『花物語』舞台探訪・弐

August 24 [Sun], 2014, 0:05
『花物語』探訪その2です。
前回はいつも観光客で溢れる小樽オルゴール堂と小樽運河前を、多少は人が少ないであろう平日に先行して行ってきましたが、今回は休みの日に残りのぶんをゆっくり廻ってみました。


EDより、小樽、天狗山山頂近くにある天狗桜。



桜のある場所からは小樽の街を一望できます。


山頂にあるだけあって、小樽でいちばん最後に花を咲かせることでも知られています。




現在は8月下旬なので、残念ながら葉が繁るのみです。
天狗桜の花が咲くのは例年、5月下旬だそうです。
『花物語』は当初、今年の5月31日に一挙放送するはずでした。もしも予定どおりに5月末日に放送していたら、放送直後にアニメの画と同じ山頂の桜の花を見れたのかもしれません。残念です。




『花物語』という作品タイトルに相応しい画ですね。

なお、「天狗山 桜」などで画像検索すればいちばん最初のアニメ画と同じ、山の上に咲く桜の写真を見ることができますよ。



同じくEDより、小樽天狗山ロープウェー・ゴンドラ内。


山の稜線もだいたい合います。
ゴンドラ内の各部分が色も含めていろいろ一致するのですが、天井からの吊り革と座席をひとつのフレームに収めることは不可能です。
アニメ画では広く長く改変されていますが、実際にはかなりコンパクトです。

吊り革と、赤い座席部分をそれぞれ撮ってみました。





このロープウェーに乗って着いた山頂駅を降りて建物の裏にまわると、すぐそこに天狗桜があります。
ロープウェーのゴンドラは側面に「OTARU」と書かれた赤いものと、「TENGU」と書かれた青いものがあり、アニメEDに出てきたのは赤いほうです。


ちなみに札幌の藻岩山ロープウェーよりも安くて便数も多いです。





続けて、今度は『花物語』本編5話目に出てきた積丹の神威岬にある神威岬灯台です。
札幌から小樽までは車で30分で行けますが、小樽から積丹・神威岬までは1時間半近くかかります。

神威岬には、ちょうど一年前に『北へ。』の探訪で行っていてこの灯台も見て印象に残っていたので配信見ていてすぐにわかったのですが、アングルが疑問でした。
行ってみて確認できました。アニメの画はおそらくこの位置からの写真を元にして描かれていますが、実際にアニメと同じ柵の向こうのアングルから撮ることは不可能です。柵の向こうは物凄い断崖絶壁です。

灯台の建物合わせで。
アニメの画で灯台入り口の横に黒く四角いものがあるのは、灯台の成り立ちなどを説明したパネル看板です。


看板のアップ。




あと、前回ED舞台候補として提示しました小樽の船見坂を撮り直してきました。

風景の「骨格」(この場合は、坂の形状)を生かして、風景の「肉付き」をちょっと変えているのがわかるでしょうか。
坂の右側の家並みは実景の雰囲気を残しつつ描き換えられています。


少し寄ってみました。坂道の両脇の白線の微妙なくねり具合がだいたい一致していますね。
また、坂の左側では坂道標識のすぐ後ろにある四角い家が一致しているのもわかります。
写真にはうまく写ってくれませんでしたが、遠くに見える海の水平線の位置もぴったり合います。




海が青く写ってくれないので午前中と夕方と2回行ってみましたが、うまくいきませんでした。



あと、ちょっといろいろ補足することがあるのでまた追って記事に書きます。
ひとつの作品のネタで何回も引っ張ってすみません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒパイスト
  • アイコン画像 誕生日:8月15日
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ヒパイスト
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年07月16日)
アイコン画像knikko
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年05月26日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年04月15日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年02月18日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月28日)
アイコン画像けいじ
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる