[ライブ報告]Festival Laskar Pelangi 2014@虹の少年たちの島:ブリトン島

June 23 [Mon], 2014, 19:10
先日、6月21日にインドネシアのブリトン島で「Festival Laskar Pelangi 2014」というイベントが行われ、出演してきました!

「Laskar Pelangi」とは、昨年の10月に僕と福武慎太郎さん共訳で出版した「虹の少年たち」の原本のタイトルです。

詳しくはコチラ→http://www.sunmark.co.jp/book_profile/detail.php?cmn_search_id=978-4-7631-3232-1

この話は90%がノンフィクションとして描かれており、作者の実体験が小説となっています。
よって、小説に出てくる土地や人物もほぼ実在しているのです。

このブリトン島とは、この小説の舞台となった島で、今となってはこの小説、そして同タイトルの映画を観たインドネシア人がこぞって訪れる観光地ともなっています。

今回は、この「Laskar Pelangi」をフィーチャーした、この島で年に一回行われるフェスティバルに招かれ、参加してきました!





目玉となるのは、この島に縁があり、現在はジャカルタで活躍中の女性シンガーMEDAと、彼のバンドメンバーGihon and the bandの演奏。
そして、「Tari Pendulang Timah」という小説の中で子供たちが披露した踊りからインスピレーションを得て、著者自らがデザインした舞踊、という二つ。

僕は、夜の"Jazz & Puisi"というプログラムに、Medaと一緒に出演。

歌だけでなく、「虹の少年たち」の中から日本語で『天国の詩』を朗読。

ステージ前には溢れんばかりの人、人、人。


彼らは日本語はわかりませんが、自分が訳した一節をブリトン島の人たちに聞いてもらえた時は、何とも言えない幸福感に包まれました。
日本で出版され、多くの人に読んでもらっていることを伝えると、温かく、大きな拍手を頂きました。
この場で改めて、「虹の少年たち」を手に取り、実際に読んでくれている方々にお礼を言いたいと思います。
ありがとう、テリマカシ。

この機会を与えてくれた作者のアンドレア・ヒラタさん、そしてシンガーのMedaさん、そしてこのフェスティバルの実行委員会の皆さんに心から感謝したいです。

そして、このイベントで何よりも印象に残ったのは、やはり「Tari Pendulang Timah」という踊り。
訳すと、「錫(すず)を集める人々の踊り」といったタイトルになるかと思います。

この島では大量の錫が採取できることから、かつては外から入って来た企業にこの錫を搾取され、その後、錫国営工場の衰退に巻き込まれながらも、現地人はそれでも土地を離れずに、この場所に生きてきた歴史を持ちます。

その姿を表現したこの踊りは決して統制されていたり、見た目が美しかったりするわけではないのですが、泥臭さというか、ここに根ざして来た者のDNAの滾りを感じるのです。
僕はその誇りに触れて、もの凄く感動しました。
現地の子供たち200人以上を集めて披露されたこの踊り、、、もう、言葉だけでは説明できないので、写真で!!!笑



















またまたこの島で素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。
今回で3回目のブリトン島でしたが、またすぐにでも行きたくなる、そんな素敵な島です。

是非、一人でも多くの「虹の少年たち」読者の方に訪れて頂きたいです。

行きたくなったら、いつでも僕に相談してください!!!
最高の仲間たちを喜んで紹介します。

Festival Laskar Pelangi 2014 無事に、最高に熱く、終了しました!
ライブ中の写真は頂き次第、またアップしたいと思いま〜す。
日本の皆さんは、暑さにやられないように注意で!笑
  • URL:https://yaplog.jp/hiroaki-kato/archive/1817
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:加藤 ひろあき Hiroaki Kato
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1983年3月9日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・スポーツ-サッカーはかれこれ15年以上続けています。
    ・インドネシア語
読者になる
与えられた命を精一杯生き、人とのつながり、生きていることに心からの『Terima Kasih』を。(『Terima Kasih』はインドネシア語で『ありがとう』の意。)

大学で学んだインドネシア語を生かし、実際にインドネシアはジョグジャカルタに一年間滞在。その際インドネシアにおいて、ライブ活動やラジオDJ、イベントMCなどをこなし、現在は日本で東京を中心に精力的に活動中。

<加藤ひろあきホームページ>
http://hiroakikato.com/
2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ