君の名は

September 20 [Wed], 2017, 12:44
この手のヒット作は時代の流れもあり、そのときに見ないと感動をしにくくなるということ。
前評判が高ければ高いほど作品の評価(感動)が下がるということをご承知おきください。

結果を知っていたので自分は泣かなかったです。
恐らく視聴者を泣かせる部分は最後のみ…であろうと推測。
泣かせる映画は泣けるポイントがたくさんある方が保険になるのでそういう作品が多い中、これは潔い。

泣けるポイントは人により、経験や人生により全く違うので、泣けないからおかしいとか、面白くないとか、そういう話では全くないです。

泣けてもつまらない駄作はありますし、例えば犬猫からむと泣きやすいが、中身がないことが多いですから(得るものがないという意味、動物を大事にしようという考え方はとても古くからあり新しい感動はないので)。

感動と悦びは違うということです。

で、この作品は、おもしろい作品でした。
テーマとか設定が良かったし、声優さんがとても好い。
女性の方。

とても感心させられました。
技術的に優れたアニメだと思いました。
本当に良くできている。構造が。
ストーリー進行などもスムーズですし、とても見やすい。

故に、感動は起きない。
スマートすぎるのです、自分には。
ここまでキレイに描きすぎている、緻密に完璧に描かれると、何か、写真を見ているような感覚になりました。

ノンフィクションのような。
現実的に思えました。
写実的?
リアルな感じがするのです。
人はリアルなことでは泣けません。
他人事だから泣けるのだという話があります。

それはいいとして、作画がきれいなことも、個性がないと思える。
絵は下手ウマのほうが味が出るものですし、感情移入しやすい。
世の中の漫画はみんなそうですよね。
絵が下手でも関係ないんですよね、作者の思い入れがその絵にあれば。

宮崎さんの描く登場人物はあまり可愛くないのにとても味があるのは、個性を感じるからでしょうね。

人は完璧なものをスルーする傾向があるということ。
何も心に引っ掛からないものは、すぐに忘れてしまうということ。
つまり興味がなくなるということ。

不思議なものです。
人はいつも完璧を求めています。
でも、そうなったら興味がなくなるのです。
簡単に壊します。
おもしろいテーマです。

先程、結果を知っていたと書きましたが、ある程度映画を見たことがあれば、この結末は予測ができます。
それも、この作品のストーリー進行がうますぎるからなのです。
簡単に先がわかってしまうのですよ。
分かりやすく描きすぎているから。

万人に分かりやすく見てもらいたいという思いと、あっと言わせる感動させるは反比例なのが悲しいところ。
それは映画のサガですねぇ。

分かりやすい作品は非常に単調ですからね。
難しいところです。
この監督さんは確かにうまい人なのでしょうね。
人気もありますから。
確かな腕があるのですね。
万人受けする監督さんなんでしょう。
私は次の作品に期待してます。

三度目の殺人

September 20 [Wed], 2017, 9:00
この作品を、おもしろい、と表現するのは少し違う気がしますが、全体としておもしろい作品でした。

テーマがとても良かった。
私の好きな視点、描き方でした。
こういう作品が見たかった。
私はけっこう長い間、こういう作品を待っていた感あります。

玄関のはなし

September 10 [Sun], 2017, 18:55
今回はとりとめのない話。

今年も半年が過ぎて、そろそろ秋のイベントの用意をしなくてはいけないかなあと。

まあ、秋祭とかハロウィンとか思い付くかもしれませんが、自分の場合はクリスマス。

クリスマスのリースを作り始めました。
今年は玄関のドアにクリスマスリースを付ける予定。
グリーンリーフを買ってきて、わっかに止めて、赤い何かを付ければ完成。

赤い何かって何だっけ…?(^_^;

たぶんベルベットのリボンとかだろーなーという感じがする。
あと小さいベルのような鈴が付いてた気がする。
葉っぱはギザギザのやつだった気がする。

という感じのぬるーい用意を始めてます。

調べてみると、クリスマスは23日くらいから25日までしかない。
それだとつまらないので、アメリカは11月の第4木曜日からクリスマスのセールが始まる。
だから12月の頭くらいからリースをかけてても別におかしくはないだろう。

しかし、日本には正月がある。
正月の松飾りはなんと、24日くらいから始まるという。
完全にかぶるな…。

しょうがないので、26日の朝から正月の松飾りに切り替えないといけない。

そして正月の松飾りは1月7日で終わり。
長くても15日までだ。
意外と短い。

こんな短い間しか玄関に飾れない。
しかしその短さが、季節を感じる行事となるのかもしれない。
お雛様を飾るのも非常に短い。
しかし毎年やっていると、懐かしい思いでになる。
また今年もこの時期が来たなと。

あまり長すぎるのも、飽きてしまうものなのかもね。

デッドプール

September 03 [Sun], 2017, 10:31
それまでにライアン・レイノルズをたまたま好きで見てたので見た作品。

グリーン・ランタンやX-MENのこの役で有名な俳優さん。

本家アカデミー賞では、ラ・ラ・ランドで受賞したライアン・ゴズリングに対して、同じライアンだし顔も似てるからよく間違われるよとスピーチをして会場を笑わせてました。

この俳優さんはユーモアがあるので、コメディ系の役がうまいです。
奥さんも有名人です。

この俳優を知ったのはグリーン・ランタンからですが、その前から有名だったようです。
ドラマにも出ていたらしい。
古いドラマは見てないので知らなかった。

デッド・プールはそもそもブラックなコメディなので、X-MENとは完全に異質な作品です。
この作品を軽く見ても、引くだけだと思うので、ちゃんと予習をしてから見た方がよい。

かなりグロいし、エグいし、キモイので大人でも知らないで見るのは危険だと思います。

主人公デッドプールの設定がまずエグい。
首を切断されない限り死なないという不死身の男。
もはやヒトデナシ。
つまり、人体切断シーンは複数あると想像がつくでしょう。

そして血も物凄い出ます。
出血表現もはんぱない。

元々 X-MENゼロで、ウルヴァリンに首を切断されたのですが、何故か生き残っている。
つまり、アメコミヒーローは絶対に死なないのですね。

この映画ではデッドプールになる前が出てきますが、あまり内容はない気がしました。
非常に普通です。
デッドプールになってからが、性格がクレイジー過ぎて怖いです。

下ネタが多い。
プライベートの下ネタは笑えますが、さすがに映画館で笑うのは気が引けた。

それをあえてやろうとしてるのが、つまり映画の規制ルールを壊そうという試みなのは分かりますが、うまくいってるとイイネ。
自分には成功したのかよくわからなかった。

コメディ要素としては、無類の暗殺者な彼ですが、日本のキティちゃんグッズを集めるのがマジ趣味です。
なのでオープニングアクトにキティのマスコットがちらりと映ります。
これは知ってるとかなり笑えます。

以前、人の良さそうな一児の父親さんにこの映画は面白かったですかと聞かれましたが、この映画は人を選ぶ作品だと私は思う。
万人向けな映画ではなくて、コアなファン向けのドラマに近い。

ヒーローものが好きなら見られると思う。
何故ならヒーロー映画ではたくさんの人間が無意味に死んでいくからです。
しかし、それはヒーローを描く上では大事なことなので、それを理解できない人にはヒーローものは無理だと思います。

ひとつの型だと思う。
ヒーロームービーはそういうものがあって、知ってる人は納得して見られるし、知らないとびっくりしたり怖くなったりすると思う。嫌悪する人も出るかも。
しかしすべてはフィクションの世界。
ヒーローは現実には存在しない。
それを忘れてはいけない。

その上でこの映画はおもしろかった。
やはりライアン・レイノルズはいい。
ちょっと年を取ったのが残念。
デッドプールは年を取らないから若い人でもできるので。
グリーン・ランタンはDCなのでもう出ないと思いますが、デッド・プールを取ったのは何故なのか…魅力的なキャラだから、なんでしょうね。

64

September 03 [Sun], 2017, 10:00
原作有名なのでこれまでもドラマ化されてましたが、前後編で映画化された作品。

元々映画館で見る予定はなく、テレビでやるだろうと思ってたんですが、
この映画は試写会で公開前に見ました。
前編だけTOHOの無料試写会で見させてもらいました。
タダだからという訳ではないですが、多少期待せずに見に行ったんで、見終わったあとの満足度が高かったのを覚えてます。

つまらなかったら後編はいいやーと言ってたんですが、結局後編も公開と同時に映画館で見ました。

見終わってから自分は主役の俳優が日本アカデミー賞の主演男優を獲るだろうと確信してましたが、やはりその年のアカデミー賞で受賞してました。
かなりの迫真の演技ですので、必見です。

他に印象に残ったのは三浦友和さん、窪田正孝さんなど。
謎解きとして原作も素晴らしいですからなかなかスリリングな展開です。

私的には古い時代ですので、パソコンとか携帯電話とか電子機器の古さを感じておもしろかった。
というか携帯電話はまだない頃です。
公衆電話がこの作品のキモですからね。

昔はこうやって電話してたんだよーって思うと興味深いものがありました。
となりのトトロでは見たことありますが、最近の日本の映画やドラマは、古い戦争時代とかはやるのに、1970年代とか80年代を全く描かないので、その辺が消えた時代になっていると思います。

それを見られたのが良かった。
自分の生まれる時代を見ることができました。

私的には1960年代とかも興味あります。
1960から1990くらいの歴史ドラマがあるといいね。
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事
https://yaplog.jp/hipop/index1_0.rdf
ヤプログ!広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hipop
  • アイコン画像 趣味:
    ・ハンドメイド-cross stich
    ・映画-movie, TV drama
    ・スポーツ-cycling, walking
読者になる
アイコン画像 管理人宛てはこちら
アイコン画像 MontyPythonはこちら
コメント
アイコン画像hipop
» クシャナ (2014年08月02日)
アイコン画像ほっしー
» クシャナ (2014年08月02日)
アイコン画像hipop
» ソウルケイジ (2013年02月19日)
アイコン画像ブリ
» ソウルケイジ (2013年02月19日)
アイコン画像hipop
» 刺繍 ひまわり #1 (2012年01月03日)
アイコン画像瑞希
» 刺繍 ひまわり #1 (2011年12月30日)
アイコン画像hipop
» デクスター シーズン4 #2 (2011年03月07日)
アイコン画像みっちー
» デクスター シーズン4 #2 (2011年03月07日)
アイコン画像ゆきこ
» 姑獲鳥の夏 (2008年04月30日)
アイコン画像hipop
» ゆずの新譜が4月に出ます (2008年04月03日)
トラックバック
アイコン画像理想の恋人.com (2007年02月03日)
アイコン画像理想の恋人.com (2007年02月02日)
アイコン画像映画『クローサー』 (2007年01月16日)
アイコン画像映画『理想の恋人.com』 (2006年10月29日)
アイコン画像● ナルニア国物語 ● (2006年09月12日)
アイコン画像● クラッシュ ● (2006年09月10日)
アイコン画像モレスモ2冠!! (2006年07月09日)
アイコン画像シャドウハーツ2 (2006年06月08日)