば、家族の大切さがあるといいですよ。

2月17日 夜中の読書

February 17 [Thu], 2011, 7:24
先日、眠れない夜に読書となりました。
1週間前から少しずつ読んでいた本でした。
午前1時30分から午前4時30分に残り300ページ近くを読みきりしました。
総ページ数800という本です。


最近、映画化されたようです。以前にはドラマになっていたそうです。
読み始めて、どんどん吸い込まれる、物語が複雑に絡み合うのに、しっかり誘導していく、ハラハラ・ドキドキさせる、という素晴らしいものでした。

この方の本は、まだ2冊目。
1冊目のときも、吸い込まれてブログで紹介しました。

どちらも、人間模様に悲しさが溢れます。
仕掛けが驚きます。

さて、誰の本でしょう??

そうです、やはり 「 東野 圭吾 」の 「 白夜行 」 です。
私の好きな 松本清張 を思わせる物語のもって行き方、いえ、それを上回るかも。
ほとばしる知恵が本に溢れているようです。

厚い本のようですが、読み始めると短いと感じます。
試しに読んでみてはいかが?

9月1日 ハンサムスーツ

September 01 [Wed], 2010, 6:43
鮭の切り身ですが、料理屋さんだと価値が上がる盛り付けとなりますね。
まるでハンサムスーツのようかな?


眠れずに、ハンサムスーツという映画を観ました。
一言、面白い。
洋服の青山が裏で、ハンサムスーツを提供する、すると今まで冴えない男だったのが、超美男子に変身できるというものですが、ここからが奥が深い。
今まで脱着可能だったスーツが、生涯脱げなくなるものになり、選択を迫られる。
超美男子のまま過ごすことが幸せか、今のままか・・・・・。

幸せってなんだろう?というのを幅広く捉えながら、意味を訴えていきます。
ブスーツなる、ブスになるスーツも登場し、全体の厚みが増しているようでした。
観終わっても、考えさせられる映画だったなと感心しました。 

特に、街で、さまざまな幸せを感じる人を見つけるゲームが印象的でした。

10月6日 ルアンダの涙

October 06 [Tue], 2009, 6:18
眠れない夜に映画がいいですね?!
今回は「ルアンダの涙」。
1994年、アフリカのルワンダ共和国で起こった虐殺事件。
事件の凄惨さだけでなく、西欧諸国、そして国連さえもこの悲劇を黙殺しました。
その後の世界に大きな問題を与えたということです。

ルアンダ国内の公立技術専門学校を舞台に、事件に巻き込まれた学校長のカトリック教神父と海外青年協力隊から派遣された青年教師が、主人公。
若い青年が自分にも何かできることがあると、率先してルアンダに教師赴任。
その教師を支える神父の心の動きや決断は映画に釘付けさせるほどでした。

1994年といえば、日本では細川首相が辞職、冬季オリンピックハンメルで荻原選手金メダル、大江健三郎さんがノーベル賞など、平和的な最近の時代。

国際社会も熟成されてきていると感じている私にとっても平和ボケを痛感しました。
現実に体験した方が執筆者であることが説得力を裏付けています。

ふと、民放にチャンネルを回すと平和な番組で若者が人の悪口を放ち、周囲が大笑いしています。大小あるものの日本には日本の不幸があるのかもしれないなと思いました。
静かな朝を向かえ、苦しい仕事でも仕事のできる幸せを感じようと早々と出勤しました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中田 裕久
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-サスペンス物
    ・読書-竜馬がゆく   他は松本清張
    ・スポーツ-下手なゴルフ/スポーツジム
読者になる
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kんjk
» テスト (2015年09月29日)
アイコン画像脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場
» 6月1日 骨太の方針 (2014年06月06日)
アイコン画像中田 裕久
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月19日)
アイコン画像金太負けるな
» 1月19日 おさな妻 (2014年05月17日)
アイコン画像ジャッカル
» 8月15日 数学は文学 (2013年08月15日)
アイコン画像中田 裕久
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像可愛いですね!!
» 6月17日 初孫 初対面 (2013年07月10日)
アイコン画像斎藤幸宏
» 1月21日 おかげさまで (2013年01月31日)
アイコン画像中田 裕久
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
アイコン画像とある市民
» 10月22日 危険箇所 (2012年10月22日)
月別アーカイブ